BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【犬と欠け月3巻】16話(ネタバレ注意)感想/Cab vol.61-ウノハナ 『あいつはおれだ』

 
犬と欠け月 ウノハナ
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

Cab vol.61掲載、ウノハナさんの『犬と欠け月』第16話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の【16話】は【犬と欠け月3巻】に収録予定です。

柳井がジムを去ることになったのですが、その前に岳と一戦を交えることになりました。

今回は柳井と打ち合いをしているところから始まっています。

犬と欠け月16話 Cab vol.61

Cab vol.61
掲載P数 26P
満足度 ★★★★☆
この雑誌をよむ

犬と欠け月16話 簡単な内容・感想

  • 柳井と一戦交えた岳は・・・
  • 柳井の新たな出発
  • 最後は久々のエロ♪
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。
犬と欠け月
犬と欠け月
心が溶けて体中から溢れて、あんたに伝わればいい――。
目の怪我で引退を余儀なくされた元ボクサー・一弥と、一弥を慕い、彼のためにリングに立つ従順で無口なイヌ・岳。

【ネタバレ注意】犬と欠け月16話 感想レビュー

やっと二人の蟠りもなくなりましたね。

柳井がこれで居なくなってしまうのかと思うと寂しいです。柳井も含めて一緒に世界を目指してもいいのではないかなと思っていたので・・・

でも柳井にとってはここからがまた新たな自分との闘い。

その勇姿もぜひ読んでみたいですね。

今回はエロありでしたが、ちょこっと切れた感じがしたので次回もエロがもしかしたら入るのかな?と思ったり。

そして!!!!巻末の先生のコメントを読んだら次話が最終話ですって。私も寂しいです。

次話は次いつの掲載になるのかはまだわかりませんが・・・読みたいような寂しいから読みたくないような(T^T)

ということで・・・ここから下は本編の流れに沿った感想です。ネタバレこれ以上不要という方はここでSTOPしてくださいね。

石橋防衛隊(個人)
石橋防衛隊(個人)
守りたい、そのうなじ。

強面の某大生・国分寺は、厳しい訓練に耐えている。
すべては友人の石橋を守るためだ。
天使の笑顔にしなやかな身体──
授業中や部活中はもちろん、休日も彼に危険が及ばぬよう、
常に注視していなくては!
愛しの石橋のため、国分寺は本日も奮闘す!!

ずっと忘れられない初恋の相手みたい

柳井と打ち合いをしている岳。そんな二人の姿を見て「なんでこんな事になったんだか」と楽しそうにしている会長。

そして話は岳と一弥が話している過去に戻ります。

「すみません一弥さん おれ嫉妬してました」

「柳井さんと一弥さんに・・・」

「嫉妬?」

岳から意外な言葉を聞いて驚く一弥。

岳は二人の間には割っては入れない何かがあると感じていたと。

「目に見えない磁石みたいに引き合っててなんか・・」

「お互い告白できずにずっと忘れられない初恋の相手みたいですね・・・」

「はぁぁぁ!?」

一弥は驚いていたけれど、けっこうしっくりくる表現だなぁと思いながら読みました。特に柳井なんかはその傾向が強いような気がしますよ(*^_^*)

一弥はどうかはわかりませんが笑

「だいたいちょっかい出されてたのはお前だろうが」

そして柳井が岳にちょっかいかけてたことを思い出しまたムカついてしまいます。

そんな一弥を嬉しそうに見つめる岳。

一弥はゆっくり岳に近づき頭をなでてから抱き寄せ・・・・

久々のキスにキュン♡

今回は岳からでした!

