BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【コヨーテ3巻】9話(ネタバレ注意)感想/ダリア2月号-座裏屋蘭丸 2巻その後のおはなし。

 
コヨーテ2巻 座裏屋蘭丸
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

ダリア2月号掲載、座裏屋蘭丸さんの【コヨーテ】第9話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話のネタバレ感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要の方はご注意ください。

今回の9話は【コヨーテ3巻】に収録予定です。

待ってました!今回からが3巻のお話になりますね。2巻の終わりでヨシュがヴァラヴォルフのアジトへ乗り込んでいく姿で終っていたのですごく気になっていました。

どうなっていくのでしょうね。楽しみです。お互いの正体を知ったのでこうなることはある程度予想は出来たのですが。。。それでもツライ。

コヨーテの発情期もまた迎えると思うので、ヨシュ×コヨーテもすごく期待しています( 。-_-。)

それにしても座裏屋蘭丸さんは・・・ものすっごいエロいのになんでこんなにピュアなの!?!?って思うコトが多くて。そこがまた魅力。

ダリア2月号 コヨーテ9話

ダリア2月号
掲載P数 24P
満足度 ★★★★☆
この雑誌をよむ

コヨーテ3巻-9話の簡単な感想

  • ヴァラヴォルフの居住区に乗り込んでいったヨシュは・・・
  • キーファーに会ったヨシュですが…表情に力強さが戻っててキュン♥。
  • ヨシュがやってきた理由はコヨーテの発情期が関係しているもよう・・・。
  • 最後のヨシュの表情でぎゅっとなった。
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

リカー&シガレット
電子でよむ

眠り男と恋男
電子でよむ

VOID
電子でよむ

メス堕ちBL
電子でよむ

ペット契約
電子でよむ

【ネタバレ注意】コヨーテ3巻-9話の感想レビュー

遠くから目を合わせるだけだったけど・・・とにかく再会できて良かったです。

これからコヨーテの発情期がやってくるようなので(明日からの1週間とヨシュが言ってた)次号がわりとポイントのような気がします。

でも・・・次号はお名前がなかったので発情期の場面が読めるのは早くて6月号とかなのでしょうか。

ヨシュからヴァラヴォルフの場所へやってきたから・・・次はコヨーテからヨシュのところへ行って欲しい。動いて欲しい。

きっとキーファーもそういうふたりの状況を見て考えが変わっていくと思うし受け入れていけるようになるのかなと。

それにしてもコヨーテの父親って誰なのでしょうね。私的にはドミニクかなぁと思ったけど・・・髪の毛の色が違うからもしかしたら違う人なのかも思うけど・・・

そういう人出てきてるかしら。。。う~ん。

あと、結末的にはヨシュがガーランドを継いでヴァラヴォルフと供に生きていくというのもいいのかなぁと思ったりもします。

やはりトップになる人で考え方とかそういうのも変わってくると思うので、実はヨシュがガーランドを継ぐと言うのが一番なのかなぁと最近思います。

あと、モレノがヨシュのおじいちゃんの靴を舐めてたのも気になると言われて確かに・・・と思ったりも。

まさかのモレノがドミニクが仕込んだ見張り役だったらびっくり。やたらとモレノの話は出て来るので脇役かと思いきや実は重要人物だったりするのかもしれませんね。

髪の毛的にはモレノがコヨーテには近いけれど、ちょっと若いから・・・考えられるとしたら兄弟とか・・・・!?というのは話を作りすぎでしょうか笑

と。。。本編に入る前に書きすぎましたね。では早速。

いざヴァラヴォルフの居住区へ

何重にも囲われたフェンスを乗り越え、奥まで進んできたヨシュは・・・ヴァラヴォルフの人達に話しかけられます。

自分より大きな人達に囲まれ、ここがヴァラヴォルフの居住区であることを確信するヨシュ。

そして、「君達のリーダーに会いにきた 奥に案内してくれないか」と彼らに話します。

ここでノーランが登場。

彼がキーファーと連絡をとり、ヨシュはキーファーと会えることになります。

その頃コヨーテは・・・・満ちていく月を見ながらなにか考えているようでした。

作業に没頭し、夕食もとらずにいたコヨーテを心配するミミ。

ミミは部屋を出て行くコヨーテの背中を見ながら、ヨシュが居住区のあたりにいた事を知った時から様子がおかしいと感じていました。

(あの男・・・ガーランドの跡取りとやっぱり何か関係が????)

そう感じながらコヨーテの少し後ろを歩きます。

コヨーテは・・・ぼ~っと歩いていたのですが、ノーラン達に連れられ歩いて行くヨシュを目撃。

(マレーネ?)

ミミも気付きます。

「コ、コヨーテ今の!!」

でもコヨーテは、こんなところにヨシュがいるなんてそんなハズはないと信じられないでいます。

ヨシュとキーファー

ノーランたちに案内された部屋でソファに座っているヨシュ。

そこへキーファーがやってきます。

「ご苦労 席を外してくれ」

皆は退室し、残ったのはキーファーとジーノとヨシュ。

「わかっていると思うが・・・もうここからは生きて出られないぞ」

「君達の所在を知った人間だからな」

「それがガーランドの息子となりゃ尚更だ 全く・・・面倒なことしっやがって」

何しに来たのか、目的は何なのかと聞かれたヨシュは「リリーに会いに来た」と答えます。

「リリー?」

「それだけか?」

ヨシュは二人に対し、自分はガーランドとヴァラヴォルフのいざこざには全く興味がないし一切関わりたくないと言います。

「ここの事も僕が単独で探し当てた 当然ガーランドには知らせていない」

「リリーに会って話がしたい・・・僕の目的はそれだけだ」

ジーノはリリーというのが誰なのか全くわからないのでヨシュのいっている事が理解できないのですよね・・・・

「リリーってのはどこのお嬢ちゃんだぁ?」

「後で説明する」

キーファーはヨシュに向かって、全く理解ができないといった様子で「それだけの為にのこのこやってきたのか?」と・・・

来たからには選択肢は二つ。

「一生監禁」か「死」か・・・・

それでもヨシュは、彼とこのまま何も話さず一人で街をでるなんて出来るわけがないと言います。そして・・・・

「明日からの一週間、彼の隣に居るのは 絶対僕でなくちゃ駄目なんだ」

(少なくとも僕はそう思っている)

