BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【俺のアオハルが進まない】1話(ネタバレ注意)感想-加藤スス/キャラセレクション9月号より新連載スタート!

 
俺のアオハル
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

キャラセレクション9月号より連載スタート!加藤ススさんの【俺のアオハルは渡さない】続編、【俺のアオハルが進まない】1話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の1話は【俺のアオハルが進まない】に収録予定です。

続編が来ましたね!!!俺のアオハルは渡さないでは気持ちが繋がった感じだったから・・・続編があって嬉しいです!ススさんの作品にしてはエロ控えめでしたしね(≧∇≦*)

でも・・・今作もエロに辿り着くにはけっこう大変そうな試練が・・・ありそう( ´艸`)

今後の展開が楽しみです。

俺のアオハルが進まない1話 キャラセレクション9月号

ルチル9月号
掲載P数 27P
満足度
この雑誌をよむ

二人の出会い・馴れ初め【俺のアオハルは渡さない】

俺のアオハルは渡さない

あらすじ

少女漫画のような恋を夢見る純情ボーイの昴(スバル)。少女漫画のような恋ができると信じて・・・学校ではクールな王子様系を演じている。

そんなスバルの本性を知っている男・陣内が転校してきてからスバルの計画がちょっとずつ変わっていってしまう、ラブコメテイストなお話。

その陣内はというと・・・中学次代からスバルに想いを寄せていて・・・!?

【俺のアオハルは渡さない】では二人が無事に恋人になるまでが描かれています(*^_^*)

ちょっとクスっとなって、キュン♥面白い作品なので是非!

【俺のアオハルが進まない】1話のあらすじ・ポイント

  • 恋人同士な二人。2ヶ月経つけど何もない平和な日々が続いていて・・・
  • 少女漫画がバイブルな昴だけれど、男同士のエロはそこには描かれていなくて!?
  • 良い雰囲気になって先に進めそうだけれど・・・昴の言葉に事態は一変!?
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

【ネタバレ注意】俺のアオハルが進まない1話 感想

今回もなかなかテンポよく面白い内容になっていきそう~!!!そして・・・今回は陣内の方が実は・・・切羽詰まるような感じになっていってしまうのかもしれません。

テーマはズバリ。。。二人のお初!でしょうか!?

夢見る昴を相手にすると・・・・その辺はわりと大変かもしれませんね(笑)

理想と現実が( ̄。 ̄;)

ここは頑張れ陣内!という感じで暫く見守らなければいけないかも!?

以前よりがっつり絡んでくる!?金田と平

今回の続編は、以前よりも金田と平ががっつり絡んでくるのかな!?と予想。

以前は金田➨昴のところあたのですが、平と金田がくっつけばいいのになぁ~(≧∇≦*)って思ってます。潔癖金田も平だと大丈夫そうですしね♪

BLに関しては平からBLマンガ借りたりとしてたので・・・今回もぜひ昴の力になってやって欲しいです(笑)

相変わらず夢見がちな昴

昴の夢見がちなところは・・・相変わらず。

今回も犬とちょい悪男子のギャップを演出したかったと頑張ってたようですが・・・見事いいところは陣内に持って行かれたようで・・・( ̄。 ̄;)

でも!陣内はそんな昴に言うのですね。「もう漫画の真似しなんてしなくていーんじゃねーの」と。

だけど昴は。。。自分の理想は何があっても恋シュガの砂藤くんなのだと言います。素で行くとかわいいとか言われるから嫌なのだと。

それにしても!!!クスって笑えるのに胸キュンもあってにやけてしまう展開はさすがススさん!

陣内の無表情さと昴の豊かな表情がたまらなく好きです。

付き合い初めて2ヶ月の二人ですが・・・その後はあまり進展はないようです。

平和な日々だけれど、昴はそれがちょっと不満!?

