BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【Daisy Jealousy】6話(ネタバレ注意)感想/マガジンビーボーイ4月号-おげれつたなか

 
Daisy Jealousy おげれつたなか
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

マガジンビーボーイ4月号掲載、おげれつたなかさんの【Daisy Jealousy】第6話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の6話は【Daisy Jealousy】に収録予定です。

一気に2年後に飛んでましたね。あれから二人は会うこともなく離れ離れになってるようです。

どこでまた接点ができてくるのか・・・でも要の事を気に入ってる女性も出てきますしどうなるやら(-_-;)

またこの子がイイ子そうなので手ごわいかもしれませんね。

Daisy Jealousy6話 マガジンビーボーイ4月号

掲載P数 28P
満足度
この雑誌をよむ

簡単なあらすじ・ポイント

  • 仕事をやめ、バイトで繋いでいる美咲。
  • 要はまだ三咲のことは引きずってるけど、前に進もうと努力しはじめてる!?
  • 要の携わったゲームをプレイした三咲は忘れていた感情がよみがえってくる
  • 要が好きだったのだと自覚した三咲だけど、女性と一緒にいる要を目撃してしまい!?
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

【ネタバレ注意】Daisy Jealousy 6話 感想

三咲の気持ちがアップダウンして繰り返しで・・・三咲にはイライラしてしまっていたのですが、やっと・・・やっと色々あって気持ちに気づくことができたのだなと心揺さぶられました。

三咲ってたしかに要と自分を比較して黒い感情に飲み込まれてしまったところもあったのかもしれない。

だけど、それって要が大好きだからこそ追いかけて近づきたくて・・・という感じだったのだろうなと。

三咲の気持ちもすごくわかる。共感できると思えた6話目。でも気づいた時には時すでに遅し!?

これからは三咲のターンなのかもしれない。

要は前に進もうとしてるけど、ここでどのように三咲が要の気持ちを引くことができるか。頑張ってほしいです(⌒∇⌒)

全部やめた

要を傷つけ足を引っ張ろうとした自分を消したい、、そんな風に感じた三咲は会社もゲームもモデリングも全部やめてしまいました。

今は実家に戻り、コンビニでのバイトで繋いでる日々。

(やめて俺に残ったのもなんてない)

そう思っていたところで三咲のスマホにメールが入ります。

人でもっとお話したいんですけど

要は・・・飲み会に参加していました。合コンかしら!?

そこで要に興味を持った女性が。

「あのー・・・良かったらこのあと 2人でもっとお話したいんですけど・・・」

2人で抜けてお店を探しているのですが、ここで要は「やっぱりごめんなさい」と断ります。

「あれ 彼女いました・・・?」

いないと答えると、それなら今好きってわけじゃなくても全然・・・と話す女性。

「ご・・・ ごめんなさい」

また断る要に・・・女性は「いえ、こちらこそ無理させちゃってごめんなさい」とにこり。

すごくいい感じの女性なんです(´;ω;`)

「よければまた普通に飲みにいきましょうね じゃぁ・・・」

そう言って帰ろうとする彼女を・・・要は引き止めます。

こんなに 好きだったのに

三咲の場面。

三咲は専門学校の時の同級生と会っていました。

彼女から渡したいものがあると言われて・・・それは要の関わったゲーム。

「ストブロの新作!」

「まだ買ってないよね?」

要がメインキャラのモデリング担当で彼女の会社も少し関わってたと話します。

ちょっと戸惑っている三咲に・・・まぁまぁやってみなよと。

「専門の頃よくみんなで放課後ゲームしたじゃん またやろうよ」

彼女と別れたあと、三咲は専門の頃のことを思い出していました。

放課後みんなでゲームしたこと・・・それを思い出したら捨てようと思ってたゲームも捨てられなかったようです。

自宅へ戻り、三咲は・・・ゲームと向き合っていました。

ゲームをしながら色々な感情が沸き上がってきます。

(自分の知らない世界が好きだった 知りたかった)

(作り出したかった)

(要と  一緒に)

いつからこの気持ちを見失ったのかと考える三咲。

要よりもすごいものを作りたくて、要よりもすごい人になりたくて・・・・

そればかりで自分の作りたいものも一緒に過ごした時間も気持ちも見失っていたのだと感じたのでしょうね。

(こんなに 好きだったのに)

全部捨てたはずなのに、要のことは消すことはできなかった。

要の才能がなかったらもしかしたらもっとうまくいってたかもしれないと思ったこともあるけれど、そうじゃないと気付いたようです。

(そうじゃない 俺は 要のつくるものが何よりも好きだ)

だから要でなければ駄目なのだと気づいた三咲。

ゲームと向き合って、要への気持ちが溢れ出てきてしまいます。

前へ進もうと思ったところで・・・

三咲はバイトをやめ再就職する決心をしていました。

「どんな仕事探してんすか」

「ゲームとかCG系かな」

そんな話をしていると・・・要がコンビニに入ってきました。

要の隣にはあの女性が。

親しそう。その場面を見てしまった三咲は思わず・・・・

感想まとめ

あらら。。。要・・・あの彼女と付き合うことにしたのかしら?

ただ、まだマフラーをしてるのを見ると時間はそう経ってない気もするので友達として付き合ってるのかもしれませんね。

三咲と要がどのように再会するのかはわかりませんが・・・

今度は三咲が頑張るターンであってほしい。

ただ・・・要は拗らせてる気持ちから解放されるチャンスだったかもしれませんけどね(;’∀’)

あ、でも個人的には拗らせたままでいてほしい!

要はどこまでも要であってほしいなって。

今6話でこの展開だともしかしたら巻号がつくのでしょうか?それとも1巻で終わってしまうのかしら?

三咲・・・気づくの遅いよって思ったけど、あれだけ要からの気持ちを受け取っていたら気づきにくいことだったのかもしれませんね。

離れてみて、何もかも捨ててみて初めてわかるものもありますしね。

気持ちがはっきりしたろころで女性と一緒にいる要を見るのは。。。かなり衝撃的だったと思うけど、この先がすごく楽しみ。

三咲のおかっけターン・・・読めるでしょうか!?

電子書籍

マガジンビーボーイ

おげれつたなか その他作品

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

BookLive!割引作品 >>>BookLive!BLキャンペーン一覧はこちら














 

Renta!今だけ割引作品 >>>Renta! 割引作品すべて見る














 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2020 All Rights Reserved.