連載中ボーイズラブ漫画作品の最新話ネタバレ感想

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

『ひだまりが聴こえる‐リミット』第2話(ネタバレ注意)感想。Canna Vol.51掲載‐文乃ゆき

 


アンソロジーCanna Vol.51に掲載分の感想。ひだまりが聴こえるリミットに収録されるストーリーです。ネタバレ盛大につきネタバレ不要な方等はご注意ください。これはまだ巻号が付くかはわかりませんが、BL色は今のところちょろっとだけ。これからどういう風に展開していくのかすごく楽しみです。今回のリミットは太一と航平がこれから一緒にいる上で重要なストーリーになってくるでしょうね。そして千葉さんの動向もちょっと気になります。

 

 

『ひだまりが聴こえる』シリーズ紹介&リミット第2話の掲載誌情報

ひだまりが聴こえる /文乃ゆき

こんなお話

難聴せいで何かと誤解を受け周囲とうまく馴染めない大学生の航平は、いつしか人と距離を置くようになっていた。そんな時に出会った同級生の太一。バカみたいに明るい性格で思ったことを何でも口にする彼から「聴こえないのはお前のせいじゃないだろ!」と言われ、航平はその言葉に心の底から救われて……。友達以上、恋人未満。太一との出会いが航平を変えていく。※続巻に『ひだまりが聴こえる-幸福論-』があります。
リミット2話の掲載誌情報

 

ひだまりが聴こえるリミット第2話 cannaオリジナルボーイズラブアンソロジーCanna Vol.51 (オリジナルボーイズラブアンソロジー Canna)(紙)

※電子配信はまだ未定。

 

 

リミット第2話の簡単な感想
カッとなるのは上野さんをよく見ているからこそ。

 

千葉さんの想いを知った太一は自分の足りない所を知れた?

 

航平との関係は何かを考えるなんてちょっと太一の成長が見えた!(笑)

 

ひだまりが聴こえる-リミット―の感想は以下より。ネタバレ盛大な感想になりますのでご注意ください。


 

タグ :    

アンソロジーCanna ひだまりが聴こえる-リミット-    コメント:16