この回想は柳井との一戦の前日みたいですね。

自分がリベンジしてやると言った岳ですが、一弥は現役じゃないからってナメんなよ あの人めちゃくちゃ強かったんだぜ」と言います。

「一弥さんの次にでしょ?」

このセリフに一弥もクッと笑って・・・

「違いねぇ」

あいつは俺だ

「岳っ」

回想していた一弥がはっと気づくと、柳井からパンチをくらったあとに肘もくらいロープによっかかる岳の姿が。

反則を取れ!とレフリーに言う一弥ですが,柳井は「正攻法だけじゃ勝てねぇんだよ」と。

「リスク管理が足りねぇぞ」

わりと落ち着いている岳の横で・・・一弥がもの凄く捲し立てているのがおもしろかったです。

会長にも「落ち着け一弥」って言われるくらい(笑)

そんな一弥を見て「大丈夫っす一弥さん 次で終わりです」とゆっくりリングの中央に岳は戻っていきます。

その姿を見て一弥は思うのですね。。。

(あぁ あいつは 俺だ)

現役時代の自分と岳が重なります。

そして・・・岳は柳井から見事ダウンを奪います。

現役を退いてから随分経っている柳井にとってはかなり体力的に限界がきていたようです。

腐ってもボクサー

岳に敗れた柳井は・・・

「あ~クソやっぱり現役には歯が立たねぇか」

そう言って寝そべります。

そして「意外だったなぁ」と自分自身を振り返っていました。

「「死ぬほど悔しい」って感情 俺にもまだこんなに残ってたなんてな」

「腐ってもボクサーか・・・」

一弥は柳井のその言葉を聞いてそれならばボクシングを続ければいいと言います。

でも柳井は、引退して何年も経ってるしこんな歳でみっともないと。

「みっともねぇ? 俺は年取っても腕も足も動かなくなって引退しろジジイなんて罵られようが」

「リングの上で死にたかったすよ ボクサーとして」

これは・・・ボクシングを諦めるしかなかった一弥の言葉だからこそ響くんですね(T^T)

「あんたにはそれが出来んだろ 柳井さん」

この言葉に柳井の目にもなんだか闘志が戻ったような気がしました。

これから柳井はボクサーとしてまた復帰するのかしら。最終回でちょこっとでも柳井のこと出てきたら嬉しいですね。

まだ足んねぇのか?

柳井の事が終ったということで・・・久々のエロでした~。

と言ってもすでに始まっていた・・・・(T^T)

「どうした?疲れたか?」

「平気っす」

そう言いながら柳井との闘いを振り返る二人。

岳は本気は出していなかったみたいです。

そして一弥の口から「柳井さん」という言葉が出るとあからさまにムっとする岳。

「この状態であの人の名前ださないでください」

岳は柳井と一弥が初恋のひとみたいに・・・って感じに思っているから余計にいい気がしないのでしょうね。

でも一弥は逆に・・・柳井さんは岳に本気だったと思ってるようです。

これはどうなのでしょうね。

一弥と岳を重ねてみていたのならあり得るかなぁって思いますが・・・個人的には岳からみた二人の方がしっくり。

そしてまた岳から積極的に一弥を誘って・・・・。

「まだ足んねぇのか?何回やる気だよ」

って一弥言ってますが。。。何回やったのか知りたい(笑)

ラストはこれから!って二人で終ってしまいます。もっと二人の絡みが読みたかったです。

感想まとめ

柳井の事は区切りが付きましたね。

柳井がいなくなるのも少し寂しい気がしますけど・・・何より次話が最終話というのが本当に寂しい。

どんな最終話になるのでしょうね。

少し前に先生が入院されていたというのを知りまして。

漫画はもちろん読みたい気持ちはありますが、ゆっくり体調を整えてから復帰してくださると嬉しいですね。

多忙な先生方ですから。。。しっかりと休養も必要だと思います。ご無理なさいませんように。

ということで!また最終話が掲載されたら感想を書きたいと思います☆恐らくいつ掲載というのははっきりしていないと思います。

本当に最終回になってしまうのかしら・・・とまだ信じられない気はしますが・・・ストーリー的には柳井もいなくなりますしね。

ただ・・・・本誌では連載が終っても・・・・またJ庭で番外とか出してくれたら嬉しいです。岳LOVEなのでずっと読んでいたい作品です☆

電子書籍

犬と欠け月3巻 ネタバレ感想まとめ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2019 All Rights Reserved.