BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【囀る鳥は羽ばたかない7巻】41話(ネタバレ注意)感想&考察/イァハーツ9月号-ヨネダコウ『俺のものです 俺の時間もこの体も』

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

イァハーツ9月号掲載、ヨネダコウさんの【囀る鳥は羽ばたかない】41話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の41話は【囀る鳥は羽ばたかない7巻】に収録予定です。

そわそわしながら待った最新話・・・本当に読む前からドッキドキが止まらなくて変態です・・・じゃなくて大変です。

ついに待った再会でしたが、なんともいえない百目鬼・矢代の表情にちょっと戸惑いました。今回はどんな展開に!?ですよね。

その前に・・・こちらの記事の紹介を★時間があればこちらも読んでいってください(*^_^*)

>>>【囀る鳥は羽ばたかない】を色々な角度からみんなで考えてみたい①

【囀る鳥は羽ばたかない 41話】 イァハーツ9月号

イァハーツ9月号
掲載P数 25P
満足度
この雑誌をよむ

今号の簡単なあらすじ・ポイント

  • 4年ぶりの再会。ヤクザの世界にいる百目鬼に七原も驚いて。。。
  • 『俺のもの』という言葉に反応する矢代
  • 覚えていたんですね、と百目鬼から言われた矢代は・・・
  • どうやら綱川が矢代と会いたがっているらしい。
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。
最新刊6巻
命をかけた抗争の行方は?矢代と百目鬼の関係は?怒濤の新展開!!

【ネタバレ注意】囀る鳥は羽ばたかない7巻41話 あらすじ

七原と神谷は相性が悪い!?

前話で4年ぶりの再会を果たした百目鬼と矢代&七原。

その後、城戸弟のお店に戻り、城戸の居場所を聞きだそうとするのですが。。。弟は1年以上会っていないと言い張ります。

大きな声を出して威嚇しようとする神谷に、七原は「相手を考えろよ」と忠告。素人に手を出すのはやめとけと。

こっちの案件だから口を出すなと言う神谷に・・・七原も「なんだとてめぇ」と怒り気味。

神谷は『どこのどちら様ですかねー?』と七原をさらに煽ろうとするのですが・・・ここで百目鬼が「七原さんだ 真誠会の」と後ろから入ってきます。

七原はというと・・・『元って知ってんだろ百目鬼』とこちらも名前を呼びます。

神谷は・・・自分だけが蚊帳の外で面白くなさそう。

ヤクザが動くのは金と面子

『あーそこの君・・・何君?』と矢代が神谷に声をかけます。名前を聞いてるようです。『神谷』とこたえると、矢代は城戸弟を自分のところへ連れてきて欲しいをお願いします。

神谷が連れていくと・・・矢代が弟をまさかの水責め。思いっきり弟の頭を水をためたシンクに押しつけます。

神谷は『俺よりひでぇじゃねぇの』と言ってるし、七原は『社長ー・・・相手は素人っすから』と( ̄。 ̄;)

七原に手伝えと矢代が言うと、百目鬼が『俺がやります』と出てきます。

でも・・・矢代はそれを受け入れませんでした。(その前に城戸弟が話すと言ったというのもあります)

弟の話を聞いてみると・・・本当に城戸の居場所は分からない様子。ただ、今回はバックにヤバイ奴らがいると言っていたと伝えます。

その『ヤバイ奴ら』が矢代や百目鬼たちではないかと疑う弟ですが、七原は自分たちはただの金貸しだと言います。

『ま、似たようなもんだなこっちも』と神谷が言うと・・・矢代がひき逃げのことを持ち出してきました。

ヤクザが動くのは金と面子。城戸の後ろにヤクザがいるなら話が変わってくるだろう?と。

ここで百目鬼は、弟に電話をさせ城戸のことを探るように命令します。

大人しく電話をかける弟。お金がいるのだと言うと。。。城戸は明日になるけれど用意してくれるとのこと。

ただ、場所に関しては城戸からの指定を待たなければいけないようです。

俺のことを覚えてたんですね 頭

『さっきの質問の答えを聞いてませんが 状況がかわったので一度上に報告しないとなりません』

百目鬼が言うと・・神谷が昔の知り合いなら話もあるだろうし自分がかけにいくと言ってその場を離れます。

百目鬼・矢代・七原になると・・・七原から口を開きます。

「4年ぶりか・・・」

七原はまさか百目鬼がカタギに戻らずにヤクザのまま・・・桜一家にいるのかと信じられない様子。

『バカじゃねぇのか!?そんなツラしてヤクザ以外に見えねぇじゃねぇか』

すると百目鬼は・・・『俺がどう生きようと何になろうと 俺のものです 俺の時間もこの体も』と・・・。

それを聞いた七原は納得はいかないようですが論破された感じ( ̄。 ̄;)矢代は・・・『ー俺のものね いいんじゃねぇの?』と口にし、今回の件に自分達が関わっているのを知っていたのか?と尋ねます。

