BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【ブルースカイコンプレックス 6巻】29話(ネタバレ注意)感想/Cab vol.66-市川けい『夏生抜きには俺の話なんか・・・』

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

Cab vol.66掲載、市川けいさんの【ブルースカイコンプレックス】29話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の29話は【ブルースカイコンプレックス6巻】に収録予定です。

だんだんと深いお話になってきましたね!!元親と夏生の将来を見据えて・・・お話が進んでいくのでしょうか。

なんとなく。。。「知ってたヨ!?」って言われるオチがくるかなと予想はしているけど、仲良し兄弟だから揉めて欲しくはないですね(T^T)

では早速!

ブルースカイコンプレックス 29話 /Cab vol.66

掲載P数 32P
満足度
この雑誌をよむ

簡単なあらすじ・ポイント

  • 元親の夏生への想い
  • 知羽さんと元親の関係が素敵★
  • 春ちゃんと知羽さんが飲みに。そこで知羽さんの話を聞いた春ちゃんは。。。
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

【ネタバレ注意】ブルースカイコンプレックス6巻-29話 感想

春ちゃんと知羽さんどうなっていくのでしょうね。知羽さんには奥さんがいて、その人が亡くなってたのが前回わかりましたが・・・。

やっぱり亡くなった人は敵わないですよね。。春ちゃんのラストのセリフはそうだなぁ・・・と思いました。

なんとなく、これからは春ちゃんのお話になっていくのかな?と思っていたのですが同時進行しそうですね。

ちゃんと元親と夏生のお話も入って来そう。

それは結構BLでよくぶつかる問題で。。家族間問題。

夏生の家は元親のコトは知っているのですが、未だ元親の家は二人の関係は知らないみたいで。

言われたら言うというスタンスの元親ですが、彼は今それで本当にいのだろうか?という疑問にぶち当たっているもよう・・・。

どんな風になっていくかこれからが見物なのかもしれない。

ブルースカイコンプレックスはもう6巻部分にさしかかっているのですが・・・なんか巻数重ねるごとに深くなっていく。そりゃハマりますねぇ・・・

ふわふわした胸キュンだけじゃなく、付き合いが長いからこその問題とか色々なコトがあってそこが魅力ですね。

でも元親のお兄ちゃんとかなら気づいてそうなのですが・・・どうなのでしょうね。

両親はわかりません。。。夏生を受け入れてくれるといいな(*^_^*)

栗栖と春ちゃん

春ちゃん、栗栖が家に遊びにきた場面はちょっと省略。

知羽さんから「近々飲みに行こう」と(元親が伝言預かってきた)春ちゃんが誘われていて、その時の春ちゃんがむちゃくちゃ可愛いので必見!!!

連絡先を知らないと言う春ちゃんに心の中で(知らんのかい)とか、春ちゃんの好きな人を知らなかった栗栖に(聞いてなかったんかい・・・)と心の中でつっこむ夏生に笑いました。

二人が帰ったあとは・・・元親・夏生のイチャコラ場面。酔った夏生が積極的でかわいかった!ちなみにエロはこのときなくてチューだけだけどすごく好きな場面です。

元親が夏生のこと愛しい~!!!って思ってるのがすごく伝わってくるような場面なので要チェックですよ(≧∇≦*)

かわいくて仕方ない!って感じです★

知羽さんに相談

大学にて。

元親は知羽さんが食事をしている場所へ行き一緒に食べます。

「伝言ありがとーね」

何かというと・・・春ちゃんへの伝言のお礼でした。春ちゃんから連絡が来たようです♪

すると知羽さんは、元親の食べ方がきれいなことを褒め「ご両親そういうの厳しい方なの?」と尋ねてきます。

「両親というより兄貴かな」

「へぇお兄さんいるの」

「弟もふたり」

「それは賑やかでいいね」

なんなのこの穏やかな会話!!!!知羽さんほんと物腰柔らかくて好き。

食後はベンチに移動したふたり。

すると、元親は「ひとつ質問していい?」と尋ねます。

もしも知羽さんの家族が同性を恋人としてつれてきたらどう思う?と聞く元親。

すると知羽さんは、オレの意見を言う前にどうしてそういうコトを聞こうと思ったのかそこに至るまでの元親の気持ちが知りたいと言います。

元親は、今まで夏生のことは聞かれたら答えるというスタンスでいいと思っていて、そのスタンスは基本かわらない。

夏生も進んで人には言っていなかったけど、それは元親が変な目で見られないようにという気遣いだったことがわかった、夏生は元親とその家族のコトもちゃんと尊重してくれている・・・

