BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【胡桃の中 ーダヴィデの納品】(ネタバレ注意)感想-川唯東子/マガジンビーボーイ8月号

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

マガジンビーボーイ2020年8月号掲載、川唯東子さんの「胡桃の中 ーダヴィデの納品」のネタバレあり感想です。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の【ダヴィデの納品】は【胡桃の中 Ⅳ】に収録予定です。

ちょっとBLっぽさは今回はないですが、面白かったです。へぇ~~~!!!!!って思うことが沢山描かれてました。

ダヴィデの納品・・・なんだろう?また事件か何かかな(≧∇≦*)って思ってたら・・・・本当にただのダヴィデの納品でした( ´艸`)

最後のオチもさすがですね。ああ・・そうなるよね見つかったら・・・とクスクスと読めましたヨ。

胡桃の中-ダヴィデの納品- マガジンビーボーイ8月号

マガジンビーボーイ8月号
掲載P数 20P
満足度
この雑誌をよむ

今回はこのまま感想にいきます~!!!

感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。
胡桃の中 【全3巻】
さびれた画廊の店主・谷崎。その風貌はどう見ても人間嫌いの変わり者だが、天然系の中居が傍に来てから彼の周囲が一変して…!?

【ネタバレ注意】胡桃の中-ダヴィデの納品- 感想

今回はほぼ・・・BL感ナシです★ただ色々と面白かった。

ダヴィデ像中心のお話なのですが、突っ込むとこそこ!?とか知らない事も沢山あって、こんな風に物事を知って美術品を見るとより面白いだろうな!って思いました。

では早速~。

今回は谷崎から地下の手前の部屋に来て欲しいとメールを受け取ったところからスタート。

人形ではなくてダヴィデ像

【重いぞ】とメールでかかれていて、また荷物運びかよ・・・と思ってる中居がね・・どれだけ手伝わされてるの!とツッコミたくなりますね。

地下へ降りて指定された部屋を開けると・・・そこには・・・・

「ぎゃぁぁぁぁ!!!!」

人の像があってびっくりした中居。

「何だよその人形!!こわいのあるなら言っとけよ!!」

「悪い」

谷崎は、これは人形ではなくてダヴィデ像だと言います。

まさか本物?と尋ねる中居ですが・・本物は4M くらいあるという。写真しか見たことないからちょっとイメージしかわかない・・・・

4メートルってすごい。。。

今回は谷崎が造ったわけではなく、機械彫りだそう。

「さすがに俺もこんな大物は無理だ ただのレプリカだよ」

「レプリカ!画廊に置くの?」

これはちゃんと依頼を受けたもののようですね。。。依頼主が別荘のホールに飾るらしいです。

他の人に頼んで痛い目みたので、今回谷崎に依頼が来たらしい。

ここがへぇ~~~~!!!って思った箇所で、本物のダヴィデ像は下からみる事を計算に入れて作成されているらしく!

だから正面から見ると胴長の頭でっかちなんですって!!!

そう!?と思って画像みにいったら・・・・普通の人間の体型にしか見えませんでした( ̄。 ̄;)

頭でっかくて胴長って・・・ほぼ当てはまりそうな・・・・・外国人だと頭小さい人が多いのかしら!?!?!?!?という疑問にぶち当たりました・・・・・(笑)

でも下から見ることを前提につくられたってスゴイですよね。ちょっとそれを知って感動しました。

下から見たらおもいっきT子に目がいきそうです(すみませんむっつりで。。。( ̄。 ̄;))

でも!!!ちゃんとT子の事が描かれていたのですよ、、、

中居がじ~~~~~~っとダヴィデ像のT子見てて。

「なぁ 昔からの疑問なんだけど聞いていい?俺だけじゃなく日本人・・・いや、世界の、人類の謎だと思うんだけど」

「聞いていい?」

真剣な顔をして話す仲居。。。

「・・・やだ。」←谷崎は中居が何を聞こうとしてるのかだいたいわかってる(笑)

「なんでダヴィデのちんぽってこんなにちっちゃいの?おまけに見事なほーけーだし」

またも画像を見に行ったワタクシ・・・ほんとだぁぁぁぁ~~~~~~~と幼い頃には見たいような見たくないような・・・で目を反らしてた部分をガン見してみました(≧∇≦*)

身体の大きさにしては・・まぁちっちゃいかもしれない!?って書いたけど、よーわからん!!!!ってなりました(笑)

みんな普通に普段はパンツにおさまってるんだからこのくらいじゃない!?って思っちゃったのですけどやはり小さいのかなぁ・・・

あ、でもたまたまちゃんはおっきいからそれに比べたらちっちゃいですよねやっぱり!?!?と一人で興奮。。。

さて作品に戻ります(笑)

中居の疑問に・・冷たい視線で無言の谷崎・・・

「なんだよその目・・・皆口にしないだけで絶対一度は考えることだろっ!」

「お前だってぜったい一度は頭よぎってるはずだ!」

「・・・まーぶっちゃけガキの頃には思ったな。」

笑。ここの会話好き。

でもここからは真面目な話が!

