BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

囀る鳥は羽ばたかない 29話ー6巻(ネタバレ注意)感想 ヨネダコウ/イァハーツ3月号『守られてんのはテメェじゃねえか』

 
囀る取りは羽ばたかない6巻分
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

イァハーツ3月号掲載、ヨネダコウさんの『囀る鳥は羽ばたかない」第29話のネタバレ感想です。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回のストーリーは『囀る鳥は羽ばたかない6巻』に収録される予定です。

やっと!5巻のその後ですね~(#^.^#)楽しみにしてました!!!今回は、ちょこっと過去の話も入りつつ・・・何かが動きそうな予感。

それに、矢代や三角さんの敵はまだまだいると言うことですね・・・ハラハラ展開は続きそう。

今回、黒羽根さんの姪であるトモちゃんらしき子が登場しています(#^.^#)出てくると思ってた!!!

どこまでトモちゃんがが知ってるかわからないけど・・・黒羽根・平田の件に関してはトモちゃんがキーになってきそう。

ただ、刑務所にいた平田に手紙とかを出していたのと、トモちゃんは平田に懐いていたのでどんな風に関わってくるのかもポイントになってくるかなぁと思います。

囀る鳥は羽ばたかない29話掲載 イァハーツ3月号の紹介

掲載P数 24P
満足度 ★★★★☆
紙書籍 アマゾン詳細はこちら

囀る鳥は羽ばたかない第29話の簡単な感想

  • 百目鬼と矢代は同じ気持ち(相手を守りたい)
  • 百目鬼は甘栗くんたちには超強い(笑)
  • トモちゃん登場!?
  • 三角さんが会ってたのは黒羽根の奥さんだった人???姉です!(
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

ヨネダコウ 囀る鳥は羽ばたかない6巻 29話のネタバレ感想

今回は、やや短めでしたね。なんとなく・・・これから色々な事が動きだしそうな。

敵は平田だけではなさそうなそんな展開になりそう。それと・・・竜崎が破門になっちゃったのですが・・・どうするんでしょうか(T^T)

あと,今回は急に過去になったりしてちょっと戸惑いましたが、重要箇所だと思います。

やはりトモちゃんが登場。トモちゃん・・・キーパーソンになりそうな予感!

矢代と同じ年なんですね。。。過去編と言っても黒羽根が死んでから随分と月日は経ってるたいです(平田も出所してますしね~)

前の過去編の『勤めは俺が」っていう台詞・・・やはり平田は刑務所に入ってたんですね。

平田は刑務所に入ることでいろいろなモノを手に入れましたよね。三角さんの隣(黒羽根さんの後釜みたいな感じですね)、組を潰したという名声(ヤクザにとっては)。。。

ほんとの平田って言うほど強くないかもなのに、みんな怖がっちゃうっていうね。

これは黒羽根さんのものだったのになぁって。。。ほんとずる賢い男ですヨ。

あと、三角さんはトモちゃんの母親に会って何がしたかったんでしょうか?お金渡してました。

トモちゃんはもう立派に自立しているように私にはうつったのですが・・・・何でしょうね。彼女はその後母親の方に引き取られたってわけではなさそうですし。

すっごく気になりました。

でも三角さん・・・トモちゃんの事、気にかけてんですね(#^.^#)黒羽根の事、本当に大事にしていたんだなぁって思います。

まぁ・・・黒羽根が報復しにいったのは三角さんが元はといえばもとだから・・・極端な話、黒羽根の死にも関わっているとも言えるのですが。

前書きが長くなりました・・・では早速本編デス。

捨てられたと思っている百目鬼

今回は、過去の百目鬼から。

『感情を表に出す事が苦手な子供だった』

体格も大きかったことから、早い内から子供扱いされずに育ち、親からでさえ甘やかさなかったようです。

『唯一 竹刀を握る時だけは心が解放されたのを憶えてるー』

ここの場面は、何のために描かれたものか・・を考えてみたのですが・・・

もしかしたら、百目鬼にとって矢代はその竹刀と同じなのかな・・・ってふと考えました。

あと!扉絵の百目鬼・・・カッコイイです!!!

