BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【クズでもできる恋愛論】2話(ネタバレ注意)感想/花音5月号-志々藤からり

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

花音5月号に掲載、志々藤からりさんのクズシリーズの新章【クズでもできる恋愛論】第2話のネタバレあり感想です。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の2話は【クズでもできる恋愛論】もしくは【性格クズでなにが悪い 3】に収録予定です。

こんばんは!クズシリーズ第3弾!今回も新キャラの個性が強くて・・・若干イラッとします(笑)

でも新キャラくんに一朔が振り向く可能性ゼロっぽいのですが(^_^;)一朔がどうこうよりも、湊の成長日記になりそう!?

それにしても!新キャラのまつり君、ちょっと不思議くんすぎてう~ん・・・。

クズでもできる恋愛論2話/花音5月号

掲載P数 30P
満足度
この雑誌をよむ

簡単なあらすじ・ポイント

  • まつりに付きまとわれる湊
  • 一朔は何とも思ってないようだけど!?
  • 青葉と湊の掛け合いは相変わらず面白い
  • デートの約束に喜ぶ一朔
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。
性格クズでなにが悪い

【ネタバレ注意】クズでもできる恋愛論2話 感想

4月号からスタートしたので、知らなかった!という人はまず1話を読んでみてくださいね!

いやぁまつりちゃんすんごいキャラ。

可愛いっていうよりイラっとする!!!(笑)これだけ不思議くんになるとちょっとよくわからなくなってきます(^_^;)

最後には湊のコト好きになってしまってるのではないかと思うのですよね・・・。

今でも何だかんだで一朔より湊のストーカー化してますし( ´艸`)

そういえば!ワタクシ志々藤からり先生は作家買いなのですが、【恋はしたいがお前じゃない】を紙で読みまして。

最初はんんん????って感じだったのですが、やっぱり面白かった!!!なんかすごくクセになります。

この作品は別ブログに感想を書いているので興味がある方は是非!別ブログにも遊びに来てやって下さい~。

>>>>志々藤からり【恋はしたいがお前じゃない】BLコミックス(ネタバレ注意)感想/突然現れた婚約者!?

ということで!本編の方のネタバレ感想を。。。

まつりくんに付きまとわれている湊

なぜだか湊の大学にまつり君が来て離れてくれません。

講義まで一緒に受けてます(笑)

そしてお昼までもピッタリ。

「・・・本当に一朔くんと付き合ってんだよね?」

「はぁ まぁ」

「ふーん・・・ なぜ?」

(マジで失礼だなこいつ)

湊は一朔がベタ惚れで猛烈に口説かれたからつきあったのだと言うと。。。まつり君はそれも信じられないみたいで(^_^;)

「またまたー うっそだー!」

「・・・で?なぜ?」

すると湊はまつりくんに、バトルっていうのは具体的になにがしたいわけ?と尋ねます。

口ケンカなら楽勝だけど、口ケンカ以上の面倒事にはつきあわないと。

「三角関係の泥沼ごっことかごめんだから」

「そうなの?」

それはそうと、一朔に会いに来るなって言われたんじゃないのか?と尋ねる湊。するとまつり君はもう一人の子は言われてたけど自分は言われていないと言います。

「一朔くんは俺にはすーごく優しいんだよね~ キツイ言葉なんか言われたことない」

それを聞いて湊はちょっと一朔にイラっとしてしまします。

(あの八方美人野郎が・・・!!)

好きな人の好きなものは好きになりたい

実際なにがしたくて付きまとってるかというと・・・

湊がどんな人なのか知りたいだけだと言います。

「それで好きになれたらいいなぁって」

「俺を?なんで?」

「だって好きな人の好きなもんな好きになりたいじゃん」

一朔の大事な湊は自分にとっても大事なVIP、好きな人と価値観近いっていうのは重要だとちょっと意味不明なコトを言い始めます(笑)

「だから俺が湊くん好きになったら 俺と一朔くんがつきあえる可能性も高くなるっしょ」

・・・・・・・????

ね・・・ちょっとイラっとくるでしょ!?まつりくん(笑)

なんだこのトンデモ発想は!!!

当然湊も理解不能のようでして(^_^;)そりゃそうだ!

「誰を選ぶかは都築が決める事で 俺がごちゃごちゃ口出す事じゃねぇから」

「ふーん 物わかりがいいんだね まぁお互い恨みっこ無しって事で頑張ろうね♡」

う~ん・・・そもそもまつり君・・・舞台にも上がれていないのでは!?と思うのはワタクシだけでしょうか(^_^;)

まつり君が去っていくと。。。どっと疲れが出てきた湊。

(なんだあれ 黒船か!? いや相手したくねぇから 異文化交流の押し売りお断りだから!)

勝負などはなからしない主義の湊。でも、あのまつり君は話しも通じないし扱いに困ってしまいます。

(『どうするかは都築の自由』それは付き合い始めてからずっとそう思ってて)

(いつか都築が俺以外を選ぶなら 文句一つ言わずに別れるつもりでいる)

一度付き合ったらもう他に移れないなんていうのはなくて、都築には今でも恋愛の自由があるのだと思っているようです。

でも!!!「好かれる努力」っていうのも重要なのではないかと湊は感じ始めているみたいです( ´艸`)

今さらなのですけど・・・湊は人付き合いの基本に気づいたようです(笑)

性格クズでなにが悪い 2

俺はとても興味あるなぁ

自宅で食事をしながら話している湊と一朔。

すると一朔から、まつりが青葉に会いに来たこと知ってた?と聞かれます。

「ああ 今朝 青葉から聞いた」

「湊の方は?特になにもなかった?」

「ああなんもない」

「・・・そっかならいい」

(・・・分かってて追求しない顔だなー)

湊は一朔にまつりくんの事をどう思っているのか?と尋ねます。

「まつり? 」

一朔はまつり君云々ではなくバンドメンバー三人とも可愛い後輩だと言います。

「音楽は真剣に頑張ってるから応援してるし」

「でも湊が嫌ならもうやめるけど?」

「は?」

一朔は、湊が言うならばきっぱり縁を切ってもう関わらない、二度と会わないと言うの。

ちょっと困惑する湊ですが、一朔の交友関係にいちいち口出したくないからそんな事はしなくていいと言います。

「会いたい奴に会ってしたいようにしろよ 俺もそうするし」

ちょっと一朔としたら期待してたのかな!?

