BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【囀る鳥は羽ばたかない8巻】47話(ネタバレ注意)感想-ヨネダコウ/イァハーツ2022年3月号 矢代にとっての【禁断の果実】

 
囀る鳥は羽ばたかない
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

イァハーツ2022年3月号掲載、ヨネダコウさんの【囀る鳥は羽ばたかない】47話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の47話は【囀る鳥は羽ばたかない8巻】に収録予定です。

待ってました!!!なのですが、読みたいような読むのが怖いような・・・そんな心境です。

百目鬼と矢代の絡みがあった前話。それはとてもじゃないですが、きゃ~(≧∇≦*)と興奮するようなモノではなく、どことなく切なさが残った絡みでしたね。

今回は何かしら進展はあるでしょうか。

囀る鳥は羽ばたかない47話 イァハーツ2022年3月号

イァハーツ2022年3月号
掲載P数 26P 
満足度
この雑誌をよむ

今号の簡単なあらすじ・ポイント

  • 百目鬼の女関係に衝撃事実!
  • 井波と矢代も衝撃的な関係発覚
  • 主導権は百目鬼に!?
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

囀る鳥は羽ばたかない47話 3分でわかるあらすじ

あらすじ書く前に・・・もうもうもうもうもうもう!!!!!!!!!!!!!!!

先生~(T^T)ちょっと衝撃的すぎて胸グハってやられた感じです←語彙力・・・

わかる。。。現実的にはそういう展開だろうなと心の底では思ってました。でもでも!!!夢みさせてよ~~~~~~(T^T)

と思ったけれど、きっと百目鬼の行動には何かしらの考えがあってのことだと思います。それよりも更に矢代の方が衝撃的すぎて。。。悲しかったです。

とうことで!今回は・・・ちょっと心臓えぐられたような感じになりました(笑)ここからささっと3分でよめるあらすじを書いていきますね。

今回は、杉本登場!久々に七原・杉本の絡みがありました。

2人で矢代・百目鬼の事を話していて、ここで百目鬼の【女】に関する情報が出てきます。

杉本は百目鬼には関わらない方がいいと言うのですが、七原は社長が気にしないならこのままでいいと。ですが、七原の方も百目鬼の矢代に対する態度や、『女』がいることに対し少し複雑な感情を持ったようです。

井波と矢代の場面にかわります。彼らがいるのはベッドの上。(察してね)

井波は1度矢代と寝てから、その味をしめたようでそこから関係は続いていました。ただ、今回は矢代から井波の所へ行ったようです。

回想にて、矢代の衝撃的な過去(百目鬼と別れてから)が描かれていました。男(義父)にレイプされてドM淫乱になった矢代が・・・同じような事を経験し逆の変化を引き起こしていました。

百目鬼と別れてから、本当に自暴自棄になっていて矢代なりに暗い暗い闇の中を歩いている感じ。そんな中、彼の前に現れた百目鬼によって・・・認めたくない『何か』を突きつけれたようでした、

ちなみに・・・井波・矢代は基本的に情報交換としての関係は切っても切れないものなのかなと思います。(今後、井波➨矢代からの情報が超役に立つのかも?と思ったり)

そしてラストは・・・井波と一緒にいる矢代のところへ百目鬼がやってきます。

前話で矢代に対し、自分で我慢するようにと言った百目鬼ですが・・・矢代はそれを守らずに井波の所へ行ってたワケです。

いつもならば矢代の言葉に引き下がっていた百目鬼でしたが、4年後の彼は・・・・。

こんな感じでした。気になる人は雑誌GETしにGO!!!ですヨ。今回は、やはり含みありかな?と思ったり、どういう意味だろう?と思うような心情やセリフがあるので・・・・

難しいなと思いました。

あ、3分もかからずに読めましたね(^_^;)

詳しいネタバレいらないヨ!という人はこのくらいがちょうどいいかしら・・・!?!?どうでしょうか、、、。

ではではこれから下は本当にワタクシの妄想含む感想ダラダラと長くなるので、読む人は気をつけてくださいね♪

ここから超長いネタバレ感想に入ります・・・注意&覚悟願います☆

囀る鳥は羽ばたかない8巻-47話 あらすじ・ネタバレ感想

今回の内容こそ・・・誰かHelp~~~~~~~~~!!!語りたい・・・何でもいいので読んだ人コメントください(T^T)

アレコレみんなの感想も聞きたいし、どう自分の中で消化して良いのやら。何が悲しいかって・・・井波このヤロー!!!!!!警官がそんな事していいんかコラァ!!!!ですよ(あ、ごめんなさいね口が汚くなっちゃって)

何で先生もこんな悲しい出来事を何度も何度も矢代に経験させてしまうんでしょうか(T^T)

胸が引き裂かれそうですよあたしゃ。←壊れかけてます

ただ、この事があって色々な事がわかるのがまた辛い。矢代・・・・やっぱり百目鬼との絡みで『自分』を取り戻しつつあったんだろうな・・・と。

そして、百目鬼との言葉を心のどこかで守ろうとしていたのかもしれないなと。

じゃないとあんな変化出てこないでしょ!?って思いました。読まれた皆さんはどう思いました!?

