BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【ドラッグレス・セックス 辰見と戌井Ⅱ】 第3話(ネタバレ注意)感想-エンゾウ/麗人9月号 

 
ドラッグレスセックス2
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

麗人9月号に掲載、エンゾウさんの【ドラッグレス・セックス】辰見と戌井Ⅱの第3話のネタバレあり感想になります。

雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の【辰見と戌井Ⅱ 第3話】は【ドラッグレス・セックス 辰見と戌井Ⅱ】に収録予定です。

結婚の話からすれ違いが起こり、大喧嘩に発展してしまった2話。3話はどんな展開になっているでしょうか。

ドラッグレス・セックス 辰見と戌井Ⅱ3話 麗人9月号

麗人9月号
掲載P数 38P 
満足度
この雑誌をよむ

今号の簡単なあらすじ・ポイント

  • 戌井の恋愛相談
  • 実家に戻っている辰見
  • 戌井が大好きでたまらない辰見
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。
ドラッグレス・セックス
前作に読み切りで登場した辰見&戌井のその後を描いた待望のシリーズ続刊!!
★★★★★【超オススメ】

【ネタバレ注意】ドラッグレス・セックス 辰見と戌井Ⅱ 3話/あらすじ・感想

3話でも仲直りは・・・していませんでした(T^T)

戌井が辰見を迎えにいかないなんて・・・今回の件はかなり深刻・・・。

どっちが先に動くか楽しみですけど、戌井がイベントから帰って来たら部屋に戻っていたとかになるのかな。

それともイベント前に仲直りしてアツアツの夜を過ごし、イベント行かなかったとかあったりするのかしら?

オタクにとってはイベントは大事なものだから、戌井が放棄するとも考えらないけれど。。。でもありそうな感じはしますよね。

何でもいいので早く仲直りして欲しいなぁ・・・

将来、辰見は戌井とずっと幸せに暮らしてるよ~って教えてあげたい。

戌井の恋愛相談

大学にて。痛々しい顔をした戌井を見ていつも出て来る友達2人・・・(今は名前が思い出せない(T^T))がビックリしています。

『・・・なにお前らガチじゃん・・・・・ガチじゃんそれ』

『・・・・』

辰見は大学に来ているかどうかを聞きに来た戌井でしたが、辰見は今日はお休み。

それを聞いてどこかへ行こうとする戌井を2人は捕まえ、戌井の話を聞きます。

学食で話す3人。

2人から戌井がバイト三昧で、放置された辰見が苛ついていたことを聞いた戌井。

用事があるから・・・という戌井ですが。。。

あ~ なんかわかっちゃったかも!!!!もしかしたら、遠征費とか色々と稼いでいるのもあるのですが、戌井もしかしたら辰見に指輪とかあげたいと思っていたりしない???

そのための資金も一緒に貯めてたりして☆(気が早いかしら(^_^;))

結婚するわけないといった辰見を避けている、というのもあるとは思うのですが。。。

戌井は2人に、今の気持ちを話します。

辰見がすごく好きで、辰見も好きでいてくれているのがよくわかって・・・それが嬉しくて幸せで。

でも将来は一緒に居たくはないのだと思ったら色々と考えてしまうと。

2人は、結婚しない=別れるつもりというわけじゃなし、色々な事情があってそういう考えがないカップルもいると言うけれど。。。

『んなのわかってる! でもじゃぁなんでその事情を俺に言ってくんねーの?』

何も言わないで決めつけられて、ただずっと辰見と一緒にいる約束が出来たら、いつか家族になれるかもっと思うだけですごく幸せなのに辰見はそうじゃないのか?そう思ってるのは俺だけなのかと。。。