ここで神谷が戻ってきて、雰囲気を察したのか何なのか。矢代たちに何者なのか少しくらい俺にも説明しろと言います。

『俺はただのカジノ経営者』

そして、百目鬼のことは少しだけ面倒みていてそれだけだと。『使えなくてしょうがなかったけどな』とけっっこう酷いことを色々言っています。

すると百目鬼は・・・『俺のことを覚えてたんですね 頭』と・・・。

矢代は・・・今日まですっと忘れてたけれどさっき思い出したと答えます。そして自分はもう『頭』じゃないと。

『今んとこ組もねぇし お前の頭でもねぇ』

『・・・わかりました』

一緒に行動することに!?

城戸弟を連れ帰ると共に、矢代たちにも桜一家に寄って欲しいと言う神谷。

綱川が矢代のことを知っていました。三角さんがたいそう気に入ってる男であり百目鬼の元上司。

会ってみたいということでした。

『協力するならカネと取り分の話をしておいた方がいいってことで』

矢代も断る理由もないというので承諾。

最後まで神谷・七原はバチバチでした( ̄。 ̄;)

『あれがお前のー』そう百目鬼に話しかけようとした神谷ですが・・・百目鬼の表情に黙ってしまいます。

その頃七原と矢代は・・・車で東京へ。

七原も百目鬼の態度にご立腹。『てっきり堅気になってると思ったのに』と口にすると・・・矢代は『少し黙れ』と言って・・・

どうしても触れたくない

囀る鳥は羽ばたかない-41話 感想&考察

ひぃぃぃぃぃぃ~~~~~~~。゚(゚´Д`゚)゚。って感じでした。

なんか・・・お互い表情崩さずに話しているのですが、それがかえって切ない、悲しい。

百目鬼もうまく演技しているのだろうなって思いましたヨ・・・・。本当はすごく会いたい人だったでしょうに~。

内に秘めた感情というのは、なかなかここではわからないけれど・・・絶対百目鬼のあの無表情の下には色々な感情があったに違いない。

ちょっとでも浮上する要素があればいいのですが、どうなんでしょうね。個人的には読んでて切ないな~という感情がすごく大きかったように思います。

以下は考察を交えながらの気になった点の感想です。

元真誠会なのに真誠会のと言ったのは何故か

まず、神谷に七原を紹介するとき『七原さんだ 真誠会の』と言ったのが気になりました。

七原からは『元って知ってんだろ百目鬼』と言われています。そう。。。真誠会は解体したのだと百目鬼は知っていて、なぜあえて『真誠会の』と言ったのか。

百目鬼の中では『真誠会』が『元』では無いからそう口にしてしまったのでは?と考えました。

気持ちはまだ『真誠会』にあって、今百目鬼がこうやってヤクザの世界にいるのはやはり矢代が組を持った時にそばにいるためではないかと。

その時のために今自分にできること(力をつける)をしているのかなと感じました。桜一家に長くはいないだろうというのは百目鬼のこれまでのセリフからもうかがえます。

そしてそれは他の言葉でも表れています。

矢代を『頭』と呼んだこと。

矢代も言ってた通り、もう『頭』ではありません。神谷の前で『頭』と呼ぶことはリスクだってあったはず。(桜一家の者なので)

それでも呼んだという事は、やはり百目鬼の中の『頭』というのはただ一人であるという事の表れなのだと思います。

問題は。。。矢代が組を持った時に百目鬼が横にいることを三角さんが認めるかどうか( ̄。 ̄;)にもよるのですけどね・・・。どれだけ口説いても組を持つ事に消極的だった矢代が、組を持つ理由が百目鬼だったなら。。。もしかしたら考えが変わるでしょうか!?

