BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【黒か白か 2巻】5話・6話(ネタバレ注意)感想/エメラルド夏の号2018年- さちも 慎に業界仲間ができた!?

 
黒か白か さちも
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

エメラルド夏の号2018年に掲載、さちもさんの【黒か白か】第5話・6話のネタバレあり感想です。雑誌最新話の感想になりますのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の5話・6話は【黒か白か 2巻】に収録予定です。

4ヶ月に1度の発刊なのですが、内容的にはけっこう1作品ごとにボリュームがあって読み応えはあります。普通にこれだったら2ヶ月に1回でもいけるんじゃ・・・と思うのですが・・

今回も2本立ての作品けっこうありますしね。なんかコミックスを読んでいるような感覚になりますね!黒か白かもなんと!100P超えでした・・・

ちょっとエメラルドを読むのは2度目なのでびっくりしてしまいました。

私はこの「黒か白か」を読むために前号から購入しているのですが、SUPER LOVERSとか世界一初恋とか純情ロマンチカ?純情ミックス!?超人気作があってコレ目当てにこの雑誌を買われている人が多数みたいです。

ワタクシ、実はこのどれも手をだしていなくて。。。(読むにはもう巻数が凄くてなかなか読めず。おもしろいヨ~とすごくオススメされるのですがさぁ読もう!という気になったときに一気読みしてみようと思います・・・。)

多分ハマるのわかっているから逆に手が出せない・・・・っていう気持ちわかってくれる人いるでしょうか(~_~;)

雑誌は、とてもボリュームがあって1度に全部読むには時間かかりすぎるので、ゆっくり楽しむ雑誌かなと思います。リンクスと同じくらいのボリュームです!

エメラルド夏の号 2018年 黒か白か掲載P数など

エメラルド 夏の号
掲載P数 4話:49P
5話:55P
満足度 ★★★★★
ひとこと 惚れちゃうよねぇ・・・

amazon  

楽天ブックス

簡単な感想

  • 慎と花崎さんの絡みがけっこう面白い
  • 多々良さんと慎が急接近!?
  • シゲと慎のお初回想ありがとうございます!!!
  • シゲの想いの深さと執着心がこれからどう絡んでいくか・・・ちょっと心配。
  • 意外に多々良×花崎がくるかも!?
  • 2度目のエロが・・・エロいけど切なさもあってちょっとぎゅっとなった。
  • 慎の嫉妬にちょっと涙
  • バラエティで共演するシゲと慎・・・どうなるのかな・
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。
うるさいくらいの告白ください
人の心の声が聞こえてしまう能力を持つ林田の夢は「心の声が聞こえない」運命の人に出会うこと。裏表なく接してくれる先輩の森に嘘を吐きたくなくてある日能力のことを告げた林田だったが、突然森にキスをされて?

【ネタバレ感想】黒か白か 4話感想レビュー

今回は4話・5話の二本立てだったのでちょこ~っとあっさりめに感想を♪普通に長くなりました(~_~;)

4話は49P。慎にも業界仲間がどんどんできはじめてきましたね。シゲは。。。慎が自分以外の人に意識が向いていくのがとても辛くなっていく展開になっていくのかなぁ・・・と予想。

慎の方がものすごく執着心があってびっくりしました。

それはシゲ自身も自分で驚いていて。

なんかね、切ないなぁ・・・って思いました。作品を通しては、本当にお互い大好きでラブラブなのですけどね。

大好き過ぎるが故の拗れなのだろうなぁと思います。

シゲ・慎はとても可愛い・・・本当に好きなカプなので誰も邪魔しないで!!!って思ってしまいます。

では早速。今回は超ボリュームがあるのでちょっと大変・・・

これから売れる奴と認識された慎

花崎にやっと繋がったことを話している慎。

花崎さんは慎に恋人がいることは知っているのですが、その相手がシゲというのは知りません。

1巻でその事は分かる場面があります。

二人が食事をしているところに、女将さんがやってきます。この女将さんはとてもハナが利く人のようで・・・彼女に名前を覚えられていた慎は「これから売れる奴」って認識されたんだなと花崎に言われます。

慎は演技力には定評があるので・・・これからどんどん有名になっていくのだろうなぁとは思いますが売れれば売れるほど、彼の周りにも人が寄ってくるようになりますね。

シゲじゃないですが、それは少し・・・寂しいかも。

でもね、慎が思うのはいつもシゲのこと。これでやっとシゲの見ている世界に近づけるのだと感じています。

花崎さんはけっこういい相談相手ですね★

多々良さんと慎が急接近!?

