BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【魅惑仕掛け 甘い罠 2】4話(ネタバレ注意)感想-ねこ田米蔵/ビーボーイゴールド8月号

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

ビーボーイゴールド8月号掲載、ねこ田米蔵さんの【魅惑仕掛け 甘い罠 2】4話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の4話は【魅惑仕掛け 甘い罠2巻】に収録予定です。

楽しみに待ってました!蜂鳥さんにセフレがいると知ったわたるは落ち込んでしまい、会社を辞めることに。

そしてトミ子さんのお店で話していると・・・トミ子さんから「ハッチをおどかしてやりましょうよ」と提案が。

今回はどちらも軍配があがるのかしら!?蜂鳥さんは・・・ひっかかりそうんいないけどなぁ・・と思いながら読んだ藤雪です。

魅惑仕掛け 甘い罠 4話/ビーボーイゴールド8月号

掲載P数 32P
満足度
この雑誌をよむ

今号の簡単なあらすじ・ポイント

  • 意外にストーカー気質な蜂鳥さん
  • わたるに強力な助っ人登場!
  • 仲良くなったわたるとひなた。それを見た蜂鳥さんは・・・!?
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

【ネタバレ注意】魅惑仕掛け 甘い罠 2巻-4話 感想

どっきどきでした~★蜂鳥さんの意外な一面見れてすごく面白かったです。

実は超独占欲強いのですね( ´艸`)

ひなたさんは今回はぐっじょぶ!

逃がしたくないんだから

仕事を辞めたと石神さんから聞かされた蜂鳥さんは・・・辞表を握りしめながら「あいつ何様だ」と怒っています。

「それと雨深に雇い主はお前ってコトと言っちゃったからね」

反応が薄い蜂鳥さんに、石神さんは彼が驚かないことが意外だったようです。

姿を消したり心配じゃないか?ということに対しては、それなら大丈夫だと蜂鳥さんは言います。

「居場所はアプリで把握してるから」

ひゃ~・・・アプリですか!!!!とびっくりしてしまいました。

「コワ・・・お前そこまで行くと異常者よ?」

「仕方ないだろ 逃がしたくないんだから」

面倒な性格だなぁと石神さんは言います。。。

俺 適役かも

トミ子さんのお店では、わたるがトミ子さん一緒にどうにか蜂鳥さんの焦った顔を見ようと策を練ろうとしています。

「あの人焦るコトあんの?」

「・・・そぉね~どうかしら」

(そういえば見たコトないわ・・・)

「やっぱいいや 返り討ちにあうビジョンしか見えない」

↑うん。。。そんな気がする( ̄。 ̄;)

悩んでいると・・・ひなたが話に入って来ました。

「何々?返り討ちって何かするの?」

泣いているわたるを気にかけ、話をきいてあげます。

トミ子さんは突然現れたひなたを見てにっこにこ。いい時に来た!!と二人で話していたことをわたるに話します。

「ひなちゃん昔 ハッチのカレシ寝とってから嫌われてるデショ?」

だから今回の作戦は適役なのだとトミ子さんは言います。

「・・・オレ 嫌われてる・・・?の?」

わたるもそういえば、蜂鳥さんはひなたのコトを気にしていたと言います。

「要はココに妬いて欲しいの?」

「焦らせてやりたいの!!ハッチのヤツを!!ハッチったら酷いのよ!?」

なぜかトミ子さんがすごい声を張り上げててふふってなりました。

そしてわたるのコトを自分のものだと言いながら、自分は元カレをセフレにしていたと話します。(トミ子さんが)

「確かに ココもそういう所良くない」

ひなたはそう言うけれど・・・まぁ説得力ないなと二人が思っててここも笑ってしまいました。

(力説する相手間違えたわ・・・)

「でも そういう事なら 俺 適役かも」

にこっとひなたが笑います。

泣いてるわたるを慰めて二人で消えた

するとひなたは、手始めにわたるのスマホを見せて欲しいと言います。

なんと!追跡できるアプリに気付いたようですね。

「いつの間に仕込まれてたんだろうね」

その存在を知ってぞぞっと青ざめるわたる。

「トミちゃんの店にいるってココにはバレてると思うけど・・・」

アプリを消したらすぐに蜂鳥さんから電話がかかってくるだろうとひなたさんは言います。

そして電話がかかってきたら、泣いてるわたるを慰めて二人で消えたと言って欲しいと。

すると・・・蜂鳥さんから本当に電話がかかってきました。

トミ子さんは・・・しっかりと演技をします( ´艸`)

蜂鳥さんたらひなたと二人で消えたと知ったらトミ子さんの話を最後まで聞かずに電話きっちゃって(≧∇≦*)

ちょっと楽しみになってきた~~~~~~!!!という展開が続きます(*^_^*)

わたるとひなたは・・・既成事実を作りにいくと言って本当にお店を出ていってしまいました。

トミ子さんは・・・・そんな二人の後ろ姿を見ながらわたるがホントに食われてしまわないかとハラハラ・・・よりは少し楽しんでるようでした(笑)

まさかヤッてないわよね

蜂鳥さんがひなたに電話しても・・繋がらず。

(どういうつもり?)