三角さんは矢代が組に戻らない選択は万に一つもないと言ってるほど執着してます。

『お前が必要だ』とも。

そういえば、、、話が脱線するのですが、36話で三角さんが矢代脱げ!と襲いかかるフリ?をしたシーンがありましたよね。

あの時に天羽さんが車の中で(やはりやれなかったか・・・)と考えているのですが、最初読んだ時はヤクザに戻る戻らないについて、三角さんがうまくやれなかったかという意味で捉えてました。。。

でも・・・今よくよく考えてみると、体の関係の事???って思ってしまって。それは、三角さんに対してではなく矢代に対して。

三角さんは『天羽!!ソープ!』って言ってからの(やはりやれなかったか)だったので、矢代の変化をこのときの天羽さんはすでに気付いていたのかな?って今さらながらに思ってしまいました。まぁ三角さんが無理矢理やれなかったという意味にも取れますが。

改めて読み返してみると、天羽さんの関わりが重要になってくるのではないかと考えたり。

36話の天羽さんがやけに意味深なんですよね。『もしこのまま組にもどらなかったら』とか『矢代さんは戻らないつもりですか』とか色々言ってますし。

綱川にも『帰る場所があるわけじゃない 行き場がなかったんだ』って言っていて。帰る場所は・・・解体しているからもうなくて、『行き場がない』というのは百目鬼がヤクザの世界に留まりたいと思ってる理由も知っているのかなと思ったりしました。

何にせよ、天羽さんと綱川・三角さんは繋がってるので今後もセリフなども要注目かなって思ってます。

俺のものです 俺の時間もこの体も

この言葉が百目鬼から出て来るとは。゚(゚´Д`゚)゚。と一読した時はショックを受けた藤雪です。

でも。。。この言葉には何らかの百目鬼の考えがあってこそだと思いました。

『俺がどう生きようと何になろうと 俺のものです 俺の時間もこの体も』って・・・・6巻33話で『あなたを守るために使うと決めた命です あなたの好きにすればいい』と言うセリフと反対のようで同じ意味を含んでいるとワタクシ・・・思っています。

あの時は矢代に委ねるような感じでしたが、今回ははっきりと自分の意志が感じられる。

百目鬼自身が『どう生きようと何になろうと』=堅気に戻らずヤクザでいようと 『俺のものです 俺の時間もこの体も』=矢代を守るために時間も体も使うことは俺の自由って言ってるのかもしれない。

これは言い方であって、6巻の描き下ろしで百目鬼が気付いたことのひとつではないのか?と考えました。

描き下ろしで七原と話した時、百目鬼は矢代のこれまでの言動を振り返ってましたよね。

『お前が可愛い でも怖い お前は嫌だ お前をどうにもできない』と。何に対してもそつなくこなす矢代が・・・このときだけはどうしていいのかわからない、といったような本心を見せてましたよね。

だから、百目鬼自身は矢代に『好きにしたらいい』という委ねるような方法をもしかしたらここで止めたのでは?と考えました。

6巻描き下ろしのラストは、百目鬼の決意のような表情だと個人的には思っています。

あの時に初めて受動的なではなく、能動的な百目鬼になったのではないかと。それが今回のセリフの表れなのかな?と考えるのですが、どうでしょうか。

ただ・・・矢代はその言葉がひっかかってましたよね。

『ー俺のものね いいんじゃねぇの?』って言いながらちょっと寂しそうなんですよね。俯き加減になってるというか。『俺のものです』って言われた時にちょっと時が止まってましたし。。。

その後神谷に『そんな地蔵みたいな男についてるなんて苦労すんだろ 一事が万事 話が通じねーから』って言ってみたり・・・『少しだけ面倒みてたってそれだけだ 使えなくてしょうがなかったけどな』って言ってみたり(T^T)

スルーできたはずの事なのに、ついついこんな風に百目鬼につっかかるなんて。。。。お前が俺に言った事忘れてるなら、俺も忘れてるしなんとも思ってねぇよ!?的な返しっぽくないですか?

