BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【ララの結婚】第4話(ネタバレ注意)感想/ビーボーイゴールド8月号-ためこう『俺はただララを幸せにしたかっただけだ』

 
ララの結婚 ためこう
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

ビーボーイゴールド8月号掲載、ためこうさんの【ララの結婚】第4話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の4話は『ララの結婚』に収録される予定です。あと2話くらいで収れば1巻完結ですけど・・・巻号ついたりするのかしら。

ララの行方とかすごく気になりますし・・・ウルジ×ラムダンをもっと読んでいたいので、続いてくれたら嬉しいです。

それにしても!!!!今回もウルジかっこよかったですね。

ララではなく、最初からラムダンだと知っててラムダンだけを見てるって・・・・もうキュンキュンです。

ララの結婚・・・ためこうさんの作品の中で一番好きかも(≧∇≦*)

ビーボーイゴールド8月号&ララの結婚 掲載情報等

ビーボーイゴールド8月号
掲載P数 33P
満足度 ★★★★★
ひとこと ウルジかっこよかった!
amazon  電子&詳細

これまでのあらすじ

ララとラムダンは双子。ララとウルジの結婚が決まったものの、ララは好きな人と生きたいと言いだします。
そんな彼女の願いを叶えるべくラムダンがララとなってウルジの元へ嫁いで・・・・。

ララになりきっているラムダンですが、実際は・・・ウルジはララではなくラムダンが嫁いでくるように色々と根回ししてたようです。
ウルジとラムダン、ウルジはラムダンが好きなのですが。。。ラムダンにはまだその気持ちがなく村に助けを求めます。

ですが村人たちは、自分達の生活が厳しい事もありラムダンにウルジの元へ戻るようにいいます。さらには父だと思ってた人の口から自分達が捨て子だった事を聞かされ・・・・。

信じてたものに見放されたと感じたラムダンが向かった先は北の山。
そこで男達に絡まれて・・・・・

>>>>3話の詳しいネタバレ感想はこちら

4話の簡単な流れと感想

ざっくり
  1. ラムダンピンチのところで助けにきたウルジにキュン。
  2. ラムダンはこんなことになったのは全部ウルジのせいだとウルジを切ろうとする。
  3. ウルジからララではなく最初からラムダンしか見ていないと言われる。
  4. 少しだけラムダンの気持ちに変化が!?!?
  5. 今回のエロはウルジが女性を抱く感じではなく、男×男でのエロ。ただしウルジがラムダンに奉仕のみ。
  6. 修正真っ白でそれがすっごく残念(ラムダンの全くみえない(T^T))
  7. 居場所が欲しいラムダンに最後のウルジの言葉はかなり効いたはず。

詳しい感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

かっこうの夢
カッコウの夢
カッコウの夢(上)

気持ちいいのは身体のせいだ」本命とセフレの、体が入れ替わり…!?愛しているのは心か、身体か。入れ替わり三角関係ラブストーリー。

【ネタバレあり】ララの結婚第4話 感想レビュー

今回はララの気持ちが大きく変化したターニングポイント的なエピだったように思います。

ウルジの熱烈アピールが凄かったですね。ラムダンがこれから傾いていくのかなぁって思うと早くこの先が読みたいなって思います(〃・ω・〃)

ウルジはあの1話(メス堕ちBL)・・・子供の時からラムダンだけを見てますからね。

やっと大好きなラムダンが、ララとしてではなくラムダンとして自分の方を見てくれたって感じているのではないのかな。

まだまだ問題は山積みだと思うけれど。。。どう乗り切っていくかも楽しみ。

子供の事もありますしね・・・・ウルジなら何か考えてそうですけどね(*^_^*)

