BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

『テンカウント』第39話‐6巻(ネタバレ注意)感想/ディアプラス3月号掲載-宝井理人 10項目めが判明!

 
宝井理人 テンカウント(ディアプラス連載中)
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

ディアプラス3月号掲載分のネタバレ感想になります。黒瀬くんと気持ちが通じあった城谷さん。今回はなんと10項目めがわかりましたね。これは皆さんがけっこう予想していたものでしたのでした!ワタシはハズレです。お父さん関係だと思ったのになぁ~!

テンカウント最新刊&39話掲載誌情報

テンカウント5巻
テンカウント5巻
テンカウント(5)【電子限定おまけ付き】

宝井理人先生デビュー10周年イベント
3月10日~4月2日:東京・原宿のAREA-Qにて

※事前予約 80分入替制(全席指定)
※チケット料金 2900円(税込み)2/10~販売
詳しくはイベント公式HPを見てくださいね!
新書館の公式HPでもアナウンスされていると思います。

出版社 発売日 価格 表紙
新書館 2017/2/14 ¥ 702 雨隠ギド

今回の感想を簡単にまとめると・・・・
城谷さんからキスのおねだり・・・・(n*´ω`*n)

いつも思う。城谷さんのT子ってかわいらしいサイズなんですよね。( *´艸`)

③黒瀬くんの本音にじわり。そして!あの人が登場!

藤雪

テンカウント39話の感想は以下より。ネタバレ盛大な感想ですのでコミックス派の方、ネタバレ不要な方はご注意ください。

 

勃ちすぎてるんです

エロエロ回だろう~!と予想しておりましたが・・・エロはちょこっとでした。今回は21P。いつもよりはちょこっと長めですね(^▽^)/

前回の感想はこちらですので忘れちゃった!という人はぜひ読んでみてください。

https://bl-magazine.com/tencount-38wa”]

ベッドで黒瀬くんが覆いかぶさるように上からキスをしている場面から始まっています。

 

黒瀬くんは膨らむ城谷さんの股間部分へ指を滑らせていきます。「―あっ い」びっくりする城谷さん。

「黒瀬くん・・・っ」「いたい・・・っ」

これね、黒瀬くんが何かしたから痛いってわけじゃないんですよね(n*´ω`*n)だから黒瀬くんも

「勃ちすぎてるんです いったん抜きますね」

と。カチャカチャとベルトを緩め、城谷さんのパンツの中に手を入れていきます。

 

いつも思うのですが・・・城谷さんと黒瀬くんのT子って描き分けしてありますよね。黒瀬くんはすっごく立派ですけど城谷さんっていつみてもかわいらしいサイズなんですヨ。

今回もそうでした(n*´ω`*n)でもトーンで色がついているし、先っぽから汁は出てるしでエロい・・・。

黒瀬くんに触られながらガクガクと体が反応してしまう城谷さん。

 

そして

「さっきみたいなキス・・・・」

と黒瀬くんにおねだり。黒瀬くんはべろちゅーで応えます。

キスされながらT子を触られている城谷さんはあっという間にイッてしまうんですが・・・今回城谷さんの白いものの描写がぁ~~~~!!!

(わたしは黒瀬君のが見たいです・・・・えへへ(〃´∪`〃)ゞ)

「いっぱい出ましたね」

一度達してやっと落ち着いた様子の城谷さん。はぁはぁ言っていましたが脱力した感じです。

手帳の10の欄に書いたのは・・・

達した城谷さんの髪の毛に触れ、ほほにキスをし、また頭をなでる黒瀬くん。

そして黒瀬くんは言います。

「城谷さんが手帳の10の欄に書いたのは―」

「『頭を撫でられる』ですか?」

黒瀬君のこの言葉に驚く城谷さん。

なんでそんな小さなことが、どうでもいいことがって思ったでしょ?というのですが黒瀬君は思いませんよと優しく言います。

誰にだって理由もなく苦手なものくらいありますからと。

「絶対触られたくないから」

ずっとクリアできなくてもいいと思ってたから書かなくていいって思ってたのに、黒瀬くんに触れているうちに10項目めになんて書こうと思ってたのか忘れそうになってたという城谷さん。

「黒瀬くん ずっと撫でててください」

そう言って黒瀬くんを抱き寄せます。

城谷さんが好きです

達して疲れたのか城谷さんは、そのまま寝てしまってました(笑)

黒瀬くんは・・・先も期待していたでしょうが今回はナシのようですね~!

