『バイ・マイ・サイド』第4話(ネタバレ注意)感想/シェリプラス3月号掲載-ナツメカズキ

シェリプラス3月号掲載分の感想です。まだコミックス発売されていない作品ですのでコミックス派の方、ネタバレ不要な方はご注意くださいね。ストーリーが動いてきましたね第4話!そして扉絵が高校生の時の2人でしょうか。すっごく左京・右山ともに色っぽくていい扉絵です!

ナツメカズキさんの最新刊&第4話の掲載誌情報


MARBLE COMICS(Cab連載)/東京漫画社

 

藤雪
今回の感想を簡単にまとめると・・・・
絵が更に色っぽくキレイになっててきゅんとなる!!!

当て馬の登場でストーリーが動いてきた!?

こっから左京のターンになっていくのかな。  

バイ・マイ・サイド第4話の感想は以下より。ネタバレ盛大な感想ですのでコミックス派の方、ネタバレ不要な方はご注意ください。

前回のストーリーを忘れた!という方はこちらを確認してみてくださいね。

 

 

左京の将来の夢は右山が関係していた!

今回は高校生の時の回想から入ります。正確にいえば・・・これは左京の夢ですね!

 

自分でお弁当を作っていたのでしょうか。左京はお弁当のおかずを自信作だと言って右山に食べさせようとします。

 

「お前本当料理好きな」

 

すると、高校卒業したら料理人になりたいと左京は言います。自分のつくったもので誰かが喜んでくれるのがすごくうれしいと。

 

「お前が「うまいうまい」って俺の料理食うの見てて思うんだよ」

 

でも左京の親は大反対なんだそう・・・。でも今料理人の修行をしているところを見ると、自分のやりたいことに挑戦しているんですね♪

 

進学しか認めないと言っていた親をどうやって説得したかも気になりますが・・・・。親は趣味を仕事にするなんて軽く考えるなと言っていったようです。

 

「俺は好きだよ」

「・・・お前の料理」

 

藤雪
高校生の時の2人が今回はカラーでありました。ナツメカズキさん絵柄が更にお上手になってきて右山の顔とかすっごく好みです。左京はホクロが色っぽい・・・♡  

お前俺のことがすきなんだろ?

目が覚める左京。(なんか懐かしい夢見てた・・・)

 

ベッドの横で寝ている右山。ずっと看病をしていてくれていたんですね。目の下にクマを作りながら寝ている彼をみて右山の気持ちを理解したようです。

 

「・・・お前俺のことが好きなんだろ?」

 

そう呟きながら色々と思いを巡らしていきます。

 

(答えを聞き出してどうしたかったとかこいつとどうなりたいとか)

(正直まだよくわからない)

 

自分でもどうしたらいいのかわからないようですが・・・右山を可愛いと思い始めているようです

藤雪
看病する右山の健気さがたまらなく可愛いです。そして左京も彼の行動や仕草、表情を見ながらとてもかわいらしく思い始めているようです。だんだんと絆されていっていてこちらとしてもきゅんきゅんしてしまいます!  

当て馬の金子さんって結構若い・・・

今回は金子さんが登場です。金子さんは、右山の手袋のエピの時に登場してきた人ですね。これは・・・2話ですね。

 

このときはてっきりもっと落ち着いた中年の男性かと思ってたのですが、結構若いです。

 

そして、左京が働いているシェフ原さん(もしかして店長?)とも知り合い!?ちょこっと左京とも接点ができますね・・・。

 

この金子さん、花のアレジメントみただけで右山だとわかるという強者(゚Д゚)これからガッツリ絡んできそうですね。

 

職場で、原さんから左京が倒れたときの右山の様子を聞き、好きな料理を作ってあげようと思う左京は右山の職場へ向かいます。

 

「左京?どうしたんだよ」

 

「おまえと帰ろうと思って」

「なぁ今夜俺んちで一緒に飯食わねぇ?この間のお礼もかねて」

 

その横から金子さんが登場してきました。この夜は金子さんが先約だったようです。

 

なんだか金子さんもちょっとミステリアスな感じで個人的には嫌いじゃないですね・・・。金子さんはウェディングプランナーだそうで。

 

そして右山は左京の誘いを断って金子さんを優先することに。(先約なので仕方ないですよね)

 

左京は2人のやりとりを見て・・・

 

(・・・あれ?なんかこいつ近くね???)

 

邪魔しないでくださいね

右山が荷物を取りに行った後、金子さんが左京に話しかけてきます。

 

「右山さんから伺っています。長年のお友達でいらっしゃるとか」

 

金子さんは右山を褒めながら話します。そして左京をどことなく挑発している気が・・・。

 

そして肩をぽんと叩き・・・

 

「お友達さん」

「邪魔しないでくださいね」

 

ここで右山が荷物をもって出てきたので2人してどこかへ行ってしまいました。

 

(なんだあいつ・・・!)

