BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

ディアプラス 2021年11月号 雑誌全体の感想/高嶺の花は乱されたい、最愛なんてゆずりません!他

 
ディアプラス11月号
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

久々に雑誌全体の感想です。ちょっとペースも戻ってきた感じなので、できる限り作品を紹介する上でも雑誌全体の感想はやっていきたいなと思っています。

基本的に感想はちょこっとなのですけどね(^_^;)

ちょこっとでもこんな感じなのか・・・と思ってもらえれば。

ということで早速!

ディアプラス 2021年11月号

ディアプラス2021年11月号
2021/10/14発売

感想は以下より。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

「花恋つらね 49幕」夏目イサク

寿一郎さんと菊右衛門さんの喧嘩の原因が気になった二人は、雲之助さんに話を聞きに行くことに。

そこでも喧嘩の原因はわからなかったけれど、源介はかつて寿一郎さんが語っていた【最高の相方】というのが菊右衛門さんではないかと感じる。

当時、源惣コンビは最高だと言われていたが、自分の代でまた・・・・と考える源介は・・・・。

そして今回は惣五郎にも大きな話が舞い込んできます。二人にとっては今は修行の刻。。。なのかもしれませんね。

詳しいネタバレ感想はこちら。

「言ノ葉日和 前編」三池ろむこ×砂原糖子

こちらは【言ノ葉ノ花】の続編。前後編で今回は登場のようです。読んだ事がないひとはコミックス上下巻が出てるのでそちらを先に読んでみてくださいね!

簡単に言うとサトラレみたいな感じでしょうか。

長谷部の幼少期からはじまり、余村との水族館デートなどが描かれていました。わりと過去と現在が混ざった前編だったなぁという印象です。

余村と長谷部の絡みは今回はなかったですが、デートの帰り際にもう少し一緒にいたいという余村の気持ちがすごく伝わってきました。もう彼には心の声を聞く能力はないから、長谷部は今以上に頑張って気持ちを伝えて行く事が大事なのではないかと思ったりします。

前後編だとあまり厳しいアクションはなさそう。

もしかしたら果奈ちゃんに付き合ってると伝えるのが後編なのかしら?

でも余村さんも幸せそうにしてるし良かった♥このまま甘々な感じが続きますように。

「嘘には向かない職業 13話」金井 桂

こちらは【恋には向かない職業】のスピンオフです。実は、【恋には向かない職業】は必死に読んでいたのですが、終わってからなんとなく燃え尽き症候群的な感じになりまして(^_^;)

なのでこのスピンオフはじっくり読んでいないのですよね。。。。

ストーリーはアイドルの奏真はグループのリーダー・頼に片想いをしていたが、彼の恋ビオtが元マネージャー-の三倉だと気付き失恋。奏真の想いを知る先輩の千堂に失恋の傷を癒やすやめ疑似恋人になることを提案される。

そして千堂とともにいるうちに千堂と本当の恋人になりたいという気持ちが自然と湧き。。。。

という感じです。

かなり千堂➨奏真が強い展開ですね。。。だけど奏真も同じように恋人になりたいと思っているから両思いですよね。。。今。

こっからがどうやってくっつくのか・・・楽しみな展開かもしれません。イイ感じになったところで・・・今回はなんと!奏真が想いを寄せていた頼が戻ってきた!!!

奏真自身は頼への気持ちは整理できてるから大丈夫だとは思うけれど、千堂は気が気でないでしょうね。

次話もどうなるやら・・・という感じです。せっかくいい雰囲気になってたのに(T^T)

秘密には向かない職業(上下巻)秘密には向かない職業

「花鳥風月 79話」志水ゆき

こちらは引き続き一見×糸くん。

彼らのお初が描かれた回想がメインの79話でした。萌えもあるしとにかくエロかわな糸君が読めますヨ

詳しいネタバレ感想はこちら。

「翻弄系小説家とのロマンスについて 2話」楢島さち

社畜リーマンの柊あさひがやけ酒をし、帰宅すると中で人とぶつかり意識を失ってしまう。目を覚ますと作家の八神爽がいた。彼はぶつかった時にあさひが壊したネックレスを弁償するか仕事を手伝うかの選択を出してきます。

結局、仕事を手伝う事を選んだあさひだけれど・・・!?

