BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【十二支色恋草子-蜜月の章-4部】3話(ネタバレ注意)感想/ディアプラス6月号-待緒イサミ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

ディアプラス6月号に掲載、待緒イサミさんの【十二支色恋草子蜜月の章 第4部】第3話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の第3話は【十二支色恋草子 蜜月の章(4)】に収録予定です。

コマがスゴイ事と言い出して、それに対し颯助が怒ってどうなる!?みたいな展開だった2話・・・颯助がどんな感じでコマを止めるのか気になってたので楽しみにしてました!

十二支色恋草子-蜜月の章-4部3話 ディアプラス6月号

Dear+(プラス) 2020年 06 月号
掲載P数 40P
満足度
この雑誌をよむ

簡単なあらすじ・ポイント

  • コマを連れ去った颯助は・・・
  • 胡太朗はどんな正隆でも大好き
  • 神気が満ちたので虹悦は鱗を戻して・・・
  • ウリズが可愛すぎてちょっとほろり。
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。
十二支色恋草子 蜜月の章(3)

【ネタバレ注意】十二支色恋草子-蜜月の章(4)-3話 感想

今回も・・・ウリズに癒やされました~~~。なんて可愛いんでしょう(●´∀`●)すごくニコニコしてて読んでてほっこり。

さて・・・今回は颯コマで大きな出来事1つ、正コタで1つ(&虹悦)、正隆・ウリズで1つ、ラストは新しくなにか起りそう!という感じでした。

颯コマは意外にラブラブ

コマが虹悦と交わると言い出し、ちょっと待った!!!!と間に入ってきた颯助。

今回は2話ラストからの続きです。

誰かに渡すくらいなら俺がコマとするからね、と颯助は言うのですが・・・コマはよく解ってない様子。

「お 俺とする・・・って なにを・・?」

颯助はそんなコマをぐいっと引き寄せ、わからないなら教えてあげると言って抱きかかえます。

虹悦は・・・俺は全くそんな気は・・・と引き留めるのですが、ちょっとお怒りモードの颯助なので縄張り感がスゴイ。

「駄目 誰もコマに触らないで」

そう言って連れ去ります。虹悦からしたらそんな気もないし、コマとどうこうしようなんてすら思ってもないのに・・・ちょっと可哀想(笑)

傷つく虹悦(笑)を優しく癒やすのは・・・ウリ達。

「虹悦と颯助ケンカしちゃったの? だめだよ仲良くしようよ」

他のウリ達も十二支たちに可愛がられています(*^_^*)

こんな時くらいゆっくり休んでりゃいいのにと言われるウリ達ですが、「やることあった方が楽しいから!」とにっこにこ。

「それに僕らいーこと決めたんだもん!」「ねー!!!!」

ウリ達はなにか決めた事があるようです♪

場面は変わり・・・颯コマ★どこかの部屋でコマが颯助に押し倒されていました~。

「ねぇコマ 固まってないで これからすることちゃんと覚えててね?」

普段の颯助みたいにゆる~い感じではなく、今回はかなり・・・真剣というか・・まだ怒ってる!?

コマは・・いつものように逃げようとするのですが、今回はそうもいかず。

コマが猫の姿に戻ろうともマーキングするし、今度人型になったらもっと厳しい事すると颯助は言います。

「もうあんなこと言わないって約束してくれたら 嫌なことはしないから」

そのコマなのですが・・・・怖いとか嫌とか実はそんな感じではないのですよね。ちょこっと発情してるようにも見えます。

「人型だと・・・発情期でもないのに熱くなって お前が触るとこじんじんして・・・」

「そーゆーの 全部やだ・・・っ」

コマは颯助に触れられると、自分でもどうしようのない感覚になってしまうようで・・・それに戸惑ってるのですね・・・

そんなコマに颯助は、「俺もコマと同じ」と。

「ホラやだろ!?」

「やじゃないよ」

「ああ!?なんで!?」

颯助はコマを見つめ、愛しそうな顔をして言うの。

「コマの事が好きだから」

そう言ってコマにキスをします。

コマにとっては・・・颯助に対する気持ちもイチャコラも初めての事でキャパオーバーなのでしょうね。

今までは自分を性的な目で見て襲ってくる子たちもいたけど、それに対しては嫌悪しかなかったコマ。でも、同じ性的な事でも颯助との事は感覚的に違う。その差を自分自身よく理解できてなくて混乱してるのかな~って読んでて思いましたヨ(≧∇≦*)