NightS
「今一瞬、アンタにむしゃぶりつきたくなった」
黒社会の駆け引きと大人の恋の心理戦は、やがて息を呑む圧巻のラストへ――

俺のこと覚えてたんですね

『百目鬼』と呼んだ事について、冒頭で何かあるのかなぁ!?って思ってたら・・・終盤でした。

百目鬼が店を出ようとする矢代に『俺のこと覚えてたんですね』って言うんです。

このときの七原がね~。。。あちゃ~みたいな感じで(^_^;) 矢代の性格も知ってるから、それ突っ込まないで!って感じなのがクスってなりましした。

『覚えてたんですね』と言われた矢代。

どう答えたか・・・ですが『さっき思い出した』と。

『今日までずーーっと忘れてたけど その辛気臭ぇツラ見て思いだしたわ』って言ってて。ここは七原の表情と神谷の『ぷっ』にこっちまでふふってなりました。

ただ。。。んん・・・なんだろ・・この矢代は既視感が・・・・。

読み返してみてあったあった!!!3巻の矢代とちょっと被るんです。(自分の中でですが)

15話だったかな。あの井波が登場したときの回です。

百目鬼が部屋の外で待つと言った時、『そういや手コキした時だってそうだったよな お前俺の事一切みなかったな 本当は見たくも触りたくもねぇけど上司だし?腕動かねーし?』『指まで落としちゃったし?俺の手足だし?望むことするっていっちゃったし?』って場面の矢代となんだか被る。

言い方は全く違うけど。。。なんか百目鬼の言葉に対してすごい反応を示すというか・・・。

これまた6巻33話ですが。。。『お前を見てると無性に壊したくなる』と矢代が言った時に、どうしてですか?と百目鬼が尋ねますよね。

このとき矢代は『お前が離れないからだろ』って言うんです。その後に『あなたを守るために使う~』が続くのですが・・・離れないから壊したくなると言ったのに、今回は・・・あえて百目鬼が傷つきそうな言葉をバンバン言ってる。

この辺りも矢代の矛盾なのかな?って思いました。

『大事なものは傷つけたい』が出てきちゃった!?

もちろん。。。その場では無表情だった百目鬼ですけど、、、その後はやはり主人にほっとかれた寂しいワンコみたいな顔になってました。

演技してたのかなぁ(T^T)って思ったらちょっと切ない。

七原は百目鬼が堅気に戻ってると思っていた

ここはちょっと意外というか、根本的に考え違いをしてました。

6巻読んだ時に、七原経由で天羽さん➨綱川という流れかと思っていたのですが、どうやら。。。

百目鬼が一人で行動していた事がここでわかりました。

というのも!今回のラストで七原は言ってるんですよね。

『俺はムカつきますよ てっきり堅気になってると思ってたのに』と。ということは、七原が口利きしたわけではないという事です。

やはり描き下ろしの時に百目鬼が自分自身で考えて行動する、というのに考えが変わっていったのかな?と思いました。

盃を交わしていない百目鬼が。。。天羽さんに会うのってだいぶ難しかったのではないかなぁって思うのですが、またいずれ綱川に依頼することになった経緯なども出てくるでしょうか?

あとは、やはり矢代自身も百目鬼は堅気に戻っていると思っていんだなぁ・・・と。車の中では百目鬼の事でいっぱいになってそうな矢代が・・・切ないなと思いました。

百目鬼の変化は『いいんじゃねぇの?成長したってことだろ』と言ってるけど・・・どこか上の空というかぼ~っとしてる感じがしますし。

堅気の話が出てきた時は『少し黙れ』って七原に言っていて。色々と矢代の中でも整理がつかない状況なのかなって思いました。

もしかしたら・・・いつものパターンで百目鬼の目を見てムラムラしてるとか!?色々と忘れてた事を思い出してしまった可能性もありますよね。

これから綱川に会う矢代と七原・・・どうなるやらですね。

百目鬼がまだ桜一家の人間ではないと知った時、矢代がどう動くかも見物かなと思いました。

これからの展開としては、百目鬼がヤクザの世界にいると知ってしまった矢代なので、【矢代】が動くターンがあるのではないかと思っています。

できれば・・・4巻で百目鬼が矢代に感じてるような・・・

『自分のものにしたい こんなに誰かを求めることがこの先あるんだろうか』って気持ちを矢代にも感じて欲しいなって思ったりしてます。

そう考えたら・・・ラストは二人で堅気になって・・というのが希望でしたが、そうじゃないラストになるような気がします。

矢代は百目鬼を置くためにやはり組を持つのではないかと改めて。(前に記事で書いてると思います。。。)

それは。。。天羽さんが言ってたように『行く場所がなかっただけ』の百目鬼に『帰る場所』をつくるためもあったり!?

