BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【食べてもおいしくありません 2】第6話(ネタバレ注意)感想/マガジンビーボーイ5月号-山田2丁目 穂高VS薬師

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

マガジンビーボーイ5月号掲載、山田2丁目さんの【食べてもおいしくありません2巻】第6話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の6話は【食べてもおいしくありません2巻】に収録予定です。

食べてもおいしくありません 6話 マガジンビーボーイ5月号

マガジンビーボーイ5月号
掲載P数 18P
満足度
この雑誌をよむ

簡単なあらすじ・ポイント

  • 薬師と会うことになった日和だけれど、穂高がついて来た
  • 面倒くさくてどちらにもヒトってバレていないと嘘を吐く日和
  • 穂高とのキスが以前とちょっと変わってきて・・・!?
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

【ネタバレ注意】食べてもおいしくありません2巻6話 感想

お・・・おもしろ~い!!!穂高と薬師の会話も面白いし、読んでてにやけてしまいます(≧∇≦*)

朱オニの執着・・・これから薬師が目覚めちゃうのかしら??

日和は穂高に食われて、色々と変化してきているみたいですしね。これからは日和が欲を抑えるのに必死になるパターンなのかもしれませんね!

18Pではあったけれど、すごくワクワクする展開でした!

薬師は日和を拒否したのではなくびっくりしただけだった!

日和に手紙を渡した薬師は、本当に日和が来てくれるのか?と不安になりながら歩いています。

もちろん日和も、薬師にヒトであるということを口止めしなければいけないので会う気はあります。

薬師はあの時、日和を拒絶したというよりはびっくりしてしまって混乱していたようですね。

そして日和のいい匂いを思い出し・・・思わずゴクリ。

(どんな味か・・・って何考えてんだ!! ヒトを食いたいとかおかしいだろ普通じゃない!!)

なんか・・・薬師も捨てがたい(^_^;)絶対ピュアボーイだと思う・・・。

もちろん穂高×日和を応援しているけど、薬師のキャラもすごく好きで。

怖い顔しながら歩いていたのに、日和の姿を見た瞬間にほわんとなってる姿もかわいい(≧∇≦*)

日和の姿を見つけて、そばに行こうと思った薬師ですが・・・穂高がいることに気づきます。

どうやら穂高は日和について来たようです。

あいつにヒトってバレましたか?

「なんで穂高ついてくんの?」

「薬師と会うんだろ 俺も話がある」

薬師と会うわけではないと嘘を吐こうとする日和ですが・・・穂高はすでに空木に確認済(笑)

何度か会ってたのも調査済で、なぜ嘘をついたのかと日和を責めます。

「・・・だって絶対今みたいについてくるから」

そもそも誰と会おうと自分の勝手だという日和ですが、穂高は相手が薬師だから言っているのだと言います。

「あいつは気づく」

その言葉に日和はギクっとします。もうバレてますしねヒトだって(^_^;)

「まさかバレてねーよな」

薬師にバレたと知られたら何をするかわからないと感じている日和は、必死に否定します。

でもちょっと挙動不審な日和(笑)

「俺の目を見て答えろ」

「あいつにヒトってバレましたか?」

このシーン好き。なぜ敬語!?って日和も突っ込んでますが、クスってなりました。

丁寧に確認しているんでしょうね( ´艸`)

するとグイっと日和を引き寄せ薬師が言います。

「日和になにしてんだコラ!!」

急に薬師が現れたので日和もびっくり。

「薬師さん!!どうしたんですかっ」

すると穂高が返せと言って日和を引っ張ります。

両腕を引っ張られている日和が・・・なんかすごく面白いのですけど(笑)

(俺 引き裂かれる!)

日和との約束を守ろうとるす薬師

「日和の顔をつかんで脅してたくせに!!」

どうやら薬師は・・・日和が穂高にカツアゲされそうになっていると勘違いして助けにきたようです。

それは前に【ごついオニ達に絡まれたらお願いします】と日和が言っていたから。

約束を果たそうとしてくれている薬師を見て、やっぱりいいオニさんだなぁと日和は思います。

そして・・・穂高が絡んできたごついオニだという風に見られていたことに対して大笑い。


 

「あんな笑うとか穂高とは仲いいんだな・・・」

日和と話す薬師。その頃穂高はというと・・・ちょっと離れたところでまだ話は終わらないのかと怖い顔をしてみています。

ここからのシーンは・・・ちょっと絵柄がないと面白さが伝わりにくいかなぁと。

薬師が謝っているのですが、オーラがね・・・・面白い。謝ってるのに怒ってるような雰囲気なの。朱オニさんは迫力がね!

