BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【セラピーゲーム リスタート】7話(ネタバレ注意)感想/ディアプラス8月号-日ノ原 巡

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

ディアプラス2020年8月号掲載、日ノ原巡さんの「セラピーゲーム リスタート」第7話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の7話は【セラピーゲーム リスタート】に収録予定です。

はぁ~今回もむちゃくちゃ面白かった!!!湊の可愛さは尋常じゃない。。。(≧∇≦*)ほんと大好き。

同棲に向けて着々準備?の進む二人ですが・・・・まだまだここから問題が色々と出て来るのでしょうね・・・不安~。

不安だけれど静真と湊を見てたらなんか大丈夫なんじゃないかなって気になってきます(*^_^*)

セラピーゲーム リスタート7話 ディアプラス8月号

ディアプラス8月号
掲載P数 28P
満足度
この雑誌をよむ

簡単なあらすじ・ポイント

  • なかなか条件に合うような部屋が見つからないけれど・・・・
  • いつもは何でも言う静真が口ごもるので不安になってしまう湊
  • 昼から仕事が入ってる湊。そんな彼に静真は・・・!?
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

【ネタバレ注意】セラピーゲーム リスタート7話 感想

部屋を探し始めた二人ですが・・・だんだんと気持ちが高ぶってくるのがわかってイイナ(≧∇≦*)って思いました。

湊はツンデレな所もあるのに、ちょっとしたところで素直さも見せるからほんとカワイイ。なんだかんだで静真との同棲を楽しみにしてるのだろうな~って思ってしまいます(*^_^*)

湊のツンデレを静真はすごく理解していてるのがいいですよね。だから二人の会話がすっごく微笑ましい。

お前と一緒に部屋探ししてるんだから

「おれはあくまで同棲を考えてる段階であって 同意はしてない」

「今は静真くんの部屋探しの手伝いをしてるだけだから わかってるよね?」

「もちろんだ わかってる」

と言いながらも・・・静真は湊がご飯当番の事まで心配していたくせに・・・と愛おしさを感じてます。

物件を湊に見せると・・・なんだかんだで要望が細かいのですよね湊は!!!

「全然ダメ!やり直し!!」

「思った以上にワガ・・・具体的な要望があったんだな」

そう言いながらも要は考えようだよ!と湊がダメだししたところも見方を変えて・・・と言った感じで静真は説明していきます。

イイ面もあるのだと言われた湊は・・・

「まぁ・・・そう言われると・・・まぁ・・・」とまんざらでもない様子。

湊の要望を少しずつ聞いていく静真ですが・・・顔が嬉しそうなの。

「なーに ニヤニヤして そんな楽しい?」

「そりゃ楽しいよ お前と一緒に部屋探ししてるんだから」

すると湊は、静真の要望はないの?と聞いてきます。が・・・静真は・・・湊ができるだけ満足できる部屋になれば他はなんでもいいと言います。

「住んでて希望出てきたらそれはいずれ 家建てる時に・・・」

そういいかけてはっとする静真。

巽が言っていた『正直重い』という言葉を思い出してしまいます。

「なんでもない 忘れてくれ」

そう言って口をキュっとつぐんでしまいます。

湊はそんな静真が・・・いつもと違う!と気になってしまうのですね。いつもなら平気でなんでも重い事言ってくるのにと。

少し不安になる湊ですが、それをカバーするのが・・・静真の良いところですよね(≧∇≦*)

こういうのってさらっと無意識にできるのが静真の良いところ!!!

人前でもギュっと湊の手を握ったりして♥

「会うの楽しみに仕事頑張って来たんだから 少しくらいいいだろ」

基本的に・・・湊のツンデレとデレが大好きなのですが、静真あってこその湊なのよね・・・と思った箇所でした。静真の純な所もとても好きです。

不安になる

せっかく会った二人ですが、湊は午後から仕事のようです。

部屋の方はいくつか候補が出てきたようで、静真は嬉しそうに内見の予約も入れておくし決まるといいな~と言います。

「そんな簡単にいかないって おれらの場合は特にね」

とにかく物件探しは長期戦になると思うから候補はたくさんあった方がいいという湊。

歩いていると、、、雑貨屋さんに目がとまります。

ベッドや照明なども置いてあって、色々とみているのですが・・・ベッドもこの際だから大きいのがいいと言う静真。

「毎晩一緒に寝るんだし お前の好みも聞かないと」

「毎晩・・・?」

この言葉に静真がはっとしてしまいます。

湊は毎晩という言葉はけっこう嬉しそうなのですけどね!ここは静真が一人空回りというか何というか★また重くなってはダメだと思った静真は。。。

「それぞれ自分のベッドで寝るってのも全然いいと思う」って言っちゃって(^_^;)

この言葉に湊がイライラしちゃうのですが・・・その表情に思わず笑ってしまいました(笑)

(なんで急に変な距離とるんだよ!!)