縺れる(もつれる)情と情 解ける先は愛か、それともー

っていうアオリ。愛以外に何が!?!?ってちょっと思っちゃいましたが・・・・内容に戻ります!

百目鬼は、ぼ~っと座りながら矢代のシャツを見つめていました。

矢代は百目鬼のシャツ着ていきましたよね。

そういえば~!!!以前記事に矢代が影山のものを持って行ったように(コンタクトケース)、百目鬼のもまた持っていてほしい!なんて願望を書いてたと思うのですが・・・

コメントで「それがTシャツではないですか!?」と言われおぉ~~~~~!!!!本当だ!!!!って興奮しちゃいました。

堂々と身につけて登場していたのですっかり抜けてました(^_^;)

矢代、百目鬼のTシャツに身を包んで百目鬼自身は置いて行くけどいつも一緒!みたいな感覚だったら萌えるんですけどね。

さすがにそこまで矢代は考えてはないと思いますが★

でも矢代だったらTシャツくらいどこでも買えると思うし、やはり着ていったっていうのはそれなりの理由があると思うのですよね。(願望もかなりはいってますけど)

百目鬼は杉本との会話を思い出していました。

『頭はこっちには来てねぇぞ てめぇは何やってたんだよ百目鬼!!』

「・・・すみません」

『竜崎パクられて矛先がどっち向くか分かんねぇ時に・・・』

ここで初めて竜崎が捕まったことを知ります。

杉本は何があるかわからないから早く探し出して来いと言うのですが・・・

百目鬼はどうやら車のキーが無くなってしまったようです。

車はあるけどキーはない。。。すると杉本が言います。

『・・・それ お前を置いて出てったってことじゃねぇのかよ』

そう思ってても認めたくなかった事ですね(T^T)

百目鬼はその言葉を思いだし

(わかってる・・・)と。

杉本からは、頭は面倒な持ち物はすぐに捨てる、身体だけしか興味ない。

百目鬼は身体がデカイだけでアタマ足りてないのに、更に面倒くさいものを持ってると指摘されます。

更に面倒くさいものっていうのは矢代に対する好意ですね。

(失くすのが怖いくせに 簡単に捨てていく)

(触るだけで震えて ”おかしくなる”とうわごとみたいに口にして)

(水のように色のなくなったものを何度もー)

そしてお風呂場での矢代を思い出していると・・・コトっとポケットから何かが出てきました。

百目鬼のポケットから出てきたのはコンタクトケース。

それを手にしぎゅっと握りしめる百目鬼の顔が・・・・怖い・・・。。。

なんだろう!?この顔。嫉妬の顔?自分は捨てられてしまったと思い込んでる百目鬼にとっては、コンタクトケースみたいに矢代に大事にされてたモノが悔しいとか?

この顔には色々な感情が混じってそう。

すると・・・ピピっと外で音がします。

外にいたのは短髪甘栗くん。

「待て!!」

「はーあ? なんだお前かよ」

何故か矢代の車のキーを持っています。

そのキーはどうしたのか?と百目鬼が尋ねると、矢代に頼まれて拾いに来たと言われます。

「教えてくれ どこに行くよう言われてる?」

短髪くんは、どうして子分のお前が知らないんだ?と逆質問。

そして・・・何かを察知したのか

「ははぁなるほどなぁ こんな使える兵隊置いてってどうしよってんだ?あの淫乱 意外に甘ちゃんなとこもあるんだな」

短髪くんは矢代の意図してるコトがわかったのでしょうか。

百目鬼は、再度行き場所を尋ねます。

「頭を守るために俺が行く お前じゃムリだ」

「守る!!傑作だなオイ」

「守られてんのはテメェじゃねぇか」

ハイここ重要。杉本も百目鬼も、矢代は百目鬼を捨てていったと思っているのですが・・・短髪くんは百目鬼を守るために置いて行ったと思っているんですね。

私も短髪くんの方に一票。

捨てるならコマとして使ってから捨ててもいいわけで・・・今のこの状況で置いていったと考えると「守りたいから置いて行った」と考える方が良さそうです。

この短髪くんの言葉に百目鬼は驚きます。

「あー気にするな気にするな お前にゃ罪はねぇ」

でもこの後がねぇ~百目鬼が怒ること言っちゃうからこの人・・・(^_^;)

