BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【おかえりさんかく】第1話(ネタバレ注意)感想-早寝電灯/シェリプラス9月号 

 
おかえりさんかく
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

シェリプラス9月号より新連載スタート!早寝電灯さんの【おかえりさんかく】第1話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の1話は【おかえりさんかく】に収録予定です。

わ~い!!!早寝電灯さんの新連載♥

トライアングル・ラブという事で。。。ちょっとどうなのかしら!?とドキドキなのですが、1話かなり面白かったです。

できれば・・・ラストはちゃんとしたカプになって欲しいのですが、なんせタイトルがさんかくでトライアングル・ラブ・・・・三角関係でうまくいくパターンなのでしょうか( ̄。 ̄;)

あまり早寝電灯さんの作品で黒髪×黒髪ってないので、カプになるとすればこの二人かなぁ・・・というのはあるのですが、今後見守りたいですね!!!

おかえりさんかく1話 シェリプラス9月号

シェリプラス9月号
掲載P数 32P
満足度
この雑誌をよむ

今回のあらすじ・ポイント

  • 主人公の鉱記(コウキ)と元恋人の丈、そしてコウキの店の客である園田とのトライアングル!?
  • 一年半前に別れた恋人が突然お店にやってきた
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

【ネタバレ注意】おかえりさんかく1話 ちょっと詳しいあらすじ

1年半前に別れた元カレが現れた

カフェを営んでいるコウキの前に1年半前に別れた恋人・丈が現れます。

彼はテイクアウトでコーヒーを頼み、コウキと話したかったと言います。

【元気そうでよかった 店は今一人でやってるのか】【お前も元気そうだ】そんな二人の会話を、カウンターで不思議そうに聞いてる一人のリーマン。

コウキの元恋人【丈】は、今はホテルの厨房に誘ってもらって働いているようです。

その話をコウキとちゃんとしたくてとやって来た丈ですが・・・コウキの拒絶するかのような【お待ちどうさま】で口をつぐんでしまいます。

【ありがとうまた来るよ】

そう言ってお店を出て行った丈ですが・・・コウキはかなり動揺していたようで、貧血を起してしまいます。

ふらついた際にお湯をこぼし、手にかかってしまうのですが・・・それを先ほどカウンターにいたリーマンが見ていて駆け寄ってきます。

すぐに水で冷やし、病院に行くかどうかと心配してくれるのですが、コウキは【すみません大丈夫・・ちょっとびっくりしすぎて】と不気味な笑顔を作りながら話します。

その後、そのリーマンはお金を置いてもお店を出て行きました。

鉱記にとっては丈との事が何もかも初めて

コウキは、丈と別れた事でかなりの傷を負っているようです。

コウキは慌てるとテンポがゆっくりになって顔が笑ってしまうクセがあります。自分でもキモイと思っているけど、丈はキモくはない真面目なんだよと言ってくれた事などを思い出していました。

コウキがどうしてこんなにも傷を負っているのか。

それは。。。丈が初めて付き合った男性だったから。

人と付き合う事が想像出来ずぼんやりと生きてきたコウキの初めての恋人。彼との付き合いはすべてが初めてのことばかり。

だから初めての別れでもあって・・・傷ついているのですね。

別れを切り出したのは丈の方。

あれから1年半・・・。

丈はというと、厨房で何かを考えていました。【お待ちどうさま】とコウキに言われた事を思い出し、【ようやっと・・・ようやっとだ】と口にします。

園田は食に興味ナシ?

リーマンの園田は、特に食事には興味ナシな感じ。

ただ、コウキの店には興味を持ったようです。ただその興味は・・食事がどうというよりも妙な雰囲気の二人(コウキと丈)を見たから。

【また・・・行ってみるか】

お店では、コウキが丈の【また来るよ】という言葉を思い出していました。カラカラと扉が開く音がして・・・

丈が来たと振り向くと・・・園田の姿が。

最初は誰だかわからなかったコウキですが、火傷をしたときにお金を置いていったリーマンだとわかると・・・おつりを返します。

【少しは役に立ったかな あの時・・・ちょっともめてた?】と興味を示す園田。

【はぁ・・・昔の知り合いで・・】本当は話したくないコウキですが、助けられたから聞くなと言いづらいなと感じてしまいます。

園田はコーヒーを注文し、またも二人の事を聞きたそうにしています。そして・・・今日また彼はくるんじゃないかと思ってると。

また来ると言った感じからしてすぐにでも訪ねてきそうだったと言い、社会人なら同じ曜日が休みの方が多い、知り合いなら空く時間も知っていると考えて園田がこの時間に来たようです。

