BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【4月の東京は…下巻】7話(ネタバレ注意)感想/イァハーツ11月号-ハル 『もう二度と息子の前に現れないで』

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

イァハーツ11月号掲載、ハルさんの【4月の東京は…】第7話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の7話は【4月の東京は…下巻】に収録予定です。

今回もたっぷりで読み応えありました!最近イァハーツでこの作品を読むのがすごく楽しみになっています。絵も好きですし、お話も好きです。

初恋×初恋ってやっぱりすごく魅力的だなと思うのですよね。一途ものは最高。早く二人がちゃんと結ばれたらいいのになと思いながら読んでいますが。。。まだまだ辛い展開はありそうな雰囲気でドキドキしてしまいます。

というより・・・すでにドキドキじゃなくズキズキ展開。早く浮上したい(T^T)

では早速!

4月の東京は…8話 イァハーツ11月号

イァハーツ11月号
掲載P数 52P
満足度 ★★★★☆
この雑誌をよむ

簡単なあらすじ・ポイント

  • 二人には穏やかな時間は過ぎていく
  • 会社では真田関連の出来事が発覚して・・・
  • やっぱり蓮と和真ママが会ってしまった
  • 何もしらない和真がかわいそう・・・
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。
中学3年の夏の突然の別れ以来、10年ぶりの再会だった。親友で初恋の人で、──初めての相手ー

【ネタバレ注意】4月の東京は…7話 感想

いやぁ今回も凄かった。。。ボリュームたっぷり。内容は・・・前半は甘々で穏やかだったのですが急転直下でした。

はぁ・・・どうなってしまうのかな。やっぱり和真ママが登場して10年前と同じ展開になってしまってます。

和真はあの時は何もしらない、幼い男の子でしたが今は社会人。

ちゃんと母親と会って話して欲しい。母親から何があったかちゃんと聞かないと。

母が子を思う気持ちもわからなくはないし、フクザツな状況ではあるけれどここは和真の頑張り処なのかもしれませんね。

では早速!

甘い時間を過ごす二人

蓮視点でスタート。

新入社員として入る人の履歴書の中に和真を見つけていたことがわかります。蓮は和真が入ってくることを知っていたのですね。

和真の履歴書を見て涙が出るほど嬉しく思っていたのに、最初はすごく素っ気なかったのは・・・

和真に期待しないように自分を戒めるためと、和真に10年前の事を聞かれないようにするため。そして・・・彼に家族がいても何気ない顔してそばにいられるようにと覚悟していたことがわかります。

それでもやっぱり、もしかしたら・・・という期待も抱いてしまっていた蓮。

だから今、和真が自分を抱いているのは奇跡だと感じています。

(神様を信じているわけではないけど)

(お願いだから なんでもするから 他のものは何を奪ってもいいから)

(どうか この奇跡だけは奪わないでほしい)

これ読んだ瞬間、、、あ~フラグなんだなぁ~って思ってしまいました。奪われちゃうのか(T^T)と。

二人は、あれからわりと一緒にいるようです。

主に蓮が和真の部屋に入り浸ってる感じでしょうか。

着る服がないから一度戻る予定だったという蓮に、和真は自分の服を出そうとします。

背格好も着ているものもちょっと違う二人なので・・・・蓮は遠慮するのですが和真は必死で合いそうな服を探します。

出してきたのは1枚のシャツ。

その服にはかわったボタンがついていました。これは・・・・・和真ママのブランドなんじゃ・・って思ってしまいましたよ( ̄。 ̄;)