百目鬼に、よく便所野郎についてられるな、キンタマでも握られてんのか?と。(あ、例えなって言ってるのがちょっとクスっとなりますけど)普通に弱み握られでもしてるのか?って聞けばいいのに(笑)

「体張って守るような人間か?あれが」

この件が終わったらさっさと手を切るというチーム甘栗くんたち。

人を殺して楽しんでついでにお金をもらうなら退屈しのぎになるけど、何が楽しくてオカマヤクザなんかの手先やらなきゃならねぇんだっつー・・・と言ったところで百目鬼たん・・・感情が爆発しちゃいました。

感情が表に出ない子だった・・・っていうの・・・ちょっとこの場面みたら違うよね!?って思っちゃいますよね。

矢代のコトになると本当にスゴイ・・・(゚ロ゚屮)屮

流血して苦しんでる短髪くんみても顔色かえずに「聞き方を間違えました」って言ってる百目鬼たん。。。ちょっと怖いです。

どうやら百目鬼は・・・質問するっていうのではなく痛みを与えて聞きだそうという風にシフトしたようです。

今度は腕をとり、「腕 一本じゃ足りなかったか」と…。

腕を折って使えなくすれば運伝できないから、自分が運転できるという方向に持って行こうとします。

「お前は道案内だけしてればいい」

怖いよ・・・百目鬼~!!!。

松原組は解散

道心会の会合のようです。竜崎の件などの話がされていました。

「竜崎と幹部は破門 松原組は解散 処分は以上です」

竜崎は意識不明とはいえ、まだ生きているので早く回状をまわした方がいいという幹部たち。

するとここで平田のコトが出てきます。

「頭 平田のことはどうしますか」

「平田がどうした」

すると、柳という人が話し始めます。

先日の真誠会の若頭が撃たれた件といいどうも松原と揉めてんじゃねのぁというのを小耳に挟んだと。

「平田が相当の金集めてたってのはしってますよね」

「シャブに手ェ出してたのは真誠会で松原組は単なる使いっ走りじゃねぇのかって・・ね」

三角さんは黙ってそれを聞いています。

黙って聞いてるってコトは、三角さんもそう思っているからなんでしょうかね?

三角さんと天羽さんの場面。

「頭 先ほど鮫から連絡が入りました」

鮫たちは矢代に顎で使われていると報告する天羽さん。

「あの二人が大人しく言うこときいてるってのか」

天羽さんは、竜崎組長を逮捕させたのも平田組長の子飼い二人を使ってのようだから、矢代は人を使うことに長けてると言います。

「さぁ・・・どうだろうな」

三角さんはそんな風には思ってなさそうですね。

「ー柳についてる連中が何か仕掛けてくるかもしれん ヤツはおそらく反対はの票集めしてくるだろう」

色々な所で権力争い起こり始めてますね・・・ハラハラ。

平田と知り合ったのは刑務所

結局・・・百目鬼が運転して目的地へ向かっているようです。

「矢代が俺を使う理由は平田とはまるで真逆だな」

平田は人を殺すために使い、矢代は生かすために使ってるっていう意味だと思うのですが・・・どういう意味だろう!?

甘栗くんたちがどこで平田と知り合ったのかというと、刑務所で知り合ったようです。

「まだ20代そこそこでどっかの組つぶしたってよ 誰も近づかなかった・・・」

↑これやったのは黒羽根サンなんですけど・・・。

すると、短髪くんが平田には妹なんかいたか???と聞いてきます。

どうやら刑務所にいた頃、手紙が来ていたようです。

でも手紙が来ても開けもしないで捨ててたらしい。。。

「あそこで手紙を読まずにいられるのは俺にはわからない」百目鬼が話します。

「あらー経験者?見かけによらねぇなー」

泣いている葵ちゃんを思い出します。

隠し子か何かですか?

