BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

『不機嫌彼氏のさらい方』最終話(ネタバレ注意)感想/ディアプラス2月号掲載-左京亜也

 
不機嫌彼氏のさらい方ネタバレ感想
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

ディアプラス2月号で最終回を迎えた不機嫌彼氏のさらい方。なんていうか・・・個人的にはアンジェロの出てきたイミがちょっと不明というかあれだけ引っ張ってこれ?みたいなところはありました。う~ん、最終話でとても大円満な終わり方でしたが個人的にはモヤモヤの残るストーリー展開だったなあと思います。エロを楽しむ分には最終回ということもあってとても濃厚で(`・ω・´)b💛
 

不機嫌彼氏のさらい方最終回の掲載誌情報&不機嫌彼氏シリーズの紹介

今回の感想を簡単にまとめると・・・・
頑張ってエイにご奉仕しているユージンがかわいい。

アンジェロに関しては王道パターン・・・・

次に結婚するのはエイとユージンなのね~  

藤雪

不機嫌彼氏のさらい方・最終回のネタバレ感想は以下より。コミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

英はもっと俺に執着しろ

前回からの続きですね(o^―^o)前回がわかんない~という人はこちらをどうぞ!

ユージンが英にご奉仕しようとしている場面で終わった4話。今回は・・・おもいっきり続きからですヨ。ちょろっと舐めるユージンに「そんなことしなくていい」と英は言うけれど、うるさいと言って続けます。なかなかこの時のパシっと手を振り払ったあとのユージンの顔が私は好きです。

 

そしてユージンは・・・英のT子を舐めながら自分のT首を触り始めます。

 

なのですが・・・一生懸命なユージンに「へたくそ 出来もしないくせに」と言う英。

それに対し、「おっきくしといてえらそうに」おまえが悪いのにと言い返すのですが・・・

 

「いい加減に下手な煽りをやめないと本気で犯しますよ」

 

そんな英に待ってました!のように「・・・ん はやく」と答えます。

 

「言っとくが謝りませんよ」

 

そういって次が英がユージンのお尻を舐めようとします。「まて ローションある」と、右のサイドデスクの引き出しにそれがあるというようなことを伝えるのですが、「使いません」と言われてしまいます。

 

そのまま舐められてしまうユージン。

 

「やめろ きたな ひっ」どんどんと英の舌はぬるっとユージンの中へ入っていきます。

 

「あなたもさっき似たようなことしたでしょう」

 

「それよりなんでわざわざローションなんて持ってきたんです」

 

その問いにユージンは枕で顔を覆い隠しながら(耳まで真っ赤なので赤面しちゃってたのでしょうね(n*´ω`*n))

 

「こっちでは毎晩おまえと しようと思って」

「して いっしょに抱き合って眠って寝起きの顔見て」

 

「英はもっと俺に執着しろ」

 

一瞬ユージンの言葉にビックリした様子の英でしたが、「バカですか」と。

もっと執着しろというなら、ユージンの周りのモノやヒトなど全部処分しなければならないという英。

 

そんな英の向ける言葉や視線にも感じちゃっているのでしょうか。

 

はやく・・・ほしいとねだります。いやぁこの時くちゃっと広げて待つユージンがちょっと新鮮でした。。。

 

(ぜんぶ捨てる)

(英と自分だけ そんな生き方できるわけない選べない)

 

(なのに そんな時間がないと生きてゆけない)

 

英のすべてが、過去の一部が自分だけの者じゃなくても深い所でつながっていればそれでいいと思うユージン。

 

「過去の事も俺は謝らない」

「ジーンにも謝ってほしくない」

 

英はたぶん・・・前回の話の流れからを考えてみると、今回謝らなかったのは「ジーンにも謝ってほしくない」のこの部分が一番なんじゃないかなぁ?と思うんです。1巻でも「好きな男に別れた女のなんちゃら」⇦お金を渡したりする雑務みたいなの。って言ってたので若干後悔やうしろめたさが凄くあったと思うんですよね。

 

でも英はお互い過去は振り返らず前を向こうって言っているのじゃないのかなぁと私はそんな風に捉えました。

真悟は仕事・・・・

なんだ・・・結婚式に真悟は行けないようです。ガッカリ(´;ω;`)ウゥゥ

 

誘われてはいたようですが仕事が入っていてサラの式には圭市とリオのみ(笑)この二人がこれまたいいコンビでしたヨ。

 

「・・・けーちゃんしんごは?」

「来ないね」

 

「しんごいないとやだっ」

「気が合うね」

 

もうおなじみのこの「気が合うね」が今回も(笑)この2人の会話本当に好きです!