いやだいやだって感じなのに両足でしっかり颯助をぎゅっと引き寄せてるというか固定?してて・・・かわいい。

服の上からだけれど、お互いのT子は反応してますしね。ぐりぐりしあってるのが・・・・・とっても好き(●´∀`●)

「・・・こないだみたいなことしていいの?」

「それとも直に触ってもいい・・・?」

そ・・・颯助さん・・・!!!聞きながらすでに触ってるやないか~い!!!と読みながら突っ込んでしまいました(笑)

この二人はちょっとずつステップアップですね!!!

今回は颯助が直接コマのT子に触れて・・・お互いのT子擦り合わせてFINISH( ̄ー ̄☆キラリ

けっこううエロいので、これは絵で是非!!!!

「他の誰ともしないでね・・・っ」

って言いながらの颯コマの同時FINISHはすごく萌えた。コマも「当たり前だこんなの」って返しててね~これは・・・この二人の合体も近いかも!?

その後は颯助の機嫌も直り、場面は正コタへ。

恋愛禁止ライブラリー

こんな幸せがあるなんて

虹悦が見事な演技で(笑)胡太朗と交わるしかない!と迫ったので、胡太朗を連れ去った正隆。

「正隆ってば!こっちは居住区だよ 誰も追ってこないって・・・!」

胡太朗に言われて足を止めた正隆は・・・「・・・十二支様方に口答えをしてしまいました・・」と少し落ち込みます。

でも、胡太朗は正隆が反抗したことはどちらかと言うと彼らも喜んでると言います。

「俺も嬉しかった」

「・・・でも・・・」

「正隆は 俺と虹悦とするのは嫌?」

さっき正隆は何て言おうとしたの?と尋ねる胡太朗。さっきというのは、2話「胡太朗さんは僕の・・・っ」って正隆が言った時の事ですね!

「俺は正隆のなに・・・?」

すると正隆は・・・自分は生涯人とは関わらず、動物のために生き、それが自分の幸せだと思っていると話し始めます。

「でも 今僕は 将来の僕がうらやましい・・・」

そんな彼を見て胡太朗は・・・正隆にキスをします。

「・・正隆は正隆でしょ」

胡太朗は正隆にずっと好きだと気持ちを伝えます。

ここからはイチャコラタイム!

18歳の正隆と胡太朗・・・・なかなかイイ感じの絡みでした!!!普段は正隆がかなりリードしてるのですが、今回は胡太朗がリードしてて新鮮!!!

躊躇してるのにびんびんの正隆のT子・・・素敵(≧∇≦*)

胡太朗のリードもあってちゃんと合体してますので、ここは注目。

18歳の正隆と胡太朗の絡みは8Pあります!

「胡太朗さん こんな幸せがあるなんて・・・知りませんでした」って涙を流す正隆にちょっとギュっとなりました。孤独だったもんね・・・・

「っ・・これから もっとずっと幸せになるからね」って返す胡太朗にもギュギュっ。

僕は怒ってませんよ

二人が合体したことが・・・すぐにわかってしまうのがまた面白い!

「よぉーし・・・みなぎってきたあぁ!!」

虹悦もご満悦!

「さすが正隆!若いだけあって二発連続とは!」

笑。ほんと虹悦のキャラ大好きです。

神気も満ち足りてきたので鱗を元通りに戻します。

となったら!?当然正隆も戻りますよね!