 

左京を横目で見てペコリとお辞儀して行く金子さん。

藤雪
金子さんの職がウェディングプランナーというところを見ると、なんだかけしかけている気がしないでもないですね。ちょっと謎な人物です・・・右山を気に入っているのは確かだけれどどうなんでしょうね。今後も注目です♪  

お前あいつと付き合ってんの?

右山に今日はフラれたこと、そして金子さんとの会話でモヤモヤが止まらない左京はお酒を飲みながら荒れています(笑)

 

(邪魔ってなんだよ・・・!)

(俺は10年来の親友だっつーの!)

 

今日は右山の好きな物をたくさん作ってあげようと思ってたのでなんだかせつないですね。

 

(本当なら今頃あいつにすげぇ飯作ってたんだよ・・・・)

 

右山のことを考えながら、金子さんと一緒にいるところを思い出す左京。

 

けっこう一人で飲んでいた左京ですが、お酒が足りなくなったので買いに行くことにします。

 

歩いていると、これまた右山と金子さん発見!(まぁ隣人なので会う可能性ありますよね)

 

すると。。。金子さんが右山のあごをくいっと持ち上げ・・・シルエット的にはキスをしているように見えました。

 

黒い感情がわき起こってくる左京。

 

思わず右山の腕をひっぱり連れだしてしまいます。その瞬間・・・ふっと笑う金子さんにまたも頭にきちゃうんですね。

 

反対に、左京の態度にちょっとお怒りの右山。「なんだよあの態度!客の前で・・・!」

 

「・・・お前は客とキスすんのか?」

 

「は?」

 

「おまえあいつと付き合ってんの?」

 

この言葉に、なんでそうなるのかと怒る右山。仕事の話をしてただけだと。でも左京は仕事の話であんなに近づくのかと信用できない様子。

 

「相手は男だぞ!」

 

左京の胸ぐらを掴み怒る右山ですが・・・

 

「イケんだろお前は!」

 

「知ってんだよ お前が俺でオナってたこと・・・!!」

 

そして左京は言うんですね、「俺が好きなんだろ?」と。違うと言いかける右山に更に大きな声で話します。

 

「そうやって俺に嘘つき続けてんじゃねぇよ!」

俺たちダチだろ!

ですが・・・右山は「お前なんか好きじゃねぇ」と答えます。

 

「俺たちダチだろ!なぁ・・・!!」

好きだと知られたら関係が終わってしまうと思っているのでしょうか・・・なんだか必死に否定する右山が切なかったです(・_・、)

 

そして、帰ろうとするのですが左京に壁ドンされてしまいます。

 

「ダチだったらお前にさせっぱなしはフェアじゃねぇよな・・・」

そう言っていきなり右山のズボンを下げます。このとき右山は固まっちゃっているんですよね。今起こっていることがなんなのか把握できないみたいです。

 

「左京・・・・!なにして・・・っ」

 

「不公平だろ」

 

左京に自慰を見せろと言ったときに右山がそう言ったんですね。

 

「だったら俺にもフェラさせろよ」

 

そう言って右山のモノを加えます。

 

「・・・・左京・・・ッ」

 

ここで次号です。

藤雪
最後、すごい展開になりました!!!きゃ~(〃・ω・〃)ちょっと興奮!!
でもなんだか右山が切なくて、固まっているところを見るとぎゅ~ってなってしまいます。必死で好きじゃないと言い張るところとか、気持ちがばれたらもう友達でいられなくなると必死で抵抗しているんでしょうね。
 

うぅ・・・せつない。  

バイ・マイ・サイド第4話の振り返り

これから左京のターンになっていくでしょうか。右山は気持ちはバレたらいけないと思い込んでいるところがあるので自分からはいけないでしょうね。

 

これはどうしてかといったらこれまた第2話の左京との出会いを読めばわかると思います。

 

中学時代に好きな子に告白し、それが元でだれも友達がいなかったんですよね・・・だから人一倍警戒するのもわかるんです。

 

左京はとっても大事な好きな人でもあり、友人。だからこそ彼を失わないように必死に否定しているのだろうなぁと。

 

だからこそ、ここは左京が頑張らなくては~!!!

 

まだまだ左京の気持ちは「好き」までは言ってないかもしれませんが、金子さんが絡んで来ることではっきりと気持ちを確かめていくのではないでしょうか。

 

早く次ぎが読みたいです!

 

個人的には、右山が使ってる手袋を見てもっと左京にもきゅんきゅんしてもらいたい~。

 

でも今回の左京の行動は・・・すれ違うもとになっちゃうのかなぁ。心配です。

 

ということで、第4話の感想でした!シェリプラスの電子配信は2月24日~。配信中のシェリプラスはこちらでチェックできます。

 

連載時から気になってた作品がコミックスに♪

新着!BLコミックス感想(BL漫画ダイアリー)