そして今回はサラの結婚相手くんが登場してきます。

 

全然普通の人でした(笑)何にも怪しくなかった!!!アンジェロと接点あるのかな?と少し思ったこともあったけどそんな事なかったです。

ちょっとまったぁ

さて式も始まり・・・幸せそうな新郎新婦。

そこへ・・・

 

「ちょっとまったあ お願いだ結婚しないでくれ」

「君を愛してるんだ」

 

と、どっかのドラマでよくあるこの演出・・・。その男は「アンジー!!」と叫んでいます。

 

アンジーってアンジェロの事なんですよね。その後二人は浮気しただのなんだのちょっと喧嘩してますが、結局は仲直りしてラブラブに戻りました。

 

ほんとアンジェロ・・・・とんだお邪魔ムシな気が・・・。(笑)

ブーケは誰の手に?

そして結婚式と言えばブーケトス。アンジェロはすっごく欲しがっていて取る気満々です。

 

「そーれ」

 

サラが投げたブーケを手にしたのはユージンでした。

 

式のあと、ユージンは英と一緒にいて何やら会話をしていました。それをリオが見つけて声をかけるのですが二人は気が付かず。そして二人の雰囲気を察した圭市がリオをその場から離れさせます。⇦邪魔されたくない場面でよく邪魔されているからこういうのには敏感なのかな(笑)

 

英とユージンに場面は戻り・・・今回の結婚式のこと、サラはもう一度結婚式をあげて両親を納得させようとしていることなどを話しています。サラのドレスはもう選んでやらん!などと楽しそうに話している二人。

 

すると英はユージンの顎をくいっと持ち上げ、

 

「俺としては 次の結婚式は俺とジーンで挙げたいと思ってますが」
「いかかですか ジーン」

 

そういいながらキスをする英とびっくりした表情のユージンで終わりです。

 

圭市はマジかと言ってますね(笑)案外圭市が先に結婚式計画立てたりして・・・その後のこの2組のカップルの行方が気になりました(n*´ω`*n)

 

 

不機嫌彼氏のさらい方最終回感想/まとめ

う~ん・・・!!!!!アンジェロにイライラするぅ~~~~~~~。

あんだけ引っ掻き回しといて、結局イチャイチャしてるし。。。いいけども!なんだかおぃ!と言いたくなりました(笑)

 

そうそう、今回のアンジェロに関しては、第3話の感想まとめの方で予想した中の③に近くなりましたね。見せつけたかったわけではなかったようですけどね。彼氏が迎えにきてまぁヨカッタ・・・。

 

今回の不機嫌彼氏のさらい方は・・・・・・・・・・・なんでしょうか、グルグル考えましたけど普通にみんなそれぞれ好きな人と結ばれて良かったよね!展開で終わりましたね。サラの結婚相手くんもぜ~~~~~~~~んぜんアンジェロと関係なかったですし。⇦勝手に関係あるかもなんて思ってた・・・。

 

アンジェロが出てきたイミは、過去の事はもう後悔しない、こだわらない、今の関係を大切にするという事を二人で再認識する事ができたという事でしょうか。

 

コミックスになったら描きおろし追加されるといいなぁ(n*´ω`*n)描き下ろしで二人の結婚式なんてものがあったりするかもしれませんね!楽しみです。ちょっと4話からこの最終話はう~~~~~~~~ん!というところが色々ありましたけど、皆ハピエンで良かったと思う事にします(o^―^o)

 

一応作品の最後に、このコミックスは5月発売予定と出ていました。

 

今回のディアプラス2月号は2月20日くらいに配信開始になると思います。最新号はこちら。

 

ディアプラス最新号(電子)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。
コメント時には、最後の計算の答えを入力してから投稿してださい(*^_^*) もし、何度もコメントが弾かれるということがありましたら、拍手ボタンからコメントが送れるのでそちらか送ってみてください★ ご不便をおかけしますが、よろしくお願い致します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2017 All Rights Reserved.