BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【天国の門番】第1話(ネタバレ注意)感想/ルチル11月号から新連載スタート-山本小鉄子 「ここは天国島」

 
天国の門番
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

ルチル11月号から新連載スタート!山本小鉄子さんの【天国の門番】第1話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の1話は【天国の門番】に収録予定です。

前号でとりたんが最終回になりましたが、もう新連載スタートということでびっくりしてます。流石は小鉄子さん。。。

そして!とりたん2巻は来月の10月24日に発売☆楽しみです♪

天国の門番1話 ルチル11月号

ルチル 2019年11月号
掲載P数 27P
満足度 ★★★★☆
この雑誌をよむ

ざっくりとしたのあらすじ

とりあえず第1話なので・・・・ざっくりとしたあらすじを。

主人公は「南」という天涯孤独な男の子。3年間勤めていたラーメン屋さんを辞め、日本縦断の旅に出ます。
フェリーに乗っていると、美人な女性に声をかけられる南。
暫くしてその女性ともう一度話そうと探していると・・・その女性が足元から現れ南を海へ放り投げます。
海に投げ出された南は必死で沖にあがるのですがそこは見たこともない島で・・・・・

とまぁこんな感じで今回もファンタジー要素をもった作品になっています。

主要な人物は、

  • 日本縦断すると旅に出た「南」という男の子。(黒髪・恐らく攻)
  • 南に声をかけてきた女性
  • 島で会うことになる「天国島の番人」である天間。
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。
とりたん1
「鳥」の言葉がわかる探偵・犬崎は、カラスのクロに恋してしまう

【ネタバレ注意】天国の門番1話 感想

今回もファンタジー要素を含んだBLになりそうですね。まぁタイトルからいってそうかなぁとは思ってましたが。

舞台は天国島(てんごくとう)という場所。これは恐らく誰でも行ける場所ではなく島へ行くには条件かなにかがあるのかなと想像します。

主人公の南はこの天国島で、ある青年に出会うのですが、この人は「番人(オーナー)の天間夕凪(てんまゆうなぎ)」といいます。見た目的にも受だな(●´∀`●)という感じの青年。

でも今回はちょっと眼鏡をしていてモサイ感じがするのですが・・・この夕凪がどんな風にかわいくなっていくのかも見物かも☆

ただ・・・なんとなく恋愛要素は少なめになるのかなぁ!?とか感じていて。

南はこの夕凪に「今日から俺の下僕だ」と言われているので・・・・何らかの仕事をしながら(この仕事が物語のメイン)恋愛にちょっとずつ発展していくのかな!?と思います。

小鉄子さんの作品なのでまたクスっとなるようなコメディ要素も含みつつ進行していくのかしら!?楽しみです。

日本縦断の旅

冒頭は【尾名国島】行きチケットをもった南の場面から。

フェリーに乗りながらどうして「尾名国島」へ行くのかがわかる回想が入ります。

南は3年間勤めたラーメン屋さんを辞め、日本縦断の旅に出たようです。

それが南の夢だったと。

ラーメン店の夫婦は「しんどくなったらいつでも戻ってきていいからね」「私たちは南くんのこと息子みたいに思ってるんだから」と優しく送り出してくれます。

そんな夫婦との会話を思い出していると・・・

「おひとりですか?」

綺麗な女性が声をかけてきました。

「一人旅で日本縦断するんです」

「まぁすごい」

きままにこういうのをするのが夢だったと語る南。

「でもご家族や恋人は心配してるんじゃ」

「大丈夫 俺んち両親亡くなってて 恋人はできたことないですし」

それを聞いて女性は、無神経に聞いた事を謝り「いい旅になるといいですね それじゃ」と言って去っていってしまいます。

逆ナンかと思っていた南は拍子抜け。

でもふと・・・・あんな美人な女性は船着場にいたかな?と不思議に思います。

何故か足元から女性が・・・

目的地には4時間かかる。到着まであと約2時間・・・・海上ではスマホも仕えず時間をもてあます南は、先ほどの女性ともう一度話しをしようと探し始めます。

(そんなに広い船内じゃないし 探してみよう)

しかし・・・探しても探しても女性は見つかりません。

(いない なぜだ おかしい)

すると急に足を掴まれたような変な感覚に。

「!?」

足元を見てみると・・・先ほどの女性が足元から半分ほど顔を出し南の足をしっかり掴んでいました。

そして・・・・ぐいっと身体が浮き上がり船外へ放り出されてしまいます。

ザプン

ゴポポ・・・ゴポ・・・・

一瞬何がおこったのかわけがわからない南は・・・海に沈んでいきます。

(何が起こった? 海に落とされた あの美人に・・・)

そうこう考えていると急に苦しくなり必死で上まで泳ぎます。

あんなとこに島なんかあったか!?

「ブハァ」

海面から顔を出すとそこにはフェリーの姿はなく・・・・そのかわりに目の前にはよくわからない島が見えます。

(あんなとこに島なんかあったか!?)

目的地の島ではないけれど、とにかく行ってみようと陸まで泳ぎます。

やっとこさ陸までたどり着いた南。

(疲れた・・・喉渇いた・・・無人島かな・・・)

寝そべっていると・・・近くから煙りが出ているのを発見。

(煙!?)

人がいるのだと安堵し、煙が出ている方向へ。

しばらく歩くと・・・目の前に人た立っているのを発見します。

「よく来れたな 合格だ」

そう言われて固まる南。

「合格?」

「そうだ 死なずにここに辿り着いたからな」

彼は南に「お前をここでやとってやる」と言います。

何が何だか意味がわからない。

自分は今日から旅を始めたのだと言うと・・・「そうか なら終わりだ」と青年は言う。

その青年は南が両親もいない天涯孤独の身であることも知っていました。

「なんでそのこと・・・」

するとひょこっと先ほどの女性が姿を現します。

「ごめんなさいね~ これが私の仕事なの~」

そう言いながらふわっと女性は身体を浮かせます。

天国島の番人

女性が目の前で身体を浮かせているのを見て、南は青ざめながら聞き返します。。。。
「仕事?」

「ここは天国島 俺は番人の天間夕凪」

「今日からお前は俺の下僕だ!」

と夕凪が南に言ったところで次号へ。

感想まとめ

まだ1話なのでどういった方向へ進むのか全くわかりませんが・・・・

とりあえずは南・攻×夕凪・受という感じでしょうか。

「天国島」で何が行われるのかもわかりませんし・・・・今後の展開次第かなぁ!?というところ。

ただ小鉄子さんの作品だから面白くないってことはまずないのかなと思います。

個人的には今回は・・・受がちょっとモサイ感じがするのでこれから可愛くなっていってくれればいいなと。

顕のようにカッコイイ!っていう攻でもないですし、きららのように可愛い!賢慈のように綺麗なツンデレ!っていう受でもないですし・・・・

だからこそ、今後キャラがどう変化していくのかすごく楽しみです(*^_^*)

1話めでは正直なところ・・・うわぁ面白そう!!!という印象にはならなかったのですが、これから面白くなっていくのでしょうね!

ほんと小鉄子さんって色々な設定で飽きないですよね。。。スゴイなって思います。

ファンタジーは好きな方なので今後の展開に期待!!!

ということでルチル11月号からスタートの【天国の門番】第1話の感想でした。

電子書籍

追っている作品

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2019 All Rights Reserved.