城谷さんを抱きかかえながら黒瀬くんは思い返していました。

(どうして・・・出会って間もない私に)

(ここまでしてくれるんですか)

 

(俺の理由は あなたがいつかその10の欄を記入してくれたら教えてあげます)

「―本当は」

潔癖症だったから西垣さんと重なったんですね。「俺の昔好きだった人に似てたから」声をかけたようです。

 

似ている城谷さんを助けたら自分の罪が許されるんじゃないかと思って・・・と話す黒瀬君。(※寝ている城谷さんに話しています)

「でも」

城谷さんのほうがわがままで文句も多いし、変なところで子供っぽい・・・ect・・・

「あの人と全然似てなかった」

 

「城谷さんが好きです」

実はこの時、城谷さん起きているんですよね。しっかりと黒瀬くんの告白を聞いていました(n*´ω`*n)

それに、きっかけは西垣さんと重なったところがあったからというのはあったにせよ、好きになったのは「城谷さんだから」というのがはっきりしてよかったです!なんだか今回の黒瀬くんの告白もズキュン💘ときてしまいました。

前も捨てないでくださいねなどはありましたが、、、今回の好きですはまた意味合いが違うと思いました。本当に城谷さんだから好きというのが伝わってきてうれしく思いました。

城谷さんの変化

結局あのあとは何もなく・・・朝方別れる2人。

城谷さんは自宅で自分の手を眺めていました。

そしてぎゅっと手に力を込め、ある場所へ電話をかけます。

「もしもし お父さん起きてた?」

ずっと連絡しなくてごめんというセリフから、お父さんとも疎遠になっていたんでしょうね。

そんなお父さんに電話を掛けることができたのも、心にゆとりができたというのもあると思うのですが・・・お父さん以上に大切な人ができたというのをはっきりと認識したからだと思います。

自分で否定し続けた行為だったり感情だったりを受け入れて肯定してくれるような存在ですものね黒瀬くん(o^―^o)

お父さんと電話越しだけれど話している城谷さんの顔が本当に穏やかで一皮むけたなぁ~という感じでした!

黒瀬くんが忘れられない人が登場!

10項目めを達成してなんだか心穏やかな城谷さんでしたが、黒瀬くんはというと・・・・

眠れなかったようで大きなあくびをしていました(笑)

歩いていると書店が目に入り、中へ。

「頑張ってください」

その言葉に振り返ると・・・誰かのサイン会が開催されていました。

その人物の顔を見て黒瀬くんは、はっとします。

見覚えのある顔・・・・

西垣さんとその人物が重なります。

東山祐一

ペンネームですが・・・思いっきり西垣さんですよね。西→東、垣は・・・・山とは対にはならないけれどイメージ的には対でもいけそうな・・・!

というどうでもいいことは置いといて・・・・

黒瀬くんはその東山さんのサイン会へ並んでいました。

 

「こんにちは」「あなたで最後かな」

そう話しかける東山さん。どうやら彼は覚えていないようですね。そりゃ・・・子供は成長しますからね(;´・ω・)

「若い人が手に取ってくれるなんて嬉しいな」

そう言ってサインする手は・・・城谷さんと同じような手。ここでもやはり西垣さんだという事がわかりますよね。

「・・・あの失礼ですが」

黒瀬くんが話しかけたところで次号です。

※コメントでこの西垣さんの本のタイトルが『黒い光の少年』というのを教えてもらって読み返したら。。。しっかりと出てきているわけではないですが、確かに「黒い光の少年」と書いてありました!

 

これは・・・・黒瀬くんのことをテーマにして書いてあるかもしれませんね~。

この本を読んで、黒瀬くんは西垣さんの気持ちを知ることができるかもしれません!!!ちょっと楽しみですね。

次号はうまく話せるのかどうか・・・もしかしたら話しかけたけれどうまく話せない→本で気持ちを知るパターンもありうるかもしれません!

