BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【白刃と黒牡丹2】6話(ネタバレ注意)感想/GUSH7月号-ゆくえ萌葱 新章スタート!

 
白刃と黒牡丹
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

GUSH7月号から新章スタート!ゆくえ萌葱さんの【白刃と黒牡丹2】第6話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の6話は【白刃と黒牡丹2】に収録予定です。

嬉しい・・・この二人の続きが読みたかったので、予告みたときに無茶苦茶興奮しました!何が好きって・・・

攻のこの粘着質なところ!

そしてそんな攻の事を本当は好きなのに遠ざけようとする受。これは・・彼なりの守り方だったのですが、なんて不器用なのだろうかと。

37歳にして実った恋!!!

新章は新しい登場人物が。彼は憲剛の瞼の傷と何か関わりがあるのかしら???気になります。

白刃と黒牡丹6話 GUSH7月号

GUSH7月号
掲載P数 32P
満足度
この雑誌をよむ

簡単なあらすじ・ポイント

  • 憲剛の傷は白樺が一緒にいた時にできたもの!?
  • ラブラブな二人が拝める!今回はエロのページ多し!
  • 10年ぶりに帰ってきた人物は!?誰!?
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

【ネタバレ注意】白刃と黒牡丹2巻-6話 感想

今回は新章スタートの第1話ということで。。。エロいっぱいでした。3分の2はエロというかあまあまな二人でしたよ。

だから・・・あまり書くことはないかな((ノェ`*)っ))タシタシって感じです。

まずこの二人のおさらいから。

この二人は幼馴染。

そして今は弁護士とヤクザ。

昔から憲剛が大好きな弁護士の刀麻(白樺)。憲剛は大切な人だからこそ、ヤクザに関わってはいけないという考えだったようでずっと白樺からの気持ちを受け入れられませんでした。

でも!白樺はとにかく粘着質。

近くにいたいと弁護士にまでなって色々と奮闘します。

※が・・・白樺は一度結婚歴があります☆

ラストは白樺の憲剛への気持ちの強さと、なんといっても粘り勝ち!でした。

晴れて恋人になった二人・・・から今回スタート!

憲剛の顔にある傷はいつできた?

冒頭から白樺の夢。

憲剛は眉から目の下にかけて傷があるのですが、その傷ができた時の場面を夢で見ていました。

高校生の時っぽいですね!

ナイフ?かな。それが描かれていたので、誰かによって傷を負わされたものだろうと推測します。

目覚める白樺。

その横には・・・シャワーを浴びて戻ってきた憲剛が。

二人でイチャコラしたあとに白樺は眠ってたようですね。

その後白樺はシャワーを浴びながら、37歳にして初恋が叶った幸せをかみしめています。

もうね・・・白樺の憲剛大好き!があふれ出てます。

シャワーを浴びたあとも憲剛のところへ行ってチューしたり。(この時はたばこを憲剛が吸っていたので、マンションでは吸えないと言いに行ったという経緯はあるのですが)

「ホントお前 俺の事好きな」

ってセリフの時の憲剛のカット・・・かっこいい~((ノェ`*)っ))タシタシ

彼が受なのがまたたまらないですよね。

でそのあとに・・・

「一回結婚したくせに」

って口をそろえていうの。

白樺には憲剛が言うセリフがわかってたみたい(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

「本当に引きずりますね」

「ちがう」

「君こそ僕のこと大好きですよね」

「ヤメロ」

「憲剛」

そう白樺に名前を呼ばれたら・・・憲剛もね(⌒∇⌒)認めちゃいますよ。

わかることは・・・・お互いとっても大好き!ってこと。

せっかくシャワー浴びたのに、またベッドへ。。。

エロはたっぷりあります☆ここはぜひ先生の絵で!!!

