BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【白刃と黒牡丹2】8話(ネタバレ注意)感想/GUSH9月号-ゆくえ萌葱

 
白刃と黒牡丹
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

GUSH9月号に掲載、ゆくえ萌葱さんの【白刃と黒牡丹2】第8話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の8話は【白刃と黒牡丹2】に収録予定です。

白刃と黒牡丹2巻8話 GUSH9月号

GUSH9月号
掲載P数 32P
満足度
この雑誌をよむ

今号の簡単なあらすじ・ポイント

  • 二人のやりとりを聞いてしまった伴田くんは・・・
  • 憲剛の目の傷ができたわけ
  • 憲剛の白樺への想いが試される!?
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

【白刃と黒牡丹2巻-8話】ネタバレ注意・あらすじ/感想

白樺➨憲剛が強すぎて・・・切ない~。でも憲剛も大好きだとは思うのでこれからが大注目です☆

すっごく面白くて・・・ドキドキしてしまいます。憲剛かっこいい・・・。赤羽には盛大な当て馬くんになってもらわなくては!

8話の内容

伴田くんの悩み

憲剛と赤羽のやりとりを聞いてしまい、自分はどうしていつも間が悪いんだ!と頭を抱える伴田くん。

そんな伴田くんに坪井さんが『何やってんだお前』と声をかけます。

そして・・・見聞きしたものを話します。

和室で赤羽が憲剛に『黒井さん俺と寝てみねぇ?と言った後の続きがここでわかります。憲剛は受け流そうとするのですが、『白樺さんと寝れるって事はおれとも寝れるよね?』と言われ、そして白樺と寝ているのは彼に同情してるからじゃないのか?と言われます。

『黒井さんってお人好しだもんな』

それを聞いて憲剛は・・・『ちゃんと空気は読めよ』と思いっきり赤羽にでこピン。

このやりとりを伴田君は近くで聞いていたのですね。出てきた赤羽は『白樺さんにチクってもいいぜ』となんだかご機嫌。

どうしていいのかわからず、坪井に話した訳です。そして、赤羽とは何者なのか!?と尋ねます。

『紅尾組の次期若頭だって・・・』と言う坪井に、『それだけじゃないっスよね 顔の傷の原因だって白樺さんが言ってた』と。

そう言われて、目の傷がどうして出来たのかを坪井が話し始めます。

憲剛の目の傷は赤羽のせい

赤羽が黒々組に来たのは11年前。彼が高校を卒業した時に来たようです。

恐喝・暴行・詐欺に窃盗・・・手が付けられなくて、半グレみたいになってた彼を当時若衆頭だった憲剛が面倒をみたのだそう。

憲剛は怒鳴るのでもなく、説教するのでもなく・・・でも手綱だけはしっかり引いていて、自分の背中を見せていたとのこと。

1年経つと、立派な忠犬になったようなのですが、彼には悪癖がありました。それは『女癖』。

どうやら相手のいる人を好むようで・・・寝取られてブチ切れた男が仲間を連れて殴り込んできたのですが、それがどうやらヤクザ。(砂川会)

憲剛は、赤羽に『どう落とし前つけるんだ』『お前がまいた種だ』と言うのですが、赤羽は自分一人では組同士の抗争は止められないと・・・自分がしでかした事の大きさに気付きます。

このまま黒々組を黒井ごとぶっつぶせ!と威勢良く突進してくる彼ら。

その時・・・憲剛の目が切られてしまうのですね。実際は、切られると分かってたはずなのに憲剛は避けなかったみたいです。

憲剛は自分の片目で収めて欲しいと、その場を静めたようです。

赤羽はこれを機にだいぶ大人しくなり、ちゃんと考えて動くようになったのですが・・・その傷を負った時に白樺も近くにいたようで。

だから白樺にとっては面白くない。

大好きな人が目の前で傷ついて、その原因になった赤羽が10年ぶりに現れてまた憲剛にベッタリくっついているのですから。

睨めば恋
今日も感じる鋭い視線───

白樺応援隊

残業している白樺にある電話が。それは伴田くんからでした。

『白樺さん!!すぐ来て 赤羽さんアニキがとられる!!』

憲剛はというと・・・どこかお店で赤羽と飲んでいました。しきりに赤羽は、憲剛の家に行こうとしています。

『コラーッ アニキ酒弱いんスから もうススメないでください』

白樺を呼んだから、余計な事をしないでとガードする伴田くん。

『俺は 二人がくっつくまでずっと見てたんスよ』

二人を応援しているのだと言います。でも赤羽は・・ずっと白樺をうざいと思っていたと。

ここで・・・『奇遇ですね』と白樺登場。

『僕もずっと君が目障りでした』と。。。走ってきたのかな!?と思うほどに息が上がっています。

白樺は、憲剛にどうしてこんなに飲んだのか?と言うと、伴田くんがここは赤羽のお店なのだと教えてくれます。そして赤羽は・・・成長した姿を見て気が緩んだんじゃねーの?と。