さすがですね~eさん~💛気づきませんでしたヨ!!!

テンカウント39話の感想

まず今回の重要箇所は・・・城谷さんの10番目がわかりましたね。お父さん関係ちゃうんか~い!

お父さん関連で頭を撫でられることが苦手になったのなら、、、ここはぜひお父さんに触ってもらうでいってほしかったです。

 

でもお父さん以外に大切に触ってもらうというので克服したというのはとても良かったのかもしれませんね。(ストーリー的に)

 

それなら10番目は「好きな人に頭をなででもらう」でいってほしかったかな。誰が撫でても良かったの?ってなっちゃうし。頭に触れるとかそういうのって髪を切るときにも美容師さんしてるし・・・・。ってちょっとひねくれてみます(笑)

 

それにねぇ~お父さんが10番目じゃなかったら植田さん何のために出てきたんでしょ・・・って。

お父さんが出てくる流れかと思いましたヨ。

お父さんには電話だけだったのもちょっと残念。もともとトラウマというか潔癖になったのは植田さん&お父さんだったと思うからそこはやっぱり起点に戻ってほしかった。

そこをクリアして初めて前に進めると私は思ってたから、今回の展開はちょっと意外でした。

考えすぎだったかなぁ~。

城谷さんの場合は、とにかく黒瀬くんとの関係がとても大きく心の支えというか脱する原動力になったのでしょうね。

潔癖の部分は・・・自分からキスもおねだりしちゃってますし黒瀬くん限定でそこらへんは抜け出せた感があります。

 

もう潔癖はどうでもいっか~展開っぽいですが、黒瀬くん城谷さんの絡みは大好きなのでもっとあるとうれしい。。。

そして!今回西垣さん登場してきました。

 

相変わらずカッコいい・・・・。ちょっと歳をとっていますがキレイですね。

城谷さんが一皮むけたので、今度は黒瀬くんが西垣さんの呪縛じゃないけれど西垣さんを救えなかったという贖罪の気持ちから解放される番なのかもしれません!

背中を押すくらいはできたはずなのにと後悔して引きずってきたんですよね(5巻)だから実は黒瀬くんのことがあったからこそ前に進めたという西垣さんの話が聞けるかもしれませんね(o^―^o)

西垣さんと黒瀬くんとの会話、楽しみです。

 

次号は表紙で登場。

&ふろくで『テンカウントミニドラマCD』がついてきます!次号も買いですな・・・・。

ということでテンカウント39話の感想でした。

 

もう終わりに近づいてきてるかなぁ~~。

 

ディアプラス3月号電子配信3/17~

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

BookLive!割引作品 >>>BookLive!BLキャンペーン一覧はこちら














 

Renta!今だけ割引作品 >>>Renta! 割引作品すべて見る














 

Comment

  1. いちご より:

    コメントできるかな・・ドキドキ。。

    テンカウント、終わりに近づいてる感じですね。
    城谷さんの潔癖症になって原因が解消されてきてる気がするのはすごく良かったです。
    手袋なしでお父さんと電話出来ましたし(*^▽^*)
    10項目目は、頭をなでるでしたか~お父さんに撫でてもらうのが好きな描写はあったけど、潔癖症になってからはどうだったかな・・振り払ったのがあったかな・それ以外も気になるので読み返してみなくては!

    次は黒瀬君ですね。西垣さんと思われる人も出てきたし、来月号でなんと声をかけるのか、何を話すのかドキドキしながら待ちます。
    ちゃんと見えないけど、西垣さんの本のタイトルが「黒い光の少年」って読めるので、これ黒瀬君のことがきっかけで書いたと本だったら黒瀬君が背中を押したって思えるんですけどね。
    来月号、ドキドキしながら待ちます・・

    • 藤雪Fujiyuki より:

      いちごさん(^▽^)
      コメント入力できてよかったです!ホッ。
      そうですね次が楽しみですね~。
      本のタイトルは「黒い光の少年」ですね!どんな内容か楽しみです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2017 All Rights Reserved.