BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【ひだまりが聴こえる‐リミット‐2巻」第9話(ネタバレ注意)感想/Canna vol.61-文乃ゆき 

 
ひだまりが聴こえるーリミットー1巻 文乃ゆき
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。
ひだまりが聴こえる-リミット-2( 2018/12/27)
先行配信

Canna vol.61掲載、文乃ゆきさんの「ひだまりが聴こえるリミット」第10話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の第10話は【ひだまりが聴こえる-リミット-2巻】に収録予定です。

ケンカをしてしまった航平と太一。早く仲直りしてほしいと願って2か月待ちました・・・

さて今回は2人は仲直りできたでしょうか。(* ̄▽ ̄)フフフッ♪ヘタレなワタクシ、またも最後から読んでしまいましたワ。

最後から読んで激しく後悔。モヤモヤモヤ・・・なんだアイツは!!!ってなりました。

誰にムカついたかはまた後程。

ということで!最初にCanna vol.61の紹介を♪

Canna vol.61 ひだまりが聴こえる‐リミット‐10話掲載P数など

Canna vol.61
掲載P数 40P
満足度 ★★★★☆
ひとこと ヤスくんがんば!

簡単な感想

  • 航平のお母さんは取材を受けなかった。。。受けるかもと少しでも思った私にコラ!と言いたい。
  • マヤちゃんがなんかすっごく可愛くなった!!!(ヤスくんの影響!?)
  • 航平がどんどん自分を追い込んでいっている気がする。
  • 太一には変わらずにいてほしい・・・・私もそう思う。
  • ヤスくんの今後の行動もちょっと気になる。
  • リュウくん・・・(´;ω;`)
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。
さらば、佳き日1

さらば、佳き日1

さらば、佳き日1

BLじゃないけどゆき先生の作品! 超オススメ!

【ネタバレ感想」ひだまりが聴こえる-リミット-2巻 10話 感想レビュー

また足りない所は明日に書こうと思っているのですが・・・急いで感想を。

では早速!

今回は40Pというけっこうなボリュームでした!すごく色々な事が詰め込んであったように思います。

どれも大事だから・・・ほんとじっくり読んでしまいました。先生の作品ってほんとどのキャラの感情も理解できるのがスゴイですよね。

言っている事がすごくズシリときて。

物事の見方が多方面からできる作家さんなのだろうなぁ!ってすごく感心させられます☆

作品を読むたびに心が動かされるのは、きっとそういうところなのでしょうね。ほんと作品を読んでいると、色々な角度から物事を見ていかなければいけないなと思わされます。

航平ママは取材を断っていた

普通に考えたら。。。断りますよね。息子をダシに使うようなとことはお断り!

もしかしたら、航平の負担を減らすために、航平ママは取材を受けて持ちつ持たれつヨ!なんてパターンもあるのかな?と思いましたが・・・そんなわけないです(-_-;)

航平ママのとった行動が正しいと思うし、それでホッとしました。

ここで大まかに流れを。

メモ
・航平ママは取材を断ります。
・航平ママは、航平の耳が悪くなったのは自分のせいだとすごく感じている。
・航平は、自分の事以上に周りの事に気を使いすぎるところがある。。。

今回、航平ママの話が少しだけ入っていましたが。。。すごくギュっとなってしまいました。
明るいママだけれど・・・航平の耳が悪くなったのは自分のせいだとすごく責任を感じていたようです。

熱が出たときにもっと早く病院へ連れて行ってあげてたら・・・そう思って自分を責めてしまう気持ちすごくわかります・・・

こういうのが「後悔」なんですよね。

たらればの話ですけど、それでもあの時こうしてたら・・・ってママはずっとずっと思ってきたと思うとなんだかつらかったです。

マヤと航平

マヤはお友達がけっこう出来てますね!!!

