BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【花恋つらね 8巻】53話(ネタバレ注意)感想-夏目イサク/ディアプラス2022年4月号

 
花恋つらね
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

ディアプラス2022年4月号掲載、夏目イサクさんの【花恋つらね】53話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

53話は【花恋つらね 8巻】に収録予定です。

弁天小僧を演じることになった惣五郎ですが、、、役に関してはピンチ!な感じです。

最初から上手くいく人なんて少ないし、こういう辛い稽古があってこそ本番で光ると思うので頑張って乗り越えていってほしいですね。

花恋つらね53幕 ディアプラス2022年4月号

ディアプラス2022年4月号
掲載P数 14P 
満足度
この雑誌をよむ
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

1分で読める!53幕の簡単なあらすじ

8月に入り、弁天小僧の稽古が本格的に始まる。
全体稽古までは身内だけの稽古になるが、ここで惣五郎はかなりキツいダメ出しをくらうことに。

武市はそんな惣五郎に、いつもの10倍厳しいと思え、なんといっても「大歌舞伎」で初主役。「菊右衛門」を目指しているのなら避けて通れない道なのだからと言う。

惣五郎も、これは松川菊右衛門になるための第一歩であり、それは源介の一番の相方になるための特大チャンスでもあるのだと感じる。

研究、稽古の繰り返し。

が・・・先輩役者からは、惣五郎には悪党っぽさが弱すぎるのだと指摘される。

なかなか弁天小僧の役柄が掴めない惣五郎は・・・源介のマンションへ。

「充電しにきた」

そう言って源介補給。

ここから上手くいくかと思いきや、現実は甘くはなく。菊右衛門からは厳しいことを言われて・・・!?

【ネタバレ注意】花恋つらね8巻53話 感想

今回は短かったので、それほど進展はなかったように思います。

源介と惣五郎の関係については、今回の弁天小僧で惣五郎が躓きそうなので、その時に彼がどう思うかで変わっていきそうですね。

どちらかというと源介は覚悟が決まっている分、安定感あるなぁ。。。と思ったり。

惣五郎の方が今まであまり壁にぶち当たっていないので、今回はかなりの試練になるような気がします。

惣五郎も「源介の一番の相方に」という気持ちを忘れずに頑張って欲しい。

惣五郎の弁天は悪党っぽさが弱い

これ、ちょっとわかる~~~~~~!と思って笑ってしまいました。

だって、ピュアそのものなんですよ惣五郎って。ピュア100%の純度だから悪党っぽくっていってもね・・・そしてにじみ出る品がね( ´艸`)
これは苦労しますね。

菊右衛門さんからも「そんなお上品な弁天はいらないって言ってんだろ」と言われてしまってます。
惣五郎の中でまだキャラ設定も不安定なようなので、何がきっかけで自分なりの弁天小僧ができあがるのか楽しみですね。

惣五郎の充電にキュン

弁天小僧で行き詰まった惣五郎は・・・源介のマンションへ。

「充電しにきた ・・・ぎゅってして」

っていう惣五郎!!!むちゃ可愛いので注目してみて☆
ちょっと前なら言わなかったセリフのような気がする~。

そしてぎゅってしてって言いながら自分から抱きついちゃうのがたまらん!!!

源介が「なになに なんのご褒美?」って言うのは笑ってしまうし、ここのシーンが今回一番好きです。

『充電だよ!お前もぎゅってして』

『待っていきなり めっちゃかわいいんだけど!』

というバカップルぶり♥

でも相談ができたりするのは、同じ役者だからなのですよね・・・それはすっごくいいなぁと思いました。

お互い役者だから色々な苦労もわかるわけで。

惣五郎も源介が悩んでいた時に自分が言った言葉を思い出してましたね(^_^;) 

今回は二人のイチャコラはチュー♥しか読めませんでしたが・・・惣様はお泊まりだったようです(≧∇≦*)

しっかり充電してさぁ稽古!

