【エスケープジャーニー】第14話ー3巻(ネタバレ注意)感想/マガジンビーボーイ10月号 「普通の幸せ」

2017年上半期 MyベストBL漫画オススメ30作品結果発表
大洋図書★秋の大感謝祭2017 第1弾 48時間コース追加!

エスケープジャーニー第14話 感想・ネタバレ

まずはモノローグでもやっとしちゃったですよね。

【「普通」の幸せから外れて、一緒にもがいて生きる事を選んだ。】

今回はやたらと「普通」というフレーズが出てきたように思います。

でも「普通」の幸せって、誰が見ての幸せ?って思うんですヨね。自分たちが幸せだと感じる事が幸せであって、他人が他人の「幸せ」をはかることなど出来ないわけで・・・。

どうも私は「普通」というフレーズがイヤなんですよね。

言いたいことは分かるけど・・・。男×女が遺伝子的にはいわゆる普通なのは理解してますが、、分かってるけども!!!ですね。

ただ、「普通」って自分たちが作っていくものだと思うから余計にモヤモヤとしたのかも知れません。というか、太一のお母さんが「普通」という言葉を発したから余計にもやっとに拍車がかかったのかも(笑)

やっぱり太一のお母さん苦手だなぁと改めて思いました。でもあかりちゃんカワイイのでそれが救い~。

ではでは本編へ!

これからずっとジジイんなっても俺は太一と一緒にいたいんだよ

改めて自分たちの気持ちにちゃんと向き合った2人。というか迷走してたのは太一だけでしたけど・・・。

太一が揺れている中、直人がまっすぐだったからこの2人は今一緒にいると私は思っているんですよね。

もし直人まで揺れてたら太一を手放していたかもしれません。

前回、直人の家族に会って話すか、というような提案が出てましたね。

太一は太一の家族の反応等からまだ悩んでいます。

直人の家族が好きだから余計に、話していいのか・・・自分の母親と同じような反応をされるのではないかとビクビクしちゃうのかもしれません。

「知らなけりゃ幸せだったのにってこともあんだろ」

そういう太一ですが直人は・・・

「でもさ これからずっとジジイんなっても俺は太一と一緒にいたいんだよ」

太一がハゲたり太ったりするのと見てみたい、そのためには2人だけで完結したらダメだと言います。

「俺だって迷ってるよ 変なもん見る目で見られたり 余計な責任感感じられたりすんの嫌だよ」

直人は、太一の母親の顔を思い出してそう言います・・・・。直人も太一の母親と会った時泣きましたもんね・・・。

「だから余計養子縁組とかそういう大事な話なら俺らにとって大事な人にだけでも話しとこうよ」

母さんとちゃんと話したい

太一は直人の言葉に少し言葉を詰まらせます。

そして何かの証明があってもそんなものは意味がないというのは自分の親で分かっているけど、お母さんと話をして悔しくなったと話します。

父親と自分を放って出て行って自分だけがツラかったみたいに言う母。

そして新しい家族をつくって「普通」っていう顔をしているのが太一にとっては悔しかったのだとここらへんは読み取れます。

それでも母親にとってはそれが彼女の「普通」。

「俺たちのこと見下してた」

ここら辺、太一の言っていることがわかるようなわからないような・・・なんですよね。

「普通」というのは家族を作ることで、太一と直人の事を知って2人を見下してたというのまでは理解できるのですが・・・

その次のセリフが「簡単に乗り換えられるモノだったくせに」なんですよね・・・。

「家族」を作るというのが普通だと考えているけど、彼女にとっての「普通の家族」というのは簡単に乗り換えられるものだったくせに!という解釈でいいのかな???

それでも太一は、やはり直人の家族に会う前に母親とちゃんと会って話してくると言います。

明日すぐ会ってくるという太一。

学校に行ってもややこしいからと言う彼に、同じような感じで「・・・学校・・・」と困ったように言う直人なのですが2人は2人のことがちょっと騒ぎになってたの分かっているのかなと思いました。

ふみちゃんとかの鬼電で多少は察知しているでしょうね( ̄。 ̄;)

俺が思ってるより家族も友達も当たり前に普通の人だ

帰宅した直人。

家族はリビングに集まって兄の結婚式についてあれこれ話していました。

そんな家族を見て直人は思います。

(・・・太一に簡単に会おうとか言ったけど)
(俺が思っているより家族も友達も当たり前に普通だ)