撮影所にて。細谷さんという人がうまく演技ができずに撮影が進まないようです。

周りのみなは、必死でフォローしているのですが・・・その中から「やれやれまたか・・・」「これだから二世俳優は」「・・こっちが甘い顔してりゃ・・」と声がしてきます。

多々良さんがぼそぼそ言っていたのですね。

そして・・・いきなり多々良さん・・・

「テメェ いつまで新人気取りなんだよ!!」

現場に来た時点で新人も二世もクソもねぇ!!お前はこの話の要、周りのフォローに甘えるな!と激怒します。

それにしても、周りはこの細谷くんにはとても優しいのですね。

気にすることないよ、とか・・・反対に多々良さんの事を仕事もなくなってきてるとか、あの人も堕ちたよなぁ・・・なんて言う始末。

そこに慎が居合わせて、急に前に出てきました。

「・・・訂正してください」

ベテランとして現場を引っ張って下さっているのは多々良さん。間違ったことはいってないから今の言葉を訂正して欲しいと言います。

慎にしたらすっごく珍しいですよね。

あまりに怖い顔で「訂正してください!!」と言うので・・マネージャーから慎は怒られてしまいます。

いつまでもムスっとしている慎に半ばあきれながら一度事務所に戻ると言って帰って言ったマネージャー。

そこに、「ほれよ」ダン!!っと物を置いて来た人が。

ロケ弁でしょうか。

それは、多々良さんが慎のためにとってきたお昼だったようです。慎の好みのものばかりの食事・・・

「やっぱり多々良さんは周りをよく見てくださってますよね。 さっきも細谷さんを庇ったように見えました」

嫌味で細谷くんにあんなことを言ったわけではなかったのですね。

細谷くんをダメにしているのは周りだと思ったからこその発言だったのかな!?

多々良さんは子役からずっとやっていて、ヤンキー探偵の脇役で注目され、そこから方向転換して成功。

でも売れっ子人気役者になった彼は、仕事を事務所が選んでしまいやりたい役があまりできなかったようです。

旬がすぎれば人気も下がる。そして今に至るみたいな感じでした。

「お前さ ヤンキー探偵の俺に憧れてるっつっただろ?」

「マジで腹立つわ あの後の方が俺の代表作いくつもあんだろ!?」

って怒ったかと思ったら・・・多々良さんは笑って言うの。

「ーは!! 俺もあの役が一番楽しかったよ」

ここからは、多々良さんがどうして慎を睨んでたりしてたのか・・・理由がわかります。

彼は事務所の方向転換で自分がブレてしまって仕事が楽しくなくなってたのだと思ってたようです。でも、どんな役でも全力でやっている慎が自分を否定されているようで嫌だったと。

「潰れるなよ 負けたりしたら承知しねーぞ」

戻っていこうとする多々良さんに飛びつく慎。

「あの・・・っ!!」

脱童貞といじられるシゲが可愛い

車内にて。

「フフーン フンフン フーン♪」

ちょこっと鼻歌歌ってるシゲかわいいですね。するとマネージャーさんが「・・・シゲ 童貞卒業した?」と話しかけてきます。

ロケ中からちょっと様子がおかしかったみたいですね!それが見たかった・・・・

「ていうか本当に童貞だったんだ 一筋だな・・・」

バタン

「明日もよろしくお願いします」

車を速攻降りるシゲにクスっとなりました。

このマネージャーさんは、ちょっとおちゃらけているようですがすごく支えになっている人ですね。ふたりの事も応援してくれているので。

帰宅すると、慎はまだ帰っていませんでした。

あれから(1巻ラストの事だと思います。)すれ違いが続いていてほとんど顔を合わせて内みたいです。

(・・まぁいいか 今 慎に会ったら抑える自信が無いし)

(今 触れたらー…)

ここで回想になります。お初の時の回想だと思います(*^_^*)

なんか・・・ドキドキしました。これも慎やシゲのドキドキが伝わってくるからでしょうか。

慎の「スケベ」は激カワでしたね!

