BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【ブルースカイコンプレックス6巻】31話(ネタバレ注意)感想-市川けい/Cab vol.68

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

Cab vol.68掲載、市川けいさんの【ブルースカイコンプレックス】31話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の31話は【ブルースカイコンプレックス6巻】に収録予定です。

遅くなりました~。ブルスカ31話!

ブルースカイコンプレックス31話 /Cab vol.68

Cab vol.68
掲載P数 43P
満足度
この雑誌をよむ

今号の簡単なあらすじ・ポイント

  • 二人で帰省
  • 夏生と春ちゃんはちゃんと仲直り
  • 夏生のお父さんのお墓参りを一緒にする
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

【ネタバレ注意】ブルースカイコンプレックス6巻31話 感想

今回は帰省したときの事と、春ちゃんと夏生の仲直りが大きなエピだったでしょうか。

そしてラストは新たな登場人物が!?この子の登場によって少し混乱しそうな予感!?

夏生と春ちゃん

冒頭ではすでに帰省する二人が描かれていて、春ちゃんの事は回想という感じでした。

春ちゃんは、パートナーにも家族にも恵まれている夏生が羨ましかったのだと言います。そして不幸自慢みたいな事をしてしまって最低だったと謝ります。

それに対し夏生も「俺も 無神経だった」と春ちゃんに伝えます。

溜込まないで、もっと栗栖や俺にぶちまければいい、話は聞くからと。

「・・・無理してられるよりそっちのが俺は全然いいし」

一生懸命伝えようとする夏生を見て、春ちゃんは。。。「ありがとう」と伝えます。

ずっとずっとごめんと謝ってた春ちゃんがここでは「ありがとう」になっててギュっときてしまいました。(回想おわり)

おうちでエッチ

1泊だけの帰省ですが、夏生の家へ。風間になったのですねママさん(≧∇≦*)

早く着いたので。。。なぜか買い物へ行かされる二人。

ちなみに、ママさんは【風間】なのですが、夏生は名字は変わらずのようです。確か選択できるのですよね!

買い物をしていると、後ろで子供が転んで大泣き。

それを見ていたその子の父親は。。。「大丈夫か~~~~」と心配そう。それを見ていた夏生は、うちの父親だったらああいう場面で大笑いしていたらしいと話します。

「まー笑いながらもちゃんとあやしてくれてたらしいけどな」

「・・・・・」

その夜は、夏生の家でお泊まり。

元親の兄からは明日何時くらいに来るのかとメールがあり・・・

元親はそのメールを見た後に夏生を自分の布団に呼びます。

「ちょっとこっち来ない?」

「どした 寂しいのか」

「うん ぎゅってさせて」

そう言われたあとにやってくる夏生のかわいいこと!!!

「一緒に寝よ」

キスする二人にドッキドキでした(≧∇≦*)元親も興奮してしまってるみたいですし・・・

まさか家で!?

と思ったら!!!!二人とも盛り上がってましたネ。

今回はびっくり展開でしたがエロありです!!!なんか声だしちゃいけないので余計にエロく感じました。

家でするという背徳感?を持ちながらのエロは・・・・イイですね★二人の表情や雰囲気がいつもと違う。

最後声が出そうな夏生の口を元親が押さえるのですが・・・んんん????鼻まで塞いでない!?とそっちにハラハラしてしまいました・・・。

今回はこの家でのエロが一番のみどころだったかもしれません(*´Д`*)

お墓参り

翌日、元親の実家へ行く予定だったのですが、チビちゃん達が熱を出したらしく・・・急遽中止に。

時間が空いた二人なのですが、元親は「夏生のお父さんのお墓参りしたい」と言い出します。

「墓参り?」

そう言われて夏生も、そういえば最近行っていなかったから行こうかと。

歩いていると、夏生が通ってた小学校があり二人は寄り道することに。

3年生のクラスを何故かじっと見て、中に入っていく夏生。

「たしかこの席」

「なにが?」

「父ちゃんの訃報 聞いたの」

授業中だったと夏生は言います。そしてその時の光景を今でも覚えていると。

夏生のお父さんは交通事故で亡くなったようですが、お父さんが苦しい最期じゃなかったらいいなと今でも祈ってると夏生は言います。

「・・・なんてな!悪いなしんみりした話して」

「ううん ・・・こういう話って聞いちゃっていいのかなってずっと思ってたんだけど」

「夏生がもし嫌じゃなかったら もっと父さんの話聞きたい」

そう元親に言われて、夏生はお父さんの話をしながら墓参りへ。

一緒にいる時の自分が一番しっくりくるんだよ

「きれいにされてるんだな」

「ま 比較的近所だしな カーチャンが定期的に来てるはず」

お墓に手を合わせる二人。

「サンキュな 色々聞いてくれて 父ちゃんのこと」

自分にとっては昔話のつもりでも、もしかしたら気を遣わせるかもしれないと思ってたので、なかなか話せなかったみたいですね(*^_^*)

