BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【高嶺の花は、乱されたい2】6話(ネタバレ注意)感想/左京亜也-ディアプラス2022年5月号

 
高嶺の花は、乱されたい
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

ディアプラス2022年5月号より連載再開!左京亜也さんの【高嶺の花は、乱されたい】6話のネタバレあり感想になります。この6話が1巻その後のお話&最新話になりますのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

オメガバース作品なので、肌色多いのかな!?と思っていたら!!!ハナちゃんのお母さん登場で、この母親がけっこうなクセを持ってて目が離せない展開になってきました。

それにしても・・・連雀さんのスパダリぶりよ・・・ハナちゃん大切にされている☆

でもハナちゃん自身は色々な事が不安になって首を噛んで欲しいと思っているけれど、そうしない連雀さんにさらに不安になってきてるような気もします。

それには何か連雀さんも噛みたくない何かがあるのかもしれませんね。

1巻は、ハナちゃんの実家に挨拶にいった連雀さん。そこでハナちゃん母に会ったはいいのですが。。。この母が奇妙な行動に出ます。
そこからちょっとハナちゃんの不安が募っていった気がします。

まだ未読の人は是非☆

今回の最新話も母親は。。。もはやホラー・・・何を考えているのか全くわからなくて。ハナちゃんの幸せを願ってるようには見えなくて少し怖いです。

高嶺の花は、乱されたい2-6話 ディアプラス2022年5月号

ディアプラス2022年5月号
掲載P数 24P 
満足度
この雑誌をよむ

1分でわかる!高嶺の花は、乱されたい6話のあらすじ

首を噛んで欲しいと連にお願いするハナだが、連雀はして欲しければうまく誘えと言う。
結局噛む事はなかったが、【お前は俺の番だ】と伝える。

翌朝、イギリスに行く連雀は。。。夜中にこっそりとハナにチョーカーを着けていた。

連雀のいない日、帰宅すると・・・そこにはハナの母親が待っていた。
一緒に食事に行こうと誘われたハナは・・戸惑いながらもついていくが、そこには男性が待っていて・・・!?

【ネタバレ注意】高嶺の花は、乱されたい2巻-6話 感想

お母さん怖いよぉ・・・なんでそんなにハナちゃんが好きな人と結婚するのが嫌なんだろう。

しかも番なのに。

番を解消されたオメガがどれほど辛いか解らないのかしら?それもわからないのに他のαと番えだなんて。。。困ったものですね。あれ?ちゃんと前作でハナちゃんと連雀さん番になってますよね?????う~ん・・・

1巻でもこのお母さんは結婚は待って欲しいとか言って。。。弱々そうな母親演出しててぞっとしますよね。

ハナちゃんの前では全然か弱そうでもないのに。

連雀さんの家柄がどうとかいってただの嫌がらせにしか思えないのですが・・・・。お母さんの本当の気持ちはどうなのでしょうか。

それに、もともとハナちゃん追い出したの自分達じゃないの!?って頭にきました。

とまぁなんて言いますか・・・お母さんむちゃくちゃ。

ハナちゃんが幸せになるのが嫌なのでしょうか。

それでは本編の流れにそった感想です。

噛んで欲しいとお願いするハナに連雀さんは・・・

お母さんとの関係もあり、不安になるハナちゃん。

そして連雀さんにお願いだから噛んで欲しいと言う。連雀さんがイギリスへ行かなければいけないというのもあり、もしかしたら不安が爆発しそうだったのかしら。

そんなハナちゃんに連雀さんは『してほしけりゃ誘いな 上手にできたらやってやる』と・・・

でもねぇ・・・ハナちゃんにはちょっと難しかったようです(T^T)頑張ってはいるのですけど。

そして連雀さんにお見合い写真が見られてしまうという(^_^;)

結局ペースは連雀さんになってしまい、噛むのはT首・・・

この辺りは連雀さんも噛む事に何かしら抵抗があるようですね。気持ちがうまく交わっていない様子。

噛んで欲しいハナちゃんだけれど、連雀さんとしてはそんな事しなくてもハナちゃんは自分の番だと言うの。

とっくに全部俺のものだからと。

『だからもう噛んで欲しいなんて言うな』

全部俺のものだから噛んで欲しいなんて言うなっていうのは、すごくうひょ~!!!っていうセリフではあるのですが・・・裏を返せば噛む事はないって言うようにもとれますよね・・・。

ハナちゃんの表情が切なくて・・・連雀さんの言葉では今のハナちゃんの不安は取り除けませんよね。

これから先、どうして連雀さんがそんなに首を噛む事を拒否するのかもわかるといいですね。

寝ているハナちゃんの首にそっと唇をつけて甘噛みするシーン・・・こちらも切なくなります。連雀さんはそもそもオメガに不信感持ってる部分があるので、前作で出てきた父親のオメガがトラウマなのでしょうかね・・・!?