そう思ったらなんでそこまでして夏生のコトを親しい人達にまで結果的に隠すようなことをしているのだろうと思ったのだと言います。

「今の 俺の生活に夏生がこんなにも関わってて 夏生抜きには俺の話なんかもうほとんどできないくらいなのに」

家族にすら無意識だとしても隠して過ごしてるのは違う気がするのだと。。。

そしてそれとは別の感情で、家族の前で普段通りに夏生を恋人として大事にしたいし伝えたいという思いがあるようです。

そんな元親の気持ちを聞いた知羽さんは、そんなにはっきりした自分の気持ちがあるのに意見なんて聞いてどうするの?と逆に尋ねます。

「伝えたらいいじゃない」

「人によっては抵抗あるのかもなって いやわからないんだけど」

「ごめんだけど 俺も抵抗ない人だから結局わからないんだよね」

思ったまま行動したらいいんじゃないかな、抵抗されたらその時にまた考えたらいいんじゃない?と知羽さんは言います。

それが自分の意見だと。

元親はスッキリした顔で言います。

「うん ありがとう 知羽さんに聞いてもらえてよかった」

春ちゃんと知羽さん

今回は春ちゃんの幼少期が描かれていました。

なかなか・・・厳しい家で育ったみたいです。お父さんは武道家なのかしら!?

「男に生まれた以上 強くあらねばならん そのための日々の鍛錬だわかるな」と言われてた春ちゃん。。。

そう思うと夏生とかと出会って素を出せるようになってよかったなと思いました(*^_^*)

そんな春ちゃんは、、、知羽さんと飲みにきていました。

知羽さんと色々話せて嬉しそうな春ちゃんにキュン。。。。

きっと想いは膨らむばかりなのでしょうね。

トイレから戻った春ちゃんですが、ここで知羽さんから「話したいことがあって」と言われます。

その内容は・・・・・


 

夏生、元親の家の呼び鈴が鳴ります。

「誰だ こんな夜中に」

訪ねてきた人物は・・・もちろん春ちゃん。

どうやら知羽さんの話を聞いて、ふたりの元にやってきたようです。

「どうしたの?」

春ちゃんは夏生に抱きつきます。

元親が玄関まで行ってたのにね(^_^;)まぁ・・親しさでいったら夏生の方が親しいか。。。、

春ちゃんは知羽さんに奥さんが居たことを知ったようです。

「亡くな・・・亡くなっ て る って・・・んな・・・そんなの」

「敵う わけない・・・」

感想まとめ

まず今回は元親萌えがたくさんありました。

家族に聞かれたらきちんと答えるでしょうけど、それ以上に愛しくて仕方のない夏生の存在を隠したままでいいのか!?みたいな気持ちになったのかな~と想像してしまいました。

春ちゃん達が帰ったあとにイチャコラしてるときの元親の表情がそれを物語ってますよね。

あの場面大好きです。

ぎゅ~~~~~~ってしたくなる気持ちわかる!!!ってなりましたヨ。

それと・・・春ちゃんのコトは、知羽さんどうして春ちゃんに話したのかな???

春ちゃんの気持ちにちょっと気づいているのでしょうか!?

それとも元親達には話したのに春ちゃんが知らないのは・・・と思ったのかなぁ!?

奥さんが亡くなってて、敵うわけないと感じている春ちゃんですが・・・亡くなった人には確かに敵わないだろうなと個人的にも思います。

でもそれは仕方がないことですよね。

だって、もう居ない人だから好きとか嫌いとかそういう次元に居る人ではないのですから。

もう知羽さんの一部になってる人だと思います。

でも、ここで諦めたらもう春ちゃんの恋は一生叶わないと思うので、ここでどうするかなのかなぁ・・・と。

難しい問題ですけどね。

知羽さんが今どんな気持ちでいるのかもわかりませんし。また恋したいなと思っているのかもしれないし彼女だけだと思っているかもしれないし・・・・

色々と気になります。

できれば・・・なんとか春ちゃんには上手くいって欲しいけど、先生がピュアな春ちゃんの相手を知羽さんにした理由もしっかりあると思うのでこれからがみどころ。

うまくいかないかもしれないし・・・それでもやっぱり春ちゃんはかわいい春ちゃんで居て欲しい。

悲しくて泣いてる春ちゃんは今回だけだといいなぁ・・・。

電子書籍

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2020 All Rights Reserved.