それを聞いてキーファーは「大した情熱だと思うが払うツケはデカイぞ」と立ち上がります。

「・・・彼に会わせてくれ」

引き下がらないヨシュ。まっすぐキーファーを見ます。

ヨシュとコヨーテの再会

部屋を出て行くキーファーとジーノ。

ノーラン達に、ヨシュを離れの「客室」に連れて行き、外から鍵をかけるように、通信機器などは没収しておくように言います。

「ノーラン、廊下に24時間見張りをつけろ」

「それとこの件は極秘事項とし奴を見た者全てに箝口令(かんこうれい)を敷く いいな」

ノーランはここまでする相手が気になったようで、キーファーに訪ねます。

そして彼がヨシュ・ガーランドであることを知ります。

「口外するな 見張りには「例のメンバー」は外せ お前もだ」

「わ、わかりました」

ここで思ったこと
キーファーが「例のメンバー」を外したのは・・・コヨーテがヨシュに会いに来てしまった時に疑われなくするためなのかなぁと。

例のメンバーは、コヨーテのターゲットがヨシュであることを知っているので・・・近づいたらコヨーテまで内通しているのでは?と疑われるはず。

それを避けるためのキーファーなりの配慮なのでは?と。コヨーテの発情期のことをもしかしたらヨシュの言葉から察した可能性もありますし。だから離れの「客室」に移動させた可能性も・・・・考えすぎかもしれませんが(^_^;)

ヨシュの事が気になったコヨーテは・・・彼らをつけていたようです。

(前にマレーネがこの辺りを探ってたとミミが・・・まさか・・・本当にここまで?)

そして出てきた男がヨシュだとはっきりとわかります。

(マレーネっ!!)

このときヨシュがコヨーテに気づくのですが・・・・少しだけコヨーテを見た後にすっと前を向いて歩いて行きました。

これはヨシュなりの配慮なのでしょうね。

コヨーテと自分が繋がっていると知られたらNGなわけで・・・できた男ですよ(T^T)

嬉しくて顔に出ててもいいくらいなのに・・・

でもコヨーテはヨシュの反応が薄くてそれはそれで何か感じていそう。

あれだけクールな感じでコヨーテをスルーしたヨシュではあったけど、ここにコヨーテが居たことに安堵していました。

(リリー・・・っ 良かったここに居た)

とうところで続く。

感想まとめ

自分を排除する事を考えているヴァラヴォルフの居住区へ乗り込んだヨシュ。

表情ひとつ変えずに淡々としていたのに・・・コヨーテを見た後のあのラストの表情は駄目でしょ~!!!(T^T)

ぎゅってなってしまいました。

次はコヨーテの発情期。

ミミちゃんが今回も世話焼きそうですけど、ここはヨシュのところへ行って欲しい。

キーファーがなんとか行くように仕向けてくれないかな・・・それともコヨーテがヨシュのところへ行くかどうかを知りたいのかも知れません。

コヨーテはヴァラヴォルフ×人間のハーフ。

彼が望むのであればきっとどちらでも選べることが出来るのだと思います。

ヨシュもそこに何か突破口があるのでは?と考えてましたよね。

あとはガーランドにヨシュが戻る→当主になる→ヴァラヴォルフと協定を結ぶがまるいんじゃないのかなぁって思います。

橋渡しはコヨーテ。

少し考えたのですけど・・・コヨーテ父もですけど母も実はいいところのお嬢様だったりしないのかなぁ~とか・・・

「俺の恩人がフーコ首相の孫」って言ってたのですが・・・実はこのお孫さんがお嬢さんとか!?なんて妄想したり。(あ、でもそれだとあんな亡くなり方はしないですよね(T^T))

ドミニクはもしかしたらキーファーがリーダーになる前のリーダーで、何かがあって人間側の方にいるのではないのかなとか・・・

アンジェの死体をキーファーに渡したのはおそらくドミニクですよね。

キーファーとドミニクが繋がってるとして・・・その可能性もあるのではないか????と思いました。(なんとな~くな感じですけど)

「俺の部下」と居てったハリスは・・・1巻を読むとヴァラヴォルフの仲間ですし。

ただ・・・本当にコヨーテがドミニクの子だったらキーファーは知ってるはずだから・・・そんな様子もなかったので可能性は低そうです。

あとは没収されるであろう通信機器なども・・・今後に関わってきそうですよね。

色々と気になる事が多いので・・・もっと読みたいですね(*^_^*)

でも一番読みたいのはやっぱりヨシュ×コヨーテの絡み。

コヨーテが。。。コヨーテの意志でヨシュを選んでくれますように☆

ということで。。コヨーテ9話のネタバレ感想でした。

電子書籍

ダリアは奇数月の22日頃に配信です♪

ダリア

コヨーテ

コヨーテ2巻まで配信中
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2018 All Rights Reserved.