と言っても、まだ読まれてない人も多いと思うので・・・是非読んでみて欲しい。感想プリーズ(T^T)

こんな風に読んだら気持ちが軽くなるよ!?っていうのがあったら本当に教えて欲しいです。。。。つらみ。

でも扉絵は良かったですね。

『欲しいものは 何なのかー』と書かれていて矢代が百目鬼に触れてるカット・・・・切ないけど好き。今回は鳥がいなかったですね。。。

これでバッドエンドとかだったらほんとにほんとうに悲し過ぎるから、ちゃんと2人を幸せにしてください。

久々の七原・杉本コンビ

杉本と七原が麻雀をしながら話しています。

七原は、前話で百目鬼が矢代を送っていくのが心配でついていってたようですね。百目鬼が矢代の部屋に入っていったのも見ていて、出てきたところまでちゃんとチェックしてました。

ただ、口論はしてたけれど井波よりはマシか。。。と

杉本は、桜一家のゴタゴタに足を突っ込むのかと尋ねると、七原は『社長は突っ込むつもりだな 今回の件 金が眠ってるって思ってる』と。

七原は、城戸の借金は回収したいけれど、ハイエナ状態で今回ばかりは矢代のがめつさには感心したと漏らします。

金に勝る力はない、と杉本はそういうのが好きだと言うけれど・・・・!?

ここから百目鬼の話に変わります。

足を洗っていなかったことを杉本も知らなかったようですね。ただ、彼の中では『やっぱ』と言う事で・・・どこかで百目鬼は足を洗わないとも思っていたようです。

七原は、やはり百目鬼が矢代のことを『矢代さん』と呼んでいるのが許せない様子。それはあてつけだと思っています。

『あてつけ・・・ですか』

『捨てられたと思ってっから 恨み節のひとつも言いたくなんだろうけど』

屋上で話したときの百目鬼は納得してたと思っていたのに・・・と。

ただ、今は矢代に対してはそういう感情はなさそうだからいいけど・・・・と言います。

『少なくとも ただ慕ってたあの頃とは違うな』

『それにあいつは今 女がいるみてぇ 組の奴らに探り入れてみた』

それは・・・百目鬼に好意を寄せていたクラブのママさんらしい~~~~~~~~~~~~~(どうめきぃ~~~~~~~~~って心の中で叫んでしまいました)

杉本はそれを聞いて、どんな女と付き合うかと思ったら普通だなと言います。

そして・・・杉本はもう百目鬼に関わらない方がいい、嫌な予感がすると。

『ただでさえ 何考えてんのかわかんねー男ですよ?』

『まぁスカしてはいるけど危ねぇわけじゃねぇだろ』

七原は、社長が気にしないなら気を回す方がおかしいと言います。ただ・・・

『女のことも社長への冷めきった感じも ガッカリしたようなほっとしたような ビミョーな気持ちになったのよ俺は』

わかるわかる!!!びみょーな感じではなくてもうガッカリ・・・でした(T^T)

今回、百目鬼がクラブのママのマンションに訪れている場面が描かれてるんです。。。これは見たくなかった~。

妄想膨らませて考えるなら。。。これは男女の関係ではなく、ママがストーカーにあってるとかそういう理由で百目鬼を部屋に入れている!?とか!!!!!

彼女は百目鬼に好意があるのは描かれてましたから、なんとしてでも百目鬼に近づきたいと思っているでしょうしね。

それに・・・流れ的にいつママとそういう関係になったのか全くわからなくて混乱中です。

節操ナシだから自分で。。。と言ってた百目鬼はどこへいったの!?

7巻では彼女とかはいない、と言っているし神谷もそう思ってます。それに明らかに矢代と再会した時点ではママと関係はなかったはず。

ただ絡んだ時に矢代も『女だ』と触り方の違いを察知していたのはあるのですよね。う~ん。。。百目鬼がクラブのママとだなんてちょっと嫌だなぁ。。。と思ってしまいました。

まだ何もないと信じたいけれど、百目鬼が何を考えているのか・・・わかりません(T^T)

抱かれる側のして欲しい事を勉強するために律儀に女性の体で勉強してるとかだったら・・・ちょっと健気ではあるけどやめて~ってなります。

もし本当にママと関係があるのならば、そこには必ず『矢代』の存在があるはず。

百目鬼は、矢代が他のだれにもいかないように自分だけにしたいと思っているのですよね?

だから、テクニックを学ぼうと思ってたりするのかしら?ママだったら経験豊富だと思ったのかしれない。

でもですよ・・・ワタクシのような読者はそんなことは望んでないのですよ~(T^T)

下手でもなんでも一生懸命に好きな人を抱く姿が好きだから、テクニック磨いたからとそれでおお~~~~~~~なんて思わない。

その辺りは何かしら百目鬼の考え方があるとは思うのですけどね。

どうにかカラダの関係はありませんでした~みたいな報告ありますようにとまだ願ってます☆

井波と矢代の関係と衝撃過去

さて・・・ここからが更に衝撃的です。

井波と矢代はカラダの関係がないのかも!?!?と期待しながらいたのですが・・・結論から書くと、2人は変わらずカラダの関係はありました。ハイ。

でも、色々と状況は違います。

『相変わらず勃たねぇなぁ お前もう完全にインポだろ』

ドMで淫乱猫はどこいった、と矢代を抱きながら言う井波。

そして百目鬼にも抱かれてきたと思っているので百目鬼はどうだったか?と尋ねています。

あいつは随分お前を慕ってたよな?と。

『今日俺んとこ来たってことは満足できなかったか?勃ちもしねぇくせによくやるな』

このセリフから、矢代から井波のところへ来たことがわかります

そして。。。矢代はやはりインポでしたね。ということは!前話で早々に達した事はすごい!事件ですよおねえさん!!!!という感じでしょうか!?

