BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【酷くしないで 9巻】④(ネタバレ注意)感想/マガジンビーボーイ5月号掲載-ねこ田米蔵

 
酷くしないで8巻
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

マガジンビーボーイ5月号掲載、ねこ田米蔵さんの【酷くしないで9巻】4話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

ネムくんに距離を置きたいと言われてショックが隠せず、スゴイ状態になってた真矢ですが・・・前回からやっと変化が。今号は・・・とってもよかったです。

離れたからこそ、必要なことがわかったのかなとおも思える展開。

ルカはネムくんが邪魔だと思っていたけれど、真矢には彼は必要なんだとわかってくれたようです(*^_^*)

酷くしないで マガジンビーボーイ5月号

マガジンビーボーイ5月号
掲載P数 33P
満足度 ★★★★☆
この雑誌をよむ

酷くしないで9巻④ 簡単な感想

  • 返信するタイミングもわからなくなってしまったネムくんは諦めモード。
  • ネムくんの前に現れたルカですが・・・
  • メールとや電話と直接会って話すとでは全然違うと言われた真矢は、まだやれることがあるとわかって・・・
  • 真矢との思い出に涙するネムくんに涙
  • やっと次話でイイ展開が拝めそう!
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

【ネタバレ注意】酷くしないで9巻④話 感想レビュー

今回は次話がすごく楽しみになるような展開でしたね!

ネムくんの涙にうるっときました。あのメモのやりとりがここで出て来るとは!!!

あと・・・真矢の方でメールと直接会うというのはやっぱり違うという話が出てきましたけど・・・これって現代のあるあるだなぁと。

メールで何でも伝えられると思っている人もいると思うけれど、やっぱり直接って違いますもんね。

顔を見て目を見て話すだけで伝わるものもありますし。

文字では細かな感情が相手には伝わりにくいですよね、

真矢はそこに気づくことができてよかったなぁって思います。

あとルカは・・・ちょっと個人的には苦手なキャラになってしまいましたが、ルカの気持ちもわかるかなと。。。

喘息という持病があるルカは、自分の思い通りにできないことが色々とあるのですよね。

だからこそ、やりたいことへの執着って強いのではないかなと思ったり。

そんな時にこの人だ!と思える真矢が現れたので勝手に自分の分身だと思い込んで執着していたのだろうなぁ。。。と。

そうそう・・・先生のコメントでも次回でやっと仲直りと書かれていたので!!!次回はすっごく期待大。

わくわくします☆

今号ラストはやっとネムくん・真矢が会いますヨ。

これから下は本編に沿っての感想ですのでこれ以上ネタバレはいやという人はここでSTOP!

ルカとネムくん

返信のタイミングを完全に失ったネムくんは・・・せっかちな真矢のことだからもう待っていないよね・・・とどこか諦めモード。

そんな彼の元を訪ねてきたのは・・・ルカでした。

訪ねて来たというよりは、大学に用事があって来たときにネムくんを見かけた、という方が正しいかもしれません。

できればもう会いたくなかったとそっけない態度をとるネムくんに、真矢の近況は気にならないか?と。

「どうして僕に話すんですか?」

と今まで邪魔扱いしてきたのにとちょっとムっとして言い返すと、ルカは「君の方はもう真矢とは終ってるの?」と・・・

その言葉に更にカチンとくるネムくん。

「終ってません! どうしてそんなこと聞くんですか!?」

「俺だって真矢を手離せないからだよ」

宙ぶらりんでいつまでも待たせるのは真矢がかわいそうだと言うルカ。

「だからここで決着つけない?」

門まで走って負けた方がすっぱり諦める!と条件を出し・・・

いやいやいや・・・真矢の気持ちはどこへ!?と思ったけれど・・・ルカの状態を分かっている人ならこの「門まで走る」という勝負は結果ありきの勝負だと言うことがわかるかと思います。

ネムくんも決して足が速いほうではなく、むしろ遅いほうなのですが・・・

こんな馬鹿げた勝負で真矢を諦めるなんてできない!と必死で走ります。

すると途中でルカは、喘息のために息苦しくなり膝をついてしまいます。

ルカは、門まで走るのはキツイとわかっていながら走ったわけですね。

だから、この勝負はネムくんがのってくればネムくんの勝ちだったの。ルカにとっては、勝負がどうというよりは・・・この勝負にネムくんがのってくるかどうかを確かめたかったのだと思います。(多分)

そしてルカは、自分がどうして真矢に執着していたのかをネムくんに話します。

自分の体が言うことをきかなくて、人の半分の力でしか生きていけないこと。

そしてそんな自分の前に真矢が現れて、真矢とならやりたかったこと、諦めて居たことがなんでもできるような気がしてわくわくしたこと。

でも、真矢にはネムくんがいて、いつか真矢のストッパーになるような気がしてネムくんを試したということなどなど。

ネムくんはそれを聞いて、実際にストッパーになってしまったということを話します。

だからそれが怖くて、また不安になってやってしまうかもしれないと。。

真矢の楽しいことを奪って遠回りさせたり何かを諦めさせたり、そんなことをしてしまうかもしれないと涙を流して話します。

そんなことしてはダメだとすごく思っているから余計に、真矢にガマンさせてしまうようなことを言った自分が許せなかったのでしょうね(T^T)