いつもはもっとグイグイくるのに!と。

「静真くんさぁ・・・今日なんか変」

本心ならいいけれど、何かあるならちゃんと言って欲しいと湊は言います。

「・・・不安になる」

そう言われて・・・巽に言われた事を話す静真。

理由がわかった湊は・・・大笑いでかなり上機嫌に戻りました(*^_^*)

「つーか 前どっかの誰かさんに「『重い』んじゃない!かわいくなっただけ!」とか言われた気ィすんだけど~?」という湊。

それを言われて言葉に一瞬詰まるものの・・・自分が重いかもって思ったら気になるものなのだと「可愛い」で片付けてすみませんでしたと静真は謝ります(笑)

だけどここからのセリフが湊ですよね!!!

普通の奴は静真のような重さは受け止められなくなって耐えられないかもしれない。逃げていってしまうかもと。

「そんな重たい静真くんを受け止められるのは 俺くらいだってこと!」

「俺だけだからね 忘れないでよ」

湊の機嫌よくなっててすごく可愛いです。

「ねぇ このままどっか行かない?ホテルとか なんかもう働く気分じゃないや」

でももうお客さんが待ってるんだろう?という静真に・・・だから攫って欲しいと湊は言います。

良い雰囲気~と思ったら!!!!お客さんに呼び出されてしまうのですよね湊が・・・

そのお客というのがママでした(笑)

写真集のお仕事だったようです。

「コラァ ミッちゃん!!!」

ちょっとプンスカ怒ってるママにふふってなりますが・・・館内放送で呼び出しはどうかと思います(笑)

「お兄さんもお楽しみのとこ悪いけど この子もらってくわよ これから朝までみっちりロケハンなの」

「例の写真集ですか?」

「ゆっくり出来なくてごめんね 夜また電話して」

そう言ってエレベーターから降りようとするママと湊ですが・・・・

なんと!静真は湊をぐいっとひっぱりそのままエレベーターの中へ・・・

ママは一人でおりた感じですね★

激オコのママには申し訳ないけれど・・・ちょっと面白かったです。

「ホントに攫われた!」と湊もすごく嬉しそうだから許してやって欲しい~。

「離したくない このまま連れて帰る・・・」

でもママの仕事はやはりキャンセルはできませんからね。二人ともそれはわかってたのだと思います。それでも静真が引き留めてくれたことが湊にとってはすごく嬉しかったのではないかなって思いました。

「今日は何時に終わる?」

「わかんない・・たぶん夜中までかかる」

そう言われて落ち込む静真。。。

「お互い休みが合わないとキツイな」

すると湊が・・・「でかいサイズのひとつ買おっか」と言います。

それは何かというと・・・ベッド!

毎晩一緒に寝てくれないと同棲する意味ないからと(*^_^*)

同棲の事を結局は楽しみにしてるという湊の顔がね!!!!きゃわわでした♥

まとめ

今回はすごく穏やかで可愛いエピでした(≧∇≦*)

湊かわいい!静真のキャラあってこその湊ですけど・・・ほんとこのカプは愛しいですね。

ちゃんと同棲にたどり着けるといいのですが・・・。

まだまだ静真の病院長絡みで何かありそうだし気になります。

ということで!すごく個人的には好きなエピだったなと。次話はディアプラス9月号に掲載予定です♥

電子書籍

ディアプラスの紙・電子・ラインナップなどはこちら。

セラピーゲーム関連作品


セラピーゲーム(上)
2018/12/1
セラピーゲーム(下)
セラピーゲーム(下)
2018/12/28

神様のウロコ

神様のウロコ【現在2巻まで】
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2020 All Rights Reserved.