トミ子さんの様子だと何か企んでるだろうと察してるし、わたるもすぐにどうこうなるとは思ってはいない。

でも相手がひなただからと少し焦ります。

日も暮れ・・・ご機嫌のひなた&わたるがトミ子さんのお店へ戻ってきました。

「やーっと戻ってきたっ!!」

二人はゲーセン・カラオケ・お茶など楽しんで来たようです。

トミ子さんは、あの後蜂鳥さんが鬼の形相でやってきたのだと言います。

それを聞いて少し喜んでるわたるがかわいい♥

「あんた達の居場所教えろって全力で脅されたわよ」

「ふ~ん」

(まぁまぁ 嬉しそうな顔しちゃって)

するとひなたは、3人で飲もう!とお酒を出してきます。

持ってきたのは甘くておいしいけどちょっとキツいお酒。

それでもわたるは・・・「うわジュースみたい ひなたんこれめっちゃうまい♥」と飲んでいきます。

トミ子さんは・・ひなたん・わたると二人が呼び合ってるのに気付き・・・

「アンタ達 まさかヤッてないわよね?」

と若干焦ってます(笑)

お酒も入り、上機嫌な二人は・・・そんなトミ子さんをみてギャハハハと大笑い。

「ずいぶん楽しそうだな」

怖い顔して立っていたのは・・・蜂鳥さんでした。

「出たぁ~」

びっくりするわたるに、蜂鳥さんは手をだし「わたる こっち来なさい」と言います。

もちろん・・・わたるは抵抗しますよね・・・

「いいからこっち来い!!」

ぐいっと強引に腕を蜂鳥さんがわたるの腕をひっぱると・・・

「よくないよ わたるが嫌がってる」

と蜂鳥さんを止めます。これにすぐさま反応するのですよね・・・蜂鳥さん・・・「わたる」と呼んでることに。

「・・・いつの間にそんなに仲良くなったの。。。アンタ・・・またヒトの男に手を出す気?」

「ふ・・ふざけんなっ!! 誰がお前なんかの・・・」

わたるがそう言うと、ぐいっと自分のほうへ蜂鳥さんはわたるを引き寄せます。

「この子ワタシのものなの 二度とちょっかいかけないで」

わたるは・・このとき目がまわっててね・・・あららって感じ( ̄。 ̄;)大丈夫かしら。

「じゃぁ・・大切にしないと」

「してる💢 お前のそういうおせっかいが腹立つんだよ」

と珍しく蜂鳥さんが怒っています。

蜂鳥さんの腕の中では・・・わたるが暴れるものの「大人しくしなさい あんまり心配させないで」という言葉で大人しくなります(≧∇≦*)

そんな彼らを見て・・・後ろではトミ子さんとひなたは嬉しそう。

そのまま蜂鳥さんにお姫様だっこでつれていかれたわたるは・・・!?

感想まとめ

次話がむちゃくちゃ楽しみ~~~~~~!!!!!!!

蜂鳥さんがセフレがいたのは、わたるには今は何もできないと感じていたからなのですよね(たぶん)

今回の件でより自分のものに!という気持ちが強まったのではないかな!って思いました。

今回ひなたが・・・けっこうかっこよく見えましたね~。ほんとふわふわしたヒトだけれど、この人!ってなったら押しは強そう。

石神さんとどうかしら!?

石神さんは・・・鈍感すぎてそういうのに気付かなさそうですが( ̄。 ̄;)

ひなたが「わたる」って呼んだ時の蜂鳥さんの表情・・・良かった~これが見たかった!!!

もうあの表情だけでニヤニヤが止まらなくなりましたヨ。

ちょっと強引な蜂鳥さん・・・とても良かったです♥

次話はどんな感じになるのかすごく楽しみなのですが・・・なんと!!!!最終回の文字が予告に( 。-_-。)

えぇぇぇ~~~~~~次はエロなのかなって思うけれど、もっともっとこの二人が読みたいです。。。

寂しいけど、とりあえずは区切りなのかな。

わたるの想いも報われそうです(*^_^*)

電子書籍

酷くしないで

涙 はなみず ぐしょぐしょ男子

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2020 All Rights Reserved.