慎のものだと思うだけで「可愛い」って思っちゃうシゲもキュンです。

ここは、繋がった時にさらに慎の執着が増した様子が書かれてたような気がします。

自分のために痛みを必死で堪えている慎。。。今自分が与えていた痛みでいっぱいだと思うだけで自分のものだと強く実感することができたのか・・・な。

で・・挿れただけで即イキししてしまったあの場面になるわけですね!

思い出しながら達したシゲ・・・(自慰してたようです)

(なんつー最低な思考回路だよ 俺・・こんなんじゃ無かったのに)

(こんな感情知らなかったのに)

二人で向き合って話をしないといけない事もある、考えなきゃいけないこともきっとたくさんある・・・でも正しい判断をする自身が今のシゲにはなくて・・・

シゲもいろいろと悩んでいそうですね。

ここで慎から連絡が入っていました。

『知り合いに仕事についてアドバイスをもらうから和牛屋って店で食べて帰る』

「・・・・・・知り合い・・・・?」

シゲはここで花崎が浮かぶのですが。。。先日食事したばかりだったのでどうにもこうにも気になって仕方が無かったようです。

結果・・・お店の近くまで行ってしまうという。。。

多々良と慎

和牛屋にて。

仕事の相談と言って多々良を食事にさそった慎ですが・・・勢いで「相談」と言っただけで実はもっと話したいという純粋な気持ちからだったようです。

とりあえず、「キャラを作るために苦労したこととか・・・」ときいてみるけれど、「はぁ?参考になんのかよ つか、お前はその面のせいでキャラを作るもクソもねーだろ」言われと撃沈(笑)

そして多々良は、そんな事は「皇澤」にでも聞けばいいだろう?と言われます。

急にシゲの名前がでてきたのでびっくりして「へぇ!?」とスゴイ声が出てる慎が可愛い(≧∇≦*)

1巻最後にそういえば・・・慎がでてた番組ちょこっと見に来てましたもんねシゲ。そこに多々良もいて「皇子」じゃない顔・・・見られてましたもんね。

「多々良さんもスタジオにいらしてたんですね」

そう言われて多々良は、あの番組で見せた慎の笑顔を思いだしてしまいます。あの顔に持ってかれてましたからね・・・・

慌ててたまたまだとか、番組の司会者が好きだから!と言ってましたが・・・そこからグイグイお酒を飲んでしまった多々良さんは。。。潰れてしまいました。

シゲも近くまで来てますし、相手は潰れちゃってますし・・・どうなるか・・・!想像できますよね。

そう、鉢合わせちゃうの。

実は、お店前でウロウロしてたシゲを見つけた花崎さんがシゲに声をかけてて丁度そこでばったり!だったんですよね。

多々良さんは慎にがっつり抱きついてますし・・・ちょっとヤバイ状況!!!!というところで5話へ。

4話のまとめ

二人の関係のために前を向いている慎と、狭い世界で二人きりだけがいい!みたいな感じにも思えるシゲと・・・・

二人のこれからのヴィジョンがちょっと違うのが気になりました。

不安はわかるのですが、とにかくシゲが慎を好き過ぎて独占欲の塊みたいになっているのかなぁ。

多々良さん・花崎とこれから関わってきそうですね。

個人的には、今は多々良→慎、花崎→シゲになりそうな雰囲気ではあるけれど・・・気づいたら最後は多々良×花崎になっている気がします。

ケンカップルになってると思う♥

では・・・ばったり鉢合わせてしまった四人。どうなるか・・・ですね!次話に移ります。

【ネタバレ感想】黒か白か 第5話 感想レビュー^

5話は55Pという大ボリューム!

私はこの5話の慎の嫉妬の場面がすごく好きです。ちょっとほろっとなりました。

なんとうピュアラブ。

この二人はどんな状況でも乗り越えて一緒に居て欲しい・・・って願わずにはいられないですね。

では。

花崎さんにはバレちゃった!?

多々良さんに抱きつかれて出てきた慎。外には花崎さん・シゲがいて・・・・

「そりゃ易々と言えないワケだわ」

花崎さんは慎が言ってた恋人が多々良さんだと勘違いしたようです。

ここで多々良さんが目をあけ・・・花崎さんに絡みます。この絡みで、慎が花崎さんをフォローしていると・・・

「おいわしみやてめぇ あこがれのせんぱい様をよっぱらおあつかいかぁ!?」と今度は慎に絡み始めました。

それを見ていたシゲは・・・思わず多々良さんの袖をぐいっと引っ張ってしまいます。(密着してたので。。。ね!)