そんなにこの顔が好きか

助けにきたウルジ。

男達に捕まっているラムダンをみて怖い顔でその男達を威嚇します。

「手を離せと言った」

怖い顔をして、剣を抜こうとするウルジを見て男達は逃げ出してしまいます。

「大丈夫か ケガはないか?」

村人に行方がわからないと聞いたときは焦ったというウルジ。

ラムダンはおそらく北へ行こうとするだろうと思って追ってきたようです。

「無事で良かった・・・」と言うのですが・・・ラムダンの目からはボロボロと涙が流れています。

「・・・もう嫌だ 俺はララを幸せにしたかっただけで・・・その他のことは望んでない・・・」

もう耐えられないと泣いています。

そんなラムダンに手を差し出そうとするウルジに、ラムダンは短剣を突き出し「全部お前のせいだ」と言うのでした。

「村人に売られたのも 父さんが俺を見捨てたのも ララにあえなくなったのも お前が俺を娶ったからだ!」

そして・・・その剣でウルジを刺そうとします。

「男だとわかっているのに婚姻を続けるなんてどうかしてる」

「そんなにこの顔が好きか ララが」

顔があればなんでもいいのか、お前はとんだ変態だと言って向かっていくラムダン。

ラムダンは。。。みんな自分じゃ無くてもどっちでもいいんだと呟きます。

そして、こんな婚姻は無効だもうお前の所には帰らない、二度と抱かれたくないとウルジに言います。

でもラムダンもわかっているんですよね・・・・

入れ替わりを仕掛けたのは自分たち。

自業自得なのはわかってるし、その怒りとウルジにぶつけても仕方が無いってことも。

でもこの怒りをぶつける所がもうウルジしかないんですよね・・・村人ももうみんなが信じられなくなってるので。

「もうオレにかまうな」

そう言って短剣を振るうと・・・それがなんとウルジのお腹をかすってしまい、ウルジはお腹から出血してしまいます。

このときのウルジは・・・ただ立ってじっとラムダンを見てるだけでした。

黙って切られたんでしょうね。

血をみて青くなっていくラムダンをウルジは優しく抱きしめます。

オレは最初からお前の事を見てる

「ラムダン 聞けラムダン」

ウルジは抱きしめながらお前じゃなければダメだとい言います。

「オレは最初からお前の事を見てる」

「オレの・・・名前・・・」

「不安にさせてすまなかったラムダン」

ラムダンは持ってた短剣を手から離します。

ウルジはラムダンの手を取り、薬指を見つめます。

「・・・指輪外していなかったんだな」

その指輪に・・・嬉しそうに愛しそうに口づけるウルジ。

そんな彼を見てラムダンは思います。

(こんな物で そんな顔をするのか 心底うれしそうに・・・)

その後、ラムダンはウルジと一緒に黙って帰って行きました。

この場面で思ったこと!
ウルジにキュンの場面でしたね!!!なんていうか・・すごくラムダンへの愛が伝わってきました。

ラムダンは、皆ララでも自分でもどちらでもいいんだって思い込んでるからウルジの「お前じゃ泣きゃダメだ」とか「最初からお前の事を見てる」って言われたのは嬉しかったし少し救われたのではないかなと思います。

あと、、、ラムダンって言う名前を知ってたってことにラムダンは驚いてましたね。

ウルジが指輪を見て嬉しそうにしている姿は、ラムダンにとっても少し意外だったのかもしれません。でもこの表情を見てラムダンの中の何かが変わったのかな!?って私は思いました。

あくまでもウルジのお嫁さんはララ

ウルジと一緒にウルジ家に帰るラムダン。

ウルジはすぐにタシを呼ぶように言います。

一緒に帰ってきたラムダンを見てタシはどうして戻ってきたんだと驚きます。

「村のみんなに助けて貰わなかったのか?」

タシが事実知ったら・・・悲しむでしょうね。ラムダンも傷ついたけどタシも傷つきそう。

ラムダンはタシに「もうオレの事は気にせず村に帰ってくれ」といいます。

そうそうここで気になったのは、タシもラムダンって読んでるのにウルジはララ呼びなんですよね。

ここにいるのはあくまで今でもオレの妻だって言う意味でのララ呼びなのかなって思いました。

ラムダンのいっている事が分からないというタシに、ウルジは「ララキスしてくれ」と言います。

これはどういうことかと言うと、この婚姻はラムダンも受け入れたものであると言う事をタシに教えようとしたものだと思います。

ラムダンは一瞬考えるものの・・・ウルジの言った通りタシの目の前でキスをします。

このときのラムダンの表情・・・なんか可愛かったですね。(ためこうさんの表情の描き方がかわいいのかな!?)