ちなみに前半はほんと甘々な時間を二人で過ごしています。

しっかりイチャコラもあってかわいい二人。なんていうか・・・二人でいると中学生に戻った感じがするのが好きです。

朝からイチャコラして蓮が会社へ行くと、、、社員はびっくり。

いつも一番に出社してるのに遅れてきたのと・・・なにやら蓮の顔が赤いと。

「うわぁぁぁっ 彼女ができたんだ!! 最近の服と遅刻がその証拠だ!!」

「えぇ~」

女性社員が嘆きます。

「そういえばリーダー最近やたら色っぽい」

蓮の彼女について詮索しながら盛り上がるチームですが・・・蓮のスマホにある連絡が入ります。

『みんなには知られないように退社前に○○○カフェで会いたい 前田』

それは・・・冒頭で出てきた蓮と同じリーダーさん。

ME TOO運動と真田

蓮が言われた場所へ行くと、すでに前田さんは待っていました。

「何かあった?ここ めったに来ない店なのに 顔色悪いけど」

すると彼女が蓮にあることを話始めます。

「石原さん 三月に突然会社をやめた内海さん覚えてる?」

「もちろん 優秀だった人だよね」

この内海さんに関しては、冒頭でも話が出てきています。契約社員で真面目だったので社員にと思っていたのに急に連絡が取れなくなったと。

その彼女から連絡が来たのだと前田さんは言います。

「実はあの時逃げようとして階段で転倒して入院してたって」

「逃げる? 何から?」

「真田から」

どういう意味かわからない蓮。

彼女は続けます。

契約更新の直前、真田から相談に乗ると言われてお酒を飲まされたのだそう。

目が覚めたときにはもうラブホでやられたあとだったと。

あわてて逃げ出して階段で転倒したのだという話でした。

「証拠は?監視カメラの録画とか」

「ない 半年以上前の事だし」

「性的暴行の検査は?」

「しなかった でも今証人を探してるって」

蓮は、真田を庇うつもりはないけれど頭から疑うのは避けたほうがいいと言います。

最近、隣の会社でセクハラの申告があった時もフタをあけたら不倫関係だったという事もあったしと。

「石原さん!私の話をちゃんと聞いてた!?」

「真剣に聞いてるよ だからこそすべての可能性について話してる」

証拠も証人もない今の現状だと、告訴しても嫌疑なしで放免され逆に彼女が名誉毀損で訴えられる可能性もあると。

他の証言者などがいれば違ってくるけど。。。という蓮に、前田さんは自身も被害にあったのだと告白します。

10年前に同じ手口でやられたと。

「どうして黙ってた! いや、それでどうしてそんなヤツと一緒に働けるんだ!!」

前田さんは、平気ではなかったけれど未遂で逃げることができた、訴える話もでたけれど社長が真田を可愛がってるのは有名だったから・・・傷つくのも責められるのも真田ではなく自分なのだとわかっていたからだと言います。