七原と別れるというのも想像つきませんしね。

三角さんは、天羽さんがなんとか・・・という展開になったりするのかしら?ここはまだ進んでみないとわからないですが、綱川・三角さんの動きもこれから要注目です。

まとめ

気になった点をちょっと感想として書いてみました。

城戸の後ろには誰がついているのか、でまた話がややこしくなったりヒエ~~~~~って状況になったりすると思うのですが。。。

この状況でいけば共闘という感じになるかもしれませんね。

一緒に行動する時間もできたり!?するかもしれません。綱川次第・・・でしょうか。色々と百目鬼を試しそうですしね。

あとは神谷・七原はいいコンビになるような気がするのですよね(笑)

また二人の言合いとか読みたいなって思いました。似たもの同士なのかしらね!?

ということで!25Pなのにむちゃくちゃ長くなりました(^_^;)すみません~。

もう一度最後に。

良かったらこちらの記事に参加していただけると嬉しいです♥

>>>【囀る鳥は羽ばたかない】を色々な角度からみんなで考えてみたい①

電子書籍

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

BookLive!割引作品 >>>BookLive!BLキャンペーン一覧はこちら














 

Renta!今だけ割引作品 >>>Renta! 割引作品すべて見る














 

Comment

  1. マグマ より:

    藤雪さん、こんばんは。ついに41話読めましたね。まだ、しっかり読み込んでないですが、なんともつかみどころないような、展開のように感じました。けど、いろいろ意味ありげなことが組み込まれているからそう感じたのかな~。

    あおりの言葉は、あれは、二人共、そう思ってたんですかね?百目鬼も。

    百目鬼が「俺の体は俺のもの~」は矢代に負い目を感じさせたくないからなのか。。。はたまた、俺は昔と違うというアピールなのか。。。

    矢代は気にしてそうでしたね。なんか、百目鬼の一語一句気にする感じは、藤雪さん、書かれてたように、前にも確かにそうでしたね!じゃあ、やっぱり、好きなんでしょうね笑百目鬼のこと、まだ。

    城戸弟を水攻めにしてるとき、百目鬼が「俺がやります」っていうの、あれ、なんか、妙だなと思って、すごい、勝手な解釈ですが、矢代がマゾっけがあるのを知ってて、なんか、城戸弟に没頭している姿をみて、思わず止めに入りたくなったのかなとか。。。矢代は言葉も百目鬼に対してきつかったですね。

    今回は、やはり、一番、最高だったのは、百目鬼の「俺のこと覚えてたんですね。」でした!!!うわぁ、言っちゃったよ!と思いましたよ笑なんか、七原さんとかいるし、神谷いるしなのに、もう、なりふり構わないというか。。。笑 一番、聞きたかったのかな~なんて、それで、矢代の反応みたかったのかな~なんて。なんだかんだ、見せつけてくれたような二人でした笑

    次回はどうなるでしょうかね。早く矢代が百目鬼に狂うのを願ってます♪

    • 藤雪Fujiyuki より:

      マグマさん(*^_^*)
      こんばんは!コメントありがとうございます。
      ドキドキしながら読みましたよ~。最初にどのくらいのボリュームがあるかを見て、ラストの雰囲気を見てから読み始めました(^_^;)←ヘタレなので、ラストを確認してかじゃないとなかなか・・・
      >百目鬼が「俺の体は俺のもの~」
      これ一読した時は、けっこうな衝撃だったのですよね。俺は昔とは違う、というのの表現なのかと思ったのですが・・・
      ただ何度も読み返して感想に書いたような解釈に至りました。でも、読む人によっては色々なとらえ方が出来るセリフだなぁ・・・先生!!!って思いましたヨ(T^T)
      こういうセリフまわしがこれまたヨネダマジックなのか・・・ニクイですよね。

      >じゃあ、やっぱり、好きなんでしょうね笑
      ( ´艸`) そうだといいなぁ・・・と思ってます。基本的に矢代は一途なので、大丈夫ではないでしょうか(と言い聞かせてます(≧∇≦*))