部屋へ戻っていくラムダン。

「妻は疲れているからもう休む お前も早く帰れ」

今回のことは目をつぶると言ってタシを追い出そうとします。

タシは・・でもラムダンを放っておけないと言うのですが・・・・

「兄弟伴だったかな? そんなごっこ遊びは村でやっていればいい ラムダンはもうオレのものだ 二度とくるな」

いやぁ・・・ウルジの顔怖かった。

こういう所にラムダンに対する執着が読み取れますよね。

しっかり邪魔者を排除していくところにウルジのねっとりした部分が見えるというか。

ララではなくラムダンとして

夜、布団に入りながらぼ~っとしているラムダン。

これからどうなるのか どうすればいいのかと考えるけれど、何も考えられないでいます。

するとそこにウルジがやってきました。

(嫌だ ヤリたくない ヤリたくない)

それをウルジも察したのか・・・・

大丈夫だ 力を抜けと言って身体を触ります。

徐々に感じていくラムダン。するとウルジは・・・ラムダンの下を触ろうとします。

「・・・あっ 待ってそこは・・・っ」

「余計なことは考えなくていい お前はただ気持ち良くなっていれば」

パンツのヒモをほどくと・・・ラムダンのモノが出てきました。

ちょっと言いたい
モノが出てきましたって書きましたが・・・・修正真っ白でモノ見当たりませんけど!?!?って読んだ人は突っ込みたくなると思います。

ぷるんっていう文字があるから登場したんだろうなぁ・・・って想像つくだけで、本当に白いしカタチすらないのでえぇぇぇ(^_^;)って思うと思います。

修正入りすぎて、女性みたいな身体に見えるところありますし・・・・これはどうなんだ!?って少し思ったり。

最近厳しくなってきたとはいえ・・・線引きが難しいですよね。まだ白いシャカシャカの方がいいのかな・・・って。

BLって男×男っていうのが大事でしょ・・・・それを・・・男の部分真っ白で消しちゃったら・・・なんか残念だなぁと。作家さんも修正が入るってわかっててもしっかり描くっていう方もいるって聞くと、修正入る前とかも見てみたいなって思ったりします(T^T)

ゴールドさんエロい作品多いのに、真っ白しろすけだとやっぱり残念かなぁと・・・。グチでした(^_^;)

ちなみに今回のエロは・・・ウルジのご奉仕のみ。

ララとしてではなく、ラムダンとしてウルジが見てるっていうのが伝わるシーンでもあるのではないかなと思います。

初めての感覚でびっくりしてるラムダンが・・・とても印象的でした。

ラムダンが達した後、ウルジはラムダンに言います。

「・・・ラムダン お前の居場所はオレが作ってやる」

そう言われ・・・ゆっくりと目を閉じるラムダン。

結婚後初めてゆっくり眠ったとモノローグにあるように・・・この言葉でラムダンの気持ちが大きく変化したのではないかなと思いました。

つづく。

感想まとめ

4話はウルジ×ラムダン!って言えるような展開になっていると思うので、私はすごく面白かったなぁと思いました。

ただ。。。家の人達にはラムダンというのがバレてはいけないでしょうし。。。その当たりが今後は焦点になっていくかもしれませんね。

ウルジはそういうのもしっかり考えて対策たててそうなので、そういうのが今後のみどころになってくるのかなぁと。

あと、ウルジはララの居場所知ってるのかな・・・知ってそうですよね。

ラムダンが男だと疑われる→次はララが身代わりにっていう展開とかあったりするのかなとか・・・先の先まで妄想して楽しんでます。

あとは今回を機に・・・ラムダンがウルジの事を好きになっていくんだろうなぁ・・と。そちらも併せて今後の展開はすっごく楽しみです!

面白かった!!!

電子書籍

ビーボーイゴールドは電子書籍で読めます。

ビーボーイゴールド

ララの結婚

こちらはまだコミックス化された作品ではありません。

ためこう作品 MYベスト

ためこうさんのオススメ作品はこちらにまとめました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

BookLive!割引作品 >>>BookLive!BLキャンペーン一覧はこちら














 

Renta!今だけ割引作品 >>>Renta! 割引作品すべて見る














 

Comment

  1. アップル&エルダリー より:

    藤雪さま こんにちは♪

    待ってました!
    両想いハッピーエンドに向けて動き出したようで次が楽しみです。

    無骨なウルジの真骨頂が十分に発揮された回のようで、読んでいてキュンキュンしました。ウルジの大きな愛(執着とも呼ぶ)にラムダンが心底癒されれば良いなぁと思います。
    先生のツイッターで見たウルジがラムダンをぎゅっと抱きしめるシーンは「ぎゅっ」が本当に表現されていて素晴らしい。画力の高い先生の漫画は読んでいて感情がさらに揺さぶられます。

