BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

ドラッグレス・セックス 辰見と戌井3・4 まとめて感想/麗人9月号&11月号掲載

 
ドラッグレスセックス エンゾウ
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

麗人を読みました。麗人も毎回購入して読んでいるのですが、感想書くのをすっかり忘れておりました(;´・ω・)
目的はエンゾウさんのこの作品が主なのですが、今回は鹿乃しうこさんの「ササクレ・レクイエム」という弟くんのストーリーがあって弟くんも吹っ切れたようで何より!な展開でした。

今回の麗人さんは珍しく表紙の露出度が低め~!!!ちゃんと服着てる~!!!って驚きました(笑)たいてい上半身裸だったり、裏にはお尻が見えたりとさすがの私も本を一番上には置いとけないカンジなのですが・・

9月号もそういえば2人ともTシャツきてたから大丈夫だったかな・・!?

毎回表紙になってる笠井あゆみさんの絵がすごく好きなのですがたいてい・・・ピンクのT首見えたり、つまんだりしてるのでわりと恥ずかしいです(/ω\)

さて、ドラッグレス・セックスの辰見と戌井なのですが・・・辰見の変化がすごく面白いですね!

そしてクラスのみんなは・・・戌井と辰見が付き合ってると知ってて辰見攻だと思ってるのもなんか面白かったです。

ドラッグレス・セックス 辰見と戌井3・4 麗人9月号/11月号の紹介

アマゾンで詳細をみる

巻頭カラー30P

アマゾンで詳細をみる

32P

ドラッグレス・セックス 辰見と戌井3・4の簡単な感想

◆3はオタクな戌井にクスクス。それでも最後はキュンエロ展開!
◆辰見はグイグイ来られると実は弱い(笑)
◆4は何気に独占欲が生まれている辰見に(* ̄▽ ̄)フフフッ♪な展開!
◆3よりは4の展開の方が個人的には好き。

感想は次のページよ。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

ちょっと今回は、やや短めにまとめる予定です。

ドラッグレス・セックス3のネタバレ感想

毎回読み切りなのが麗人のいいところ。続きはあるにしても1話、1話にちゃんと区切りがあるんですよね。だから読みやすいです。

ちょっとお高めでコスパ的にはまぁ・・・なところもあるのですが。

麗人9号に掲載されてたドラッグレス・セックス 辰見と戌井3は・・戌井のオタク具合がすごくいです。
それにちゃんと付き合ってる辰見に笑っちゃうんですけどね。

こうやって付き合ってあれこれデートしてる姿を見たら何だかんだ言っても絆されてるよね!って思いました。

「てめーはそこらのキモオタと比べたら顔とスタイルはまだマシなんだから」とかっていうセリフみてもね(´艸`*) そう思ってるんだぁ~ってなりますよね。

いやぁでもね・・・デートで・・・好きなキャラたちの喫茶店?みたいなのにいくのはどうかと思う(笑)

これは辰見じゃなくても引く・・・

そして、ここで辰見がレアカードを引き当てるもんだから戌井と揉めちゃって。

というのもね、このレアカードに食いついてきた女の子がいるんだけど、、、その子たちに辰見がレアカードあげちゃうの。

本当はそのカード欲しかった戌井は・・・怒っちゃうんですね。

どうして怒ったのかは、まぁほしかったっていうのもあるんだけれど、自分に何も聞かずに女の子あげたから拗ねちゃったんですね。

自分の誕生日だったから、それが欲しかったと。(辰見からもらったらそれがプレゼントになるって意味で)

言えばいいのにね・・・誕生日だって(;´∀`)

でもね~辰見のかわいらしいところは、もうカードはあげられないけど代わりに何かあげると。

そんな辰見の申し出に・・・戌井がお願いしたものは!?・・・このお願いもちょっと引くんですけど(笑)

辰見にコスプレさせてエロいことをしたいっていうお願いでした。

エロはどんどん戌井ペースになっていくのも面白かったです。

お口でなんてしたくない!って言ってた辰見だけど、戌井には敵わないんですよね☆

結局お口でしてあげるんです!!!このあたりはさすがはエンゾウさん!!!表情とかもろもろエロい!

基本オタク気質なので戌井ってハマったらすごそう・・・って言うのが今回すごく出てました。

「辰見・・本当にかわいー もっともっと好きになる」

「辰見のこと好きすぎて今までの薬 もうあんま効かねーのかも」

って。辰見も何だかんだで戌井とのエロは感じてしまってて新しい扉が開きつつあるんですよね(笑)

どちらかというとSっけがあるかと思ってたら・・・実は隠れMなのかしら?と。

そして「もう女だけねぇよぉ」ってなく辰見・・・カワイイです。

グズグズに泣かされちゃって、普段は辰見>戌井なのに、エロの時は戌井>辰見になるのがすごく好き。

こういう立場が逆転する場面があるっているのがたまらないんですよね(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

戌井に、女の子とはもうヤんねーの。もう俺だけみたいなことを言われて、(そっか そうなのか)って思っちゃう単純な辰見ってかわいくないですか?

