BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【セラピーゲーム リスタート3巻】18話(ネタバレ注意)感想-日ノ原 巡/ディアプラス2022年3月号

 
セラピーゲーム リスタート
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

ディアプラス2022年3月号掲載、日ノ原巡さんの「セラピーゲーム リスタート」第18話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の18話は【セラピーゲーム リスタート3】に収録予定です。

ラストに院長の秘密が描かれていた17話。

院長は。。。やはり静真を意識しているような気がしてハラハラしてしまいます。巽と院長が仲良くなればいいのですが・・・

今回はどんな展開でしょうね。

湊が落ち込んだり怒ったり泣いたりするのは心が痛くなるので・・・どちらかというと静真が嫉妬したり必死になったりするのを読みたい~。

セラピーゲーム リスタート 18話 ディアプラス2022年3月号

ディアプラス2022年3月号
掲載P数 24P 
満足度
この雑誌をよむ

今号の簡単なあらすじ・ポイント

  • 院長が静真に言った言葉に激怒する湊
  • 転職しようかなという静真に湊は・・・
  • 二人は改めて内見へ。
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

3分で読める18話のあらすじ

ホテルで甘い時間を過ごす二人。ですが、往診の時の事を静真が話すと・・・そこには必ず院長が。

帰りに寄ったカフェでの出来事も正直に話すと、湊の怒りが頂点に(笑)

そして湊が静真に何もされていないのか?と詰め寄ると・・・(ここで院長が嫌いだと湊は口にしてる)『それならもう転職するか』と言う静真。

今の所で働く限りはどうしたって院長と関わる、湊が嫌ならタイミングを見て他に移るのもありだと。

そう言われると、さすがに湊も苦労してやっと楽しくなってきたところなのに・・・と感じてしまう。

ただ、静真は・・。働ける場所はいくらでもあるけど湊は一人しかいない、大事にしたいのは湊の気持ちだと言う。

ここで先ほどまで怒り狂っていた湊が方向転換。

それならばもう今の病院に居座って、自分たちが仲良しなところを見せてやるほうが楽しいと。

早い段階で見切りをつけたほうがいいと言った院長へ見返したい気持ちが強い湊。

そして湊は静真の優しさ、まっすぐさに触れ、改めて好きになったのが静真で良かったと口にする。

翌日、動物病院では・・・首にいっぱいのキスマークをつけた静真の姿が。

キスマークを見せつける、というのは湊の指令。

そんな静真を横目で見る院長。

休みの日、湊・静真は改めて内見に向かったところで今回は終わり。

【ネタバレ注意】セラピーゲーム リスタート2-18話 感想

今回は24Pということで、パート的には湊と静真の休日、静真が湊の指令を実行、内見に改めていく二人という3つのパートだったかなと。

湊の嫉妬がね~確かに重い。仕事と私とどっちが大事!?パターンではあるけれど、それでも静真が職場変えようかなと言ったらちゃんと方向転換できるのが凄い。

静真も湊大好きだし、湊も静真が大好き!というのがよく伝わってくる今回のエピでした。

ただねぇ・・・湊が心配しているようにこれからさらに院長と静真は接近すると思うのですよね。

静真はどうかはわかりませんが、院長には何かしらのトラウマ?とか悩みとか・・・影の部分があって、それに静真が触れちゃうんじゃないかなと。

静真ってけっこうほっとけないタイプだから、そこでまた湊と衝突~なんてことにならないといいなぁと思ってます。

それか。。。院長に関しては静真と云々ではなく、巽が入ってきてくれたら流れが変わりそう~

院長が静真に言った言葉に激怒する湊

すっかり機嫌がよくなった湊。静真から往診の事などを聞いていると・・・どうしても院長が出てきてしまいます。

そして帰りに寄ったカフェでのこと。

早い段階で見切りを付けた方がいいと二人の関係について意見されたことを聞き、湊は激怒します。

なぜ素直に言うかな~~~~~~~(笑)