    「ちょっと言いたい」の白抜きですが、いただけないですよねぇ。別にがっつりと見たいわけではなく、雑誌側の手抜きを感じちゃって興が削がれると言いますか・・・。その部分に四角く切った紙をべたっと貼って隠してハイ終わり、みたいな。ベッドシーンに至るまでに積み上げてきた読者の想いなんて全くお構いなしなのかな。隠してくれても構わないのですが、もう少し繊細な方法で隠して欲しいといつも思います。もう世の流れがそうなってしまったみたいなので、これからも残念ながら続くのでしょうね。

    • 藤雪Fujiyuki より:

      アップル&エルダリーさん♥
      おはようございます(*^_^*)今回のララの結婚、やっとラムダンがララじゃなくラムダンとしてウルジを見はじめたのかな!という感じでした。

      とってもよかったです!ウルジが笑ったりする場面とかないので、嬉しそうな顔をしてるところとか私もちょっときゅんとなりましたヨ。

      そして・・・白抜きなんですけどそうなんですよね・・・
      世の流れがそうなので仕方が無いのかもしれませんが・・・もう少しだけ工夫して欲しいなぁと。
      雑誌はもっと緩いかと思ってたのですが(^_^;)
      そう思うと佳門サエコさんとか・・・それを出してる新書館さんとか…修正甘くて逆に凄いなと思ってしまいました。
      今回はキレイにカタチもなく白抜きだったので・・・ちょっと残念でしたね。
      そんなにハッキリとした描写は私は無くてもいいとは思うのですがカタチもなく消すっていうのはどうなのかなぁ・・・と。
      あれではラムダン=男なのにララって言われたらララに見えてしまいますね。

      リブレさんが修正がこのような感じなので仕方がないのかもしれませんね(T^T)

      • アップル&エルダリー より:

        藤雪さま こんばんは♪

        しつこく白抜きの件。

        つい先日ネオンサイン・アンバー(おげれつ たなか先生)を読んだのですが、やけにしっかりと描かれているような気がしてたんです。たぶん、もう頭の中では修正がされていると思い込んでいるため、描かれていると目に付いちゃうんでしょうね。

        それで、藤雪さんのお返事をもらってから「もしかしたら」と思って出版社をチェックしてみたら、新書館さんでした!すごいですね、がんばって方針を貫いて欲しいです。

        ただしあけっぴろげに全部見せれば良いってものでもないですよね。表情とかアングルとかで、まったくそのものが見えなくても十分色っぽく描写されているものもあるように思います。

        とにかく、出版社の「はいはい、隠せば良いんでしょ」というがさつさが嫌なんですよね~。先生へのリスペクトのかけらもないみたいな。BLというカテゴリーである以上そのようなシーンは期待されるわけで、それをわかって商売しているくせに雑に扱うってどういうこと?!と思っちゃうわけです。すみません。ちょっと鼻息荒くなりすぎましたね(汗)

        • 藤雪Fujiyuki より:

          アップル&エルダリーさん(≧∇≦*)
          おはようございます!修正は出版社さんによって色々と違うのでそういうのを見るのも結構面白いですよ!
          新書館さんは、本当に修正は甘いですよね。紙→電子だとRenta!さんが優秀で、その他はそれこそ白抜きになってたり様々です★
          紙→電子で修正がけっこう入るので、18禁カテで紙と同等のものとかの配信がもっとあったらうれしいのになぁ~!!!って思いますね。
          左京さんとかはオノマトペだったり角度で上手い具合に隠れててそれでもエロいなって思ったりしますが。。。
          最近そういう作家さんも増えてきてますよね。

          やはり時代の流れで作家さんも色々工夫しているのかなぁと。
          白抜きは・・またララの結婚がコミックスになった時に是非みてください(T^T)
          今回のシーンはウルジがラムダンをララとしてではなく、ラムダンとして接してる大事なシーンだったので、白抜きのためにちょっと女性に見えたのが残念だったのでグチってしまいました・・・。

          でも、ゴールドの雑誌のなかでも、ためこうさんはガッツリ白抜きなのに対して、池さんは短冊修正なんですよね。エロ描写がけっこう売り?な作家さんは太めの短冊修正等になっているのかな・・・と読んでましたが。。。
          担当さんとかの関係もあるのでしょうか!?先生によっても違うというのもなんだかなぁ~~~~~ッて思う時があります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2018 All Rights Reserved.