ここで初めて多々良さんもシゲがいることを認識。

「「皇子様」は何の用だよ」

そう言われて、パッと手をはなしたシゲはスタスタを帰っていってしまいます。

「あ・・っ!」(しげ・・・)

ここで慎は、多々良さんを花崎さんに任せてシゲを追っていくことに。

「本当にごめん・・・! 今度埋め合わせする!!」

走っていく慎を見て・・・

「あ・・・そっち?」

花崎さんにはバレちゃったようですね!

頑張ってみたいんだよ

シゲを追った慎ですが・・・見失ってしまいます。

シゲからは、頭を冷やしてから帰るとちゃんと連絡があったので、家で待つことにしました。

待ちながら、高校生の時のアルバムを見る慎。

笑顔のシゲを見て、この頃は今の姿を想像すらしてなかったなと・・・

今は、人前で好きな人の名を呼ぶこともその腕を掴むことも出来ない。仕方がないけど寂しいと感じます。

慎にとってはシゲは特別。

シゲは二人とも有名になればもうムリだと言ったけれど、それでも自分のイメージが良くなればシゲと「友人」として世間もみてくれるのではないか、違和感ないのではないかと・・・そうなれば離れなくてもよいのではないかと考えます。

(頑張ってみたいんだよ)

だから多々良さんにキャラつくりの事とか聞こうとしたのですね・・・

結局聞けずじまいで、さらには鉢合わせてシゲを怒らせて・・・何やってるんだと考えているとことでシゲが帰宅します。

いつからこんな独占欲の塊みたいになったんだろう

「ただいま」

「あ・・おかえり!!あのさっきはー」

と言いかけたところで急に押し倒される慎。

「良かった・・・風呂・・入ってくれたんだ」

慎から知らない香りがしたら何するかわからなくて・・というシゲに、それは誤解だと伝えます。

でも、シゲは・・・分かっているけどといって慎にキス。

ふと慎が見ていたアルバムに目がとまるのですが・・・

(いつから こんな独占欲の塊みたいになったんだろう)

そう思いながらも慎を求めます。

ここからはエロの流れですね!シゲが下のほうに頭を持ってくると慎は「そんなのしなくていい!!」と言うのですが・・・「何で?」というシゲの顔が怖くてビクっとしてしまいます。

