BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【プチミニョン2-獣人おめがばーす-】15話・16話(ネタバレ注意)まとめて感想/ダリア 2021年4月号・6月号-羽純ハナ

 
プチミニョン
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

ダリア2021年4月号&6月号に掲載、羽純ハナさんの【プチミニョン-獣人おめがばーす-】15話・16話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の15話・16話は【プチミニョン-獣人おめがばーす-2巻】に収録予定です。

15話で新しい登場人物が出てきてちょっと騒がしくなってきましたね(*^_^*)子ども達の成長にはお友達との関係は欠かせないと思うので楽しみに読んでいます。

なかなかシャイな子が登場しているので、どんな風に仲良くなっていくのか楽しみ♪

では早速!

まとめて感想を書いていきます。

最新話はダリア6月号・16話です。

プチミニョン2巻16話 ダリア6月号

ダリア6月号
掲載P数 15話・16P、16話・10P
満足度
この雑誌をよむ

15話の簡単なあらすじ・ポイント

  • ダートたちの前にお客がやってくる
  • ホームステイでやってきた獣人の子(ミカエル)は引っ込み思案で・・・
  • グイグイやってくるシャイア・ヒューゴに対し、友達なんかいらないと突っぱねたミカエル
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。
プチミニョン 1 -獣人おめがばーす-
プチミニョン 1 -獣人おめがばーす-


【ネタバレ注意】プチミニョン15話 あらすじ・感想

15話はちょこっといつもよりページ数が多かった印象がありました。

巻頭カラーで扉絵のダートがいつもの雰囲気違ってキレイカッコイイ!最初はダートじゃなくてウィルかと思っていたのですが・・・

ホクロがダートですよね☆

15話では新しいお友達が二人にできるかも!?と思うような感じです。獣人の子やホームステイにやってきました。

だけど。。。その子はとても引っ込み思案。

お友達になるにはちょっと時間がかかるかもしれませんね。

では早速~!

獣人の子がホームステイにやってきた!

ダートと双子を訪ねてやってきたラインハルト家のミカエルとその従者。

彼は狼ではなくヒョウ???なのかな?とにかく獣人です。

『わぁ!獣人の子だ・・・!』

『狼じゃないの初めて見た』

二人は目を輝かせています。

『お初にお目にかかります 従者のアジュールと申します』

ミカエルは彼の足を掴んで隠れています。

『ミカ!』

ミカエルは緊張しているのか、怖いのか・・・挨拶することもできません。

お茶を飲んで寛ぎながら話そうとするダート。自分と子ども達の紹介をしていきます。

今回、どうしてミカエル達が来たかというと・・・

ラインハルト家とはヒューゴ・シャイアの爺様(ジュダ父)の代から交流があるとのこと。

ここでアジュールがミカエルの事を話し始めます。

彼は引っ込み思案な性格で、彼の父が遠方へ出向くことになりミカエルを慣れない土地につれていってもいいものか心配していると。

今まで屋敷から離れた事も無く、大人ばかりに囲まれて育ったというミカエル・・・だからこそ、年の近い友人でもできれば変わるのではないか?と相談したという事でした。

『って事でミカエルとアジュールはしばらくウチに滞在してもらうからな』

ホームステイしに来たと教えられた二人。

友達なんていらないのに

『ミカ どうでしたか?』

『なにが?』

アジュールはシャイア達の印象をミカエルに聞いています。

『・・・声が大きくてちょっとこわい』

確かに家の者たちと違ってとても賑やかで明るい。でもその明るさが今のミカには必要なのではないかと思うとアジュールは言います。

ミカエルはアジュールとずっと遊んでいたようですね。そんな彼にアジュールは『僕がもっと楽しくさせてあげられたら良かったんですけど』と口にします。

それを聞いてミカエルは『アジュールといるのが一番楽しい!』とアジュールが居なきゃダメだと必死に伝えます。

もちろんアジュールは離れるなんて思ってもいなくて、ただ単にミカエルに友達を・・・と考えているのですね(*^_^*)