ここである女性が出てきます。(ここからは過去の場面になります)

保育園で働いているようです。その女性をじっと見つめているのは・・・矢代。

平田の場面に移り、平田は矢代は何をしている?と気にしています。

「矢代なら三角のオヤジの用事で出てます」

「ああ?オヤジ? オヤジがあいつに何やらせてる?」

「さぁー何か女を見張らせてるとか聞きましたが」

こんな情報・・・平田に与えないで~トモちゃんが狙われちゃう(T^T)

三角さんと矢代の場面。

バサっ 数枚の写真を机の上に置く矢代。

「借金なし 彼氏持ち 独り暮らし 短大行きながら保育士見習いしてるようです」

隠し子か何かですか?と三角さんに尋ねると・・・愛人だと答えます。

「俺と同い年ですよ」

「いいだろピチピチで そのうちまた様子を見に行ってこい」

少し会話をしていると・・・三角さんの機嫌がいいことに矢代は気づきます。

「なんかいいことでも?」

「長年探してた女の会えるんでな」

この娘じゃなくて、母親を見つけ出したという三角さん。

ここで場面が変わります。

この人は・・・顔の傷からいって2巻の過去編で出てきた矢代のせいで破門にされちゃった組員さんでしょうか。

顔の傷もありますし・・・鬼の入れ墨してたんですね・・・

矢代にぞっこんなこの人をわざと煽るようなコトを言う矢代。

乱暴に扱われると吐き気がおさまると感じているのですが・・・これはこの人が矢代のコトを女の人を扱うみたいに優しく抱いていたっていう2巻と繋がっているのだと思います。

2巻では性欲の中の好意に吐き気がするって描かれてたので・・・。

事後、矢代はこの組員から黒羽根さんのコトを聞きます。ここで「黒羽根」という言葉が出てきたってことは、写真の子が「黒羽根」っていうので間違いないかと。

そうじゃなきゃ矢代がこの苗字を知っているのは不思議!!!ってなっちゃいますし。

「あれだろオヤジの昔の右腕」

10年くらい前に三角さんが撃たれた報復に行き、刺されて死んだことを聞かされます・

「子どもとかいた?」

「さーしらねぇな」

「お前その名前どこで聞いたか知らねぇけどよ 平田(頭)の前では口にすんなよ」

「なんで?」

「不機嫌になんだよ えらくな」

三角さんが女性を探し出した目的は?

三角さんはやっと探し出したという母親と会っていました。(黒羽根サンの姉でしょうか)

ここら辺は無言で、描かれているだけです。

上の矢代と組員の話と一緒に進行している感じです。

だから何の目的で会っているのか、どうしてお金を渡しているのか・・・

見つけ出して嬉しそうにしてた三角さんが全然嬉しそうじゃないのはどうしてなのか?

ここは予想でしかないのですが・・・

三角さんはこの母親にトモちゃんを引き取ってもらうようにお願いしたかったのではないかと?

それを断られた場面だったんじゃないかしら。

写真が置いてあって母親はあまり興味なさそうでしたよね。

お金だけ受け取って帰ったので・・・

三角さんは黒羽根さんのコトを大事に思ってたから、トモちゃんも同様に可愛く思っているはず。

トモちゃんの幸せを考えると独りでって言うよりは家族と一緒にって思ったんじゃないのかなって思いました。

違うかもしれませんが。

トモちゃん・・・いい子に育ってそうですね(T^T)