太一の母親の反応もあれが普通だったのか?とちょっと不安になっている様子。

家族っていうのは普通の人が手に出来る最高の幸せの形だって思うわ

太一は母親に会いに来ました。

笑顔でいらっしゃいと迎えてくれます。

その後ろからはひょこっとあかりちゃんが顔を出し「おにいちゃんこんにちは」と。(あかりちゃんカワイイ♡)

太一母は以前の事をまず謝ります。

「お母さんも責めたいわけじゃないのよ 太一に苦労してほしくないの」

「分かってるよ」

誤解されたかと思って心配していたと母親は言います。

そして

「家族ってあたたかいものよ 太一にも知って欲しかったのよ」

この言葉に太一は、俺もお母さんとお父さんから知りたかった、教わりたかったと言います。

「母さんにとって俺と父さんは暖かくなかったんだよな」

ちょっと雰囲気が怪しくなってきたのを察知したのか、太一母はあかりちゃんを「あっちいってなさい」と移動させます。

そして太一はさらに母親に今の家族はどういう存在か?と尋ねます。

「か・・・家族っていうのはね! 心から安心できてないと生きていけない存在なのよ」

幸せにしたい、されたいと思える普通の人が手にできる最高の幸せの形だって思うわと母親は答えます。

ここのね~「普通の人が手にできる最高の幸せの形」って言うフレーズにまずカチンときました。

太一の母親って自分が普通の人だと思っているって事ですもんね。

じゃぁ・・・太一父と太一は?って思ってしまいます。自分が捨てたもう一つの家族は?と。。。やはり自己中すぎて拒絶感が。

すると太一は

「俺と直人もそうだよ 何が違うんだよ」

と。この言葉に母親は固まってしまいました。(固まるというよりも嫌悪感が表れた表情なのかな?)

「違うわよ・・・男同士じゃ」

男同士だと、子供を育てるって幸せは手に入らないじゃないと答える母親に、太一は「母さんは俺がいたのに幸せになれなかったじゃん」と・・・。

太一よく言った!!!

そしてまた「・・・ごめんなさい」と泣き出す太一母。

「謝るなよ 母さんは悪くない 悪いとも思ってないだろ」

太一はあかりちゃんにはちゃんと家族のあたたかさをちゃんと教えてやれよと言って席を立ちました。

太一の中には幼い頃のあたたかなお母さんがまだ残っていたのですね。だから・・・きっと理解してほしいという気持ちが強かったのかなと思いました。

理解して欲しいと思うのは、きっと大好きだから。

ただ、今回お母さんに会いに来たのは、理解を求めるというよりもあの時言えないコトを言いに来たのかな?と思いました。

このあとあかりちゃんが太一をおっかけてくるのですが、カワイイなぁ~癒やしだなぁ~と思って読みました。

若干演出的にはありがちなんですけど、あかりちゃんがこんな良い子だからお母さんはあかりちゃんを大切に愛情を注いで育てているのだろうなぁと思いましたヨ。

でもやはり彼女は自己中ですね。苦手です。

俺がそうだっっつっても兄貴は異常だって言うのかよ

直人の場面。

家族団らんで仲良く話をしています。

妹ちゃんは直人大好きなんですね♡いいなぁ~~~~~仲良しですね( ´艸`)

私は妹がいるんですけど、家に帰ってもいっつも遊びに行ってて外出してるから直人の家みたいにこんな風にくっついて話すとかなかったなぁ・・・。

こんな仲良し家族は理想なのかもしれませんね!みんな大きいのにこんな風にリビングに集まって話しているのとか素敵ですよね!

TVを見ていると・・・オネエの人が登場しているようでした。キレイだよね~という妹ちゃん。

「こんなキレイな人なら彼氏もいっぱいできそうだよねー ねっなおにぃ」

そう言うと、横から直人兄が

「直人 女好きだしやだよな-」と口を挟んできました。

そして直人兄は、いくらキレイでも男はちょっとなと思うと言います。

でも今は女の人だという妹ちゃんに、「今は」だと。

「兄貴は男だから嫌なわけ?」

「いやーそりゃね!つか前ネットで見たんだけどさ ゲイの人とかって遺伝子の問題らしくて」

生物学的な異常だと(ネットで見た)と言う兄に直人は反応してしまいます。

「だったら! 俺がそうだっつっても 兄貴は異常だって言うのかよ」

大きな声を上げてしまう直人。はっとしたときには・・・周りも皆固まっていました。

勢い余っていきなりカムアウト的な流れなんでしょうか・・・!?

