BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

木下けい子『17』第7話ー2巻(ネタバレ注意)感想/CRAFT vol.72掲載ーもういちど星一緒に見たいです。

 
17 木下けい子
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

CRAFT vol.72より。木下けい子さんの『17』最新話ネタバレ感想です。2巻に収録されるストーリーですのでコミックス派ネタバレ不要な方はご注意ください。

前回の終わりに一緒に星を見に行くことになった三島と有岡。その続きからでした。今回の7話は有岡のまっすぐな気持ちがとても切なくてぐっときました。

三島は津田への想いはまだ変わらなさそうですが、有岡のまっすぐさに惹かれていけばいいなぁって思います。

CRAFTvol.72の表紙は木下けい子さんの17。早くこんな風になればいいな・・・。

17 第7話の掲載誌情報

CRAFT vol.72 木下けい子

CRAFT vol.72―ORIGINAL COMIC ANTHOLOGY (H&C Comics)

アマゾン詳細はこちら
※CRAFTは電子書籍も配信されます。
(だいたい2週間後くらい)

前回の第6話のストーリーおさらい

6話はこちらを参照してください。

17 第7話の簡単な感想

①有岡のまっすぐさにキュンキュンしてしまう。
②三島が有岡に惹かれていくターンになっていって欲しい!!!
③津田・・・邪魔なんですよね・・・・。( 。-_-。) 

藤雪

第7話のネタバレ感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。 

ふたりきり 夜空を見上げる

もう少し早く気づけばよかった

バスに乗って星を見に行く2人。

降りた場所は公園?でした。階段上の公園から見える星を有岡は三島に見せたかったようですね。

三島も知らない場所だったようで、けっこう喜んでてその三島の顔を見つめている有岡が・・・切ない( 。-_-。)

「星っていいですよね」

「キョーミなかったんだけど もう少し早く気づけばよかった」

そしたら三島とも星の話たくさん出来たりするからかしら。三島の好きなものを自分も好きになりたいと思っていますしね・・・本当に健気なところにきゅんとなってしまいます。

すると有岡は、「先生はどうして先生になったんですか?」と三島に尋ねます。

「教師は全く希望していなかった」

そう三島は答えました。自分は人と接する職業など向いてないしなりたくなかったと。

研究職に就きたかったけど難しくて進路に迷ったのだそう。

そのときに、教師を薦めてくれた人がいて教師になったようです。(津田の事でしょうね・・・)

「それって先生の好きな人?」

「そうだよ」

その言葉を聞いてなんだか切なそうな有岡。

「そろそろ帰ろう 連れてきてくれてありがとう」

お礼を言われ、うれしそうな顔に戻る有岡のカワイイこと!!!三島の言動でほんとうに一喜一憂しちゃうんでしょうね。

有岡は三島を送りたいのでしょうが、ちょっと考えて「先生んちと方向違うからここで さようなら」そう言って帰って行きました・

バスを待っている三島は、一人になりまた涙を流します。

(先生 泣かないで)

有岡の言葉を思い出します。

(ほっといてくれ いつだってひとりで泣いてきたんだから)