『一緒にお友達を作りましょう』とミカエルを励まします。

が・・・当の本人は(友達なんていらないのに・・・)と今の状況で十分だと考えているのですね。

グイグイくる双子ちゃんに・・・

翌日、ミカエルの所へやってきたヒューゴとシャイア。

自分達の玩具をみせにやってきたようです。

『ミカエルはどれが好き?』

そう二人に聞かれると、思わず逃げ出してしまうミカエル。

船の模型を持ったシャイアがそんなミカエルにグイグイと迫ってきます。

『ほら近くで見てよ!』

その船を払いのけたミカエル・・・すると船はシャイアの手から落下して壊れてしまい・・・

感想まとめ

まぁ・・・引っ込み思案な子だと相手からグイグイ来てくれる方が楽だと感じるタイプと、今回のミカエルみたいにもう少し距離の縮め方に慎重にならないといけないタイプとわかれるなぁ。。。。って思いました。

ミカエルはアジュールさえいればいいと考えているので、余計にシャイア・ヒューゴと仲良くなるのには時間がかかってしまうかもしれませんね。

今回は、シャイアの船を壊してしまったミカエル・・・

次話ではどんな感じになっているでしょうか。

双子ちゃんと仲良くなれるかしら!?

電子書籍

奇数月22日頃配信

プチミニョン1

プチミニョン 1 -獣人おめがばーす-


【ネタバレ注意】プチミニョン16話 あらすじ・感想

どうしてあっちが嫌な気持ちなの?

船を壊されたのでちょっと怒ってるシャイア。

ヒューゴは『僕まだ1回しかあの船で遊んでないのに~』と涙を流しています。

今回の事をジュダに話しているダート。ジュダは『お前・・・自分が子どもの頃はどうだったんだ?』とダートに尋ねます。

教会にいたのなら何か解決策は思い当たらないのか?と。

『それを言うならそっちこそ 貴族の気持ちわかるだろ!』

二人はそれぞれの幼少期を思い出すのですが・・・とてもじゃないけど参考になるような思い出がないようです( ´艸`)

ダートがとにかくこちらが嫌な気持ちの時は、相手も嫌な気持ちになっているはずと話すと・・・

シャイアは『どうしてあっちが嫌な気持ちなの?船を壊されたのは俺なのに・・・』と不思議な様子。

そんな子ども達にダートは・・・ミカエルは何かが嫌だったからこういう事になったのでは?と言います。

そしてジュダも、ミカエルとテオとは違う。昨日初めて会ったのだから兄弟みたいに過ごしているテオと同じようにはいかないと諭します。

『自分の気持ちばかり先にぶつけずに ミカエルが今どんな気持ちか気にしてみたらどうだ?』

そう言われてミカエルの事を考えてみるシャイアとヒューゴ。

一緒にヒコーキ作っていい?

船はアジュールが直してくれたようです。

双子ちゃんはそっとミカエルの様子を伺います。

ミカエルは・・・一人で折り紙をしていました。作った飛行機を飛ばすければあまりうまく飛びません。

シュンっとなるミカエル。

そんな彼を見て・・・思わず二人は『ミカエル!』と呼んで側へいきます。

『おっ・・・おはよう!』

『一緒にヒコーキ作っていい?』

ミカエルは二人は怒っていないのだと感じ、もじもじしながらも『うん いいよ』と返事をします。

3人は折り紙をしながら話し始めました。

ちょっと彼らも仲良くなりそうな予感・・・(*^_^*)

感想まとめ

自分達のお気に入りの玩具をグイグイと紹介し、ミカエルのペースは考えなかった双子ちゃんたち。

ジュダートの言葉で相手の気持ちを考えてみる、というのを学習したように思います。

ラストはミカエルを観察することで彼のを少し知れたのかな?と(*^_^*)

相手の興味のあるものを一緒にする、これが仲良くなるために必要な事なのかもしれませんね♪

あとは、船を壊されたのにやり返そう!とかそう考えないところがいいですよね。ジュダートの言葉を素直に受け取って、ミカエルに寄り添おうとする姿が読めてちょっとキュンとなりました。

本当に双子ちゃんたち・・・可愛い!

毎回ページ数は少ないですが、本当に癒しですね。

レムナントの方がちょっとややこしい展開になっているので、こちらのジュダートを読むとほっこりします♪

次話は仲良く遊ぶ3人が読めるかな(*^_^*)

17話はダリア8月号に掲載予定です♪

電子書籍

奇数月22日頃配信

プチミニョン1

プチミニョン 1 -獣人おめがばーす-


この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

何か面白そうなBL漫画はないかな?とお探しの人は、こちらの一覧をチェック!【特集記事】

BLメモリー・バラ単話・コミックス作品感想

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2021 All Rights Reserved.