BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【食べてもおいしくありません 2】第4話(ネタバレ注意)感想/マガジンビーボーイ3月号-山田2丁目『日和に触るやつ全部潰す』

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

マガジンビーボーイ3月号掲載、山田2丁目さんの【食べてもおいしくありません2巻】第4話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の4話は【食べてもおいしくありません2巻】に収録予定です。

鬼×人間の組み合わせですが、本当に面白い!興奮するとにょきって出て来るツノがいいですね~(≧∇≦*)ガマンしてる穂高を見るだけで( ´艸`)ってなってしまいます。

ずっとガマン中の穂高に「家に行きたい」なんて・・・食べてください♡って言ってるようなものですからね(≧∇≦*)では早速!!!

食べてもおいしくありません 4話 マガジンビーボーイ3月号

掲載P数 21P
満足度
この雑誌をよむ

最近マガビーが薄い気がするのは気のせいかな・・・(^_^;)

簡単なあらすじ・ポイント

  • 家に行きたいのに穂高だけど「ダメだ」と言われた日和は・・・
  • 穂高に腕を掴まれた日和が急に匂いを放出しはじめる
  • 薬師に嫉妬全開の穂高がイイ!
  • オニはヒトに噛まれると捕食スイッチが入るらしい!!!
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

【ネタバレ注意】食べてもおいしおくありません2巻-4話 感想

すごい独創性があって面白すぎる!!!穂高と日和って無自覚すぎない!?というか、日和がさらに無自覚というかなんというか。

穂高だからこそこんなにもゾクゾクってするのに・・・

しかし今回は穂高の巨ツノがいちだんと巨ツノになってましたね。表情見てるだけで面白いな~って思います。

穂高VS薬師も読みたい!!!

家に行きたいと言った日和だけれど・・・

これは穂高に拒否されてしまいます。

穂高は日和を食べたいのにガマン中。それなのに家で二人きりになったら・・・

日和がいいって言うまでダメだからそりゃ・・・穂高にとってはうれしくない「家に行きたい」ですね。

でも・・・家に行きたいっていうのはおっけーよ!って言ってるのと同然だと思うけれど、日和は・・・そこはダメらしい。

穂高に断られたのでムスっとして拗ねてしまう日和。
 
「食えないなら来るなってやつか!」

「わかった行かないし帰る」

そう言って帰ろうとすると・・・

「情緒不安定すぎだろ 面倒くせーな ヒトだからか?」

この言葉にビキッ(♯▼皿▼)と反応します。

「お前らのせいだよ クソオニ」

「お前ら?」

逆に穂高はこの「お前ら」に反応します(笑)

もういいよ、と言って帰ろうとする日和の腕を掴み引き留める穂高。

すると・・・

急に日和がカクンとその場に膝をついてしまいます。

薬師にツノ折るって言っとけ

「!? どうした?」

「・・・日和?」

穂高が日和を見ると・・・いかにも発情したような表情になっていて・・・それを見た穂高はなぜまた戻ってしまってるのかと眉間にしわを寄せます。

このときもずっと日和の腕を掴んだままなので・・・日和は反応しまくり。

周りがざわざわしてきたので、穂高は日和を担いで学校をでることに。

「少し我慢しとけ」

穂高と密着している日和は・・・

(ムリムリムリムリ 助けて)

とゾクゾクがとまりません。

「くっそ甘ぇ・・・・」

ブワっと穂高のツノも出てきてしまいます。

そんな時に空木が声をかけてきました。

「穂高今帰り~って何抱えてんの!?あれ?日和だよねそれ」

「賭けで負けて運んでんだよ あとそれ以上寄るな」

穂高のこのセリフにキュン。実は独占欲が強いのよね!!!日和がヒトってバレないようにちゃんとガードしてる!!!