今後も出てくるとは思うのですが・・・過去の流れで出てきたのがすっごく気になります。

平田もかぎつけてくるでしょうし。むちゃくちゃ不安。

矢代もトモちゃんの事は知ったと思うから何かあったら矢代が助けそうですけどね。。。

と言うことで今回はこんな感じでした。

感想まとめ

前半は百目鬼で後半は過去のお話でした。

黒羽根さん関係が出てきたということは、今後もどこかで関わってくるのではないかと思います。

あと、百目鬼が動いたことによって矢代の計画が台無しになるので・・・これが今後どう言う方向に向いていくかですね。

百目鬼を残していった時、百目鬼を捨てたと思った人もいるかと思います。

私は、どちらかというと短髪くんの言った通り「守りたい」というのが強かったと解釈してて。

そういう見方もあるんだというのを百目鬼が知ったというのはすごく良かったんじゃないかなぁって思います。

じゃないと、百目鬼自身も「簡単に捨てていく」って捨てられたと思ってたと思うので。

口にしないけれど、百目鬼も矢代も・・・お互いが大事な人だから守りたいんですよね。

アオリで「縺れる(もつれる)情と情」ってあるのですが・・・いろんな情が縺れちゃってます。

矢代や百目鬼だけじゃなく。三角さんもだし平田もだし!こういうのを読んでたら、先生がまだ半分ちょっと過ぎたとこっていうのもわかる気がしました。

なかなかコレは・・・・解けないと思う(T^T)

今回のストーリーで気になった点。今後のポイントになると思ったところ

  • トモちゃんのこと

 

過去で出てきたってのが怖くて。今のトモちゃんはどうしてるのかしら・・・(T^T)

大どんでん返しで平田の奥さんとか近い人になってるとかないでしょうね(^_^;)平田ならやりかねないと思って・・・(の前に平田って結婚してたかしら(^_^;))

と言いながらもしそれなら三角さんが全力で阻止してそうですよね。可能性は低いから、トモちゃん今はどうしているんでしょうか。

過去で出てきたから本当に気になってしまって。

黒羽根さんの死の原因を知るきっかけになるかな~!!!って思ってたけれど、今の三角さんが知らないところを見ると・・・トモちゃんは何もしらないのかもと思ったりも。う~ん・・・トモちゃんが出てきた事には意味が絶対あるとは思うから気になります。

でも・・・変な事に巻き込まれてませんように。トモちゃんも現在は30代半ば~???

 

 

  • 柳率いる反対派の行動

 

柳はけっこう真相を知ってそうでしたよね。噂に過ぎないけど平田が実はシャブを扱ってたのではないかと。

ここで平田がシャブを扱って大金を得ていたということは、三角さんにもダメージものですからね。三角さんのためにっていうとらえ方もできるし、三角さんが命令したと捉えられるかもしれません。

御法度のものに近い人が関わってたらそれだけでダメージですね。

柳が三角さんの座を狙っているとして・・・何を仕掛けてくるのか・・・天羽さんじゃないけど注視しとかねば!

  • 竜崎の今後

 

竜崎・・・破門になっちゃいましたね(T^T)

意識不明は続いていますが、意識が回復したとして・・・どうするんでしょうね。

ただ、「破門」というのは「除名」や「絶縁」とは異なる性質のもののようですので「復縁」もあり得るようです。

回状を早くまわしたいのは、警察に目を向けられないように切ったっていう意味合いの方が強いのかもしれませんね。

でも破門されちゃったら竜崎は・・・意識回復しても居場所がないんですよね。

この居場所はやはり矢代が作るのでは?って思います。破門だと相手にしてはいけないという決まりがあるようですが、矢代はそんなのおかまいなし!で竜崎の居場所を作ってくれそう。(願望)

  • 百目鬼と矢代

 

ここも気になるところ。まだ会ってないですし・・・置いて来たはずの百目鬼が現れたら矢代びっくりしちゃうんじゃないでしょうか。

個人的にはね、矢代は百目鬼の事を雛鳥みたいって言ってたけど・・逆になって欲しいって思うんですヨ。

矢代こそ、百目鬼が初めての・・・なわけで。だからこそ、あのでっかい背中を追っかけて欲しい!!!