慎のギャップがたまらないですね。

慎自身がシゲに追いつけてないとかそういうネガティヴな気持ちがあるのかなぁと思っているような心情がたまに出てきます。

例えば・・・シゲが慎のT子を舐めているのですが、それを見て(こんなすごい人に・・・俺 何て事を・・・っ)って思ってたり。

TVに丁度シゲが映ってたというのもあるけれど、高校生から知ってる人だからそんなに卑屈にならなくていいのにって少し思いました。

シゲのお口でイッた慎ですが・・・慎からのお誘い!!!最高に可愛かったです。

顔隠しながら言うなんてほんと可愛い。

今回はシゲがちょっと頑張ってたから・・・なかなかP数多かったです。

確かに・・・こんな真っ白な慎を見てたら汚したいとかもっと泣かせたいとかそういう風に思っちゃうかもしれないなぁ~~って思うくらい慎が可愛かったです。

自分にだけって思うだけでもきっと独占欲で真っ黒になった心が少し薄まるのかもしれませんね。

慎の嫉妬

事後、ソファの前で座っている二人。シゲが後ろで慎は前。シゲが抱きつくような形で座っています。

そんなシゲの頭をなでなでする慎。

「…おぼえてる?」

「・・うん?」

「シゲがデビューして初めて雑誌のグラビア飾った時」

慎はすごく楽しみにして雑誌を手にしたのですが・・・そのグラビアではシゲが女性とキスしているようなシーンが掲載されてたの。

撮影で急にモデルさん入れようってなったんですって。

キスは、フェイクでそうみえるように撮影したと言うシゲ。

慎は笑って「ははわかってるよ 俺だって一応俳優だぞ?」と言うの。

そして、シンは。。。シゲにはこれから本当のキスシーンとかベッドシーンの仕事がくるのもそう遠くないからいちいち気にしてられないと。。。

良く撮れてるなぁ モデルさんか綺麗だなぁという慎の元に、シゲが近づいていきます。

見てみるとね・・・慎は・・・・泣いてたの。

「・・・ははっつ 慣れなきゃ・・・ なれなきゃな・・・」

~回想終り~

あの時、こういう仕事をしているのだからしょうもない事に嫉妬してダメだなぁと情けなかったのだと言う慎。

「でも」

「悪ぃ シゲに嫉妬してもらってすごい嬉しいや」

もうね・・・このときの二人の表情はほんと読んで欲しい・・・もうぎゅぎゅぎゅgってなります。特にシゲの顔が・・・・・。

「・・俺の嫉妬 多分慎が思ってるのよりきっと酷い・・そのうち嫌になるかも」

「ははっ 楽しみだなぁ」

そして慎は思うの。

(シゲが一人で不安にならないように)って。

慎にとってもシゲは本当に大事な人。

「心配させてごめん 信じてて 俺も頑張ってみるから」

この頑張りがぁぁぁ・・・絶対すれ違うんですよ(T^T)慎が頑張ろうとすればするほど、シゲの求めているものじゃなくなる気がする・・・

慎にオチた多々良さん

撮影所にて。

花崎さんがトイレに行こうとすると・・ばったり多々良さんに会います。

あれから、多々良さんったら・・・・花崎さんにむかってリバースしてたんですね笑

ぎゃあぎゃあケンカしだす二人になんかクスってなりました。

慎もシゲもこのくらい気持ちを言い合えば解決することもあるかもしれませんけどね。正反対な二人だなぁって思いました。

でも不思議と相性いいよねこの二人・・・って思える(≧∇≦*)

そんな二人の所に慎がやってきます。

「お二人共 この間は本当にすみませんでした!!」

花崎さんには連絡してお詫びしたけど,多々良さんの連絡先はわからなかったという慎。

すると・・・あれだけ花崎さんには噛みついていたのに・・・

「俺も酒癖悪い自覚あったのに調子のったのが悪かった」って笑

「おいおいおい俺に謝罪は!!??」

慎が間に入り、なんとか花崎さんも「まーええわ 慎に免じて許したるわ」と。

そして慎のそばに行き、「その代わり今度洗いざらい話してもらうからな」って( ´艸`)

ここで花崎はトイレに行くという用事を思い出します・・・笑、

「じゃぁまたスタジオでな」

「うん」

多々良さんには、ぺこっとおじぎとして「多々良さんも 後ほどよろしくお願いします。」という慎。

すると、多々良さんが慎を呼び止めます。

「スマホ出せ」

「こういう少しのきっかけからでも繋がりはできる、パイプ作りくらい覚えろっつの」

「!」

マネージャーにもそう言われているという慎は、スマホを出すのですが・・・登録の仕方がわからないという。。。

そして、多々良さんの番号を無事登録できた慎は・・・

「・・・・俳優さんと後悔んしたの初めてです」

「は?マジで?そりゃ相当・・・」

「へへ・・・」

またも慎が・・・笑ってる。それを見多多々良さんは・・・

はぁ~~~~~~これは完全にオチました。

一連の流れをトイレにも行かずに見ていた花崎さんは・・・・・

「おいおいおい クッソめんどくせぇ事になってんなオイ」と(笑)

バラエティの撮影

今回、なんと!!!!慎とシゲは同じバラエティに出演するようです。

「苦手なんじゃなかったっけ?」とシゲのマネージャーに言われる梅島さん(慎のマネージャー)。

「本人の希望だよ」と答えます。

慎が「頑張ってみたいんです」と出たいと言ってきたようです。

この頑張りが・・裏目に出ませんように(T^T)

ここで次号。

感想まとめ

なんかとっても・・とってもシゲの頑張りが空回りするような気がしてきました。

うまく花崎さんがいいアドバイスとかしてくれたらいいのですが。

それと!これから多々良さんがどのように絡んで来るのかも気になるところ。

あと、何気にふたりのマネージャー同士も何かあったんじゃないの!?!?なんて勘ぐってしまいました★

次話も早く読みたいですが・・・そっか次は12月かぁ・・・・チ~~~~ン(T^T)。

12月までのんびり待とうと思います。

多分、またも笑う慎がTVに映るのだろうなぁ・・・シゲが慌てて暴走しなければいいですが。不安。

さらっと書くよ!といって超長くなってしまいました。スミマセン・・・ここまで読んで下さった方ありがとうございました★

電子書籍

エメラルド

電子配信はしていない雑誌です。

黒か白か

二人のこれまでは【黒か白か1巻】で読めます。

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2018 All Rights Reserved.