というところで次号です!

エスケープジャーニー第14話を振り返って 感想まとめ

いやぁ~~~~~~~~~~太一母にはやっぱりモヤモヤ笑

「常識」とか「普通」とか・・・すぐ言う人っているいる!って思っちゃった。(うちのおっとですけど笑)

太一の言葉で見事にブーメランでしたけど・・・。立場が悪くなるとすぐ泣くのとかもなんだかな~と思ったりで・・・。

あかりちゃんはまた見たいけど、太一母はもういいやって思いました。

ちょっとずつ、周りも取り込んできましたね。

直人母は太一母とは違った対応をして欲しいなって思いました。

一番は直人の幸せだと思ってくれる母親だったらいいな(#^.^#)というかそうなるような気がします。

あとは今回出てこなかったのですが、いずれ友人たちとの事も描かれるでしょうし・・・

まだまだ2人を取り巻く環境の変化が数話続くと思います。

とは言っても太一と直人が揺らぐ事はもうないと思っているので安心して読めているのですけどね(#^.^#)

仁科くん・・・次いつ登場するのかしら。何気ににっしー気になってます・・・。

ということで、エスケープジャーニー14話の感想でした。

次号のマガジンビーボーイ11月号もお名前ありましたので楽しみです♪

マガジンビーボーイ 電子書籍

今回の10月号はおそらく20日前後に配信になるかと思います。

 

エスケープジャーニー 電子書籍

Renta!新着BL漫画

7 件のコメント

  • こんにちは、ゆ~みです(*^^*)
    今回、太一母に読者が言いたいことを太一が全部言ってくれましたね。
    「家族って暖かいもの」→俺だって父さんと母さんから教えてほしかった
    「子供を育てる幸せ」→俺がいたのに幸せになれなかったじゃん
    「ごめんなさい」→悪いとも思ってないだろ
    読者がつっこみたいこと的確につっこんでくれてましたよね。。。しかも無表情で。。。
    たぶん、思いの丈はすべてぶつけられたと思うから太一にはもう前だけを向いてほしいな…
    直人のおうちは・・・途中、直人母が元気のない直人に気づいてましたね。お菓子ポリポリしながら。
    私は最後の「な、なんつって」がこの家族を物語っているような気がするんです。
    あの場面で「・・・・」じゃなくて「なんつって」が言える。上手く書けないんですけどこの家族は大丈夫!と、この「なんつって」で思えたんですよね。
    次号にもお名前があってストレスフリー!早く2人の幸せエチがみたいです( *´艸`)

    • ゆ~みさん(#^.^#)
      太一は見下されて悔しい思いをしたから、それをぶつけに行ったのかもしれませんね!!!
      これから先は、本当に前だけ向いて行って欲しいです。

      直人のお母さんは、直人の幸せを願っててそれが結婚して家族を持つことだと思っているけど直人の気持ちを尊重してくれそうですよね。
      直人が幸せになるならって見方になってくれそうな雰囲気のお母さんだなぁと思ってその当たりはあまり不安には感じませんでした(#^.^#)

      次号の予告を見ると、次号で決着つきそうかな?と思ったりもしました。あと4話くらいでおさめてくるのかな?(全3巻と考えると)と思ったり。
      次号で家族、その次で友達、その次で2人のイチャコラとか想像したりしています☆
      でもこれから先はあまり落ちることはないのかな???と(#^.^#)楽しみですね!

