BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【花鳥風月 9巻】63話(ネタバレ注意)感想/ディアプラス10月号-志水ゆき『全部 俺のものだと証明したい』8巻その後のストーリー

 
花鳥風月 志水ゆき
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

ディアプラス10月号掲載、志水ゆきさんの【花鳥風月】第63話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の63話まで恐らく【花鳥風月8巻】に収録予定です。

【花鳥風月8巻】の発売も約2週間後になりましたね!!!10月1日が楽しみです!

ちなみに、花鳥風月に関してはアマゾンがオススメ。恒例になっているのですが、アマゾン限定で8Pリーフレットがついてくるのですよね。

雑誌に関してですが、今回はちょっと短め。でも!個人的には財前と吉利谷のチューがあるだけで大満足な回でした~。

そりゃもっともっと読みたい気持ちはありますが。。。コミックスの発売前に掲載があるだけでも嬉しいです☆

そして!!!嬉しい情報が掲載されてました★それは最後のまとめのところでお知らせします♪

花鳥風月8巻63話 ディアプラス10月号

ディアプラス10月号
掲載P数 10P
満足度 ★★★★★
(嬉しい情報もあったので)
この雑誌をよむ

63話の簡単なあらすじ・ポイント

  • 3~5分くらいの出来事。
  • 今回は少ないけれど、吉利谷×財前のチューが堪能できる。
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。
是
是-ZE-(全11巻)
志水ゆきの逃げられないLOVE DESTINY

【ネタバレ注意】花鳥風月8巻-63話 感想

今回は10Pと少ないのですが、チューがやっぱりよかった!!!

吉利谷の勘違い嫉妬も萌えたけれど、財前の含んだ言い方もちょっとたまらなかったです。

財前・・・吉利谷が勘違いして嫉妬してると知ったらどう思うかしら!?

以前、財前がずっと好きだったのは一見だろ?みたいな事を言われた時がありましたよね。あの時もバカはお前だと怒ったはいいけれど、しっかり否定していなかったような・・・

だから今もずっと吉利谷が誤解したままなのですね・・・・。あの時ちゃんと否定してれば良かったのかもしれませんが。

誰かの一番にはなれないと思い込んでる吉利谷だからこそ、財前が自分の事をずっと想ってくれていたなんて思いもしないのかもしれませんね。

あの怪我の時の言葉が原因とはいえ、ず~っと勘違いしてるなんて。早く財前も気持ち伝えてあげればいいのに。

この二人。。。まだ両片想い状態だったかな!?と思ってしまいましたよ。

財前も吉利谷のプロポーズは恋愛感情からきているのかもわからないと思ってる節がありますからね。

どういう状況になったら誤解がとけるのかしら。そういえばちゃんと好きだのと言った言葉は発してないからちゃんと伝え合って欲しいですよね。

ではここから下は雑誌の流れに沿った感想です。

ちょっと短いので言葉にするとすぐ終わってしまうかも。ただ、今回はキスシーンもあるので絵とあわせて読むとかなり萌えます★

お前が長年想っていたのは

吉利谷にトイレに連れ込まれたのが前話でしたね!

キスしたシーンからの続きでした。

吉利谷はキスしながら色々な事に悶々としていたのですね。

過去に当然恋人はいただろうとは予想していたけれど、元カノ?と。

(お前が長年想っていたのは一見だろ!?)

これは。。。。最初読んだときんんん????って思ったのですよねどういう意味だろうって。

多分。。。吉利谷としたら恋人がいたとしてもそれは男だと思っていたのかな?と。違うでしょうか。

そう思いながらも舌を絡めていくところがね・・・財前もしっかり絡めてるし・・・吉利谷が話す時も財前。。。舌出してるからちょっとこのシーンは保存版(●´∀`●)

なんか財前の方がキスに積極的な感じに読めて好きなシーンです♪

なぜキスの途中で吉利谷が喋ったかというと、財前のキスが上手いから。

「なぁ なんでこんなにキス上手いの?」

実はすごく気になっていたという吉利谷。

財前は連れ込まれたあげく、文句言われる筋合いはないと返します。

「俺とするまでにどれだけ他の女と経験値積んできたんだよ」

「・・言ってもいいが本当に知りたいか?」

「・・・・・・・」

え、とても知りたいです。財前DTだろうなぁ~って思ってる身としたらキスは経験あるのかとかほんと知りたい。

他の人。。。いたのかなぁ?天城さんとは偽装だったのでそういう関係ではないですし。

でも財前の事になると聞けないのがまた吉利谷ですね。

だまってギュっと抱きしめます。

自分の事を棚にあげて財前をなじる資格は自分にはないと。

まぁ・・・どちらかといえば過去に女性達の匂いぷんぷんさせてた吉利谷の方が酷いですよね。

大人になっても女性と添い寝するために抱いてたのは・・・セリフからも推測できますしね。財前もその時は諦めてたのか、寝てくれる女性のところへ行けみたなことも言ってましたし。