基本的に抑制剤でフェロモン抑えていてこれだから、辰見って戌井の事すきなんですよね~気づいてないだけで!!!

というとことが3の感想です★

ドラッグレス・セックス 辰見と戌井4 のネタバレ感想

今号ですね!今号も面白かった!!!

むしろ前回のオタクなストーリーよりは今号みたいな辰見の嫉妬心というか・・・戌井に対して独占欲があるんだなぁ~って思えるストーリーの方がきゅんとします。

進学に関して話をする辰見とクラスメイト(たぶんよく出てくる子だから名前あると思うんだけど今は思い出せません(;´∀`))

辰見が超ヤリチンなの知っているので、大学に行ってもあそぶだろーみたいなニュアンスで話していると・・・

辰見の後ろから戌井登場。

「辰見はもう女抱けねーから大丈夫」

ってね(笑)

「てめぇいきなり出てくんじゃねぇよ戌井!」

「ずっといたけど」

戌井はちゃっかり話に参加してきます

大学いくなら家をでて一人暮らしをするのか?と聞く戌井。

当然だと辰見が答えると、「じゃぁ俺と同棲しよー」と。

辰見は思いっきり拒否するのですが・・・・

そんな2人を見てまわりの子たちは信じられないけど本当にあの2人つきあってるんだね・・・と。

ですが、周りの女子たちは、辰見を誘うと思ってたのに~とどうやら・・・辰見が前みたいになるのを望んでいるみたいです。

辰見がそうできないのは、戌井が嫉妬深くて束縛しているからだという噂もあり、、女子たちはそんな戌井に目を付けます。

「ねぇねぇ戌井ってさー ほんとに辰見とつき合ってんの?」

「辰見は自分のフェロモンに反応した子はみんな相手にするじゃん?アンタもそのうちの一人ってだけでしょ?」

すると戌井は・・・

「・・・ちゃんと付き合ってる いまは俺だけだし・・・」

と答えます。

でも彼女たちは、それは戌井が辰見に抑制剤を強要しているからでしょ?と。自分たちも辰見のフェロモン好きだから独り占めしないでと言い出します。

そんな彼女たちに戌井は、

「・・・俺が一番好きだ 辰見の全部が好きだし薬で匂い抑えても好きだし だれよりも俺が一番強く反応する自信ある」って!!!辰見に聞かせてやりたい(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

するとその中の女の子が、戌井の前髪をあげてきました。

「なんか意外とかわいい顔してるー」

周りにいた女の子たちも「あーほんとだー可愛い可愛い~」と大はしゃぎ。

「だから辰見も手ぇ出してたんだ~」

※みんなは辰見が突っ込むほうだと思っています(´艸`*)

「戌井って童貞?」

「・・え いや 俺辰見で・・・」

とぼそっと戌井は答えるのですが、彼女たちには聞こえておらず・・・童貞くんを食べちゃおう!と皆の顔色が変わります。

~辰巳の場面~

ここで辰見の場面にかわります。

「やっぱケツって挿れた感じちげーの?」

クラスメイトが話しかけてきます。

「・・何言ってんだお前」

「だってなんだかんだずっと戌井とヤッてんだろ?女より具合いいわけ?」

周りは辰見が挿れる方だと思っているから面白いですよね!(;´∀`)

男にまで手を出すとかどんだけだよお前のちんぽは!って言われてて笑っちゃいました。

すると、違う男の子が「あれ やっぱ戌井戻ってねーんだ」と言ってきました。

「あ?どしたの?」

「さっきゥラスの女子どもと戌井がヤリ部屋入ってっから」

ヤリ目かはわからないけどほっておいていいのか?と辰見は言われます。

「・・・別に関係ねーし」

「ほんと相手に執着しねーなお前」

そういったところで先生が入ってきました。

「こりゃ戌井のやつ喰われてんな」って言うセリフを黙って辰見は聞いています。

(・・・マジでやってんのかあいつ?)

辰見はそんな事を考えながら、待てよ?これはちょうどいいんじゃないか?と思い始めます。

もともとは女の子が好きだろうし、女の子の体を知れば当然そっちへ行く・・・

(そうすりゃ俺は解放される・・・!)