戻った正隆は「今の僕に上書きさせてくれるでしょう?」とさらに激しくなるという(笑)

それもちゃんと虹悦に伝わります。

「なんという力の奔流か!よし・・・騒がせた詫びに還元するとしよう!」

また虹悦が何かしようとしてます。。。(~_~;)

「待て虹悦!また無茶な真似は・・・」と言われるけれど・・・今回は大丈夫でしたね!

神気のこもった雨を降らせます。そのおかげで直も円かも人型に変化するくらいパワーを吸収できたようです♪

彼らのもとに、正隆が戻ってきました。

「戻りが遅くなり申し訳ありません」

「ま・・・っ 正隆だー!!!」

ウリ達が嬉しそうに飛びつきます。

「おう待ちわびたぞ正隆」と密勝(申)。

そして虹悦もやって来て正隆に謝ります。すごく落ち込んでるのがなんか・・・笑えるというか憎めないというか(≧∇≦*)

そんな虹悦に正隆は「僕は怒ってませんよ」と言います。

虹悦が憑く月は多少のトラブルは覚悟しているし、なんとかしているのも信じているからと。

正隆の言葉を聞いてるときの虹悦がね~かわいすぎる!!!十二支達からは甘やかされてるな~と突っ込まれてますヨ★

ウリ達の決心

「それよりウリ達に辛い思いをさせたね」

「ううん」

ウリ達は今回のことは大変だったけれど、そのおかげで決めた事があるのだと正隆に言います。

「正隆に僕らの名前をつけてほしいー!!!!」

「名前を貰えば正隆と縁が深まるんでしょう?」

でも正隆は、個人に縛られるよりは場所に重きを置いた方が自由だからと最初に決めたはすじゃ・・・と戸惑います。

するとウリ達は、天に昇りそうになった時(2話)にお休み処に居られないよりも、正隆と離れてしまうのが悲しかったのだと言います。

「名前は正隆といた証になるよ 僕ら正隆とずっと一緒がいい」

「ウリ・・・っ では一太二太・・・」

ここ笑ってしまいました。ウリ(T^T)と感動してるのにすぐに一太、二太って(~_~;)そんな簡単に・・しかも一、二、三、四って感じなのがね~。

これにはさすがに「はやまるな」と十二支達もSTOPかけてて(笑)ウリ達の耳を塞いでるのが笑えました。

名前は胡太朗と考えろ!って言われてましたね!

トラブルが解決して和やかな雰囲気だったのですが・・・空から羽根がひらひらと落ちてきます。

「ん?」

上を見上げる篝(巳)。

「これはこれは・・・十二支がそろい踏みとは好都合」

やってきたのはすごく偉そうな・・・鳩?

お休み処前宮司からの伝書を伝えに来たようです。ここで次話へ。

感想まとめ

3話も面白かったですね~!!!颯コマ・正コタと2カプもイチャコラが読めるなんて!!!しかも正・コタに関しては18歳の正隆との絡みまで!!!

虹悦は普段はかなり高貴で偉そうなのに、とんだおちゃめさんな所もあって・・・読んでて楽しいです。

十二支それぞれにキャラの個性があってほんと・・・好き。

ウリ達も可愛いし、彼らが出て来ると自然に口角があがってしまいますね!正隆大好きなウリ達。。。ほんとほっこりしました。

しかし・・・前宮司からの伝書って何でしょうね!?

というか、前宮司生きてたとは!

また何か起りそうな予感・・・。十二支勢揃いなのが好都合と言っていたので、彼らも関係することなのでしょうね。

次話はディアプラス7月号に掲載。巻頭カラーで登場です♡~カラー楽しみです!!!

電子書籍

十二支色恋草子【全3巻】

神使たちの〝お休み処〟の宮司・正隆(まさたか)は、ひと月ごと交代で十二支に憑かれ、憑かれている間は十二支の影響を受ける、困った体質だ。

十二支色恋草子~蜜月の章~【現在3巻まで】

十二支色恋草子 蜜月の章(3)
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2020 All Rights Reserved.