それをきてルカは、ネムくんがいれば真矢はそれでもいいのかもしれないと感じます。

「今の真矢を見せたいよ 魂の抜けた人形みたいになっちゃってさ」

ネムくんがいれば10周20周遠回りさせたところで、今よりもマシなんじゃないかなとルカは言います・。

直接会うということ

真矢の場面。

仕事をこなしている真矢。

ザワさんに先方から渋られてるんですが。。。と報告が。

「ソレ電話?」

「メールです」

ザワさんはそれならば今から会ってくると言ってすぐに出掛けようとします。

「アポとっとけ」

「えぇ~!?」

でもザワさんは顔みて話してダメなら次の手を考えると。

2週間で5回もメールしたのに無駄足ですよ!と言われるのですが、時には顔見なきゃいけないこともあるのだとザワさんは言います。

そして、ちんたら待ってもらえなかった快諾を1時間でとってやると。

ここで真矢が動きます。

「ザワさん やっぱ・・・直接会うのとメールじゃ・・・全然違うもんですか」

ザワさんは・・・文字は視覚しか刺激されない、絶対逃がせない相手には会って相手の五感を揺さぶるのだと答えます。

それを聞いて、真矢は色々と今までのことを振り返ります。

フラれることばかり考えて、自分のことしか考えてなかったのではないかと。

(俺は どんだけあいつの事 想ってるのか伝えたか・・・?)

ネムくんの涙

ネムくんの場面。

ルカはあれから落ち着いたようで。。。。ネムくんとはあの後別れたようです。

一人になったネムくんは、ルカの言った言葉を思い出します。

『こんな宙ぶらりんで いるまでも待たせるのは真矢がかわいそうだ』

早く返事をしなくては・・・と思いながらルーズリーフと取り出しカチカチをシャーペンの芯を出していると・・・あるものが目に入ります。

それは。。。真矢がネムくんの大学に来て一緒に授業を受けながら書いた文字。

8巻でこの場面は読めると思います。

ふと真矢を思い出し、どうしようもない気持ちになるネムくん・・・

(会いたい・・・会いたい・・・!!)

涙が溢れます。

(ただ 君に会いたい・・・)

思いっきり泣いたネムくんは、その後気持ちを落ち着かせ真矢へ返事をしようとスマホとにらめっこ。

返信しようとするけれど、文章を入力してみると別れっぽくも感じるしと少し考え、次は素直な気持ちを入力します。

(すごいく君に会いたい)←これは心情でもしかしたら入力した文字とは違うかも!?

でも素直な気持ちをうとうとしているので、これかなぁ・・・と勝手に決めつけ(笑)

震える手で送信を押すと・・・

すぐそばでポロンと着信音が聞こえます。

「え・・・」

音のする方をみるとそこには・・・

感想まとめ

色々と気付きのあったエピでしたね!

でも大事なのは素直な気持ちで接するということと、それを直接言葉にして伝えるということなのかなぁと。

二人って実は「好き」というのをあまり言葉にしてこなかったのね・・・と改めて。

なんとなくラブラブだから言ってる気もしてたけど、違ったんだなぁという気付きがあってそこも個人的にはおもしろいなぁと。

モヤモヤしたところもあったけれど、なんか次話は仲直りって文字みるとそれだけでもういっか~!!!って気持ちになります(笑)

ルカは、負けた方が諦めると自分で言ってたので・・・最初から諦めるつもりでいたのかなと(結果ありきの競争持ち出していたので)。

なのでこれ以上ルカが二人の邪魔をすることはないと思います。

途中、ルカは嫌なヤツだと嫌いになりそうだったのですが・・・途中で書いた通り、ルカにもやりたいことがあってそれを病気のために色々諦めてきたという過去がありますよね。

諦めてた事ができるかもしれない!と思ったら・・・そりゃどうしても手に入れたいし邪魔は排除したい、そういう気持ちがわき起こっても不思議じゃないなぁとちょっとルカ視点で読んでそう思えるようになりました。

というのは。。。次話で絶対ラブラブに戻るという安心があるからなのですけどね(笑)

はぁぁぁ・・・・次話が本当に楽しみです。

終りよければ全ておっけーよ!思いっきりラブラブな二人を拝ませてください~。

できれば!!!真矢→ネムちんがむちゃくちゃわかるような・・・言葉責めでお願いします。

読んでるこちらが恥ずかしくなるくらいの甘々で!!!

思いっきり甘々で!!!←しつこい(笑)

次話は絶対買いだと思います。間違いない!

電子書籍

マガジンビーボーイ
酷くしないで(8巻まで配信中)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2019 All Rights Reserved.