ダヴィデ像は様式美で制作されたようです。

「様式美ィ?なにがー?短小包茎のちんぽこが?」まさかw wと中居は言うのですが、これはまさにそうだそうです。

ミケランジェロはこのダビデ像を古代ギリシャ・ローマの彫刻の様式に則って作ったというのが大前提にあるのですが、そのギリシャ・ローマ時代は小さくて包茎、先細りのT子が美しくて理想とされていたのだとか。。。

し・・知らなかった!!!!

ダヴィデはヒーローだから人々にとっては強く美しい理想でなければいけない。

だから!というのがあったようです・・・・。

なるへそ~~それは面白い!!!

そしてその逆もあるのだといいます。

ズル剥け巨根で表現されているものもあると。

それは・・・好色で愚鈍で野蛮な象徴。これらは悪魔や半獣を表現するときによく用いられてたようです。

「なんとなくわかったぞ 美しきヒーローは清く正しく慎ましく・・・か なるほど」

「ま、そういう事だ」

でも、ダヴィデは色々な形で表現されてるようですね。

諸説ありですが、ダヴィデがゴリアテ(ペリシテの巨人)を倒しに行った時は12・3歳という説もあるのだとか。調べてるとなんかすごく中性的な感じのダビデ像もありますし。。。

不思議ですね!

芸術とエロスというのは・・・切っても切り離せないものなのでしょうね。

といことで!ダヴィデ像の梱包がはじまります(これが本来の中居の仕事!笑)

それを地下から地上へ運ぶのですが。。。むちゃくちゃ重いようで・・・このシーンも笑いました。

やっと地上へ運び、車に乗せていると・・・・

「すみません!こんにちはー」

声をかけられる二人。

「お兄さん方 ちょっといいですかねー」

声をかけてきたのは・・・警官でした(笑)

ですよね・・・・グルグル巻になってるのは人型の像ですからね( ̄。 ̄;)

死体を運んでる・・・と思われても仕方ないかも★

ちょうど人間サイズですし。

確認させて欲しいと警官が寄ってきます。

「いや でこれ彫刻で今から納品に・・・」

「開けてもらえる?」

やっとの思いで梱包したから谷崎は拒否するのですが・・・・・

「まぁそう言わずに 見られたら困るもので包んでるのか?」と・・・まぁそうなりますよね(笑)

「ただのダヴィデ像ですよ」

「ダビデゾウ? とにかく中身を見せてください すぐ済むから」

と暫く警官との押し問答が続くのでした~。

おわり。

感想まとめ

ダヴィデ像を調べていると、色々な記事を目にしてちょっと時間がかかってしまいました。

面白いし奥深い~。

マジマジと見てしまった記事は、ダビデ像の目が実は斜視であったということ。これはダビデ像が制作されてから500年誰も気付かずにいたようです。

ただ、これはどの書物にもダビデが斜視であったと示唆する記述もないことから・・・ミケランジェロがそれを知った上ですべての角度を計算しつくして作ったのだろうということ。

興味深かった記事はこちらですので、気になった人は是非読んでみて下さい。背側の事なども大変興味深い記事でした。

作中にセバスチャンというのも出てきたのですが、なんかこの人名で違うキャラが頭に浮かんでしまいまして・・・・。

と脱線しましたが、とても興味をそそられたテーマでした!!!

面白かったです。中居と谷崎のイチャコラもちょこっと読みたいですけどね(*^_^*)普段は無精髭の谷崎がバッチリきめてる姿でのエロ・・・期待してます♥

基本的にイチャコラは少ない作品なので、期待してる!と書いてても実はそこまでは期待はしてないのですけどね!!!!

それ以外にもとてもみどこのある作品なので( ´艸`)

ミステリーとかそういうのが好きな人は一度挑戦してみて欲しいなと思います。

ちょっと絵画関連で切ないエピもありギュギュ~~~~っとなりますが、谷崎と中居カプは。。。わりとほのぼのです(≧∇≦*)

今エピソードとしたら3つめなので・・・1冊になるにはあと3話~4話必要なのかしら!?

でも1巻とはいわずゆる~く長くシリーズ化して欲しいです(*^_^*)

電子書籍

川唯東子 その他オススメ作品

雫 花びら 林檎の香り
【新装版】雫 花びら 林檎の香り(上下巻)
ノンケ×ゲイ
Marble
Marble
ビストロを舞台にシェフとソムリエの情熱が交差する。
あの角を曲がったところ
あの角を曲がったところ
事故でピアニストの夢を諦めた岸本と、恋人に捨てられて自暴自棄になっていた桐谷。事故でピアニストの夢を諦めた岸本と、恋人に捨てられて自暴自棄になっていた桐谷。
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2020 All Rights Reserved.