【すごいですね・・・】

【そう?ごめんねしつこい奴で 少し気になってただけなんだ】

するとコウキは、もうあまり会う機会もないだろうと思っていた人だからと言うと・・・園田は困ってるなら知り合いのフリでもしようか?友達か恋人か。。。とハハっと笑いながら提案します。

これにはコウキがちょっとイラっとした様子。

【なんかそれおかしいですか?】

【え?ああごめん冗談・・・ 俺にそのケはないよ】

でもここで珍しくコウキがはっきりと園田に【何笑ってんだよ 冗談になってないんでそういうのやめてください】と言います。

【あいつは俺の元彼だよ】と。

そう言った時にちょうど丈がやってきました。

元恋人に興味を示す園田が加わって!?

微妙な空気のなか、コーヒーを注文する丈。

すると・・・【鉱記君】と園田が呼んできます。ランチの注文をすると。

園田の事をじっと横目で見ている丈・・・彼の存在が気になるようです。

ここから鉱記・丈・園田のトライアングルが始まるそうな・・・予感。

おかえりさんかく1話 感想

キーは園田?

1話を読んで思ったのは、恐らく・・・鉱記と丈はまだお互い気持ちが残っているだろうなと。

丈が別れを選んだ理由はこれから出て来るとは思うのですが、【ようやっと・・・ようやっとだ】というセリフから、何かしら会いに行けない理由があったのだろうと思います。

恐らく・・・ちゃんと話す事ができればこの二人はすんなり元に戻るのではないかなぁなんて思うのですが・・・

そこに園田が入ってくるのかなと。

この園田が面白半分で二人の中に入ってきて、丈もしくは鉱記に好意を寄せるようになるのか・・・・!?

まだちょっとよくわかりません。

でも早寝電灯さんの作品で黒髪×黒髪はないわけではないのですが、少ないので・・・やはりラストは元に戻るのではないかな?って思いました。

園田もいまのところは【俺にそのケはない】と言ってるので・・・。

ただ二人の気持ちを引っかき回して楽しむつもりが。。。ミイラ取りがミイラになる展開もあるかも!?しれませんね。

テーマがトライアングル・ラブと食?

トライアングルに関しては、テーマとして書かれているのでそうなのだろうな~と思うのですが・・・

基本的に鉱記も食事の事を考えるというモノローグや心情がよく出てきたり、園田も食にあまり興味なかったり・・・

丈もホテルの厨房で働いていたりと食に関連する要素が散りばめられています。

なので、【食】も大事な要素になってくるのかなって思いました。

【おかえりさんかく】というタイトルで、扉絵も仲良く食事をする3人が描かれているのでどんな雰囲気のお話になっていくのかなというワクワクはあるのですが・・

基本的にトライアングルは苦手。

でも!早寝電灯さんの作品だからラストはほっこりほのぼの系になるのかな!?と思っています。

丈と鉱記をあたたかく見守る園田・・・かもしれませんしね!楽しみです。

まとめ

今回からスタートした【おかえりさんかく】ですが・・・園田のキャラがすっごく気になりました。

けっこう苦手なキャラ(笑)

でも苦手~って思うからこそすごく気になる。この人がどんな感じで過去恋人同士だった二人の間に割り込んでくるのか楽しみです。

人と話したり関わったりするのが苦手な鉱記は。。。けっこうグイグイくる園田のようなタイプには心開くのが早かったりするかもしれませんね。

案外色々な事を推測して先回りするのが得意そうなので・・・

でも・・・1話しか読んでませんが、個人的には丈推しなので、丈×鉱記を応援したいな~って思いました。

タイトルが【おかえりさんかく】なので・・・ラストはトライアングルのままという可能性もありますが・・どうでしょうね。

次話はシェリプラス11月号に掲載予定です。

電子書籍

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2020 All Rights Reserved.