静真って湊が院長の事ちょっと苦手に思ってるの知ってて話してしまうんですからね。

湊が毛嫌いしていると。。静真は『それならもう転職するか』と口にします。

これは怒っているわけではないのですよ。

湊がそこまでいやならって感じです。

神様のウロコ【現在2巻まで】

転職しようかなという静真に湊は・・・

仕事をしていく上で、院長とは必ず関わらないといけないし、静真自身もタイミングを見て他に移るのは全然アリだと思うと静真は言います。

それを聞いて湊は・・・院長が静真の近くにいるのは嫌だけれど、今の病院に慣れるまで静真が苦労していてやっと楽しくなってきたところだと考えます。

もちろん、静真は今の病院には感謝しているし、恩返しもしていきたいと思っているようですが・・・

今の静真にとっては湊が一番大事、という事のようです。

『働ける場所はいくらでもあるけど 湊は一人しかいないだろ』

一番大事にしたいのは湊の気持ちだという。

くぅ~~~~~~~~~~~~この人タラシめ~~~~~!!!

結局湊は、静真のその言葉で少し落ち着いたみたいですね(*^_^*)

静真が今の病院に対して不満がないのならば、そのままでいいと言います。

『それより今の病院居座って 俺らが仲良いとこ嫌ってほど見せてやる方が楽しくない?』

湊は、院長の言ったことがいかに見当違いで間違っていたのかを思い知らせてやる!!!と。もう完全に敵視してますよね(笑)

でも静真は・・・ちょっと嬉しそう。

そして改めて内見に行って部屋を決めて・・・院長に同棲自慢しようと言います。

静真のこういうところはけっこう好きです。堂々としてるし、こういうセリフは聞いてる方も嬉しいですよね(*^_^*)

湊の扱いに慣れているというかなんというか(笑)

優しくて素直な人だから、湊も素直に嬉しいと感じる事ができるのだろうなぁって思います。

嬉しさのあまりまたも♥♥♥な感じになります(≧∇≦*)

湊は、、、静真の腕を掴んだ時にできた跡を見て・・・怒りであんな風にしてしまうなんて。。。と気にしてしまいます。

すると静真は・・・

『ほとんど消えちゃったな お前の握力案外たいしたことなかったな?』

とにこり。

これには湊もすごく救われたんじゃないなぁ。。。イイ男ですよね静真って。

さて、このあとにちょこ~~~~~~っと湊の悪戯???があります。

二人は改めて内見へ

翌日・・・首にびっしりキスマークをつけた静真が。。。

病院ではさすがにお客様商売だからまずいですよね。。。やんわりとそう言われてます(笑)そりゃそうだ・・・ちょっと湊もやりすぎ。

ただ、病院の人にちょこっと見せたら隠してもいいと言われていると。

そんな静真を院長は・・・ちょろっと横目で見てました。

休日。

湊と静真は待ち合わせて改めて内見へ。

いよいよ同棲開始!?でしょうか。

感想まとめ

まぁ湊は昔から重いのはわかってたし、今回のような反応もわからないでもない・・・これが湊だし、静真もわかってるからこその内容だったなぁと思いました。

院長はなんだか明らかに静真を意識しているように見えてちょっと要注意かなぁ・・・って思いました。

湊が拒否反応を示すのは本能的なものでしょうか(笑)

このまま静真がやらかさなければいいのにと願うばかりです(^_^;)

人タラシで優しくて真っ直ぐで・・・そんな静真だからちょっとつけ込まれそうな?巻き込まれそうな予感。

次話はうまく同棲までいけるでしょうか?

部屋決めるのに揉めるとかナシで、同棲からスタートしてたら素敵なんですけどね。。。

決める!って時に病院からまた連絡が~ってなって静真がいなくなる可能性もあるなぁと色々と考えてしまいました。

院長は巽とくっついて欲しいな。。。

巽のメガネの下がすっごく気になるので、それが読めたらいいのに~とずっと思ってました(≧∇≦*)

機会があったら本当に読みたい。。。

ということで!

セラピーゲーム リスタート2-18話の感想でした。

電子書籍

セラピーゲーム関連作品


セラピーゲーム(上)
2018/12/1
セラピーゲーム(下)
セラピーゲーム(下)
2018/12/28

セラピーゲーム リスタート3巻部分のあらすじ・感想一覧

14話
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

何か面白そうなBL漫画はないかな?とお探しの人は、こちらの一覧をチェック!【特集記事】

BLメモリー・バラ単話・コミックス作品感想

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2022 All Rights Reserved.