実は矢代がインポになったのには理由がありました。

なんと!!!なんとですね、、、1度関係を持ったあと、ひとりでいるところをこの井波にレイプされてしまったのだという。

(俺はずっとこうだ)

(男にレイプされて男無しではいられなくなったのに)

(今度は男にレイプされて 何も感じないカラダになった)

試しにお店のお客さんにもちょっかいかけてたようですが、それでもダメだったようですね。

そうなんだ・・・と絶句。

もうね、矢代が不憫で仕方が無いです。矢代がもしインポになっているのだとしたら、それは百目鬼の言葉があったからだと思っていたのですが、井波の野郎のせいでしたか。。。

ただ、百目鬼にも『お前は綺麗だからインポになったんだ』と言ってましたよね。矢代自身もそうなのではないでしょうか。

百目鬼との絡みがあって、もう誰にも触れさせたくないと言った彼の言葉が、知らない間に刻み込まれていたのではないかと思ったのですよね。

そして違う男に襲われたショックで・・・というのはあるような気がします。

矢代って素は人を愛したいし、愛されたい気持ちが強いタイプだと思うの。そこで百目鬼と繋がって、今まで感じた事のない快楽を味わって・・・恋愛初心者(影山との事は一方通行だったので)の矢代が変わらないでいる方が無理だったように思います。

初めての人は特別って言いますしね。。。

百目鬼と矢代との違いは・・・

インポになったとしても、井波と寝ているという点でしょうか。

もう叩かれても痛みを与えられても・・・矢代は快楽も感じないようになってしまっていますけどね。。。

(俺はもう本当に)

(本当にどうでもよくて)(どうにもならなくて)

(痛いだけマシだとすら思っていた)

井波に抱かれながらも。。。思い出すのは百目鬼のこと。

百目鬼を思い出し、矢代は・・・・

(どこかでわかっていた 知らなければ 失くすこともなかった)

ここはね、かじられた林檎が・・・転がっているカット。先生は意味があってこの林檎を描いたはず。

林檎といえば、ぱっと思い浮かぶのは『禁断の果実』なんですよね。

私がこの箇所を読んで感じたことは、矢代自身、知らなければ良かったことを知ってしまい後戻りができなくなってしまったのだろうなという事でした。

今まで自己防衛をするために作った籠の中からはみ出してしまった。

そして知らなければ、失くすこともなかった。。。というのは、色々な意味が含まれているのではないでしょうか。

  • 好きな人と繋がる(普通のセックスを知る)➨結果、今まで作ってきた自分を失う
  • 自分の感情に気付く➨結果、百目鬼を突き放して失う

まだあるかもしれませんが、読んでて浮かんできたのはこんな感じでしょうか。

インポになったのは、矢代のなかで大きな変化がおこっていたこと、百目鬼との関係が軸にあると思います。

今までの自分自身と、慕ってくれてた百目鬼を失ったという解釈をしたのですが、皆さんはどうですか?

禁断の果実を食べてしまったアダムとイヴは、そこから羞恥心を覚えたと一般的には言われてますよね。『善悪の知識の木の実』を食べたことで善悪・知恵がつき自分達が裸でいることを知り恥ずかしくなったと。

食べたからこそ、見えたものがあるとの解釈もできるので・・・ようは・・・矢代にとって百目鬼とのそれがまさに『禁断の果実』そのものだったのかもしれません。

禁断の果実に関してはざっくりとしか覚えてないので、間違っていたらごめんなさい。

後でしっかり調べてみます。

この囓られた林檎の描写は黒くてちょっとマイナスな印象を受ける描写なので・・・矢代の心の中はなんだろう・・・まだまだ『闇』って感じですよね。

自分自身でつくりあげた『楽園』があって、禁断の果実を囓った事で追い出されてしまった、そんな風な意味合いがあるのかな?と思ってしまいます。

そして矢代自身は、食べた事で失ったものの大きさを今・・・実感しているのかもしれませんね。

事後、ベッドに横たわったままの矢代は・・・(やっぱ勃たねぇか)と思っていました。

なぜあの後、井波なんかのところへ行ったか不思議だったのですが・・・百目鬼に触れられ、『溜まってたんですか』と言われるくらいすぐ達したという不思議な現象を。。。確かめたかったのでしょうね。井波で。

これって・・・さらに矢代を苦しめることになるような気がします。

要は・・・矢代って本当に百目鬼にしかカラダが反応しなくなってるという事なのですよね。

読者側にはきゃっほ~~~~~~という感じではあるのですが・・・それをお互いが気付くにはまだまだまだまだ長い時間がかかるような気がします。

それにしてもですね・・・・井波と矢代は・・・それなりに何だかんだで関係は築いているのだろうなって思ってしまったのですよね。

井波がちゃんと矢代を送ってる。。。

目の事は知らないにしても、今は対等な関係ではあるのだろうなって思いました。

そして、井波が百目鬼に興味を示しているのが気になります。

桜一家にいることも知ってる様子。

百目鬼のようにまともだった人間が転落していくのは楽しいという井波ですが・・・

『なぁ あいつさ お前に俺が情報流してると思ってんだぜ』

『ああ?』

『つまり俺の方がお前とやりたがってるって思ってるわけだ』

そう言う矢代に、井波は・・・やりたがってるのは事実だろう?という感じ。

『動機はどうでもいいが 暴力受けたがってんだろうが』と。

本人はそう自覚はなかったように見えましたが、井波からは『暴力を受けたがってる』というように見えるのだろうなぁと感じました。

それと・・・矢代は井波と寝たがっていると百目鬼に思われるのがよっぽど嫌みたいですね(笑)

井波との関係が続いているのは、情報の事もあるでしょうが、【痛いだけマシだとすら思っていた】という心情からもあるように。。。痛いと感じる事で安心感があったのかもしれません。

そして井波によって傷ついた自分を認めるのが嫌だったのかな。。。とも思いました。

それにしても、、、井波とそういう関係をずっと持っていられる矢代は・・・やはり不思議。

主導権は百目鬼に!?