そして夏生は、春ちゃんの事もあってか感じてた事を話し始めます。

「他のケースと比較したら自分はマシ・・・なんて考え方は絶対したくねーって思ってうけど でも」

「うちの家族も・・・お前も よくもまぁあっさり受け入れてくれたもんだって 最近スゲー考えるんだよな」

だから元親の事も、どんな手を使ってでも手に入れるって思っていたけれど、それでももしかして奇跡みたいなものだったのかもと思ったり思わなかったり。。と。

でも元親は、「俺はそうは思わないよ」と言うの。

他のケースとか夏生の家族のことはともかく、夏生とこういうふうになる前の自分とか、別々に暮らしてたこととかもう遠い感覚すぎるて思い出せないと言います。

「それくらい夏生と一緒にいる時の自分が一番しっくりくるんだよ」

「夏生に会って 夏生とこうなれたから初めておれは 俺になれてるのかなって思ってるよ」

ずっと一緒にいような、と夏生の手の甲にキスをする元親。

夏生の驚いた顔が印象的でした(*^_^*)

突然の訪問者!?

二人の家へ戻ってほっとしたのもつかの間・・・

夏生が海外でお世話になってたダニエルさんから電話がかかってきてたのでかけ直すと・・・

『いやーそれがよ 伝えるのすっかり忘れてたんだが アレックスわかるよな 俺の息子の』

「アレックス?まぁわかるけど 名前だけは」

『東京に用があるってことだからよ お前の住所教えといたからよ!』

『もし訪ねてきたら よろしくな!』

『じゃあな!』

笑。夏生が明らかにびっくりして動揺してるのに、言いたい事だけ言ってパパっと切っちゃうダニエルさん・・・好きです( ´艸`)

次話ではそのアレックス登場で。。。。どうなるやら!?

感想まとめ

巻末の先生の言葉に夏頃コミックスが出ますと書いてありました!!!いつ!?と思って調べたのですが、まだアマゾンには出てませんでした(≧∇≦*)

8月か9月くらい?かしら。

次号に先生のお名前がなかったので、恐らくコミックス作業のためだと思うのですが・・・楽しみです。

今回は春ちゃんと無事に仲直り。

実家に帰って二人で盛り上がるところも良かったですし、お父さんのことを話す夏生にもキュン。

お母さんの幸せは願っているし、きとお義父さんもいい人なのでしょうけど・・・夏生にとってはたった一人の父親ですもんね。

お父さんの事大好きだったのだろうな~!!!というのが伝わってきました。

墓参りしてからの「ずっと一緒にいような」と手にキスをする元親のシーンは・・・お墓参りだというのにプロポーズ!?!?と思うほどでした。

いや、プロポーズに違いない。。。( ´艸`)

なかなか素敵なシーンでした。びっくりしてる夏生の顔も可愛かったです。

ラストにちょろっと登場したアレックスは。。。どんな感じの子なのでしょうね。

口元だけしか今回わかりませんが、すごく若くてなんかとても・・・綺麗な子っぽい。

アレックスってどこかに登場してました?

ダニエルさんは大学生編が始まった時に登場してたのですが、また読み返しておこう。。。

夏生に懐いているのかな?そのわりには夏生はあまり覚えがなさそうですし。

アレックス➨夏生なら元親の嫉妬が読めるし。。。アレックス➨元親なら・・夏生の嫉妬が読めるし・・・一瞬でも二人の間に入り込む混乱要員なのでしょうか!?

どんな子かはまだはっきりしないので、次話以降ですね。

まさかまさかのアレックス➨傷心春ちゃん。。。なんてこともあるのかしら!?妄想が広がっていく・・・・(≧∇≦*)

とうことで!!!まだまだ楽しみがいっぱいなブルスカでした★

次号にお名前がないってことは、ここまでが6巻収録かもしれませんね!また発売予定などが出たらお知らせしますね!(*^_^*)

電子書籍

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2020 All Rights Reserved.