そう言われてちょっと寂しそう。

でも湊ならそう言うだろうとも思っていたようです。

(都築の自由意志を左右するーとは言っても ワガママ言って束縛するのはやはり違う)

湊は自分がもっとなにか頑張るべきだと感じているようです。なにか一朔にしたいと思ってるのかな!?!?

それでも、そもそも一朔はあれこれ要求もしてこない。

(まぁ唯一熱心に頼まれる事と言ったら・・・・アレか)

アレっていうのは・・・エロですね~!一朔ってとにかくやりたい攻撃しますからね( ´艸`)

湊は考えながら・・・ふとあることを口にします。

「なぁ 都築 お前さー」

「フェラ○オって興味ある?」

(^o^) 

(^o^)「あるよ!」

言ってから恥ずかしがる湊に笑ってしまいました。一朔はすごく嬉しそうですけどね!

「湊・・・ なんなら今から試してみ」

「うるせぇ間違えたっつってんだろ!!」

「湊・・・俺はとても興味あるなぁ!」

「しつこいっ!!💢」

ここの会話すごく好きです(笑)ちょっと文字で書くと面白さ半減なので、ぜひ先生の絵でしっかり読んで欲しい箇所!!!

青葉と湊の絡みはいつも面白い!

昨日一朔に変な事を言ってしまったと落ち込む湊。

(自分が無能だからって 色仕掛けでこびようなんて浅はかな真似を俺は・・・俺は・・・)

思い出しては頭を抱えています。

「おう 湊 なにやってんの?」

「あ 塩かけられたナメクジの真似?」

「ちげぇよ・・・墓穴掘って埋まりたいけど 穴掘るのもめんどくせけゴミクズの真似だよ・・・」

「なーる つまり落ち込んでんのか」

青葉は、一朔となにかあったなら相談に乗るけれど一人でグルグルしてるだけならほっとくと言います。

「どっち?」

「・・・ほっといて」

「わかった」

でも、湊は青葉に言うの。

「他人との争い方がわからない」と。

それを聞いて、まつりくんにはなにもしないんじゃなかったのか?と青葉は尋ねます。

湊は彼にはなにもしないけれど、一朔にはなにかしないと。。。と。

「俺だって無抵抗でお前を奪われたいわけじゃない お前の一番はずっと俺がいいってそれくらいは伝えないと」

「・・・・・・」

「お前よぉ」

「それをそのまま都築に言えば全部解決するんじゃねぇのか!?」

これがね、湊も面倒くさい男なんですよ~。言葉だけなんて軽い!ですって。

「行動を伴わせたいんだよ!でもどう行動したらいいのか分かんねぇから悩んでんだよ このばーか!!」

青葉はめんどくさそうに、なぜいちいち全力を尽くそうとするのか?と。

「お前が適当に媚びときゃ喜んで一生を捧げてくれるぜあいつ」

「そういう甘え方はしねぇって決めてる」

それは対等でいたいからだと湊は言います。他は駄目でも一朔にだけは胸を張れる人間でいたいと。

「・・・あっそ まぁ気が済むまで悩めば?」

デートの約束に喜ぶ一朔

家にて。

カレンダーを見ながら28日に○がしてあるのに気付き、一朔にこのマルはなにかと尋ねます。

「ああそれ?買い物」

おつかいでプリンを買いにいくのだと言います。

「湊の分も買ってこようか?甘いもの好きだろ?」

すると湊は自分も行こうかなと。

その日は一朔の誕生日に一番近い日曜日なのでもともと休みをとってたと話す湊、

一朔は嬉しそうに湊に抱きつきます。

「じゃぁ決まったな 丸一日デートしよ」

小さな事でも喜んでくれる一朔。でも湊はそれだけでは駄目なのだと感じていて・・・

感想まとめ

湊・・・ちょっと面倒くさい(笑)そこがまた面白くていいけれど、思ってることをまず伝えるというのが大事なのではないかな?って思いますよ!?

ほんとまつり君は思ったことすぐ口にするから、足して2で割ったらちょうど良さそう(笑)

一朔はこんな風に湊がグルグル考えているのは分かってるのかな・・・

なんか青葉がちょっとアシストしそうな気がします。

色々と湊の言ってた事聞いてますしね!

あれ録音とかしてたら面白いのに!!!誕プレとかって言って渡して欲しい(笑)

カップルでは一朔×湊は鉄板だけれど、掛け合いとかは断然青葉と湊が好きです(≧∇≦*)ほんと出会った頃からこの二人は面白い。。。

素敵なデートになるといいですが・・・またまつり君登場しますよね(^_^;)

デートも邪魔されそう。。。

早く続きが読みたいですが、次話は6月発売の花音7月号のようです!

2ヶ月後ですね。

電子書籍

志々藤からり/お気に入り作品3冊ピックアップ!

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

BookLive!割引作品 >>>BookLive!BLキャンペーン一覧はこちら














 

Renta!今だけ割引作品 >>>Renta! 割引作品すべて見る














 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2020 All Rights Reserved.