BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【心霊メイト】(ネタバレ注意)感想/イァハーツ11月号-鹿乃しうこ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

イァハーツ11月号に掲載、鹿乃しうこさんの【心霊メイト】第1話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の1話は【心霊メイト】に収録予定です。読み切りスタイルなのですが、なんとなく続きそうな作品です。どうかな!?二人の続きが読みたいなと思ったので願望も込みです。

心霊メイト イァハーツ11月号

取り扱いナシ
掲載P数 34P
満足度 ★★★★☆
この雑誌をよむ

簡単なあらすじ・ポイント

  • 除霊で商売をしている主人公レンには秘密があって・・・
  • そこに霊が見えるという朔という男性が登場(除霊した一家の親戚)
  • レンに憑りついてる霊が悪霊になりかけてると伝える。
  • レンに憑りついてるのは弟で色情霊になりかけているらしい。
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

【ネタバレ注意】心霊メイト 感想

しうこさんらしい作品だったなと思います☆エロありの除霊とは!?!?

内容的にはあまり濃いものではないのでさらっと読むことができますが。。。二人の今後が読みたいなと思う気持ちも強くて。

主人公はレンという男の子。

除霊をしているのですが、除霊した家族の子から詐欺ではないかと疑われます。

そこにその男の子の従兄弟である朔が現れて・・・。この朔も霊が見えるようです。ここから物語がスタート。

実は霊はちゃんと存在しているのですが、レンは除霊などしていません。というのも、この霊と一緒に除霊を商売としているのですから。

詐欺といえば詐欺なの。

その霊というのが、レンの弟ですでに亡くなっています。死因は自殺。

付き合ってる人に三股をかけられて傷ついて自殺してしまったようです。

霊は弟!?

最初に書いた通り、レンが除霊しようとした(フリ)霊はレンの弟です。

ある家に弟が霊障をもたらす→レンに相談がくる→除霊→お金をもらう、といったようなことを二人で企んでしていたようです。

そこに「まだ除霊できてないすよねぇ?」と入ってきたのが、朔という男の子。

この朔も霊感持ちで見えるようです。

まだ霊は除霊できていなくてレンの後ろにいると伝えます。これに対しレンは「持ち帰ってから祓うことにしている」という苦しい言い訳をして帰宅。

実はこの除霊のような詐欺もしたくてしているわけではないということがわかります。

レンはすごく生活苦で日々暮らしていたのですが、そこに舞い込んできた不幸。弟の自殺。

唯一の肉親である双子の弟が死に、家賃滞納・特殊清掃料金とレンにとっては多額の請求書を突き付けられます。

悲しむ余裕もなく自分も死のうとしていたとことろに・・・霊として現れた双子のユウ。

ここで回想は終わるのですが、レンはユウに「男に二股かけられたぐらいで死にやがって」というと「恋したことないレンにはわからないよ」とユウの顔が変化します。

この様子に時々レンは怖いと感じることが。

今はユウの中では怒りが勝っていると。

そんなこんなで話をしていると、ピンポーンと呼び鈴がなります。

色情霊になりつつあるユウ

現れたのは朔でした。

除霊した家の親戚なので名刺やビラをみて訪ねてきたらしい。

朔はどうやら確かめたいことがあって訪ねてきたようです。

「除霊中だから」と家に入らせようとしないレンに朔は「あんたには無理だよ」と意味深なことば。

朔は『見えるだけ』と言っていたけれど、実は母方の先祖が祓い屋でその力をある程度策も受け継いでるのだそう。

「何とかしてあげられるかも・・・ってさ」

「あんたに憑りついてるもの 悪霊になりかけてる」

その霊はレンをそそのかしていると朔は言います。

「ユウはそんなんじゃない・・ッ」

「・・ユウっていうんだ?弟さん」

「!」

本人も悪霊になりかけているのに気づいていないかもしれないから危険なのだと朔は伝えます。

「・・・じゃぁ どうすればいいのかなぁ」

ここでレンの雰囲気が変わってしまいます。どうやら・・・・レンの中にユウが入ってしまったようです。

「あんたはこのままだと色情霊になる・・・こんな風にお兄さんを巻き込んでさ」

ユウはなんと!!!朔のT子を咥えてましたΣ(゚Д゚)

淡々と朔が話してるから余計にびっくりしてしまいました。

ユウはレンの中に入りながら朔のものを舐め、ずっとしてなかったといいます。そして「あいつ・・・俺をこんな体にしたくせに三股かけやがった」と急に怒りを露わにします。

「溺れさせるほどテクのあるやつが遊んでないはずないって あんたにはわかってたはずだ」

「・・・そうだね」

だから今度はこのまっさらなレンの体を使って自分がだれかを溺れさせてやるのだといいます。

朔はユウの中にはまだレンを心配し幸せになってほしいと思う正常な感覚が残っているとユウを説得しようとします。

「おっ勃てながら説教する奴ってマジ存在するんだ?」

「フェラされる度今日を思い出す呪い かけちゃおっか」

そういわれた後に達してしまう朔。

すると・・・ここでレンの意識がはっきりとします。

顔にかかった白いもの・・・そして目の前に出ている朔のモノ・・・・気づけば口の中には苦い何かが。

状況を察したレンは「ギャー」と悲鳴をあげうがいをします。

「・・・あのさ あれはその・・・除霊の一環とゆーか 対話するうえでやむを得ず・・・みたいな」

「ちょっと飲んじまった」

レンは、ユウが色情霊だとしても除霊中に男相手に発情できる朔も大概だと。

「でも・・・何であいつ俺を・・・」

朔はユウは地縛霊なのだといいます。今まではレンを支えようと正気を保ってきたけれど結局は自分の怨念には逆らえないと。

「ユウは成仏できねーの?」

どうやら・・・ユウを満足させたらいいようなのですが、先ほどは朔が一人で達しちゃいましたからね・・・

俺と組めば詐欺じゃなくね!?