よくやくこの日が来た!と一瞬喜びますが・・・嬉しいはずなのに、時間がたつにつれイライラし始めてしまいます。

すると辰見は急に席を立ち、「・・・腹いてーんで便所いってきます」と(笑)

辰見が戌井のところへ行くのだろうと思ったクラスメイトの子たちは(男の子2人)顔を見合わせ「・・・・マジ?」と辰見の行動にびっくりしていました。

こいつは俺にじゃなきゃ勃たねーんだよ

ヤリ部屋へ行く辰見。

そこには女の子3人に迫られている戌井がいました。

「あっ辰見も混ざる?辰見が戌井やって 戌井がうちらヤんの」

やだーマジAV-と盛り上がる女子をよそに、辰見は「・・ヤんねーよ」とぼそり。

「こいつは俺にじゃなきゃ勃たねーんだよ おら出てけ」

そう言って女子たちを部屋から出します。

ブルブルと震えている戌井。。。

辰見は戌井のT子をむぎゅっとつかみます。

「・・さんざん人に他の女とヤるなっつっといて これで勃ってたらてめーマジでぶっ殺すとこだからな」

↑勃ってなかったんですね(n*´ω`*n)

すると。。。「こっ・・怖かった・・・!」と泣き始める戌井。。。

「辰見 怖かった・・・」と辰見に抱きついてきます。

「・・・てめぇ」

「その怖いことをてめーは俺に最後までしたんだぞ わかってんのか!?」

この言葉に戌井は・・・「辰見ごめんなさい・・・ごめんなさい」と部屋から出ていこうとする辰見にすがるように伝えます。

「も もう無理矢理しないから・・・」
「・・・だから俺のこと嫌いにならないで・・っ」

と号泣。抱き着きながらわんわん泣き始めます。

辰見は・・・・・

(・・・こいつ なんで俺に好かれてること前提なんだ・・・)

と(笑)いい加減離せと戌井に言うのですが、戌井はぎゅっと抱きしめたまま離れようとしません。

そんな戌井に辰見はキスをします。

「・・・泣き止んだな」

急に嬉しそうな顔になる戌井。

「・・・もう一回!」

初めて辰見からキスをされて嬉しくて今度は号泣し始めます(笑)

「うれしー」と言って再びだきつくと・・今度は辰見の体からなにやら匂いが・・・。

ばっと離れる戌井。

匂いにあてられながらも、「。。。無理矢理はしない 絶対」と我慢しています。

そんな彼を見て・・・ドンっと辰見は押し倒します。

「・・やんぞ」

こっからはエロターンですね!

さっき女子たちに迫られても、戌井のT子は反応しなかったのに、自分にはガッチガチの戌井の事がかわいらしく思ったのかしら?

今回は辰見から戌井のT子を受け入れるという新しい展開でした!!!

うぉ~描写が激しい!!!((ノェ`*)っ))タシタシ

エンゾウさん!って感じでした。

辰見の火照った顔がたまりませんね。

やった後、戌井は「俺やっぱ卒業しても辰見とずっと一緒にいたい ・・・だから俺と同棲しよー おねがい 辰見」

そう言われてなんかね・・・ちょっとキュンキュンきているだろう辰見がかわいかったです。

「・・・・ルームシェアって言え・・・」ってね。

辰見ってほんと戌井には弱いのよ・・・・(n*´ω`*n)

教室に戻る2人。。。

「もう授業おわってんぞお前らどんだけヤって・・・」

と振り返る男の子A(ずっと出てきてんのに。。ごめんね)

すると、そこにはとろんとした辰見が、、、。

「・・・辰見だいじょーぶ?カバン持つから貸して?」

そう言っておとなしく戌井と一緒に教室を出ていく姿に・・・教室にいた皆の反応は・・・

(辰見が女だったのか・・・・・・・・・)

で終わりです(⌒∇⌒)

ドラッグレス・セックス 辰見と戌井 感想まとめ

面白かったです。エロはもちろんなんですが、辰見がどんどん戌井の事好きになってる~っていうのが増えてきてそれだけでキュンキュンします。

設定が設定なので好き嫌い別れると思うのですが、私はドラッグレス・セックス好きなので毎回楽しんで読んでいます!

今まで相手に執着したことがない辰見が、戌井が他の人とやってるのか?と考えるだけでイライラしてきたり、女の子に反応したらぶっ殺すとか言ってたり・・・

もうこれだけでニヤニヤしちゃいました。

もっと続くのではれば、もっともっと辰見➡戌井が増えると嬉しいなぁって思います。

次もお名前があって、おそらくドラッグレス・セックスだと思うのですが、辰見と戌井がくるとは限らないので・・・誰でしょうね。

もう一度私としては辰見と戌井が読みたいです(⌒∇⌒)

とうことで・・・3・4まとめての感想でした。

辰見と戌井1はドラッグレス・セックスのコミックスに掲載されています。(2巻はいつ出るんでしょうね?)

麗人 電子書籍

麗人は電子配信されていません。。。

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2017 All Rights Reserved.