BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

囀る鳥は羽ばたかない34話より【考察】 過去に関する仕掛け二つって何?

 
囀る取りは羽ばたかない6巻分
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

こんばんは!!!百目鬼たんへの私のアツイ想いはまた次にということで!

まず・・・先生のツイートを先ほど知りまして。

過去に関する仕掛けが二つ・・・・え?ほんと!?!?と焦ってしまいました。

もっと注意深く読めということなのね・・・

先ほど、いつも囀るさんの今号どう思った?この箇所気になるけど・・・・とお話をするお友達とやりとりしてまして。

彼女は先生のツイートを読まれてたようで(それで教えてもらいました(^_^;))、注意深く過去の部分も読んでたらしく・・・

ここ似てるよね?と言われ見てみたら・・・・衝撃!私もすごく納得しまして。

ヨネダさんなら・・・そうかもしれない!と。

まず・・・過去のシーンですね。

先生が仕込んだというのは、簡単に言うと・・・過去の部分に今回の構図を似せたというところにあるのかもしれません。

似てるよね?と言われてあ・・!ほんとだ!!!!ってなりました。そこからどうしてこのシーンを使ったのだろう?と私なりに考えてみました。

以下にそれを書きますね。

その前に34話はこんなお話です。

>>>>囀る鳥は羽ばたかない 34話 ネタバレ感想(ガッツリなので要注意)

矢代が撃たれたシーンと百目鬼が撃たれたシーン・・・それに駆け寄った百目鬼と今回の矢代が激似

何の事かな????と思いますよね。

これは2巻8話と今回の34話を見比べるとわかると思います。

8話では矢代が撃たれ百目鬼が矢代の状況を見て歯を食いしばり・・・『頭・・・嫌だ・・っ嫌だ・・嫌だ・・・」と頬に触れそのあとにぎゅっと抱き寄せるシーンがあります。

これが。。。ほんとに今回の矢代のシーンと激似なんです。

ここってね、百目鬼が矢代に対して気持ちをはっきりと自覚した、すごく重要なエピなんです。

だから、今回も意図して先生は似せているような気がします。

セリフは違いますけど、表情等似ているので是非・・・今号の雑誌を読んでいる人は2巻と見比べてください。

先生がわざとここを似せたのであれば・・・きっとこのシーンは矢代が百目鬼に対しての気持ちがなんなのかはっきりと気づいて自覚する重要なエピになるのではないかと思います。

ということは…/???矢代は自分の気持ちに気づいてなかったのか!?!?認めたくなかっただけで気づいてたのよたぶん(強引)

百目鬼が平田に殴りかかっているシーンは、父親に百目鬼が殴りかかっているシーンに似ている

このシーンは・・・・おそらく前号の「妹はよかったな おまえがいて」というのに関連していると思います。

守ってくれる人がいたとか・・助けてくれる人がいたとか・・・そういうニュアンスだと思うのですよね。その行動は相手を大切に思うからこそ・・ですよね。

矢代は・・母親にも助けを呼べず我慢するしかなかった。

だから今回は妹の時と同じように平田に馬乗りになって殴りかかっている百目鬼というのが重要なシーンだったのではないかと思います。

矢代を本気で守ろう、助けようとしている人がいる。

それを矢代自身が知る。

これこそが・・・重要なシーンなのでは?と。

ずっと一人で自己防衛するしかなかった矢代。自分の人生は誰かのせいであってはならないと・・・思い込みながら生きてきたと思います。

本当に助けて欲しいと願っていた母親は・・・矢代を助けてはくれませんでしたからね。

孤独を実感しそれにも耐えてきたし、それでこれまで生きてきたというのもあると思います。

そんな矢代を・・・命がけで脚を撃たれても冷たい言葉を言われても・・・助けにきた百目鬼たん(T^T)