『黒井サンって優しいからさ』

そう言って、本当に二人は好き合ってるのか?と聞いてきます。

白樺の勢いに押されて同情で付き合ってくれてるんじゃないのか?と・・・。

好きでいる事しかできない

マンションへ戻った二人。憲剛は潰れています。

憲剛を介抱しながら、先ほど赤羽に言われた事を考えている白樺。。。

自分にとってとても気がかりなところを彼に突かれたと。

【黒井サンが同情で付き合ってくれてるんじゃねぇの?】

自分の執着に、憲剛が根負けしてくれたのかもしれないと。なぜなら・・・キスもセックスも誘うのはいつも自分(白樺)からだから。

そして赤羽のために傷を負ったのに、それでもなお面倒みている事に対し嫉妬をしている事も自覚します。

それでも好きでいる事しかできない。

本当は不安だけれど、信じるしかないと白樺は思っていて・・・・・

感想

やっぱり赤羽よりも白樺派

今回読んでて・・・赤羽のヤンチャぶりにびっくり。

相手の居る人に手をだしてしまうクセは・・・今でも治っていないようですね。

きっと、憲剛と白樺が付き合ってると知って悪癖が顔を覗かせてるだけのような気がします。

フラれてもフラれても一途に想い続けてる白樺とは全然タイプが違う~~~~~!!!寝る事が目的の赤羽と、白樺とでは大きな違いがあるなぁって思ってしまいました。

そりゃ・・・ビジュアル的には赤羽が好みですけど・・・相手への執着や好きの度合いでいったら断然白樺派です。

伴田くんじゃないけれど、二人を応援してるし白樺じゃないと嫌だなって思いました。

それに・・・憲剛も白樺の不安みたいなものは感じ取ってるのでは!?って思うのですけどね

白樺は自分だけがずっと好きだと思い込んでるけれど、ちゃんと憲剛だって好きだと思います。

こういうのってなかなか形には見えないものだけれど、ちゃんと伝えてあげて欲しいですね。ちょっと白樺が可哀想かな・・・って感じてしまいました。

伴田くんはこれからも近くで二人の事を応援していて欲しいです♥かわいいなって読みながら思いました。

好きを形にするには

白樺の不安というか、気になる憲剛の気持といのはなかなか形には見えないものなのですよね。

【本当に好き合ってんの? 勢いに押されて同情で付き合ってくれてるんじゃねぇの?】という赤羽の言葉は、白樺がいちばん気にしてる事なのだろうなと。

実はこの二人の会話を憲剛は聞いていたのですよね・・・。

憲剛の気持ちはどのようにしたら白樺に伝わるんだろう!?って考えるのですが・・・

【好き】という言葉でもこの白樺の不安は払拭できないような気がします。

だからこそ・・・ここで背中の刺青が出て来るのかな~と。

白樺の好きな色とは言っていたのですが・・・白樺への想いがわかるような色がくるのではないかなって思います。

今さらなんですけど・・・こんなに憲剛の事大好きなのにどうして白樺って結婚したのでしょうね。。。

憲剛がどんな反応をするのか気になったから!?とかでしょうかね。

今回のブサメンはけっこうな難易度!?

毎回楽しみにしているブサメン探し☆

今回は見つけた時に思わず笑ってしまいました。そこ!?!?みたいなところにいました(笑)

面白い~!!!

コミックスだと小さくなるから、さらに探すの難度あがるのでは!?って思ってしまいます。

2箇所って巻末のほうで書かれていたのですが・・・なっかなかあと1箇所が見つけられず(^_^;)

何往復もして探しました・・・探して・・意外にワタクシ難易度の高い方先に見つけたんだなぁ~って(笑)。

こういうのって見つけやすいところの方が気付かないものなんですね・・・(≧∇≦*)

さすがに過去にはいないだろうなと思っていたのですが・・・必死になって探してしまいました。

次話も頑張ってブサメン探ししようと思います♥

男やもめも花は咲く

まとめ

赤羽の登場で、白樺の想いが試されるのかと思いきや・・・憲剛の想いが試される展開になってきましたね!

ワクワクします。

憲剛がどのような形で自分の想いを白樺にみせるのか。

白樺も自分の想いが強い分、憲剛の気持がなかなか見えないのだろうな~って思ったりはします。

ただ、ラストで不安でも信じるという気持が素敵☆

早く次話が読みたいです。

次話はGUSH10月号に掲載予定です。

電子書籍

GUSH

今までの紙・電子まとめとラインナップなどのまとめはこちら。

白刃と黒牡丹

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。
コメント時には、最後の計算の答えを入力してから投稿してださい(*^_^*) もし、何度もコメントが弾かれるということがありましたら、拍手ボタンからコメントが送れるのでそちらか送ってみてください★ ご不便をおかけしますが、よろしくお願い致します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2020 All Rights Reserved.