でも今は、吉利谷の中でどんどん財前への想いが膨らんでしまっているの。

どうしても独占欲が抑えられないようです。

トイレに誰かが入ってきた気配を察し、財前は吉利谷から離れるのですがそれをまたギュっと抱きしめる吉利谷。

キスして次はシャツの中に手をいれて。。。。

もう片方の手はなんとズボンの方へ。

財前に触れながらその独占欲が爆発します。

(体中 全部 俺のものだと証明したい)

え?お初をこんなトイレで!?と焦ったのですが・・・ここはちゃんとオチがあります。

そしてラストはやっぱり激おこ財前(*^_^*)

怒っててもカッコイイです♪

ラストのオチはぜひ本誌で!!!

感想まとめ

ページ数は短いですが、オチもありまとめ方がうまいなぁって思いました。

お初はトイレでは嫌なのでよかった。

できれば、勘違いしたまま合体ではなくちゃんと気持ちを確かめ合ってからのエロの流れがいいなぁ。

いつも思うけれど、ちゃんと吉利谷の事を長年想ってくれてる人がいたと知って欲しいのですよね。

恋愛の意味だけでではなく、孤独感が強い吉利谷には本当に近くで想っていてくれた人がいたと知って欲しい。財前の一番は吉利谷だったって。

それにしても!二人のキスシーンがとても好きなのですが・・・同じ人いますか!?

曜明さん・火弦ももちろん好きですが、吉利谷と財前は何か違うんですよね。

財前かやっぱりカッコイイからでしょうか・・・かわいいとはちょっと違いますよね。

あと・・・毎回キスしてるときの財前の心の中とかちょっと知りたいって思ったりするのですが。。。

あの表情で心の中ではテンパってるとかだったらかなり面白いし萌えるなぁって考えてしまいます(笑)

でも吉利谷は・・・財前を抱くときに初めて誰とも関係していないとか知るのかな。それとも・・・もしかしたらDT説破れて実は経験ありましたとかもあるかもしれない。

ただ、吉利谷の事を考えたら財前はDTの方がいいなぁと。

誰にも身体をゆるしてないのに自分だけに・・・とかって吉利谷すごく喜ぶのではないかな。

これからも楽しみですが、そういえば探偵の件はまだ何かあるのでしょうか。吉利谷が盗撮されてた件ですが。

探偵に依頼してた人がいたということでしょうし。

ヤクザなのでこのまま真っ直ぐってことはないだろうなと思うけれど、火弦のように撃たれたとかっていうのは1ヶ月待つのが辛くなるのでそういう展開にはなりませんように。。。

BIGニュース!

今回カラー扉絵だったのですが・・・二度見してしまいました。

なんと!!!

「志水ゆき画業25周年記念原画展&リアルサイン会」の開催が決定したそうです!!!

画業展会期 11月8日~11月24日(日)
サイン会 11月17日
場所 有楽町マルイ8階特設会場
当日券:800円(税込み)、特典つき当日券:1200円。
前売りとかはないようです。

原画展の公式HPがあるので今後の詳細はそこでお知らせがあると思いますが、多分・・・ツイッターの方が情報が早いかもしれません。

いまのところ、上記に書いた意外の情報は出ていないと思います。

楽しみだぁぁぁ。サイン会当選する可能性は低いけど、、、行きたいです。

ユギさんのサイン会も落選しちゃったし。。。サイン会あとは佐久本あゆさんの当選しますように(T^T)

緊張しまくりでうまく話せないくせに直接お会いできる機会というのはやっぱり貴重だから応募はやめられませんね。。。

落選したときの撃沈感はすごいですが、、、。

あとJ庭も10月ですし!!!お手紙書いて準備しなくては~。

楽しみがたくさんであっという間に年末になりそうです( ̄。 ̄;)

電子書籍

ディアプラスの紙・電子・ラインナップなどはこちら。

花鳥風月

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2019 All Rights Reserved.