  • 前回が、仲直り回だったけど、今回はシリアス回でしたね。
    太一が、母に会いに行くって行った時、何しに行くんだろう・・と、理解してもらいに行くのかなって思ってしまったけど、違いましたね。
    前回は、言われっぱなし状態だったので、自分が感じていることをぶつけに行きましたね。
    太一の論破にスッキリです。母さんは悪くない、悪いとも思ってないだろうというのに、その通りって思ってしまいました。
    あかりちゃんは、素直でかわいかったですね。ただ、大人になってもまた遊びたいって思ったら遊ぼうって言った太一がちょっと切なかったです。
    直人の家族はへのカミングアウトは、ギャグみたいなカミングアウトになってしまいましたね(;’∀’)
    母以外固まって、ええぇぇぇーで終わりましたから。
    お母さんだけは、直人が帰って来た時から何か感じ取ってる感じだったので、直人が幸せならいいって言ってくれそうですよね!
    学校は、どうでしょうね。騒ぎにはなってるのは間違いないんでしょうけど・・
    仁科とふみちゃんは味方だろうし、あんまり名前は出てきてないけど佐山も味方になってくれそうですよね!
    みかりんは、動揺がすごかったのでどうでしょう・・同様の理由にもよるけど、ふみちゃんの恋を応援してたから隠して仲を取り持ってたことなら、ビンタ一発くらいで解決しないでしょうかね?
    次号は、まず直人の家族ですね・・しばらくはドキドキ続きそうですね。

    今月号、微妙にマガビー薄くなかったですか?
    なんか持った時に薄い・・と思ってしまって。
    しかも、オメガバーズのお話は違うので読んでいたので、内容もあっという間に読み終わったし・・
    抱かれたい男がなかったから余計に寂しかったのかな??
    でも、次号は桜日梯子先生も夏目イサク先生もあるし、爪の話(タイトル忘れた・・)もあるし、エスケープジャーニーもあるし、色々と楽しみいっぱいです!

    あ、ウチも妹と弟が居るんですが、直人んとこみたいに和気あいあいとした感じではないですね・・
    仲は良いですけど、弟が高校を卒業して就職したのと同時に結婚で家を出てしまったので大きくなってからは、バラバラに生活してましたし。
    早くに母子家庭になってしまってしっかりとしなくてはならなかったのもあるけど、あんまり親に甘えてるってのもなくて・・力関係で言えば、妹が一番強いです(;’∀’)

    • いちごさん(#^.^#)
      直人のお母さん、イイ感じでしたね!(ポリポリと食べながら余裕のある顔が好きです☆)
      あの家族にあのお母さん・・・だから直人も隠し事などしたいとか思ってもないし(迷いはあるでしょうが)そういうのがいいなぁって思います。

      拒絶する人もいれば、尊重して応援してくれる人もいるというのが描かれるといいなって思います(#^.^#)
      今号のマガビー確かに薄かったですね!私、それよりはCabの薄さにこの前びっくりしたんですよね・・・。マガビーの3分の2くらいの厚さで1000円くらいなんです・・・。
      これは・・・・( ̄。 ̄;)と。そう思うとリンクスとかすっごく分厚くてスゴイですよ~。

      みかりんは確かにふみちゃんの恋を応援してましたもんね!友達思いだから怒りがこみ上げてきたのかもしれませんね。
      でも友達思いだからきっと2人の恋も応援してくれる気がします!

      次号、本当に豪華ラインナップですね!!!楽しみです!夏目イサクさんの続きも気になってたので進むといいなあ(≧∇≦*)

  • 拍手コメお返事
    【きせつさん♡】
    こんばんは~!すみません、拍手コメント見落としてたみたいで!ちゃんと届いてました!!!
    ご心配おかけしました。大丈夫ですヨ。確認するのが遅くなってすみません。

    あのコメント拍手コメだけではもったいないなぁと思ったりもするのですが(本来非コメ状態なので私の返信しかこちらに記載できない状態・・)またコメントの方にも挑戦してみてください(⌒∇⌒)

    とっても納得するようなコメントばかりなので★
    太一のお母さんはきせつさんの言う感じだと思いました。典型的なステレオタイプなのかな?と思ったりもします。それがいわゆる「普通」なのだと思い込んでいるんでしょうね。

    私も少数であれ、それが最終的にその人の幸せであるならいいと思います。
    太一のお母さんは、傷つくのが嫌で幸せになるために「普通」というのにすごくこだわりがあるのかもしれませんよね。きせつさんの言うようにそれを「幸せ」を思い込んでいるのかも!

    すごくきせつさんのコメントには私も同感で納得する部分がたくさんありました。
    先生本人が思っていることはおそらく大きな意味では今回の太一のセリフなのだと思います。あとは今後どう展開していくかですよね!