      >百目鬼が「俺がやります」っていうの、あれ、なんか、妙だなと思って
      おぉ。。。そういう見方もできますね。
      もしくは、素人に手をだすのは・・みたいなことを七原が言ってたので、矢代にはそんな役目はさせられない、自分が代わりにと思ったとか!?
      >矢代は言葉も百目鬼に対してきつかったですね。
      そうなのですよ(T^T)傷つくような言葉けっこう言ってました・・・
      >一番、最高だったのは、百目鬼の「俺のこと覚えてたんですね。」でした!!!
      わかります!!!でもあのタイミングで!?!?ってなりました(笑)七原もいるし、神谷とか大丈夫かなってこちらがハラハラ。
      矢代の反応を見たかったというのはあると思います!私はその後の矢代のとぼけ方?もちょっとクスってなりました。

      次話はどうなるのでしょうね・・・桜一家に行くようなので、一緒にいるところが読めるかもしれませんが・・・キャ~(≧∇≦*)ってなるにはまだまだ先が長そうです。。。
      矢代→百目鬼を少しでも読めたら嬉しいですね。。。次話に期待!!!

  2. 藤雪Fujiyuki より:

    まるさん(*^_^*)
    こんばんは!!!!コメントありがとうございます!
    今回は・・・も?表情が切なかったですね。神谷が話しかけた時の百目鬼のあの表情・・・
    読んだ時には胸が。。。(T^T)百目鬼たん・・・な表情に戻った感じでした。
    百目鬼自身もきっと【演技】していたのかなと考えるとギュっとなります。
    そして!!!!DVD予約されたのですね~。特典にすっごく惹かれているのですが(描き下ろしがついてくるのですよね!?)・・・私まだ迷ってて。
    コメント読んでやはりぽちっとしてこようかな・・・と今そわそわしてます。
    囀るさんのスゴイところは、何度も読んでるはずなのに、1巻から読み返すと新しい発見があったりするのですよね・・・
    私も感想書くときにいつも6巻スタンバイさせてますが・・・そっか!とか、あれ!?!?ここは!!!というような発見がけっこうあります。
    まるさんも新しい発見とか、ここは!?というのがあればまた教えてください~!!!
    こちらこそ、これからもよろしくお願いします(*^_^*)

  3. おてる より:

    藤雪様、ご無沙汰しております、おてる(Twitterではblackraven)です。
    今回は、何とか旦那の目を掻い潜り、雑誌をゲットしましたっ!

    今読んだトコでざっと感想ですが…百目鬼がカッコ良すぎて「ぎゃ〜」って感じで悶えてますwe
    4年前の「お試し状態の付き人君」vs「ヤクザ」という関係が、「現ヤクザ」vs「元ヤクザ」って感じでヒリヒリ、バチバチ状態の会話でしたね(^^;;
    でもこういう一筋縄ではいかないよってトコが「囀る」らしさだなぁって嬉しくもなりました。
    そして一見、そう見えても、今までの経緯を考えると2人の胸の内は今、スゴイことになってんだろうな、とも。
    いいですね〜滾ります(笑)

    藤雪様も言及されてますが、百目鬼に関して矢代が事あるごとに突っかかる言い方をしてるのは…
    動揺している自分の胸の内を隠すためかと思いました。
    あと、百目鬼の変わりように驚いてるのもあるかと。彼と七原の中では百目鬼は4年前のままだった訳で。

    百目鬼は綱川と盃を交わしていないのでしょうか…綱川はすっかり親の気分のようなのですが「預かり」って事なので勝手に盃を交わせないのかな?ヤクザシステムがよく分かりません…

    と、まずは一読した感想を書かせていただきました。
    noteの方にも色々書くかもしれません。宜しければ遊びに来て下さい。
    note→ユーザー名「闇夜のカラス」で検索、でございます(^。^)

    • 藤雪Fujiyuki より:

      おてるさん(*^_^*)
      こんばんは~!!!ご無沙汰しております~。
      雑誌読まれたのですね(●´∀`●)今号はページ数のわりに、なんか色々なことがあってひぃぃぃって感じでした。
      百目鬼のシュン⤵⤵⤵の場面も好きです。でもキリリとした目がたまらないですよね。。。
      あの自信のなさそうな目をしてた時も良かったですが、今の目も好きです。むしろ。。。矢代は今の百目鬼の目とか・・・すごく好きそう。。。
      >「お試し状態の付き人君」vs「ヤクザ」という関係が、「現ヤクザ」vs「元ヤクザ」って感じでヒリヒリ、バチバチ状態の会話でしたね(^^;;
      でしたねぇ。。。そしてそれを見ていてハラハラしてたのは・・・七原かもしれません(笑)
      会話は表面上のものでしかないのですが、やはり内面は・・・色々な感情があったと思います!特に矢代!!!