なかった事になんてできません

学校にて。

三島は他の先生から生徒の事で相談にのって欲しいとお願いされます。

文系から理学部受験したいとう生徒がいるのでアドバイスして欲しいと・・・。

その生徒というのがなんと有岡だったんですね。

「あきれて何も言いたくないです 僕は」

有岡を目の前にし、そう口にする三島。

「現役は無理でも浪人して一年勉強して受けようと思ってるんで」

さすがに今高校3年生でしょ・・・浪人して1年で間に合うかってのもけっこう微妙な気が・・・でもそれでこそ有岡の本気がわかりますよね。

「甘いよ」

「理系の数学や物理は 君が思ってるよりずっと難解だ」

「一浪したくらいで志望校に受かるとは思えない」

「絶対・・・合格する」

自分に頼られても何もできないという三島。でも、有岡は三島を頼ろうとは思ってなかったようですね。

担任の先生が話しただけで。

「そこまで恥知らずじゃ・・ナイです」

「前にも言ったけど僕たちの間には何もなかった そういう事にしようって」

「・・・・・」

「なかった事になんてできません」

有岡は、三島が自分のことを好きになってくれないからとか、万が一許してくれたとしてもそんなのは関係ないと。

「僕は一方的に先生を傷つけた」

取り返しのつかない事をしたから、それを忘れてなかったことになんかできないと言います。

有岡なりに罪の意識があってそれをしっかり背負っているんですね・・・。

でも・・・

「もういいんだよ本当に その方が僕も楽なんだ」

「大人だから」

「意味がわからない なんでそうなるんですか」

自分に同情しているならいい、自分が悪いんだからと言い席を立つ有岡。

「絶対合格しますから」

「そしたらもう一度 星 一緒に見たいです」

有岡の背中を見ながら三島は思います。

(だって僕は ずっとあきらめて生きてきたんだから)

これは、有岡がしたことも責めることなくあきらめるという意味も含まれているのでしょうが研究者として働きたかったのに(難しくて諦めて)教師になった自分を振り返っていたりするのかなと。

そして津田との事もあきらめているのに、有岡はうまくいかなくてもまっすぐ自分に気持ちをぶつけてくる。

三島って有岡と自分を重ねる事が多けれど、似ている部分と全く似ていない部分がありますよね。きっと有岡の自分と似ていない部分にこれから惹かれていくのかなって思います。

戻りたい あの日の夜に

廊下を歩きながら有岡は考えていました。

(キスしたい 抱きしめたい)

(今すぐ両手で)

(ー戻りたい あの日の夜に・・・)

(そうしたらもう二度とあんな事 しないのに)

17歳の男の子は、自分の感情が抑えられずに行動してしまった事にすごく後悔してもがいているような気がします・・・。大学受験は自分なりのけじめなのかもしれませんよね。

有岡が教師になって教師×教師になったりするのかしら?どうなんでしょうね~なんだかまだまだ終わらない(というか終われないですよね)気がするから何巻までいくんでしょこのお話。

甘々ならずっと読めますけど切ないのは長く続くとツライ~。早く有岡の喜ぶ顔とかみたいです。

なんて駄目な大人なんだ

三島にメールが届きます。

『今夜メシ行かない?』

津田からでした。津田から彼女と色々あって駄目かもと・・・話を聞いて欲しいと書かれていて『いいよ』と返事をする三島。

駅で津田を待ちながら三島は思います。

(心底バカだと思う)

津田が彼女と別れたとしても自分にどうこうというワケではないのに、別れたり駄目になりそうだという事にほっとしてしまうようです。

(友人として頼られる事にすがってる)

(なんて 駄目な大人なんだ)

ここで次号です。三島と津田がいるところをまた有岡が見ちゃうんでしょうか?次号も気になりますね。

次号もお名前あったので楽しみです。

17 第7話をふりかえって&感想まとめ

なんだか大人だ~何て言いながら有岡の方がしっかり前の向き始めているような気がします。

三島がしっかりと津田への気持ちに決着をつけないと始まらないとは思うんですが、まだまだその傾向はないかなぁ・・・。

でも、自分と有岡を重ねる事が多いので有岡のこれからの頑張りに心惹かれる場面って出てくると思うんですヨね。そして自分にまっすぐ気持ちを伝えてくれる彼に絆されていくのではないかなぁって。そうなって欲しい。

2人とも、嫌な経験をきっちりと上書きできるように気持ちが向かい合っていって欲しいな。

木下けい子さんの作品で久々におセンチなストーリーーですよね。なんとか有岡の気持ちが報われて欲しい( 。-_-。)また3ヶ月待ち・・・CRAFT2ヶ月に1回とかにならないかしら。

面白い作品いっぱい掲載されてるから3ヶ月に1回はほんとツライ~。。。

次回は7月発売です。えぇ~年内あと2回(2話)しか読めないの!?!?年内には三島の気持ちが有岡に向かってますように(T^T)

17 第7話を読むには?