    先生は主人公たちが傷つきながらもそれぞれちゃんと道を見つけて幸せになっていくというのが多いので今後は2人の幸せに向かってGO!の展開になるような気がします。

    家族・友達とまだまだ問題はあるけれど、きっと今の2人なら自分たちが一緒にいたいという気持ちをちゃんと伝えられるのではないかしら(⌒∇⌒)
    また次回もお名前あるので楽しみですね!単行本待ちなのに、雑誌読んでくださってしかもコメントまで下さって本当にありがとうございます!!!すごくコメント嬉しかったです。

    そういえば!きせつさんの好きな三田織さんの「僕らの食卓」は読まれましたか?その感想もずっと聞きたいな~って思ってたんですよね(*´艸`*) またお聞かせいただけると嬉しいです♪

    • こんにちは、スノウさん。
      今回はVPNを使ってまた挑戦してみました。同様に拍手もしておきます。
      僕らの食卓!読みましたよ。三田織の漫画はとても暖かくて優しい漫画でした。穰も豊も過去はちょっと辛かったけど、お互いを支える関係は素敵でした。でも何か話したいというならば、やっぱり豊の義理の兄と姉ですね。話的にすごく嫌なキャラに作られているが、正直にいうと気持ちがわかるようなないようなで。私は兄弟一人いるので、仲良いとは言えませんが、仲悪いとも言えません。そもそも兄弟がいることが慣れて、一人増えたって本人の性格が悪いじゃなければ別に構わないと思います。豊の義理の兄と姉はそこまで拒まなくても…と思ったりします。突然他人と生活して今まで以上に合わせなければいけない点ちょっと共感できますが、やっぱりそこまで嫌がらなくても…と思ってしまいます。もし一人っ子ならばもっと共感できるかもしれません。一人っ子なら、元々親の愛情独り占めできるのに、ある日どこのどいつも知らない誰かが湧いて来て兄弟だって言われても、それは困惑するし、突然家に親以外に他人と合わせなければいけないことになったこととか、親が取られたと思ったりしますね。でもどちらにしても、それは子供だし、親がちゃんと教えなきゃ…と思いましたけど。それも難しいんですよね。叱っても平和で話しても絶対豊に八つ当たりするか、なんで親も豊を庇うのって不満しかねないと思います。親って難しいですね。

      そしてどうでもいいことですけど、他所の子っという言い方はよくないかもしれませんけど、他所の男の子を娘の部屋に住ませるのはどうかっと…子供の成長はあっという間、生まれから一緒に育つ兄弟じゃないならさすがにこれはできれば避けるべきでは?大きくなってから部屋変えさせても不信感を生むしかありませんし。かなりどうでもいいんです。

      なんか悪口ばかり言っているようですが。でも本当にいい漫画でした。絵柄とても好みで、雰囲気が暖かいんです。豊が昔話をしてる時、絵描きして可愛かったです。穰も優しいお兄ちゃんでとても好みでした。僕らの食卓も途中で連載も追っていました(古矢渚の連載を追うためにルチルを買い始めました)先月も電子の短編(連載かも?)が発売されましてそれも買いました、すごく微笑ましい日常の話です。三田織先生の作品は一番好きのはやっぱり「山田と少年」ですね。優しい山田さんが気まぐれか友達のためだとして、失恋した自分のために祈るってこれは惚れますよね。山田さんと別れた彼女たち勿体無いことしますね。

      • きせつさん(*^_^*)
        こんにちは!いつものように返事が遅くなってスミマセン。
        僕らの食卓の感想、ありがとうございました!!!とてもあたたかくていい漫画でしたよね。

        >豊の義理の兄と姉

        そうですよね、豊視点で見ればひどいなとは思うけれど、兄妹目線かみればの視点で複雑だというのはすごく理解できます。
        私に急に弟ができた!と言われてもどう接して良いのかわからないなって思いました、、、。

        >三田織先生の作品は一番好きのはやっぱり「山田と少年」ですね。
        私もです!きせつさんはCanna vol.50の番外編読まれました?数年経ってからの2人でしたが、すごく短いのに感動しました。

        あと、単話配信されてた「王子の木」というのが私は好みです(*^_^*)すごく素敵な話を描かれてますよね!
        また三田織さんの新作読みたいですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    コメントできない場合は拍手から入れてください。