      >百目鬼の変わりように驚いてるのもあるかと。彼と七原の中では百目鬼は4年前のままだった訳で。
      それはすごく感じました!でも堅気になってると思ってたのにとか、七原にも百目鬼愛があるなぁ~と思って読みました(*^_^*)

      >百目鬼は綱川と盃を交わしていないのでしょうか…
      これは交わしていないと思います。綱川は欲しくて仕方がないと思うのですが、だからこそ今神谷に調べさせているのだと思います。
      私もヤクザシステム・・・・よくわからないのですよね(T^T)言葉が出てきたら調べたりします。以前も枝分かれの部分がわからなくて勘違いしまくってました。

      noteの方に書かれてるのですね!noteはヨネダさんのを読むために登録したっきりでした~。
      また読みに行かせてもらいますね(*^_^*)

  4. tora1235 より:

    藤雪様
    いつも乾燥&考察、ありがとうございます。
    今回は、いきなりこちらへお邪魔いたします。

    雑誌発売翌日には読んだのですが、、、。やはり色々思いを巡らせまして。
    お話的には、進みは少しな感じですが、とにかく二人の表情がほぼ変わらないところに
    心の奥はどうなんだろう・・・と思うと、自分の心が落ち着かないといいますか。

    百目鬼の「俺のものです・云々」の発言は、やはり、突き放した言葉のようで、
    自分のやり方で矢代から離れない。という決意に感じました。

    6巻の書き下ろしの最後のシーンの百目鬼の表情。
    尋常ならざる決意の表情に思えたので、それがこの再会前後から匂ってくるような。。。
    と、考えて、ふと
    「百目鬼は、再会しても動揺していないのではないか?」と思えてきました。

    甘栗に聞いて、矢代のだいたいの居場所は把握している。姿を見ようと思えば見に行ける。
    しかし「自分からな何もしない」と言ったので、自分からは仕掛けない。
    だからと言って、どういうタイミングを思っていたのかはわかりませんが、
    今回はペットショップで、再会の予想はついていたのでは。と。

    そして別室で考察の出ておりました「雛鳥から成長」したので、
    もう尻尾振らないよ。嬉しいとかじゃないよ。なんなら当たり前。って。

    矢代より大人になっちゃったなーって感じです。
    後ろをついて行く追っかけワンコじゃないなー。と。
    百目鬼、Sっ気を出す?!
    あ、でも矢代にキツい事言われて、ちょっと顔が・・・。

    逆に矢代の方が、あんなにまでしたのにこの世界に残ってて、なんでーーー。と
    動揺が隠しきれてないような。
    ちょいちょい寂しそうな表情に見えるのが切ないです。悪態ついてるところとかも。

    で、この先。
    別の組組織が登場するのでしょうか。同心会と桜一家(三和会)が共闘して、
    別の組織と一悶着なのでしょうか。。。
    その関係で、矢代は組を持たざるを得ない感じで、百目鬼のカードを使って三角さんが組持たせる・・・とか。
    カードの提案は天羽さんで。
    天羽さん。。。百目鬼にちょっと同情してますよね。
    心酔してる人がいて、側に居たいと言う気持ちがわかる、的な。

    扉絵の煽り文句が、毎度泣きそうになります。
    「扉絵煽り文句全集」出して頂けないかな〜と思うくらいです。
    コミックスに煽り文句、無いんですよね。

    あー。長くてすみません。
    この時期は、お風呂で考えすぎて指ふよふよの前に
    のぼせてフラフラしてます。

    長文、失礼いたしました。

    • 藤雪Fujiyuki より:

      tora1235さん♥
      こんにちは~!!!コメントありがとうございます。
      色々とうんうんってなりながら読みました。
      あの二人は・・・今お互いにそれこそ【演技】も入っているのかなって思います。
      もともと感情を前面に出すタイプではない二人ですが、それでも矢代の前だと百目鬼はもっと分かりやすかったですよね・・・
      それが今回わかりにくいものだから、矢代も七原も戸惑いもあるかと・・・
      神谷に関しては、推察力もあって何か直感も働く人なので気付いてそうですね。
      >突き放した言葉のようで、自分のやり方で矢代から離れない。という決意に感じました。
      私も同じように思いました!あのセリフだけ読むと最初はえ???っと思ってたのですが、やはり百目鬼は百目鬼なのかなって思います。
      ここで思ったのは、甘栗くんに言った【腹いせ】もきっと突き放そうが何しようが離れないって事なのかなって。