「妹はよかったな おまえがいて」

というのをそのまま・・・矢代が体験したことになるのかなと思います。

矢代は一度「死」を覚悟しています。その後にこの百目鬼ですからね・・・・

あの馬乗り百目鬼はきっと・・・矢代の心を動かしたと思います。

だからこそ、百目鬼が撃たれたあとのあの矢代の目、顔。

どちらのシーンも矢代に変化をもたらす事を意味するような・・・そんなシーンになっているのではないかと思います。

まとめ

過去に関するしかけというのは・・・状況を似せた事なのかな?と改めて。

ちょっと過去に関する仕掛け二つと読むと、何か新たに仕込まれているニュアンスにも取れるのですが・・・

仕掛け・・・構図を似せたであっている気はします。

そして、そこで変化した気持ちがあるように、今回の矢代も・・・気持ちが大きく変化する事を意味しているのではないかと思いました。

もっと他のシーンで過去に関する仕掛けはここじゃないのかな????という人があれば是非・・・教えてください。考えを共有させてください★

過去の仕掛けとありますが、リンクさせているのだろうなぁとは思ってました・・・

私は、死を実感したときのモノローグもありかと思うのですが、それならば3つになってしまうので(^_^;)先生の言う過去の仕掛けは撃たれた百目鬼に対する矢代のシーンと・・・

平田をぼこぼこにする百目鬼のシーンだと思います。

普段、感情が出ない百目鬼ですがすごいシーンでしたよね。

ということで!矢代のラストのわからないセリフ・・・

①「おまえは 俺を 傷つけるのか」  (人を好きになるのはこんな感じというのから)(33話)

②「おまえは 俺を ひとりにするのか」 (漂えど~で影山に言われたセリフのなかにあったので)

③「おまえは 俺を 孤独にさせるのか」 (漂えど~で孤独がでてきたので・・)

④「おまえは 俺を 抑えつけるんだろ?」(なんか違うような気がする(T^T))

に増やします!!!!

はぁぁぁぁぁ(T^T)今号も囀るさんで頭がいっぱいで・・・どうしましょ。

明日はどっちだ!を読んでちょっと気分はあがるのですが・・・また囀るさん読んで1巻~5巻読み返して・・・また落ち込む。

でもね、作品的には・・・今この状況が出てきたということはですよ???

もう百目鬼たんが撃たれたり死ぬことはないとワタクシ確信しておりまして。

矢代も然り。

だから・・・二人が死別することはまずなくなったのではないかと・・・そこだけ安心しています。←百目鬼の状況をまだしらないのに勝手な事言ってますが。

とうことで!考察でした。

また何か出てきたら記事にしようと思います!!!!

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

Comment

  1. たっちー より:

    こんばんは!!
    二日続けてのエントリー、興味深く拝読させていただきました。
    二つの構図、まったく同感です!!

    妹のことは、あの新聞の切り抜きでわざわざ人を羨まないといいつつ「嫉妬」してましたからね。
    矢代は二度死にかけて、二度とも百目鬼に助けられているんですよね。
    一度目は精神的に。
    二度目は肉体的にも。

    さて、あの百目鬼に対するセリフ・・・
    わたしは「俺を壊すのか」にしてみたいと思います。
    どんなセリフが来るのでしょう。
    それでも~の外川さんの「過去を憎めっていうのか」に匹敵するくらいの
    名台詞になるはずですよね。
    34話は囀る全巻を通しての山場だったと思います。
    そして、33話の扉絵の答え合わせでもありました。

    • 藤雪Fujiyuki より:

      たっちーさん★
      こんばんは!!!!すみません、メアドをいれると消えてしまうのですか?
      3つともこちらにはコメント届いております(*^_^*)本当に何度もありがとうございました。

      最近コメントが消えるとかよく言われていて・・・私も何が原因なのかがわからず。また今後そのようなことがあったら拍手コメは大丈夫みたいですのでこっそり教えてください。

      そして!二つの構図・・・やはりそう思いますか!?
      私はちょっと2巻を見た時に鳥肌が。

      さすがはヨネダさん(T^T)と・・・すごいですよね。

      肉体的にも精神的にも・・・そうですよね。私は死にかけたときのモノローグの変化にもこれは矢代の変化を示しているのだろうなぁと思いました。
      >34話は囀る全巻を通しての山場だったと思います。そして、33話の扉絵の答え合わせでもありました。
      はい、私もそう思います!33話の扉絵のアオリはこの34話のためか・・・・(T^T)と思いました。