2人が話していると・・・番犬登場。

『笑ってる場合じゃねぇぞ 番犬がおっかねぇ面して向かってくんぞ』

このときの百目鬼は好き~~~~~。百目鬼は井波にライバル心メラメラというか、井波だけは絶対NGっぽいですよね。

飄々としててもその表情からはちょっと怒りが見えるようでしたヨ。

上から見下すかのような目で井波を見て『・・・行けよ』も最高にイイ!!!!

『何をしてたんですか』

矢代にそう尋ねると。。。まぁ予想通りの返事が返ってきます。

俺で我慢するように言いましたが、と百目鬼が言うと。。。了承してないとこれまた矢代らしい返事。

すると・・・『来てもらいます』と百目鬼は言って・・・

どこに行くつもりなんでしょうね。桜一家でしょうか!?

矢代のお部屋だったらいいけど、今回はそういうのはないでしょうね。

早くきゃっきゃ言って読みたいです(T^T)しばらくはまだまだギュギュっなりながら読まないと・・・。

NightS
黒社会の駆け引きと大人の恋の心理戦は、やがて息を呑む圧巻のラストへ――

感想まとめ

はぁ~~~~~~~~~~~・・・百目鬼とママの事もちょっと気になりますが、矢代~(T^T)

井波とそのまま関係を持っているのもちょっと信じがたいけれど、まだまだ認めたくない矢代がいたからなのでしょうね。

1人で傷ついてもがいていたかと思うと悲しすぎる。周りの人には絶対言ってないでしょうしね。1人でいたところを襲われているので・・・。

それにしても!井波ってモテないからといって外道すぎる。

矢代だからって何をしてもいいってワケじゃないのに。

その事実でさえショックなのに、未だ絡んでる2人にさらにショックですよ。

しかも関係性は悪いっていうワケでもないのがモヤっとします(T^T)

矢代も傷ついていないフリをするのもきっと大変だったのだろうなって思います。傷ついたのを認めてしまったら、今までやってきたことを否定することにもなりますからね。

矢代自身がそれを許さないのかもしれません。

だけど・・・そういう心理がT子に出てしまったと。

そう思うと・・・・・前話の矢代はかなり貴重な矢代だったのでしょうね。

それにしても切ない。

どうしてこういう方向へいくのか(T^T)

百目鬼も違う方向むいてしまってるし、何がきっかけでしっぽフリフリになっていくのか・・・今は想像つきません。

とりあえず、井波と矢代の関係はバッチリと描かれていたので認めなければいけませんが・・・

百目鬼とママはまだマンションへ入っていっただけ!!!

何かカラクリがあると信じたいです(T^T)

もし付き合っててあは~~んな事をする関係性ならば、シャツとか置いてあるでしょうし服装も替わってる可能性ありますよね???

百目鬼は同じ服装でしたし、まだ少し希望はあるのかなぁ・・・なんて無理矢理すぎるでしょうか。

先生からのはっきりとした描写が無い限りは。。。。ママが彼女とか信じないぞ(T^T)

ということで。。。今回はこのへんで。

特に何っていうワケではないですが、この記事読んだよ!気に入ったよ!という方がいらっしゃれば拍手ボタンをポチっとしていってくれると

今号で受けたダメージが回復していきます(笑)

なかなかいい展開にはなりませんねぇ・・・・もう少し我慢我慢!

電子書籍

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

何か面白そうなBL漫画はないかな?とお探しの人は、こちらの一覧をチェック!【特集記事】

BLメモリー・バラ単話・コミックス作品感想

Comment

  1. ももも より:

    元気出してね!

  2. 藤雪Fujiyuki より:

    はちわれさん(*^_^*)
    こんばんは☆コメントありがとうございます!
    電子は2週間後でしょうか。早く読んで欲しいです・・・実際に絵で読むとまた違った印象を持つかもしれませんので、
    また読んだら感想教えていただけると嬉しいです。

  3. 藤雪Fujiyuki より:

    たまこさん(*^_^*)
    こんばんは!本誌デビューですか(≧∇≦*)おめでとうございます♡
    しかし・・・今回の内容はびっくりなことが多かったですよね・・・
    たまこさんは百目鬼とママ・・・どう思いましたか!?

    • たまこ より:

      あわわ…藤雪さん、お返事ありがとうございます♪普段コメントとかしないので、慣れてなくてすみません。

      百目鬼とママについては…ケツ持ちしてるクラブのママって事なので、幹部の誰かのイロなのでは?と、思ってます。それだと色々説明つかない事もありますが、2人が致してる場面が出てこないうちは男女の関係ではない!と都合よく解釈しておきます。

      • 藤雪Fujiyuki より:

        たまこさん(*^_^*)
        こんばんは!いえいえ、こちらこそコメント嬉しいです。
        今号は誰かとあれこれ話したい!!!という気持ちが強くて、本当にありがたいです。
        >ケツ持ちしてるクラブのママって事なので、
        確かに!!!その可能性はありますね。他の方もそのように書かれていました。今では私もそうかも!?と思ってます。
        まさかのむらじいだったら・・・( ´艸`)
        そうですよ~私も二人の描写がはっきりと描かれるまで信じません(T^T)

  4. 藤雪Fujiyuki より:

    くさかんむりさん(*^_^*)
    こんばんは!コメントありがとうございます!
    衝撃的でしたよね・・・私もあの林檎のページは同じように思いました。
    私も読み込んだら違う解釈もできるのかな?と思っているのですが、なかなかさぁ読もう!と今はなれず・・・
    早く浮上せねば~。

  5. 藤雪Fujiyuki より:

    輪さん(*^_^*)
    こんばんは!!!コメントありがとうございます。
    電子は2週間後とかですよね!?早く読んで欲しいです(T^T)
    絵柄で読むとまた違った印象を持たれるかもしれませんが、矢代のシーンは・・・
    はぁ~(T^T)という感じです。
    また読まれたら是非感想を教えていただけると嬉しいです!