どう考えても今は百目鬼たん・・・ワンコ!ですけどね。オオカミさんになるところを早くみてみたいです(≧∇≦*)

多分、やってきた百目鬼を見たら矢代は拒絶すると思うのですけど、そんな事ではへこたれないで欲しいです。

そして!自分のTシャツを着ている矢代を見てどんな反応示すかもちょっと楽しみにしています。

捨てていく人のTシャツなんて本来なら着ないはずですし!百目鬼の怒った顔(なぜ置いて行った!みたいな)をみてゾクゾクっとしてる矢代とか・・・ないでしょうか(〃・ω・〃)

とこんなこと書いてますがこんな浮かれた再会ではないでしょうな(T^T)それは覚悟してます・・・。

だって。。。矢代だって決心して置いてきたから冷たく突き放すと思う・・・。といってもここは会わない事には進展しないので早く会って欲しいですね。

 

次回はまだ過去かしら?

ということで感想でした!

イァハーツ 電子書籍

最新号はおそらく2週間後くらいの配信かと思います。

※イァハーツの電子配信(最新はこちらからチェックできます)

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

BookLive!割引作品 >>>BookLive!BLキャンペーン一覧はこちら














 

Renta!今だけ割引作品 >>>Renta! 割引作品すべて見る














 

Comment

  1. 藤雪Fujiyuki より:

    みささん(⌒∇⌒)
    おはようございます!返事が遅くなってすみません。
    ホント早く再会してほしいです・・・。百目鬼が今後はもっともっと男前になっていくらしいので私はそれも楽しみにしているのですよね(n*´ω`*n)

  2. 藤雪Fujiyuki より:

    桜メロンパンさん
    おはようございます!返事が遅くなってすみません~。
    矢代と百目鬼・・・お互いが大事に想っているからこその行動なのでしょうが2人で共闘してほしいですね!
    百目鬼がかっこよくなっていくはずってファンブックか何かに書いてあったのですごく期待しています。
    ワンコだけど、いざというときはとっても頼もしい奴!っていう百目鬼になってほしいですね(n*´ω`*n)
    今回は確かに過去の回想部分が急に入ってきたりで読みにくかったなって印象は私もありました!

  3. 藤雪Fujiyuki より:

    えすむらさん(⌒∇⌒)
    お返事が遅くなりすみません。
    「感情を表に出さない」彼にとって自分でもどうしようもない感情に振り回されてしまうのが「矢代」というのがこれまたすごく萌えますよね!
    >過去に妹のために父親を半殺しにしているとゆー 彼の性格からいって、矢代のために何しでかすかわかんないっすね。
    確かに・・・!!!

    >あと甘栗さんの洞察力に感服してしまいました。
    意外にこういうところは察しがいいのでしょうか(笑)甘栗さん・・・やな奴でしたけど矢代に飼われてから憎めない人になってますよね・・・。

    >なんか三角さんと黒羽根が矢代と百目鬼とかぶるんですよね。
    私もそれは思っていて。黒羽根の容姿も三角さんに対してはワンコなところも色々と百目鬼とかぶります。
    あと組に仕えているっていうのではなくあくまでほれ込んだ一人の人のため!っていうのも。
    三角さん・黒羽根と矢代・百目鬼は違う結末に絶対なるとは思うのですが・・・ハラハラですね。

  4. 藤雪Fujiyuki より:

    あいさん
    コメントありがとうございます!嬉しいです(⌒∇⌒)

  5. 藤雪Fujiyuki より:

    拍手コメお返事:むぎさん♡
    こんばんは!コメントありがとうございます。6巻も相変わらず難しいですよね・・・

    私も難しすぎて考察といいながら外れている事多いです。
    先生が天才すぎるのだ・・・と最近は割り切って楽しみながら読んでいます★
    記事の中で共感していただけるところが一つでもあれば私としたらすごく嬉しいです(*^_^*)

    それにしても6巻その後・・すごく気になりますよね( ̄。 ̄;)
    私は本日やっと6巻読めまして。描き下ろし部分を何度も読み返しながら百目鬼のあの表情はどんな意味があるのだろう?とグルグル考えてます★

    モノローグもないし、状況と表情、そしてセリフだけで読み取っていくという難しさが囀るさんにはありますよね・・・
    これからイイ方向へ向かっていってくれるといいなぁって思います。
    またこの部分はこう思った!というのがあればぜひコメントいただけると嬉しいです(*^_^*)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2018 All Rights Reserved.