成仏が無理だとしても悪霊化は食い止めないと・・・という朔に、レンはどうしてそこまでしてくれるのか?と尋ねます。

「なんでって あんたの命に関わることだし」

「ちょっとタイプなので・・・」

「やっぱホモか」

朔は必死でオーラのことだと弁明します。このシーンちょっとかわいいです。朔はオーラも見えるようですヨ。

その話を聞いてぷっと笑うレン。

「幽霊見えてるやつがオーラで必死とか」

朔のことを恐いと思っていたけどイメージが変わったようです(o^―^o)ニコ

「陽キャに 祓い屋の末裔いろいろ・・・」

「・・・それだ! 俺と組めば詐欺じゃなくね!?」

朔は自分と組んで弟・ユウの借金を返せばいいといいます。

「な!」

そう言ってくれた朔をなぜだかレンは信じたいと思ってしまいます。

(あんな会ったばかりの奴を)

その後は朔と仲良くなっていくレン。

年齢は自分と一緒。でも朔は大学院生で趣味はサーフィン。学歴底辺・陰キャの自分とは真反対だと・・・・

レンまで俺を捨てようっての

「惚れた?」

ここでユウが登場します。1週間現れなかったユウですが、急に現れたようです。

ユウは優しいのは最初だけでただのヤリ目だとレンに言います。

朔を悪く言い始めるユウにレンは「ヤメロよ もうほっといてくれ」と。お金のことはバイトと朔と組む払い屋でなんとかなると言うと・・・

『・・・そう レンまで俺を捨てようっての』

またユウがレンに入り込んでしまいました。

レンが気づくとなぜか朔の上にのっていて・・・・。(といっても合体はしてなくて一緒にこすり合わせてる感じ!?)

朔がどうして目の前にいるかは、どうやら・・・操られたレンが朔にたすけてとメールしてたからのようです。

朔と絡みながら意識を取り戻していくレン。

(なんでだよユウ 何で俺にこんな酷ェこと)

涙を流すレンを見て意識が戻ったかと思った朔ですが・・・ユウはけっこう手ごわい。

またもレンの体を使って『早くやれよ レンが欲しいんだろ?』『なぁ・・・くれよ』『くれたら消えてやるよ』とそそのかします。

「もう手遅れだ ユウ」

「あんたを救ってやれない」

「今頃わかったか ド三流」

目の前に現れたユウは。。。真っ黒でもう悪霊になっている感じです。。。

朔を責めながら首を絞め始めるユウ。

『レンは血を分けた俺よりお前を選んで 人形みたいに犯される 捨てられて抉られて腐り果てる』

『俺と逝くほうが幸せなんだ』

悪霊になってるはずのユウの目から涙が溢れます。

「レンは大丈夫だよ あんたがいなくても生きていける」

朔は自分がレンの友人になって見守ってやるからもういいんだ、とユウに伝えます。

すると・・・ユウの体がもとに。(自殺する場面になります)

おそらく・・・自殺するときにユウはレンのことを考えていたのかもしれませんね。もう兄弟だけのレンとユウ。自分が死ねばレンは一人だけになってしまう。

それなりにユウも心配していたのだと思います。

「・・・友・・人・・・」

「どの面さげた言葉のチョイスだよ」

↑朔がレンに好意を持ってるというのがわかってるのか。。。さっきまで絡んでたからの言葉なのか!?

ここでユウは・・・・消えてしまいます。

(ユウは 成仏できたのか・・・?)

「うまく送ってやれたかはわかんねーけど・・・ 怨念よりあんたへの思いが勝ってたな・・・あいつ」

ぱっと起き上がるレン。朔はバツが悪そうに言います。

「ごめん それと悪いけどトイレ貸して貰える?」

トイレで抜いたのかな、、、なかなか朔も憎めないキャラでいいな。。。。と思いました。

この二人絶対くっついてほしい。

これから徐々にレンが恋を知っていくのかな!?という期待があるので・・・・続きが読みたいです。

感想まとめ

ラストでは『朔とは 一か月経った今も”友人”をやっている』とモノローグがあるので・・・これから変わっていくよね!?という期待がすごくある!

朔もレンもかわいくて、祓い屋を二人でしながら恋に発展していくのかな!?と。

ユウは・・・なんかまた出てきそうな感じですがどうなのでしょうね。

祓い屋を二人でしながらレンが霊に憑依される→朔にエロいことする→除霊なんていう感じで展開していくのかな!?とかいろいろ想像してしまいますね。

BLだから友人どまりって事はないでしょ~!?と思って続きを期待してます(o^―^o)

ちなみに、今回表紙もしうこさんですが・・・朔とレンではありません。

この表紙は全く関係のない二人なのかな!?と思うけど・・・どことなくユウに似てるような!?

心霊メイトのラストはもしかしたらユウが死ぬ原因になった男が出てくるのかなとか表紙がもし関連があればの話ですが。

でも表紙は関連がないといいな。もしかしたら既出のカプかもしれないけど思い出せない。。。

この男の子が三股とか考えたくないです(-_-;)

ということで!心霊メイトなかなか面白かったです。レンが恋したことがないというのがポイント高し。

少しずつ二人の距離が縮まっていけばいいな・・・。続きありますよね!?

電子書籍

鹿乃しうこ その他お気に入り作品

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2019 All Rights Reserved.