BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【STAYGOLD それから。】日高&コウ編 その5(ネタバレ注意)感想-秀良子/onBLUE vol.58

 
STAYGOLD7
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

onBLUE vol.58に掲載、秀良子さんの『STAYGOLD それから』その5のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の5話は【STAYGOLD それから】もしくは『STAYGOLD7巻』に収録予定です。

吉田さんがすごく頑張っていて、コウがおされ気味。なんだか怪しい雲行きになってきました。

今回はどんな3人が読めるでしょうか。

STAYGOLD それから その5/ onBLUE vol.58

onBLUE vol.58
掲載P数  32P
満足度
この雑誌をよむ
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

3分でわかる 『STAYGOLD それから。5話』 あらすじ

吉田視点の回想からはじまる。島で育った彼にとって日高は違う世界の住民みたいに思えた。
そしてそれは島の人も同じ。でも日高は、色めき立つ島の人達とは違い、魚を釣ったり山へ登ったりする以外は興味がないようだった。
吉田は日高からゲイであると告げられたとき、驚きながらも自分の中でパズルのピースがハマるみたいに妙に納得した。
日高と初めて会った時の事を思い出し、彼を泣かせる程傷つけた相手がこの世界にいると感じたのだった。

それがコウだと気付き・・・・!?

一方コウは、吉田に言われた事を考えていた。
『つきまとうのやめて下さい』
つきまといとは何か。。。改めて現状を整理してみると、自分の方がヤバイのではないかと気付くコウ。
そして日高とセックスした夏の事を思いだしていた。

体の相性としては良かったのかもしれないと思うが、あの時コウの中では何か自分ではわからない違和感を感じたようだった。

その違和感をコウは漠然と自分が異性愛者であると結論づけたようだが、今でもわからぬまま。

コウが考えこんでいる時、吉田さんはさらに積極的に出る。

改めて日高に告白。
そして日高の返事は・・・・・!?

【ネタバレ注意】STAYGOLD それから。日高&コウ編 その5 感想

まず読んだ感想としては・・・そうきたか・・・まぁ普通はその流れだよねぇって思いました。

ここから各々気付く事があるのでしょうね。ここがきっと『転』の部分になるのではないかな?と思ったり。

1冊で区切るとしたらあと2話くらいでまとまってしまうのでしょうが・・・じっくりいくのかな?

コウが何かしら気付く事があれば、そこからぐぐっと進展するかもしれませんが・・・それがいつになるか?で決まってくるのかもしれません。

ではここからは流れに沿った感想です。

色々と思い返す吉田さん

今回は吉田さんの回想から始まりました。

そうそう、、、今回は扉絵のアオリにぐぐっときてしまいました。

けっこうアオリ読むの好きなのですよね。いやぁ・・コレ考えた人すごいなぁ。。。共感できまくりです。

【好きな人に好きになってもらうのは どうしてこんなに難しいんだろう】

【好きな人のために変わることはこんなにも容易だというのに。】

恋してる時ってこんな感じですよね。好きな人の好みに合わせてみたり、色々な事に気を遣ったり。自分は変わっていくけど好きな人に好きになってもらうのって難しいですよね。吉田さんの気持ち、ストレートに表してるこの文・・・すごく好きです。

回想の部分は結局は、、、吉田さんがコウの存在に気付いた、という感じでした。

島に来た時に日高が泣いていたこと、どこか不安定な佇まいにこれはきっと彼を傷つけた人がいたのだと思ったという流れです。

色々なピースがハマって、ビビっときたという感じ。

ちょっと抜けてるのかな?と吉田さんの事を思っていたのですが。。。さすがにコウの事は気付いたのね・・・。

コウはストーカー!?