      >「百目鬼は、再会しても動揺していないのではないか?」と思えてきました。
      確かに。。。百目鬼自身は再会に備えて色々とこれまでの4年間に経験を積んできているのかな?と感じています。
      だから再会はいずれ・・・とは思っていたのかなと。

      >今回はペットショップで、再会の予想はついていたのでは。
      そうでしょうね・・・私もそう思います!

      >矢代より大人になっちゃったなーって感じです。後ろをついて行く追っかけワンコじゃないなー。と。
      (T^T)もう戻ってこないでしょうか・・・ワンコな百目鬼も好きなので、このままでいくのかなぁ?と思うと寂しいです。
      ただ・・【おいで】されたらしっぽ振って駆け寄る百目鬼が見えるのですけど(幻想・・・)

      >逆に矢代の方が、あんなにまでしたのにこの世界に残ってて、なんでーーー。と動揺が隠しきれてないような。
      そうですね。七原もびっくり!でしたけど、矢代も堅気にと願ってたと思います。恐らくですが、妹さん・お母さんに連絡したのは矢代ですよね。
      七原達は病院の人だろとは言ってましたけど・・・
      ヤクザを抜けるのにはかなり大変なのを身をもって知ってるので、入院はいいきっかけだと思ったのかなと。
      百目鬼がヤクザの世界に未練があるとするならば自分。だからこそ、黙って離れたという(鳥の羽ばたくシーン)に繋がっていくような気がします。
      >この先。別の組組織が登場するのでしょうか。
      なんかちらっと城戸とつるんでるような人達出てきてましたよね(3月号?)どんな人達でしょうね。。。
      もともと桜一家を狙ってるとかなら、ニキちゃんを誘拐して解体された組の残りかな~なんて思ったりもしたのですが、それは関係なさそうですし。。。
      でも城戸はブローカーもしてると言ってたので、海外の犯罪組織とか?

      >その関係で、矢代は組を持たざるを得ない感じで、百目鬼のカードを使って三角さんが組持たせる・・・とか。
      確かに!!!これは可能性ありですね・・・。組に関しては天羽さんも関係してくるのでは!?!?って私も思っています。

      >天羽さん。。。百目鬼にちょっと同情してますよね。
      ですね。自分自身と重ねているところもあったのかもしれません。【疑似でも親子に~】と思ってた自分と。
      百目鬼はまだ盃も交わしていないので、矢代とも今は繋がりはありませんし。toraさんのおっしゃるように、百目鬼を見て同情する気持を持っても不思議ではないですよね・・・。

      >「扉絵煽り文句全集」出して頂けないかな〜と思うくらいです。
      すごくわかります!!!扉絵とセットで出して欲しいですよね。ポストカードでもいいので!!!
      あのアオリは担当さんが考えてらっしゃるのでしょうか?それとも先生!?アオリがこれまた秀逸で読む前からワクワクドキドキさせられるんですよね。(そして読んだあとにまた振り返りと切ない)

      あ、私も長くなってすみません・・・いつも返信した自分のを見てからぎょぇぇぇぇコメント返信長すぎる(T^T)って反省してます・・・。
      でも囀るさんの事語りだすと長くなるので。。。すみませんって思いながら打ち込んじゃいます(笑)

  5. 藤雪Fujiyuki より:

    あんころもちさん(⌒∇⌒)
    こんにちは!!!7巻が早く出ますように☆あと1話か2話くらいで1冊分いくでしょうか!?
    9月末発売の11月号は7巻の情報が出ていないか気にしてチェックしてみますね(⌒∇⌒)

  6. 藤雪Fujiyuki より:

    アズキさん(*^_^*)
    こんばんは!コメントありがとうございます♥
    BLに興味をもたれてさらにはコメントいただけるなんて嬉しいです!
    あれこれ妄想垂れ流してるブログですが、こちらこそどうぞよろしくお願いします。
    アズキさんもここはこう思った!というのがあればぜひ教えてください(*^_^*)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2020 All Rights Reserved.