  6. 藤雪Fujiyuki より:

    やすさん☆
    こんばんは!コメントありがとうございます。
    今号は・・・26P なのですが、それ以上の衝撃的内容で・・・
    そうですよね、2人が幸せになるために必要な出来事だと思ってこれからも読もうと思います!

  7. いもむし より:

    こんにちは
    はじめまして、いつもありがとうございます!
    元気出てきましたか?
    なんか悲しい回ではありましたが、私としたはしっくりきました
    新章に入ってから、矢代の孤独さが消えてむしろ軽くなり過ぎていたように感じていて、矢代ってこんなんだっけ?もう百目鬼の必要さが必須でもなくないかって感じていたので、今回読んでやっぱり矢代を救えるのは百目鬼だけなんだなぁと二人の必然を感じてます

    ちなみにママは関係あったのかなと
    別れを言いに行ったのではないでしょうか
    関係を複数と持ちたくない百目鬼は、だから矢代を抱かなかった
    矢代が現れたから、ママと関係を切りに行った
    そんな風に考えてました

    矢代も百目鬼も実在する人間として描かれていますから、綺麗でない出来事あって、だからこその囀るかなと
    その中で2人の汚しきれない美しさが、囀るなのかなと
    そんなとこではどうでしょう?
    2人の答えを辛いことまだ多そうですが、最後まで見届けたいですね

    • 藤雪Fujiyuki より:

      いもむしさん☆
      こんばんは!はじめまして☆
      コメントありがとうございます!!!こういうのをサラっと描くのが先生だと思い、だいぶ吹っ切れてます(*^_^*)
      先生は意味の無いことは描かれないので、この流れもきっと大きな意味を持つのだろうなと思ってます。

      >今回読んでやっぱり矢代を救えるのは百目鬼だけなんだなぁと二人の必然を感じてます
      ですね!!!これは本当にそうだと思いました。

      >ちなみにママは関係あったのかなと
      別れを言いに行ったのではないでしょうか

      おお~~~~~~~!!!そうかもしれませんね。関係が無いと思うのはやはり現実的には・・・でしょうか(T^T)
      まだ信じたくない気持ちもあるのですが、現実的に女性のマンションに入っていったら・・・ですよね。
      もしかしたら、井波と未だ関係を持っている矢代に腹を立ててママさんと~なんて流れだったのかなぁとか色々と考えたりしてました。

      ただどう読んでもママとの関係が始まった時期は、矢代と再会後だと思っているのですが、もう前からできてたという事になるのでしょうか。。。(もしかしたら、他が知らなかっただけで既にできてた!?)

      >関係を複数と持ちたくない百目鬼は、だから矢代を抱かなかった
      確かに!!!って思いました。自分の事を「節操ない」と表現してましたしね・・・・
      あとは抱いたらまた『捨てられる』と思っているので抱かないとか・・・(でももう部下でもないですしね)
      そこから色々と考えてみると・・・部下に戻りたいという気持ちがあるから「抱かない」という選択をしているというのはないでしょうか?
      部下とか関係を持たないと頑なに矢代は言ってたので、どうなんだろう?ろちょっと引っかかってます。

      >その中で2人の汚しきれない美しさが、囀るなのかなと
      そうですね。囀るさんは土台からそうなのですよね。蓮の花という感じでしょうか。

      まだまだ辛い事は多いと思いますが、私も最後までしっかり見とどけたいです(*^_^*)

      それでは、またコメントいただけると喜びます!!!

  8. 藤雪Fujiyuki より:

    もえママさん(*^_^*)
    こんばんは!
    まだまだこんな感じで続きそうですね・・・・一緒に本誌追いかけましょうね♪
    あたたかいコメント本当にありがとうどざいます。嬉しいです☆

  9. 藤雪Fujiyuki より:

    ごとうさん☆
    こんばんは!コメントありがとうございます☆
    早く8巻出ますように~。と言っても8巻はなかなか辛い展開かもしれませんね(T^T)
    後半にイイ展開が入ってくることを願って・・・・

  10. もちもち より:

    はじめまして。いつも奇数月の月末は何回も更新されてないかチェックしています。
    私は電子版なので、まだ読んでないんですけど、、、待ちに待っていたけど読むと浮上できないかもしれません。。
    ママとの関係ですけど、私は、ママは綱川の女じゃないかと思ってます。
    ニキちゃんとかの身内だけじゃなくオンナにまで危険が及ぶ可能性を考えて、綱川が百目鬼にガードを頼んだのではないでしょーかね。。ベタすぎますかね。。
    矢代と再会する前からとは思えないんです。
    それに百目鬼がママとって、あまりにも普通過ぎちゃってありえない!そんな展開に先生がする訳ないって思っています。
    なんて、、、甘すぎますか。。

    • 藤雪Fujiyuki より:

      もちもちさん(*^_^*)
      こんばんは!コメントありがとうございます!