コウもまた吉田さんの存在、言葉に色々と考えさせられていました。

『日高っちにつきまとうのやめて下さい』

つきまとう・・・つきまとい・・・この言葉にかなり衝撃を受けたようです(笑)
今までそうされたことはあっても自分が。。。だなんて思いませんしね。

何でだよ、と心の中で思いながらも現状を整理してみると・・・

確かに整理するとコウが若干・・・邪魔な立ち位置なんですよね(^_^;)

客観的に見て改めて落ち込むコウがなんとも。

でもここからコウは日高との事をしっかりと考えていくのかなと期待しています。つなぎ止めようとしているのはコウの方ですからね・・・

その気持ちが友情からなのか何なのか、それはまだハッキリはしないですがきっとコウの世界も変えてくれる何か、だと思っています。

同僚につきあう相手は体の相性うんぬんについて言われた時、コウは日高との事を思いだしています。

日高と初めてからだを重ねた時、えらく自然に進んだのですが、それはもともとの付き合いの長さからくるものだと思っていたようです。

体の相性も悪くない。でも。。。コウ自身の中で何か。。。何か違和感があったのも事実。

それが結果としてああいう結末になっていたようですね。

その違和感の正体は今のコウでもわからぬまま。

自分が異性愛者と結論付けているけど、そう考えると何なのでしょうね。

今までコウってすぐに別れたりしてあまり真剣に恋もしてないでしょうから・・・友情なら長く意一緒に居られるとけど、こういう関係になったらいつか壊れてしまうのではないかという怖さがあったり??

そんな素振りはなかったから、正直コウのこの違和感は何なのかな?って思ったりもします。

日高とのエロは抵抗なく進める事ができたし、それから何度も何度もって『異性愛者』だからという結論は少し不思議な感じはしますよね。

まぁ、これは1度日高がそっぽ向けばコウの気持ちがはっきりとするのでは!?!?

積極的な吉田さんに軍配?

でもコウもモタモタしてられませんよ!?

吉田さん。。。本当に積極的。

今の日高には吉田さんのような人があっているようにも思えてしまうから・・・はぁ~~~~~~って読みながらため息です。

日高は愛されている方がいいのかもって思ってしまう。

でも日高にしても吉田さんと自分との温度差?にちょっと戸惑うこともあるのかもしれない。

そこでコウとの自分を振り返ったら、コウもまた色々な事に気付けるのかも。

どうしてもコウ×日高推しなのでついついその視点で語ってしまいますが・・・

吉田さんの告白は嫌いじゃないです。むしろ好感持てる。

吉田さんの精一杯が日高にも伝わったでのでしょうね。コウのようにジェットコースターのような感情は味わう事はないかもしれないけれど、吉田さんとは穏やかに付き合ってはいけそう。

ただ・・・告白をうけて『ありがとう うれしいです』で今回は終わっているけれど、これでオッケーしたかはまだわかりません。

『ありがとう 嬉しい』でも・・・って続く場合もあるから。。。

ここ数話の日高の心情だと、吉田さんとつきあうことも考えてはいるようだったので・・・おっけーの可能性の方が高い。

でも心の中では断ってて欲しいなぁ~~~~~~っていう気持ちが強いです。

読者のわがままだけど、駿人は優士をずっと好きでいてほしいなって思ってた時と同じ感情です。。。。

でもココはコウの気持ちを自覚させるエピでもあると思うので、まぁ・・・・吉田さんと付き合ったとしてもそれはそれで気持ちがはっきりすると思います。

まとめ

ここ数話は吉田さんの頑張りが目立ってますね。

ちゃんとコウにも頑張ってもらわねば。

読んでいたら、コウの中の『違和感』がはっきりしないと先へは進めないのでしょうね。その違和感・・・すごく気になります。

日高自身の本心もまだよくわかりませんし、まずは吉田さんの告白が今後どう作用するのかみどころだなと思いました。

それにしても・・・日高と抵抗なくできる人が異性愛者だと結論づけるのは不思議なものですね。

もっと抵抗してたらまぁ・・わからないでもないですが。

早く続きが読みたいけど・・・次号予告にはお名前がありませんでした(T^T)残念・・・

吉田さんの告白で4ヶ月待ち・・・気になりすぎる~~~~~。

しかも日高がうれしいです、って言ってて・・・日高よ・・・君は吉田さんとできるのかい!?と問いたい。
どうしても吉田さん攻は想像つかない~。

日高がどっちでもいける人だったら変わってくるでしょうが。ほら、付き合うにも体の相性云々が今回出て来たのでそういう伏線でもあるかも!?

まずは6話、楽しみに待ちたいと思います。

電子書籍

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

何か面白そうなBL漫画はないかな?とお探しの人は、こちらの一覧をチェック!【特集記事】

BLメモリー・バラ単話・コミックス作品感想

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2022 All Rights Reserved.