お友達が航平を見つけ、マヤに早く航平所へ行って来なと背中を押します。

マヤは確かに航平のことは好きだけれど、なんとなく今はその感情が恋愛としての好きじゃないような気がするのですよね。

というのも、航平の好きな人を知ってますし・・・。

でも今回のマヤがすっごくかわいくて。これはヤスくんの影響か!?!?と思ってしまいました(≧∇≦*)

マヤに元気がないと言われた航平。

マヤはそれをまた太一が原因だと思ってしまうのですが、航平はケンカはしたけれどソレは全部自分が悪いのだと言います。

「私で良かったらグチでもなんでもいくらでも聞きます! それで先輩の気が楽になるなら!」

航平は・・・健気で優しいマヤの頭にポンっと手を置き、「・・・太一もマヤみたいな子がそばに居た方が幸せだよね 俺が一緒にいても・・・」とポツリ。

えぇぇぇ(;゜ロ゜)ちょっとこのセリフは嫌な予感しかしないのですけど。

マヤにはこのセリフはよく聞こえなかったみたいなのですが・・・私はちょっと大きなため息が出てしまいました。

悩むのは分かる。わかるけど(T^T)

それこそ太一は航平がいいって言っているのに・・・そんなの聞いたら太一悲しむ。

千葉さんと太一

なんか千葉さんがすごく久々に感じます(≧∇≦*)

集中して仕事をしてい太一。会社は・・・NO残業デーということで早く帰るようにと犀さんが社員に言っています。

太一はその言葉も聞こえないくらい集中してるの。

千葉さんはそんな太一を見て、話しかけてきました。

「もう打ち込み終ったのか?」

「あ、はい!終了っす!」

「・・・何かあったか?」

テキパキとロボットのように動く太一が気になっていたのでしょうか。

千葉さんは周りをよく見ているのですね・・・。でも、悩みとか言えるわけもなく。

太一は逃げるように会社を出ます。

会社を出る前に天童さんがリュウくんの新作パーティーの話をしていて、太一はまたあの時のことを思い出していました。

ムカムカムカ。

何に対してムカついているのかというと・・何でもかんでも勝手に決めつける航平に対してですね。

「違うって何がだよ 俺みたいになれないって ならなくていいだよ俺になんか!」

そして太一は・・・友達で居たときのほうがよっぽどいろいろ話せてたと寂しく思います。

「っだー!! むしゃくしゃする!!誰でもいいからぶん殴りてぇ!!!!」

それを叶えるイベントが・・・帰宅後待っていましヨ!

ひだまりが聴こえる-リミット-2( 2018/12/27)
先行配信

太一とヤスくん・ヨコくん

帰宅すると、おじいちゃんから祭りの太鼓叩きに応援に行って欲しいと言われます。

祭りで。。。思いっきりバチを持って太鼓を叩く太一。

良かったね!人はぶん殴ったらダメだけど、太鼓なら思いっきり叩いても大丈夫!!!

お役目を終えた太一はスッキリしていました☆

こういう所が太一のイイトコロですね!スッキリきらきらしている姿がほんとかわいらしい(≧∇≦*)

太一は以前、お祭りに航平と一緒に行こうと言ってたことを思いだし、メールをうつか打たないかで暫く悩んだすえに・・・メールを打つことにします。

だけど!!!!!

子供がぶつかってきて落としてしまったケータイを踏んで壊してしまうという(T^T)

騒いでいる太一のところに、ヨコくんヤスくんがやってきました。

久々に三人で話している姿がなんか微笑ましいというかなんというか。

全くタイプ違う三人だけど、仲がとても良いのだろうなぁというのが伝わってきます。

ヨコくんがここで・・・今日学校でマヤをみかけたけれど、航平に告白するとかなんとか言ってたと二人に話すと・・・二人が同時に「えぇぇぇぇぇ!?」って驚いてて面白かったです。

ヨコくんはヤスくんが驚くならまだしもなぜ太一が!?みたいな感じですけど・・いやいや太一にもびっくりな事なのですよ。

なんせ・・・太一はマヤちゃん→航平って気づいてなかったみたいですから(~_~;)