      電子配信まで待ち遠しいですね☆実際、絵で読まれると印象も変わると思いますので!!!
      浮上は。。。私も浮上できているので大丈夫です(≧∇≦*)

      >ママは綱川の女じゃないかと思ってます
      それは思いつきませんでした!!!!!あるかもしれません!
      ベタではありませんよ~そういう視点私は抜けてたのでおぉ~~~~~って思いました。
      あとは奥山がママと仲良しだったので探りとか!?!?(この場合は百目鬼が色仕掛けしているかもしれませんが(^_^;))

      ニキちゃん関連でママも関わっているかもしれませんね。
      私も矢代と再会する前からではなさそうだなと思っているので、奥山の件があってから動いたというのは納得です。

      >それに百目鬼がママとって、あまりにも普通過ぎちゃってありえない!そんな展開に先生がする訳ないって思っています。
      これ、杉本も言ってましたからね・・・普通だ、と。なんか。。。わかりませんがすごく元気が出てきました(笑)
      また電子読まれて何か伏線とかここは!というのに気付いたら教えてください~(T^T)

  11. 藤雪Fujiyuki より:

    ゆずるん。さん(*^_^*)
    こんにちは!コメントありがとうございます☆
    いえ、、、私も妄想が入りながらの考察なので。。。(^_^;)
    それでもこんな考え方もあるんだ、と思ってもらえたら幸いです☆

  12. 藤雪Fujiyuki より:

    ノンスケさん☆
    こんにちは!!!コメントありがとうございます♪
    読まれましたか~。もうもう!今回は衝撃的な展開でしたよね。
    そして・・・誰かの愛人説は他の方もおっしゃってて、私もそうかも!?と思いはじめています☆
    本当にそうだったらいいなぁ・・・。
    >あの鼻のきく神谷が知らないなんてことは無いと思うわけです。
    そうなのですよね。私がんんん????と思ったのは、いつどうやって付き合ったのか?と。あの神谷も知らないですし、
    今回そのママさんが恋人らしいと聞いたのは桜一家の人ですが、神谷ほど近い人ではないですしね。

    さて、矢代の事ですがまさに!!!コメントの通りだと思います。
    矢代は確かめに行って、そこで現実を突きつけられたのだと思います。百目鬼以外には反応しないと矢代自身も認めないといけなくなりましたね。
    ここはかなり重要なポイントだと私も思いました。
    百目鬼の『俺以外~』という言葉が、もしかしたら矢代の心を縛っていて、井波の件で不能になってしまったのかもしれませんね。
    でも。。。百目鬼には反応するというのは、体は心より正直なのだ、ということなのかもしれません(*^_^*)
    これ、、、井波の所行を百目鬼が知ったら・・・ただでは済まないような気がします。
    >井波が偉そーに百目鬼に言いそーです。矢代は不能なんだと
    これ。。。わかります!!!言いそう~~~~~~~~!!!!
    井波が二人にとって良い行いをするとすれば、それを百目鬼に伝えるって事くらいしか思い浮かびませんね(笑)
    確かに、百目鬼が矢代をどこに連れていくかで次話の展開が変わってきそうです☆
    なんだかノンスケさんのコメント読んでいたら、次話が楽しみになってきました♥ありがとうございます!!!

  13. 藤雪Fujiyuki より:

    えすむらさん☆
    こんばんは!!返信遅くなりました(T^T)
    拍手は、ポチッとしていってくれたら・・・という文言を書いたから優しい皆さんがポチっとしていってくれたのですよ☆
    そうなんですよね、今回はページ数はあまり多くなかったのですが、けっこうギュギュっと詰まってましたよね。
    今までは心情が少なかったのですが、ここ数話は矢代の内なる声?が多めなような気がします。
    >百目鬼とクラブのママは普通に愛人関係とかではないと思いますよ
    ホッ。そう思う理由になっとくしましたヨ(笑)ですよね~。
    >実は、矢代って本人が自覚している以上に普通の男なんだなとわかりました
    これはそうですよね。むしろ、義父に歪められただけで元々は母を大事に思う純粋な子どもだったのだと思います。愛されたい願望が強いのかもしれませんね。
    ドM淫乱は、自分を惨めに思いたくない気持ちが生み出したもう一人の自分なんだろうなと思ってます。
    矢代は。。。どこまでも好きでもない男に翻弄されて不憫です(T^T)
    >気持ち的には矢代のが重い気がします
    ここ数話はそうですよね・・・でもヨネダ先生なのであとでおっきなモノ持ってくると思います(笑)
    実はそう思えて百目鬼の方が・・・・かも!?なんせ腹いせまだしてませんからね。百目鬼もあっためすぎではないでしょうか・・・( ´艸`)

    • えすむら より:

      藤雪様
      コメントありがとうございます♪
      >ドM淫乱は、自分を惨めに思いたくない気持ちが生み出したもう一人の自分なんだろうなと思ってます
      なるほど、そうですよね。防衛本能が生み出した対外的な自分、もしくは、そうだったら楽だからという気持ちも大きいのでしょうね。ところが、本当の気持ちほどコントロールできないので、しんどいんですね。目を背けていられれば苦しまないはずなのに!!あの男が!っちゅー、萌えるしかない展開w
      >なんせ腹いせまだしてませんからね。
      めちゃめちゃ楽しみなんですけど!!どんなお仕置きしようとしてるんだろう…( *´艸`)そろそろ8巻ですよね。そろそろ愛あるエロが欲しいと思ってる読者ですww(まだまだお預けでしょうか…5巻から待ってるんですがw)

      • 藤雪Fujiyuki より:

        えすむらさん(*^_^*)
        こんばんは!ですよね~腹いせがいつどのような形で行われるのか本当に楽しみです。
        >そろそろ8巻ですよね。そろそろ愛あるエロが欲しいと思ってる読者ですww
        私もです~。でもまだまだ先になりそうですね(T^T)早くイイ展開できゃっきゃしたいです☆

  14. はちみつかりん より:

    初めまして♡こっそりいつも感想を読ませて頂いてましたww

    もう今1番新巻を待ってる漫画です。
    今回の感想についてですが、
    私にはラブのラブに感じ取れます(ポジティブ)
    まず、ママの事は眼中にないです♡
    だって頭しか勝たん!の百目鬼だもの( ˇᴗˇ )
    そこは全然私的ノーマークですww
    そして井波さん。
    なんならもう私には2人の愛のキューピットにすら見える(ポジティブ2)
    百目鬼にヤキモチ妬かさせてあげて、
    矢代は、井波と会ってたら百目鬼妬いてくれるスキスキ( ˇᴗˇ )
    やっぱり俺の身体、百目鬼しか受け付けないスキスキ( ˇᴗˇ )
    をただただ再確認して私達に見せつけてくれてるようにしか見えない(ポジティブ3)
    だかいちで言う綾木くんポジションです(全然違うだろ)
    俺様びっち受けはこれだから大変ですよね。
    まぁ好きですけど( ˇᴗˇ )←
    ツンとツンのカップル()なので、
    次いつ矢代が折れてくれ(デレてくれ)るかを楽しみに今生きていきます。
    まぁ今の状態でもお互いもうお互いの事しか考えてないです俺らと、私には映っていますが(ポジティブ4)
    だけども、私達読者は早く2人がまた心も身体もお繋がりになられる所を拝見したいですね( ˇᴗˇ )(5巻リピリピリピリピリピリピ)
    とにかく今の心配している事は、
    ヨネダ先生がメリバで終わらさないようにだけを
    祈っています(;´༎ຶٹ༎ຶ`)ソレダケハヤメテオネガイ
    BANANAFISH以来の病み期が来てしまいますˇᴗˇ
    では、また感想楽しみに待っています(*^^*)
    長々と失礼致しましたm(_ _)m

    • はちみつかりん より:

      あれ…全然改行できていない…?
      すみません読みづらい(;-;)

    • 藤雪Fujiyuki より:

      はちみつかりんさん♥
      こんにちは!コメントありがとうございます!
      ママは眼中にない、この言葉に気分があがりました☆ですよね~そうですよね!!!
      >頭しか勝たん!の百目鬼だもの
      すみません、不覚にも笑ってしまいました。百目鬼の中では本当にコレだと思います( ´艸`)

      井波がキューピッド・・・そうだとするとかなり救いがありますね。ヨネダ先生なら確かに井波をそういう形で使いそうです。
      現に、書かれている通り、井波の存在はどちらにも作用してますよね☆

      >次いつ矢代が折れてくれ(デレてくれ)るかを楽しみに今生きていきます。
      ですね。私はいつ百目鬼がワンコに戻ってくれるのかを楽しみにしているのですが・・・百目鬼はもうこのままって事は無いですよね!?

      >達読者は早く2人がまた心も身体もお繋がりになられる所を拝見したいですね
      ですです!!!もうだいぶ待ってます☆

      >とにかく今の心配している事は、ヨネダ先生がメリバで終わらさないようにだけを祈っています
      これ、本当に不安ですが・・・先生の作品を読む限りはメリバ率は低いのでは!?と勝手に思ってます☆
      先生の中でのハピエンが私達にメリバに思えるというギャップがあったら仕方がないですが・・・
      ちゃんとハピエンに持っていってくれると信じてます♥

  15. れい より:

    藤雪さん、いつもいつもとても楽しみにこちらのサイトを訪れています。

    私は百目鬼はママと体の関係があるんじゃないかと思っています。矢代が女か?と気づいていましたし。
    しかし、後々矢代の為になるような何か理由があるのではないかと思っています。例えば、経験を積みたいとか、情報を得られるとか。

    綱川に自分で処理すると言っていたのも、あそこで本当の事言う必要ないな、とも思っています。
    本当の事だったとしたら、矢代にしか反応しない体になっているけどママにも矢代に対するような感じで挿入なし、で処理は自分で、とか。
    もうホント希望的観測です。とにかく全て矢代の為と思いたい!

    あと、矢代もレイプされてインポになったと思い込んでいるけど、百目鬼にしか反応しない体になってしまっただけなのではないかと思っています。

    そして今回のお話では関係ないのですが、6巻で、飛行機の音で聞こえなかったセリフですが、
    「俺をひとりにするな」じゃないかなと思っています。これは矢代が「ひとりだからだ」と影山に言われて唯一素直な気持ちが出て泣いてしまった事に相対しています。百目鬼に届かないと思ったからこそ、素直な気持ちが出てしまったのではないかなと思っています。
    「俺を壊すな」とか「おれを壊した」とかかな、とも思ったのですが、それまでに何度もこのキーワードが出てきていたので、先生ここでまた同じこと言うかな?と。
    後々あの聞こえなかったセリフ、実は百目鬼が聞き取れてて「ひとりにしません」とか言ってくれると最高なんですけど、って言う妄想入ってます。w

    あと、これも全然今回の話に関係ないですけど、もう一度矢代が死にそうになる時が来るんじゃないかと怯えています。なぜなら、いつか三角さんが影山に何故矢代が極道に入ったか、その理由を伝える時が来るんじゃないかと思っています。あの2人の接点があるとすればまた病院ですよね。あー、もうこわい。

    海外にいて電子でしか読めないので、藤雪さん様さまです。これからも楽しみにしています。

    • 藤雪Fujiyuki より:

      れいさん(*^_^*)
      こんばんは!!!返信が遅くなってすみません。
      こちらでは明日、最新号が発売されるのでそわそわしております(笑)
      私も数年前に海外にいたのですっごく気持ちわかります。私は電子が待ちきれず、雑誌取り寄せて読んでいたのですが、
      帰国するときに随分と雑誌の量に悩まされました(^_^;)