日和は穂高に慣れているから薬師の事も怖いとか思わないのがスゴイですけどね。

ヒトであることをバラさないで欲しいと薬師にお願いする日和に、薬師は当たり前だろ約束する!と即答。

そして・・・穂高にはヒトっていうのはバレていないのか?と確認してきます。

「・・・はい」

はぁぁぁ・・・また日和嘘ついちゃって。面倒くさいから嘘ついたみたいだけれど、ややこしくなるのになぁ・・・と日和の行動にちょっとモヤっ。

薬師は穂高は知らないと知ってなんだか嬉しそうです。

「じゃぁ 穂高にバレて食われそうになったらすぐ言えよ?」

「・・・はい・・・」

「いい加減にしよろ 近い」

とうとう我慢できずに穂高がやって来ました。

好きだからべたべたしたい

日和に肩組みする穂高を見て、薬師はひっつきすぎだと注意します。

「はぁ?なんでだよ 関係ねーだろ」

「そりゃ日和は・・・・・・」

ヒトだからと言いたいけど言えない薬師がすごくかわいい( ´艸`)

結局は・・・日和は大人しいから言えない、友達にそこまでべたべたはしないだろ?と。

これに対し穂高は・・・

「好きだからべたべたしたいに決まってんだろ あ”?」と怖いオーラ出してます(笑)

「オニ前でなにいってんの!!」

慌てて日和は穂高を引っ張ります。

「じゃ 薬師さんまたね」

薬師は・・・穂高のストレートな表現にちょっとドキドキしてました(*^_^*)

前と違う気が

「薬師さんの前で止めろよー・・・好きとか」

「なんで」

「・・・恥ずかしいから」

照れる日和にちょっとムラっとする穂高。

過剰反応も今のところしなくなったようでやっと落ち着くと日和が言うと・・・ピタっと穂高は身体をくっつけます。

後ろから日和に抱きつく感じ。

ここからは二人のかわいいやりとり(前回のどっちからした問題)があって、日和からのキスありです。

そして日和からキスの許可ももらったので・・・・「いただきます」と言ってキスをするしまくる穂高(≧∇≦*)日和は・・・その間ずっとぞくぞくが止まりません。

(あれ? なんか・・・前と違う気が・・・)

この前と違うという感覚は穂高にもあるようです。

「日和・・・味が 前と少し違う」

さらに甘くて美味しくなったという穂高。日和は怖さだけではなく安心感もあり、そして物足りなさを感じていました。

「あああああああ」

日和は急に声を上げ、ぎゅうっと穂高に抱きつきます。

「!?急にどうした日和」

「どうしよう どうしよう どうしようっ!! またおかしくなった!!」

穂高に食われたいと思うようになってしまったようです。でも・・・それを穂高には素直に言えないというところで・・・つづく。

感想まとめ

おぉ~日和のターンになりそうですね!!!楽しみ~。

ほんとツンデレさんなんだから★

日和が素直になるために、薬師が活躍してくれるんでしょうか!?(笑)

薬師も日和に惹かれてるところがあるし、今回の日和との約束も守る様な展開が待ってると思うので・・・その時穂高・日和がどうなるか!?ですね!

穂高は気持ちを自覚してからかなりストレートに表現しているけど・・・日和ですよねぇ。

次話は予告にはお名前なかったので・・・早くてマガジンビーボーイ7月号でしょうか・・・早く読みたいです。

ほんと面白い!!!

電子書籍

食べてもおいしくありません

山田2丁目 藤雪セレクション


サービスタイムが終わらない


口元に赤いのついてます

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

BookLive!割引作品 >>>BookLive!BLキャンペーン一覧はこちら














 

Renta!今だけ割引作品 >>>Renta! 割引作品すべて見る














 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2020 All Rights Reserved.