紙媒体での雑誌・もしくは電子で読めます。(vol.72の電子配信は2週間くらい後になるかと)

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

BookLive!割引作品 >>>BookLive!BLキャンペーン一覧はこちら














 

Renta!今だけ割引作品 >>>Renta! 割引作品すべて見る














 

Comment

  1. ecru より:

    藤雪さん、こんばんは♪
    有岡も三島もまだまだ切ない展開ですね。
    有岡が三島を傷つけたことに、三島は大人だからの言葉で片付けようとするけれど、有岡は決して子供だからの言葉で片付けようとはしてないですよね。
    私も、有岡は自分が犯した罪をきちんと背負っているんだな…と思いました。
    大学と就職の違いはありますが、有岡も三島も好きな人の影響で進路を決めているんですが、三島は津田の助言、有岡は自分で決断していますよね。
    絶対に振り向いてはもらえない恋と言う共通点はあっても、それ以外は似ていなくて、自分とは全く違う行動をする有岡に三島が惹かれていくのかな…と思いました。
    有岡と津田も似ているんですよね。
    ふたりとも甘いパンを三島にあげていたり、シリウスが一番綺麗(好き)だと言っていたり…。
    三島もシリウスが一番好きなんですよね。
    4話の三島と津田の高校時代の回想で、「シリウスは本当は2つの星でできていて…」の言葉があって、ひとつの伏線なのかなと思っていました。
    今話で、「いつだってひとりで泣いてきたんだから」の三島の心情がありましたが、有岡との距離が近くなってからは、三島が泣いている時にはいつもそばには有岡がいたんですよね。
    ひとりベンチで泣いている三島が、有岡の「先生、泣かないで」の言葉を思い出したのは、有岡の存在を無意識ながらも感じているのかな…と思いました。
    その後はちょっと強がりのような心情があるんですけどね。
    教師×教師のパターンもありですが、ずっとあきらめて生きてきた三島が、有岡の影響で、もう一度、研究者(天文とか宇宙かな?)の道に進むと言うのも見てみたいです。
    三島は26歳ですから、まだまだ頑張れます!
    そして、三島の言動に一喜一憂する有岡、本当に可愛いです♪
    表紙もすごく綺麗でしたよね。
    ちょうど一年前の表紙も有岡と三島だったんですが、今月号の表紙とは表情も距離も全く違うんですよね。
    ストーリー的にもふたりの距離が近くなって、有岡と三島の笑顔が見たいです!

    • 藤雪Fujiyuki より:

      ecruさんこんにちは~!今回も一方通行で切なかったですね(T^T)
      そして、2人はやはり似ている部分もあるんだなぁと思いました。違う部分もしっかりとあるので
      そこにきっと三島が惹かれていくのかなぁと思います。
      >有岡と津田も似ているんですよね。
      ふたりとも甘いパンを三島にあげていたり、シリウスが一番綺麗(好き)だと言っていたり…。
      三島もシリウスが一番好きなんですよね。

      そうなんですよね。丁度昨日、17生徒の感想をもう一度書いていたのですが有岡はどちらにも似ていますね。
      そしてシリウスのくだり。
      けっこう焦点があたってたので何か伏線になるのだろうと私も思います!

      そばにある星があるからこそ、より輝いて見えるというのは素敵だなぁと思いました。
      三島・有岡どちらにとってもお互いがそんな存在になればいいですね。

      >表紙もすごく綺麗でしたよね。
      ちょうど一年前の表紙も有岡と三島だったんですが、今月号の表紙とは表情も距離も全く違うんですよね。

      うわぁびっくりしました。丁度今日その前のvlo.68だったかな・・・CRAFTを読んだんです。
      その表紙が木下けい子さんでして。今回は距離が近くなってるなと私も思ってたんですヨ!!!
      なんだか同じ服に見えませんか?

      そして前は赤い花だったと思うのですが、今回は桜も印象的でした!
      前回と比較すると、起き上がっている三島に目がいきます。この表紙すてきだなぁってすごく思います(*^_^*)

      でも2巻では完結しないですよね・・・・。3ヶ月に1回長い~!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2017 All Rights Reserved.