      ずっと海外だと電子が一番ですよね☆もっと早くに配信されたらいいなぁと思ってるのですが。。。

      >6巻で、飛行機の音で聞こえなかったセリフ
      おお~~~~~って思いました。これ、早く知りたいのですが・・・また答え合わせできるでしょうか・・・
      ひとりだからだ、からの繋がりはあるかもしれません!!!
      先生ならそういうセリフを使いそうですよね。壊す、というのも出てきたので有力ではあるのですが、ひとりにするなもかなりあるような気がしてきました。
      矛盾が描かれてる作品ですから、百目鬼を遠ざけたのに1人にはなりたくないという気持ちもすごくあると思います。
      これはまたどこかで出て来るの楽しみですね♪

      >私は百目鬼はママと体の関係があるんじゃないかと思っています。
      ぎゃ~~~~~。゚(゚´Д`゚)゚。でも男と女がマンションで・・・って思ったらその可能性はありますよね。。。
      ちゃんと明らかになって欲しいです。寝てても寝ていなくてもはっきりしてくれたらスッキリします!

      >後々矢代の為になるような何か理由があるのではないかと思っています。
      関係があるならコレでしょうね。私もそう思います!

      >矢代もレイプされてインポになったと思い込んでいるけど、百目鬼にしか反応しない体になってしまっただけなのではないかと思っています。
      基本的に一途な矢代ですからね。。。百目鬼との合体を知って、百目鬼に自分しかいらないように~なんてあんなに言われたらそう思い込んでしまいそうですね。
      そして井波に襲われた事で矢代はすごくショックを受けたのかなとも考えます。
      (でも百目鬼にはきちんと反応するので、心理的なものがすごくあるでしょうね)

      そして。。。。影山で思い出したのですが・・・影山のコンタクトレンズはもう登場しないのでしょうか。。。
      それもすごく気になります。影山と三角さんもですが、影山と百目鬼もまた会うのではないかな・・・と思ったりします。

      また最新号が出たら感想&妄想を読んでいただけると喜びます(*^_^*)コメント&考察ありがとうございました♥

  16. より:

    藤雪さーーーん、早くコメント書きたい!と思いながら、仕事等でバタバタしていたら、
    もう雑誌は次号が発売されている現状…
    とほほ………
    私は電子派なので、まだまだ待たなくてはですが、藤雪さんはもう今号読まれていらっしゃいますよね!
    また感想を読めるのを楽しみにしております!

    そんな藤雪さんに古いお話で本当に申し訳ないのですが…
    47話のお話をちょっとさせていただきたく…

    ひゃ~~~ん、(諸々)そういう展開!?
    とぐはっとなりましたが、先生のお話の進め方がもう本当にしっくり来てしまって…

    レイプ後そのまま井波との関係が続いていたのはちょっと驚きでしたが、
    矢代も百目鬼と別れた後は自暴自棄になっていたし、
    生きていようがどうしようが本当にどうでもよくなっていて、
    何の感覚もない中、本人も云ってましたが、痛いと云う感覚があるだけマシだったのかな、って思いました。

    最後に井波も「動機はどうでもいいけど暴力受けたがってる」みたいなこと云ってましたし、、、
    なんとなく百目鬼とのあの繋がった幸せな時はもう帰ってこないし、、、
    痛みを感じる=今生きている、その他のことを考えない、忘れていられる、みたいな感覚だったのかなって。
    もちろん忘れられないし、まだ思い続けてしまっているから禁断の果実なのでしょうが…

    今回井波に抱かれながら、百目鬼を思い出すとき、前は顔もはっきり思い浮かばなかったのに、
    しっかり今回は百目鬼の姿を思い出してましたからね。
    矢代にとって、百目鬼でなくては身体が反応しない、インポになっちゃうくらい、
    今までの自分を変えちゃうくらい、百目鬼が特別な存在なのでしょうね。
    あの禁断の果実の描写は、百目鬼への自分の想いが明確に描かれているような気がしました。

    そして、百目鬼、、、ああ、本当に女がいたとは…しかもクラブのママさん…
    私も体の関係はなく情報収集のためと思いたいところなんですが、
    矢代と別れてからママのところへ駈け込んでいっているかのようなあの描写は、、、
    なんとなく、矢代と逢っている間セーブしている想い(欲情?)をママのところへいくことで落ち着かせているようにも見えなくないんですよね…
    ということは、身体の関係があるのかしら?
    ひぃぃ
    ママがクラブで話すうちに百目鬼の昇華出来ない想いに気づいて、関係を持ったとか?
    きゃー、書いててイヤイヤと思ってしまいました(ーー;

    なんとなく、前に病院の屋上で七原と百目鬼が話していた時、
    百目鬼覚悟を決めたような顔をしていた気がして、どうにか自分の想いを矢代には悟られないようにしているのかなと思っていて。
    近づきすぎると矢代が今まで生きてきた自分を保つことが出来なくなってしまうってなんとなく気付いているような気がしてまして…
    だから、あんなに冷静でいようとしているのかなぁ、と。。。

    あぁ、早く行き違いの二人の想いが気付く日が来てほしいです…(T_T)
    百目鬼に連れられていった矢代。
    今号どうなったのか、藤雪さんのご感想楽しみにしていますね!

    なんとか藤雪さんの次号の感想が書かれる前に!と思い、すごい勢いで自分の想いだけ書いてしまったので、
    意味不明な文になっていると思います…すみません;;
    また、今号の電子読んだら感想書かせていただきます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2022 All Rights Reserved.