「・・・何より この仕事を続けたかったから」

蓮は怒りを露わにしています。

「協力するよ でも もっと証拠が必要だ」

出会ってしまった、会いたくない人

ここで和真ママが登場します。

前田さんと蓮が会話をしている側を通ろうとしたのですが、会話が気になったのか二人を見ます。

するとそこに蓮がいて驚いたようでした。

あの顔は・・・和真と一緒にいた・・・・!?みたいな感じですね。

「早乙女・・・くん?」

早乙女という以前の苗字で呼ばれ驚いて振り向く蓮。さらには見覚えある顔に・・・。


蓮と和真ママの場面。

「同じ会社だったなんて・・・フランスからはいつ帰ってきたの?」

「病院を継がなかった・・・というのは」

「ー・・・名字が変わったのね」

一方的に話し名刺を一枚いただける?と怖い顔のママ。

そして和真とはいつ会ったのか?今でも男の人が好きなのか?と尋ねてきます。

「また私の息子とつきあってる?」

蓮は震えながら答えます。

「いえ たまたま同じ会社で働いてるだけです ストレートとはつきあいません」

タバコを手に取り、一呼吸置いてからママが話します。

「本当に偶然なのかしら・・プライベートで会ったことは?」

「ありません」

さらに怖い顔をして蓮を見ます。

10年前もそういいながら本当は和真と関係を持っていたと。

「そのシャツあなたには合ってない」

このシャツは・・・ママが和真のために贈っていたシャツですからね。プライベートで会っていないと着れないシャツってわかったわけです。

だから蓮の「会っていない」が嘘ってバレた瞬間でした。

蓮は・・・このシャツが彼女のブランドシャツだと知り・・・彼女との過去がフラッシュバックしてきます。

泣き叫ぶママ。

『もう二度と息子の前に現れないで』

中学のあの事件後に追い詰められていく状況が蘇ってきます。

『お前のせいで-』

ごめん 和真

彼女に会ったことで追い詰められた蓮。

クスリ(精神安定剤)を飲んでも症状は治まらず・・・そんな時に和真からメールが入ります。

『家についた 待ってる』

スマホを握りしめながら涙を流します。

「和真・・・ 和真」

「和・・・ ごめん」

「ごめん和真」


和真の場面に移ります。

部屋の外では雨が降っていて、蓮は傘を持っていったのだろうか?と何も知らない和真は心配しています。

蓮が食べたいと言ったケーキを用意していた和真。

彼を心配して駅まで迎えに行きます。

(あの日もこんなだった 雨が降って俺は傘を持って蓮を待っていた)

(でも今度はカビ臭いラブホじゃない)

(帰るのは俺たちの暖かい部屋だ)

返信がないけれど、それはバッテリーがまた切れたのかな?と思いながら駅で待っています。

でも・・・・結局待っても蓮は現れませんでした。

携帯には繋がらず、蓮は翌日会社を辞めまた消えてしまいました。

(また蓮が消えた)

(まだ好きだ・・・と伝えてもいなかった)

という暗いところで次号です。

感想まとめ

はぁぁぁぁ・・・・蓮~!!!前田さんには「勇気かなかっただけだ」とか厳しいこと言ってたじゃない(T^T)

でもあんな怖いママ目の前にして、さらには過去がフラッシュバックしたら逃げたくもなりますよね。だけど、、、何も知らない和真がかわいそう。

和真ママの気持ちもわからないではないのですけどね。

息子が危険に晒されて、しかも一方的だったと言われたらそりゃ目の敵にするのは仕方がないこと。

和真はその後の蓮がどんなしうちを受けたのかとか、何も知らないけれど・・・もうそろそろ知ってもいいんじゃないのかなって思います。

あの時追いかけて関係を持ったのは和真の意志があったわけで。蓮がそれを隠してぜんぶ何もかも背負っているのが読んでて辛いです。

下巻でまとまるならあと2話くらいでしょうか?(中巻・下巻という可能性もあるけど)

早く蓮を見つけ出して欲しい。その前に。。。。真田をやっつけなくては。

蓮はあれかな!?

真田と敵対してて独立事務所立ち上げた・・・前に出てきた人のとことで働いてたりするのかしら?情報も集めないといけないですしね。

何か知ってそうですよね。

あと和真が蓮に辿り着くのは、前田さんがキーになると思います。

前田さんは・・・蓮と和真ママが出会ったことも知ってるので、それを聞いて和真がママに会って事情を知るパターンなのかも。

さらには、前田さんとは真田の件で連絡は取り合ってるでしょうから会えるとしたら前田さんがかなりの重要人物ではないかなと思います。

甘々だったのになぁ・・・・最初と最後の蓮の変化よ(T^T)

和真がこうして平和で生きてこられたのも蓮がすべて自分のせいにして背負ったからだと思うとほんと切ないです。

早く好きって言い合って欲しい。

和真が「好き」って伝えれば蓮も少し救われるんじゃないのかなって思います。

ストレートだと思っているけど、和真は蓮しか見てないのでストレートも何もないですよね( ̄。 ̄;)

蓮だから好きって言うのが和真の気持ちだと思います。だから・・・消えたところで他の人をスキになったりはしないと思う。

早く続きが読みたいです(T^T)今はつらすぎる。

次話はイイ展開で「つづく」だといいな。

電子書籍

4月の東京は… 上
4月の東京は… 上
★★★★★

ハル/その他作品

アクマと契約
アクマと契約
★★★★4.5
アクマと契約 ~彼のイジワルな愛し方~
アクマと契約 ~彼のイジワルな愛し方~
★★★★★
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

BookLive!割引作品 >>>BookLive!BLキャンペーン一覧はこちら














 

Renta!今だけ割引作品 >>>Renta! 割引作品すべて見る














 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2019 All Rights Reserved.