すると空木は日和に聞きたいことがあるのだと言ってきます。

それは薬師のこと。

彼が「日和がツノが」ってずっとうなってるらしい。このときの穂高の反応に笑ってしまいます。(無言なんだけど、表情が笑)

日和に近づく空木は・・・甘い匂いがすることに気づきます。

にょきっ

空木のツノも出てきてしまいました。

「甘い・・」

「アメだ アメ」

そう言って日和を抱えて歩き出す穂高。

「あと薬師にツノ折るって言っとけ」

怖い顔で空木に言います。

穂高のこういうところがたまらない・・・。

覚悟を決めよう

穂高が向かったのは自宅。

玄関で日和をおろします。

彼に触られるとゾクゾクが止まらない日和。

「なんでまた過剰反応するようになってんだよ また恐くなった?」

「また俺が原因か?」

「知らない」

穂高は、日和が薬師に何かされたのではないかと疑います。

日和は・・・ヒトってバレてしまったけれどそれは言えないので何もないし穂高には関係ないと。

動揺を見せる日和に・・・「何かされたな」とさらに疑いの目を向ける穂高(笑)

「・・・まぁ日和はちょろいもんな ちょっと食われただけですぐ大人しくなるよな」

「全然全くちょろくない!!」

ちゃんとみぞおちに入れたと。

それを聞いて穂高は・・・何かされたのだと分かってしまったのですよね(笑)

「そっかよくやったな じゃぁ日和は身体が落ち着くまでここで休んででろよ」

薬師と話をつけてくると言って穂高は立ち上がります。

「ツノ折るだけで終わらせねー・・・」

日和に触るやつは全部潰す!って言ってましたからね。。。。そんな彼を日和は必死で引き留めます。

(覚悟を決めよう・・・!)

「穂高っ 行く前にちょっと手だけ貸して・・・力入んなくて立てないっ・・」

イライラMAXの穂高だけれど。。。日和のお願いはちゃんと聞いてあげるのがこれまたイイ!!!すっと手をだすと・・・

かぷり。

日和は穂高の親指に噛みつきます。

ブワッ

この行為が何を示すかと言うと・・・

【オニ知識】オニはヒトに噛まれると捕食スイッチが入り危険

ということらしい★

「日和・・・わかってて噛んだんだよな?」

「だって・・・こうしないと止まんないだろ!!」

日和もわかってて噛んだことがここでわかります。だから(覚悟を決めよう)だったのですね!

噛んだのはお前だからな

そんな日和の行動も穂高は気に入らない様子。

「そこまでして・・・薬師をかばうのかよ・・・」

日和は食われていないからと止めたいだけのようですけどね★

我慢の限界に達した穂高は「噛んだのはお前だからなっ」とかなり興奮しています。

(恐い・・動けないし震える・・・)

本当に食われてしまうのだとドキドキがとまらない日和。

(どうしよう どうしよう 食われちゃう 絶対気持ちいい・・・)

なんだかんだで期待もしてる気がする★

穂高の顔が近づいてきて・・・・

感想

は・・・はやく次!!!!!!!

ラストどっきどきでした★次話はチューからはじまるのかしら!?

それにしても穂高の独占欲にはふふってなってしまいますね。イイ!こういうのがほんと好きです。

俺様な巨ツノオニが嫉妬深くて独占欲強くて・・・かわいい日和を独り占めしたいのが伝わってきます(≧∇≦*)

「日和に触るやつ全部潰す」ってね!!!たまらん!!!

薬師と穂高だったら穂高の方が強いのかしら?

この場合、ツノの大きさで強さ対決!なのかなぁ!?笑 対決も見てみたかった気がします♪

日和は・・・この過剰反応!?は穂高限定だとどうして気づかないのでしょうね。

自分も穂高に何かされたくて期待しているということに気づいていない。

気づかないうちに日和自信も我慢してしまってるからこその反応ではないのかしら!?って読みながら思ってるのですが。

1月号で薬師に抱きつかれた時はぞくぞくっとはしてるけれど全然反応が違いますからね。

穂高になんて腕を掴まれただけで膝から崩れ落ちるのに!!!

いつも力が入らない~って感じなのに、薬師に対してはみぞおちパンチですから(笑)力入りすぎ★

穂高よりも日和のほうが。。。無自覚すぎだよねぇ!?って思いませんか!?( ´艸`)

穂高との行為に理由つけなきゃいけない日和もまたかわいいですけど、次話でもし食われたとしたら・・・その後の日和の反応も楽しみ♪

第5話はマガジンビーボーイ4月号に掲載予定です♡

電子書籍

食べてもおいしくありません

山田2丁目 藤雪セレクション

サービスタイムが終わらない
サービスタイムが終わらない

口元に赤いのついてます
口元に赤いのついてます

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2020 All Rights Reserved.