男やもめも花は咲く

この傷の夢を見た気がします

「疲れた・・・」

「言わんこっちゃねぇな」

第2ラウンドが終わってお疲れモードの白樺。

それでも疲労感よりも充実感の方が大きいと言います。

メガネを外しているので憲剛の顔を見るために近づいていきます。

「何だよ」

「顔がよく見えなくて」

「僕がうなされてたって本当ですか?」

冒頭の夢の時ですが、うなされてぼそぼそ言ってたようです。

憲剛はそんな白樺に、何か悩みがあるのか?と尋ねます。

「この歳まであなたの事でずっと悩んでましたよ」

「ハハッ」

笑う憲剛をじっと見つめます。

「どうしたよ」

「この傷の夢を見た気がします」

そう言って憲剛の目の付近にできた傷に触れます。

「また昔の夢を・・・」と少し呆れ気味の憲剛ですが、白樺ははっきりとは覚えていないけど、あまりいい夢ではなかった気がすると。

(ああ だめだ 近づくだけ欲してしまう どんどん良く深くなっていく)

(気持ちが重すぎて 憲剛は離れてしまったらどうしよう)

そんな風に感じていると・・

「とーま」

と憲剛が顔をパンと軽くたたき、白樺を見つめます。そんな憲剛に・・・

「・・・好きです」

「ははっ 今更!!」

そろそろ起きるかという憲剛に・・・白樺はチュっと首元にキスマークを。

この二人の会話はけっこうな萌えが詰まってるので、注目して読んでほしいです!!!

ちょっと会話を端折ってますが、二人ともが純粋にお互い大好きなのだな~ってわかると思います(n*´ω`*n)

組にやってきた人物は・・・!?

黒々組にて。

憲剛が戻ってくるのを待っている伴田たち。

そんな彼らの前に・・・

「お 俺の知らねぇヤツがいる」

とやってきた人物が。

「まぁ あたり前か 10年以上振りだしな」

「えっ お前」

伴田くんはわからなかったようですが、坪井さんはわかってるようですね!

「黒井サンいる?」

とラストで顔ははっきりとわかりますが、なかなかかっこいい子でした。

この子が憲剛の傷と何か関係あるのかな・・・

睨めば恋
今日も感じる鋭い視線───

感想まとめ

だいぶ端折ってしまいました((ノェ`*)っ))タシタシ

エロいっぱいだったので☆

あと今回はブサメンいないのかな~って探してたのですが・・・

もし。。。もしいたとしたならば憲剛がたばこを吸ってたシーンにあった室外機のところかな(-_-;)

あれはネコちゃんの手に見えるけど。

今回はいないかもしれないから自信ない~。

またブサメン登場してると嬉しいな♪

ということで・・・今回は1話ということで、ラスト登場した人物が憲剛とどんな関わりだったか、そしてどう関わっていくかによってお話が色々と変わっていくのかなと思います。

憲剛もかっこよかったですが、ラストの子もやんちゃそうでなかなかかっこいい子でした。

白樺が霞みませんように。

といっても白樺の執着が霞むってことはないと思うけれど、できれば今回の新章は・・・憲剛→白樺がさらに濃くなるようなエピになっていってほしいです!

電子書籍

GUSH

今までの紙・電子まとめとラインナップなどのまとめはこちら。

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

Comment

  1. Hoge より:

    この作品も大好きだから、新章が始まって嬉しいです。ほんとに、憲剛が受けっていうのがいいですよねー!!
    開始10ページ目くらいの先生のコメント欄によれば、ブサメンは内容の都合により(ほとんど室内だから?)、初回はお休みみたいですよ。次回!って書いてあるから、今後楽しみですね♪

    • 藤雪Fujiyuki より:

      Hogeさん(*^_^*)
      こんにちは~。
      >開始10ページ目くらいの先生のコメント欄
      あら・・・見落としてました(≧∇≦*)そうなのですね~
      では・・・あの室外機の手に見えたような物体は・・・(笑)
      >ブサメンは内容の都合により(ほとんど室内だから?)
      確かに!!!と少し笑ってしまいました★次回から登場ならまた探す楽しみが増えます♡
      教えていただき、ありがとうございます♡

    • Hoge より:

      室外機の排水用のホースかも?と思いましたが、どうでしょうね。
      ブサメンの手だったらめちゃくちゃかわいいですが、弁護士も若頭も高層階に住んでるイメージだから、デブ猫には登れないかも…(^^;;

      • 藤雪Fujiyuki より:

        Hogeさん(*^_^*)
        ホースしかないですよね★ちょうど猫の足に見えたので・・・
        >デブ猫には登れないかも…(^^;;
        Hogeさんのツッコミがいつも面白くてふふって笑ってしまいます。確かに!!!
        一応はのぼってみようかなと必死に頑張るけど、身体が重くて断念するブサメンまで想像してしまいました(笑)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2020 All Rights Reserved.