(心なしかスキンシップが減った気がする)

それでも・・・それを参考にするような少女漫画もないようで。確かに少女漫画はくっついて終わり!っていうのが多いですもんね(*^_^*)

陣内くん愛されてるねぇ

「いっくんと陣内くんて 最近よく二人で登校してるよね」と平が言います。昴は、「陣内よくウチに泊まってるから」と言うと・・平と金田が反応。

「二人がそんなに進んでいたとは思わなかった なんだかんだ進展もなくのほほんとしてるのかと・・・」

「昴ったら不潔!!!」

そういうのはまだだと慌てて否定する昴。そしてそういうデリケートな部分は漫画みたいうまくいかないものだと気付いたと言います。

「今までは上手くいってたみたいに言ってるけどそうでもなかったよ」

↑平のナイスなつっこみに笑ってしまいました。。。

そして平は・・・・確かにもう少しソッチの知識身につけた方が良いかもねと昴に言います。

「そんなにしたいんだ 陣内くん愛されてるねぇ」

ここで陣内が教室に入って来ました。上級生に捕まってたようです。

というのも!柔道部の助っ人を頼まれたようで。

「やんの?」

「まさか 面倒くせーし時間取られるし断った」

「ほら こんなとこいねーで帰るぞ」

「はぁ?おまえのこと待ってたんだけど!」

そんな二人のやりとりを見て、陣内が断ったのは昴との時間を減らされたくないという思いからだと平たちは気付いてましたね( ´艸`)

男同士のやり方を検索するけれど!?

男同士のことについては。。。さすがに恋シュガには頼れない昴。

ということで!スマホに頼ります。

【男同士 セックス】と検索するのですが。。。

(こんなの検索する日がくるなんて・・・砂藤くんに顔向けできないよ 響夜にも鼻で笑われる)

※響夜は【俺のアオハルは渡さない】を読むとわかります★昴が平から借りたBL本の主人公です♪

検索して見たはいいのですが・・・・男のあえぎ声を聞いて正直固まってしまう昴。

(そういえば あの時も変な声が出た気がする)

喘ぐ自分に陣内は引かないのだろうかと不安になってしまいます。

(俺なら引く)

ここでお風呂から戻ってきた陣内が・・・昴のスマホを見てしまいます。

「あ!ウォォォォォォォ ちょっと待ってそれ見ないで!」

「これ O.Kってこと?」

陣内は、昴は勉強家だから、実際どんなものかを知るために観たんだろう?と言います。そして昴が男同士のあれこれをちゃんと理解した上で自然にそうなるのを待っていたと。

「これ観てどうだった?何を思った? これってしてもO.Kってことか? いや別に全然待てるんだけど」

(陣内が 今まで見たこと無いくらい喋ってる・・・)

そして恥ずかしそうにO.Kっていったら・・・!?と言うと。。。すぐさま押し倒す陣内にくすっ。

「一回手でしていい?その後いろいろ買いに行こう」

そう言われて、色々といっぱいいっぱいな昴が・・・可愛い♥

「平気か?嫌ならやめるけど」

「あ・・違う・・・ごめんそうじゃなくて」

冷静に対処できずにテンパってる自分がかっこわるいと思ってしまってるようです。

「な 聞いて ムリしなくてもいいから お互い同じ気持ちじゃないならこんなことする意味ない」

別にしなくても好きだから何も変わらないと言う陣内。

え・・・陣内むちゃくちゃスパダリ系じゃないの!!!!とちょっと興奮してしまいました。

そんな陣内に・・・昴は抱きつきます。

「ごめん!平気だから・・っ すごい緊張してて初めてだし怖いけど平気だから!」

「陣内なら 落ち着いてるし スムーズで上手にしてくれるもんね!」

昴にそう言われた陣内は・・・・・・・

ススっとベッドから離れていきます。

「今日はもう遅いし寝よう」

「ムリしてしなくても いつでもできるから・・・」

「そ・・・そうだね」

ちょっとこの昴の言葉で陣内が動けなくなってしまったのかな!?!?という感じでした。

まとめ

相変わらワクワクするような展開ですね!!!しかし・・・陣内すごくいい男!!!!

昴からリードしてね!と言わんばかりに任されて・・・かなりの重圧だと思います(笑)

きっと陣内もお初でしょうに。

こういうのは一緒に頑張ってこそ!だから昴ももう少し頑張らないとね・・・そういう過程を今回楽しみながら読んでいくのかな!?と思いました。

やりたい願望がどんどん膨らんでいく昴と、躊躇してしまう陣内が想像つくのですが、どんなことがきっかけで二人が合体するのか楽しみです★

今までは恋シュガがメインでしたが・・・恋シュガではなく他の作品がバイブルになってくるのでしょうか?

夢見がちな昴だけれど・・・今回ばかりは!?って感じかも。ちょっとずつ大人の階段のぼっていってほしいです(笑)

陣内は。。溜めすぎて爆発しなきゃいいですが。。。

次話はキャラセレ11月号に掲載予定です。

電子書籍

俺のアオハルは渡さない
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2020 All Rights Reserved.