連雀さんからのプレゼント

翌朝、イギリスへ向かう連雀さんは・・・ハナちゃんにあるプレゼントをします。

そのプレゼントというのがチョーカー。

しっかり首輪をプレゼントするあたり独占欲はしっかりあるんだなぁって思いましたヨ。

ヒートも近いし、自分はイギリスだし・・・という連雀さんなりの心配なのでしょうけどね♥

直接行動に出たホラーな母

ハナちゃんが家に着いた時・・・お母さんが立っている事に気付きます。

手紙に来る事を伝えていたというお母さんですが、今日はなんだか不気味な笑顔を見せます。

そしてお詫びに食事に付き合って欲しいと言い・・・!?

連れて行かれた場所はちょっといい雰囲気のお店。ハナちゃんはこんな所でお母さんを2人で食事?と不思議に思うのですが・・・読んでてワタクシもちょっと怪しいなって思いました。

そのあやしいな、の感覚は的中。

トイレに行くから先に行っててとお母さんは言うのですが、なぜか予約されていた席には知らない男の人がいて・・・という展開でした。

お母さんは後から戻ってくるとは思うのですが何!?いきなりお見合い???

ちょっとお母さん怖すぎる。

ハナちゃんには番がいるのに、お見合いするにしてもちょっと色々とおかしい!!!ってびっくりしました。

その待っていた男性なのですが、αっぽい冷たさを感じます(^_^;)

そして・・・ユージンみたいなちょっとダンディーさも綺麗さもある容姿。

雰囲気としては前の連雀さんにも似てたりするのですよね。連雀さんの父って言われてもそうか~って思う感じです。

でも連雀さんの父親とハナちゃんの母親が知り合いだなんてワケもないですしね。

やはりお見合い相手というのが濃厚なのかな?と思います。

ただ・・・あの母親なら連雀さんの実家に連絡してそちら側からハナちゃんと連雀さんの邪魔をしそうなのが排除できないのがなんとも。

とにかく次話注目です。

感想まとめ

ハナちゃんのお母さん苦手・・・・。

何を考えているのでしょうか。家族がバラバラになったのはハナちゃんのせいだと思い込んでるけど、あのお母さんですからね(^_^;)

オメガであるハナちゃんを散々嫌がっておいてねぇ。今更せっせとお見合い話もってくるとか信じられません。

いやぁ・・・でもラストの男性は、ハナちゃんの年齢からいってかなり年上な気がします。

いちおうは連雀さん父という可能性も残しておこうかしら。

早く次話が読みたいな~って思ったら・・・なぬ!?予告にはお名前がありませんでした・・・残念(T^T)

連雀さんが早くイギリスから戻ってきますように。

電子書籍

関連書籍

高嶺の花は、散らされたい(上下巻)
雑誌系もオススメ!BookLive
初回登録で50%OFFクーポンGET!
50%なのでより値段が高いコミックスが狙い目ヨ
招待コード【94626687】入力でさらに20%還元!
新規登録してから30日間に購入した作品の20%がポイントで還元されるヨ
招待コードの入力は、会員登録後にマイページ➨友達招待➨招待コードの入力を開いて【94626687】を入力。 ここで招待コードを入力しないと(自分のコードではダメ)20%還元されないので要注意!
初回以降はクーポンガチャにもチャレンジ!
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

Comment

  1. 藤雪Fujiyuki より:

    えすむらさん♥
    こんばんは!!!連雀さん、本当に優しいですよね・・・。連雀さんが噛まないのは理由はありそうですが、なかなか出てこないでしょうね・・・
    ハナちゃんのお母さん、本当に(゚ロ゚屮)屮ですよ。。。なんなのでしょうね。
    そして・・・お見合い相手!えすむらさん好きだと思いました(≧∇≦*)ちょっと年上っぽいですよね。
    ハナちゃんのお母さんが連れてきたということは、やっかいな人物だろうなとは思ってますが・・・ちょっとヤバいαでしょうか(^_^;)
    連雀さんのお父さん説、、、どう思います!?これはなさそうでしょうか。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2022 All Rights Reserved.