この八神はあさひにとっては憧れの作家さんだったのですが、作品から伝わる繊細さとはかけ離れた人物だったようで・・・

2話目はちょっとわがままな感じの八神に思わずビンタしちゃうあさひにびっくり。さすが社畜リーマン・・・

ちょっとしたことでウダウダ文句を言って仕事を中断した八神が許せなかったのかしらね。

で・・・あさひが激オコしたときに、八神のファンだということがバレてしまうの。結局・・・あさひの言いたい事は八神には通じませんでした(^_^;)

と思ったけれど、それなりに効いてましたね。

これから徐々に距離を縮めていく二人なのだろうな(≧∇≦*)というのが今回の感想です。

最初に意識しだすのは・・・あさひのほうかな!?

「高嶺の花は、乱されたい 3話」左京亜也

前話で連雀さんに超えをかけてきた女性がいて、それが妹だとわかります。

その妹さんとのやりとりが前半はありました。彼女・・・連雀さんの妹だけあって綺麗です。

そしてハナちゃんと同じオメガみたいですね。連雀さんが変なオメガにひっかかったんじゃないかと見に来たようです。(連雀さんのお母さんの依頼で???)

結局彼女の前でイチャつく連雀さんに怒って帰っていきました(^_^;)

これからも彼女はちょこっと出てきそうな予感。

今回のお話を読んで思ったのが、お互いの家族に関する事が今後は関係してきそう。途中からはハナちゃんお話で、青葉から母親に連絡先を教えてもいいか?と聞かれます。

ハナちゃんはお母さんともやり直せるかもと思っていたけれど、前話で【はしたない】とぼそっと言われた事が気になってる様子。

でも以前とは違うからと連絡先を教えることを了承します。

夜にしつこく電話が鳴っていたのは・・・きっとお母さんですよね(^_^;)

ちなみに3話はエロあり。連雀さんとお風呂で・・・♥でした。連雀さんもハナちゃんにはぞっこんですね(≧∇≦*)

「妖々恋桜 最終話」名原しょうこ

ファンタジーで個人的に好みの作品。幼少期からの繋がりとかそういうのが大好物なので、毎回楽しみに読んでいました。
もう最終話か。。。(T^T)寂しい・・・

妖魔に連れさらえた匡臣を追ってきた桜太郎。ですが彼は赤鬼の姿になっており・・・!?

この赤鬼時代の桜太郎のお話も少し描かれていました。戦乱の世が終われば用済みと言わんばかりに桜の木に封印された桜太郎は、自分が消えていくことだけを待つようになったのだが・・・匡臣と出会ってしまいます。

彼は桜太郎のいる空間に入ることができるようで、毎日やってくるように。

その後また会わなくなった二人だけれど、再会します。今までの事を想いだしていた桜太郎。

赤鬼になった桜太郎は、匡臣からもらった名前で呼ばれて我に返ります。

最終的には妖魔は匡臣がやっつけたっぽいですね。(二人の共同作業といえばそうですが。。。)

終盤は二人のエロがたっぷり。匡臣が可愛かったです。ちょっと激しかったけども(≧∇≦*)

ラストの1枚絵はとてもカッコイイ二人で締めくくられていてキュンでした。ヴィジュアルもほんと好きな作家さんです。

「セラピーゲーム リスタート 15話」日ノ原 巡

緊急の往診が終わった静真と院長。静真は湊とデートの待ち合わせをしているのですが・・・

湊が色々と考えてかなり頑張っている姿を読んでいるので、今回の静真と院長の感じはちょっとイラっとしました(笑)

早く帰りたいと思いながらも院長に付き合ってしまうのがね。。。

【今日は用事があって早く帰らなければいけないんです】となぜそのひと言が言えぬのだ~~~~~~~~!!!