辰見の好意が見えるたびに『じゃぁなんで?』と色々と考えてしまうと言います。

『まぁ 辰見はなー両親離婚してんのは戌井も知ってんだろ?』

『だから結婚生活にあんまいいイメージとかねーんじゃないの?つってもおれらは詳しくは知んねーけど』

2人も辰見からお父さんの話はほぼ聞いた事がないと言います。ただ知ってるのは『ガキの頃出てったってくらいで』と。

それを聞いて、2話ラストで辰見が言った言葉はお父さんの事だったのかと戌井は知ります。

パッと謝って仲直りしちまえよ!!!と言われるけれど、今回ばかりはモヤモヤしたまま謝っても意味がない、と戌井も折れません。

『結局戌井はさぁ なにに対して一番怒ってるわけ?』

戌井は、辰見が気持ちを信じてくれなかったのが一番悲しいと口にします。

自分と辰見のお父さんは違う、なんで信じてくれないのか?という気持ちで悶々としているようです。

実家に戻っている辰見

辰見は実家に戻っていました。

お母さんは戌井と喧嘩したとお見通しなんですね(笑)パターン化されてるんでしょうね。

『もう2週間?今回は結構粘ってるじゃない』

『しかしアンタ達もよく飽きずに・・・』と辰見を見ると浮かない顔。

それ以上はお母さんも踏み込むのをやめます。

食後、お母さんは彼氏とデートに出かけます。お母さんが彼氏つくってデートしたりするのは平気なんですね。。。なんか意外。

お父さんが何も感じなくなった、と出て行ったことはかなり傷ついて、お母さんが他の人をスキになるのは全然オッケーなんだなぁ~って。

結婚さえしなければいいのかな!?

戌井が大好きでたまらない辰見

お母さんがでかけ、1人になった辰見は・・・戌井の事を考えていました。

いつもは実家に戻ったらすぐ迎えにきて、泣いて謝るくせに。。。と。

『自分は悪くねーってなったらアイツはぜってー謝んねーよな』

それでも女性と旅行とかあり得ない、なんでわからないのか?とまたイライラしてしまいます。

(戌井が女と普通に喋ってんのが嫌だ 俺を優先させねーのが嫌だ 俺を見ねーのが嫌だ 俺に)

(俺に触んねーのが)

そう考えていると・・・戌井の事を思いだしていたので身体が反応しちゃったようです。

1人でする辰見は・・・前だけだと満足できずに自分で後ろを弄ります。

その間も戌井の事を考えていたのかと思うとキュンですけど。。。今回は切ない。

早く仲直りして欲しい。

辰見は嫉妬してヒスって戌井の事しか考えられなくて1人でして・・・こんなのは自分じゃないと涙が出てきます。

どんどん戌井に依存していく・・・

『嫌だ いやだ・・・ 戌井・・・』

ベッドで1人膝を抱えて涙する辰見でした。

感想まとめ

辰見(T^T)そんなに好きなら、ちゃんと事情話せばいいのに。

戌井が言ってたように、事情を話してたら違ったように思いますヨ。

でもお互いに喧嘩の原因が違うからすれ違ってるのですよね。

戌井は結婚についてで悲しんで、理由言ってくれないことに怒ってる感じがしますが、辰見の場合は女性と旅行に行く、というのが許せない。

戌井が大好きだからこそ、やっぱり許せない事なんだろうなって思います。

まぁ戌井からしたら、そんなに好きでいてくれてるのになぜ結婚はできないって言うの?ってなるわけですが。

もう家族みたいなものなのに、やっぱり形として家族になりたいのかな戌井は。

付き合って同棲しているだけより、強力な絆というか枠組に入りますもんね家族って。

でも!!!将来の2人はちゃんと結婚しているはずだから、辰見が結婚承諾するのはわかってる(≧∇≦*)

意外に逆プロポーズするんじゃないのかな?この調子の辰見だと。

明らかに戌井がいなくなったらボロボロになりそうですヨ。

戌井はもともと辰見を独り占めしたい!!!って思っているけれど、辰見も戌井を自分のものにしたい!って気持ちがかなり強くなってるから『結婚』を考え出すと思います。

早く続きが読みたい~~~~~。

でも・・・辰見のお尻弄りシーン滅多に見れないから大きな画で読みたかったな(T^T)

まだまだ麗人が小さくなったのには慣れないけれど、掲載作品数はかなり増えたような気がします。

1冊読むのに結構時間かかる!!!ってくらいたっぷり読み応えありです。

気になる人は是非・・・麗人読んで欲しい。

ちなみに大きく下に『R18』と書いてあります☆

そっか・・・R18だから電子にできないのかしら???どうなんでしょう!?!?いずれは麗人も電子で読めたらいいのになぁってずっと思ってるのでその辺り気になります。

ということで!3話のネタバレあり感想でした。

次話は麗人11月号に掲載予定です。

電子書籍

麗人は電子では読めません。

エンゾウ/その他作品

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

何か面白そうなBL漫画はないかな?とお探しの人は、こちらの一覧をチェック!【特集記事】

BLメモリー・バラ単話・コミックス作品感想

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2021 All Rights Reserved.