なのですが・・・そううまくは行かず。

惣五郎にのしかかるプレッシャーは大きくなるばかり。

今回はこれで終わりです。

感想まとめ

源惣カプに関しては安定してます☆きゅんきゅんしちゃいますね。

お互い好きっていうのが溢れてて、読んでてほっこり。

でも!大役である「弁天小僧」ではまったく上手くいっていない様子。

惣五郎の課題としては、弁天小僧が上品すぎるので「男」をもっともっと出さないといけないのだろうなぁと。

そして「悪党っぽさ」なんですよね。

綺麗な女性から悪党である男に変化する、そのギャップがみどころなので・・・それを惣五郎がどう演じるのか楽しみです。

全然想像つかない笑

惣五郎は。。。立役やっても上品なんじゃないかなって思うくらいちょい悪な男をやるイメージがわかない。

まぁそれがいいのでしょうけどね。その惣五郎が演じるからこそ弁天小僧が映えるのかも!?

う~ん、これは・・・立役も女形もやったことがある蔦丸が惣五郎にいいアドバイスしてくれるパターンかもしれないなとちょっと思いました。

それにしても・・・惣様の弁天小僧は話題になりそうですよね。

早く続きが読みたいのですが…次号は休載っぽいです。お名前がありませんでした。

54話は早くてディアプラス6月号に掲載予定です。

電子書籍

雑誌系もオススメ!BookLive
初回登録で50%OFFクーポンGET!
50%なのでより値段が高いコミックスが狙い目ヨ
招待コード【94626687】入力でさらに20%還元!
新規登録してから30日間に購入した作品の20%がポイントで還元されるヨ
招待コードの入力は、会員登録後にマイページ➨友達招待➨招待コードの入力を開いて【94626687】を入力。 ここで招待コードを入力しないと(自分のコードではダメ)20%還元されないので要注意!
初回以降はクーポンガチャにもチャレンジ!
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

Comment

  1. 藤雪Fujiyuki より:

    かのんさん(*^_^*)
    こんにちは~!コミックス準備かもしれませんね☆
    花恋もそろそろ8巻分たまるのかな!?と思うのですが。。。どうでしょうね。
    惣五郎は上品すぎて、男だとバレた時のギャップをどう表現するのか気になります。
    いっそのこと、同じようにしなくても上品なままで突き抜けてもいいような(笑)
    立役まわってきたらそれはそれで面白いですね( ´艸`)
    付録は・・・生活能力ゼロの惣様に笑ってしまいました☆
    今回は本編は短いけど、付録もあるし十分楽しめました!早くかのんさんが読めますように~♥

    • かのん より:

      お疲れ様です(*^^*)
      読みました!惣ちゃん覚醒出来るでしょうか?
      散々な言われようで源介も巡業だしかなり、しんどい展開ですね。
      源惣の関係は安定で『充電しにきた…ぎゅてして』
      可愛過ぎて(*^^*)
      いつもは源介が甘えてる感じだから新鮮w
      小冊子、西田も分かってたけどボンボンなんですねヒロト召喚してんの笑いました。
      下心の為に生活能力アップしてる源介その内、料理の腕前、凄い事になってそう(惣ちゃんは0のまんま)www

      • 藤雪Fujiyuki より:

        かのんさん(⌒∇⌒)
        こんにちは!お疲れ様です♡
        読まれましたか!!!何がきっかけで覚醒するかはわかりませんが、
        惣五郎しかできない弁天小僧になると思いますヨ。
        しんどい展開ですが・・・ここで自分には源介が必要だと改めて感じるエピになればいいなって思います☆
        >源惣の関係は安定で『充電しにきた…ぎゅてして』
        可愛過ぎて(*^^*)
        そうなのですよ~すっごくかわいいですよねこのシーン!
        西田はそうですよね。でもマンションとかも持ってましたし、ボンボンですよね☆
        >下心の為に生活能力アップしてる源介
        想像してしまって・・・ふふってなりました。惣五郎が生活能力なくても源介が極めればいいですよね((ノェ`*)っ))タシタシ

  2. 藤雪Fujiyuki より:

    えすむらさん♥
    こんばんは~!カラー綺麗でしたね~。
    ちょっと普段のカラーとは違って見えました。絵のタッチでしょうか!?
    そして!!!詳細プリーズは禿同←死語・・・笑

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2022 All Rights Reserved.