      「俺を壊すのか」それも考えられますね!モノローグで「壊さない」「壊れていた」とありますものね。

      実は・・・私もゴオオオを読んだ時に外川が思い浮かんだのですよ。
      【恨めっていうのか】は当時読んだ時に全然思い浮かばなくて・・・でも実際それを読んで見るとすごくはっとさせられるセリフで。
      ヨネダさんのセリフ選びがとにかく好きです。はぁ・・・ドキドキしますよね。答え合わせはいつになるでしょうね。

      あと何気に・・・竜崎もおいてけぼりになってるので・・・そろそろ安否も知りたいですね。竜崎好きなので早く復活して欲しいです。
      今回はラスト百目鬼撃たれましたが私は・・実はあまり悲観はしてないのです。
      記憶喪失ネタだけは・・・と思うばかりですがそういうのはヨネダさんはもってこないと思いますので・・・これからが矢代の大きな変化が読めると思うとワクワクしかありません。
      たっちーさんはどう思われますか(*^_^*)

      あと・・・コンタクトケースはどのタイミングで出てくるのでしょうね・・・すごく気になります★

  2. 藤雪Fujiyuki より:

    ふらわーさん♥
    こんばんは!拍手コメありがとうございます!!!
    ②(≧∇≦*)
    私もこれが一番矢代の口から出て欲しいセリフです。
    ストレートなセリフなので・・・ヨネダさんぽくないのですが・・・言って欲しい!
    最後はハピエン。。。もちろんです( 。-_-。)
    メリバとか私はダメな人で・・・ずっとモヤモヤが残ってしまうので・・・ぜひ目に見える形でのハピエンを私も願ってます。
    でも怖いのですよ・・・ヤクザものなのでやっぱり色々と想像してしまいますよね。

  3. くさかんむり より:

    こんばんは。最新話に打ちひしがれた後、前回前々回を読み直してみたんですが、結構「離れる」「離れない」という言葉が出てくるのに気付きまして…。
    ゴオォォ…のシーン…
    「お、まえは、俺を…離さないんだな」
    と、予想してみましたww
    33話の扉絵、傷付いた鳥(百目鬼)を離さない矢代の矛盾の裏返しのような…
    本当は矢代も離したくない…みたいな…

    いやーもうここからは浮上する展開しかないじゃないか!と願って止みませんw

    夜分遅くに失礼しました。ちょっと酔いにまかせて書いてみましたww

    • 藤雪Fujiyuki より:

      くさかんむりさん(*^_^*)
      こんばんは~!!!おぉ~「離さないんだな」いいですね!!!というか語呂も良いです。

      「孤独にさせるのか」とか語呂が悪くて絶対違うな~って思ってました(^_^;)
      あの扉絵とも確かに合ってますね。あの33話の扉絵は矢代の心情そのままだった気がします。

      最新話は私も一読したときにこれで年越しとか(T^T)って思いましたが、でも!!!!今この展開だと今後はもうそれはないということで★
      今ラブラブのほうが帰って最終回付近こわくなったりするので。。。死別はないのだろうとちょっとポジティブに考えました。

      今後は矢代の心が大きく変化していくと思います。これから多少なりとも百目鬼を大切にする矢代が・・・読めそうな気がしますヨ。
      ふたりの二回目はどんな感じなのでしょうね(気が早いですが)
      ここから浮上!えぇ私もそう思って過ごします!!!!

  4. 藤雪Fujiyuki より:

    まるさん(*^_^*)
    こんにちは!コメントありがとうございます!
    返信が遅くなりすみません★表紙に惹かれて手にしたのが囀るさんだったとは!!!
    お目が高い~♥
    私の場合、最初はヤクザの世界が意味わからずに混乱したりしてました。。。でも読めば読むほどハマリますよね。
    私も発売日はそわそわしてますヨ♥同じです!!!スタンバイしてお互い待ちましょうね♪
    またここはこう思う!というのがあればコメントいただけると喜びます!

  5. 藤雪Fujiyuki より:

    あんころもちさん(*^_^*)
    こんにちは~!!!ありがとうございます♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2018 All Rights Reserved.