切羽詰まってからいったってね(^_^;)

でも院長も何かしら心の中に闇があるのかなと思った回でもありました。髪の毛をどうして伸ばしているのかもわかります。

詳しいネタバレ感想はこちら。

「最愛なんてゆずりません!2話」須坂紫那

食費が底をついたを泣きついてきた北斗と、その恋人の須々木、そして藤堂と四人で食事をする直斗。

北斗と須々木くん・・・ルームシェアしてるのに食費足りなくなるとは(^_^;)もう少し計画的に生活しないとね・・・

世話焼き兄さんじゃなかったらどうするんだろう(^_^;)って思ってしまいましたよ。

でも直人は頼られて嬉しいのでしょうね・・・(笑)

家で食べて北斗も須々木が美味しいと言った料理を覚えようとしていたり、健気さが見えるのでキュンとしますけど☆

お兄ちゃんにとっては弟の成長は嬉しくもあり寂しいくもあり・・ですね。

藤堂はそんな直斗の気持ちをすぐさま察知してしまうのだからさすが。

寂しいという直斗に【俺がいる】なんて言えちゃうところが藤堂だなあ・・・と思いながら読みました。

藤堂ともっと一緒にいたいと感じる直斗ですが、お母さんの事を考えると家を出るわけにはいかないのですね。でも!!!ラストはお母さんにも誰かいい人が!?!?という展開でしたヨ。

もしかしたらお母さんも直斗に遠慮してたりするパターンかしら?気になります。

溺愛なんてみとめません!溺愛なんてみとめません!

「隣のクラスの加藤くん 3話」梅田みそ

なんでしょ・・・前半はちょっと全員にイラっとしました(笑)

先輩も空気読めないし、加藤くんは淡々としてるし、小和田くんはうるさいし(^_^;)

加藤くんにちょっかいをかける先輩登場で、小和田くんも大変そうです。まぁ二人きりになった時はイチャイチャする二人なのですけど・・・

この小和田くんがうるさくなっちゃうのは加藤くんがいけないのでしょうか・・・ね!?

加藤くんはしっかり小和田くんが好きだし、先輩の入る隙なんて本当はないはずなのですけど・・・・

修学旅行という大きなイベントもあるし、そこは先輩も来ないはずなのでしっかりと仲を深めていってほしいです。

「一途なふしだら 8話」たらふくハルコ

今回はほぼほぼエロでした!晴生はやっと好きな人と繋がって幸せそうだったのですが、不安も同時に襲ってくるのかな。。。

夢が不穏でしたね。

「もう一度」読み切り はるせ

お話は王道展開でした。読みやすかったです。

隠していたけれど、生徒(大学生)にゲイだとバレた新任の井上。

その生徒には好きな人が知られてしまうのですが、そこから色々と応援されたりしながら距離を縮めていきます。

最終的にはずっと好きだった人よりもこの生徒くんが気になってしまうという展開でした。

生徒くんもまた井上が好きなようで、ラストはハピエンです。

♥「マスク特集」コミック♥

「悪いおじさん2」雨隠ギド
「ちょっと待とうよ、春虎くん」あめきり
「さよなら僕の好きな人・番外篇」琢磨
「マスクドラバー」間宮法子
「教えて、きみのぜんぶ。」並榎 雫
扉&1コママンガ_猫野まりこ

このマスク特集では、あめきりさんのお話が一番好きだったかも!
なかなか胸キュン展開でした。

それに絵柄が好みです。学生寮でのお話なので密室~(≧∇≦*)そういうのが好きな人は好みのお話だと思います。

あめきりさんは12月1日にデビューコミックスが発売されるようです。

ハツコイノオト (ディアプラス・コミックス) 2021/12/1

感想まとめ

ちょっとざざっと感想を書きました。意外に・・・スピンオフとか続編が多いなという印象でした。

ディアプラスはどの作品も面白いですね。読みやすいし、好きな作品が多いので次号も楽しみです。

次号は【エンゲージ】も掲載ありますし、南々子さんも短期集中連載です☆嬉しい~。

12月号は11月12日に発売です☆

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

何か面白そうなBL漫画はないかな?とお探しの人は、こちらの一覧をチェック!【特集記事】

BLメモリー・バラ単話・コミックス作品感想

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2021 All Rights Reserved.