といっても今は違うとおもうのですけどね・・・

「案外うまくいっちゃうかもよ~~~?どーすんだヤス?」(ヨ)

「お、俺は・・っ」(ヤ)

「そ・・っそれはダメだ!!」(太)

笑。太一可愛い。ヨコくんはヤスくんに聞いているのに( ´艸`)

すると、太一は例えばの話で~~~~~ということで、自分達の事を、ヤスくんとマヤちゃん重ねて?例えて話しをします。

例え話をざっくりと
ヤスはマヤの役に立ちたくてそのために仕事につくけど、そのせいであんまり一緒にいられない

→すると、マヤが他の人の子とばかり話すようになってヤスには悩みも何も話してくれない

「どうする?」

これに対し、ヨコくんは「その設定重くね?」と言ってきました。

「役にたてる仕事に就く」というのは相手が別にそれを望んでるわけでもないのに、しかもヤスくんは映画バカ。

将来は映画関係の仕事に就きたいのが想像できる。

そんなヤスくんにその将来を犠牲にして自分のためにって・・自分がマヤちゃんの立場ならば責任感じると。

そして・・・ポロっとでも仕事のグチでも言っちゃったら「自分のせいで」って余計に思ってしまうとヨコくんは言います。

太一は・・・仕事のぐちはぽろっと言ってたりするのでしまった~~~~~~と青ざめ・・・・・・。

ここでずっと黙っていたヤス君が口を開くの。

どうするもこうするも仕方がないことだと。

同じ境遇の人の方が話しやすいだろうし、悩みが耳の事だったら自分ではわかってあげられない。

自分にできることなんてないのだと言おうとしたところで・・・太一は「何でだよ!」と怒ります。

「オーカミ女がそう言ったのかよ!?」

「ヤスに出来ることないって!なんで勝手に諦めんだよ!」

太一が急に怒りだすのでヤスくんもびっくり。例えば・・・で話していたのにそりゃビックりしますよね。

でも太一は続けていうの。

「ヤスは!オーカミ女がそう思ったら嫌じゃないのかよ!?」

「自分の耳が聴こえないせいでヤスが自分から離れていってもしかたないって 諦められてもしかないって」

「俺はいやだ! ぜっったい嫌だ!!!!」

ここの場面、太一の航平への想いや・・・気持ちの大きさがすごく伝わってきてなんかぎゅっときてしまいました。

太一にとって航平は・・・耳がどうとかそういうのは関係なしに本当に大切な大好きな人なのだろうなぁと。

興奮した太一はここで手元にあったお酒を一気飲み。

そして。。潰れてしまいます。

相変わらず騒がしい太一。ちっともかわってない彼を見てヨコくんは「こいつにはこのままでいてほしーよなぁ」と呟きます。

そしてヤスくんも「・・そうだな」と。

ヤスくんには何か伝わるものがあったとだろうなぁという表情でした!

ヤスくんだって、マヤちゃんの事を諦めたくはないのですよ。でも、いろいろと踏み込めないところもあって・・・・

だから太一の今回の言葉には背中を押されたんじゃないのかなって思いました。

お酒で潰れた太一ですが・・ここでモノローグが続きます。

(だって 諦めたら もうお前には届かないじゃねーか)

(そんなの嫌だ 俺はただ)

(お前の一番近くにいたいんだ)

このモノローグの場面なのですが・・・なぜかリュウくんの場面と重なっています。

前回太一の事をバカにしてたような男の子登場してましたよね????

そんな彼に航平が激怒。そして・・リュウくんが殴っちゃった場面があったかと思います。

その彼がね、ツイッターでリュウくんの会社の事をぼろくそに書いてたわけです。

SNSの怖いところですね。拡散されるでしょうし。

彼の主張しか読んでない人にはわからないのですから。彼が悪くても、原因を作ったのだとしても読んでる人が知ることができるのはただひとつ。

彼が書き込んだ「いきなり殴られた 客に暴力振るう会社』という事。

リュウくんはこれをどう切り抜けていくのでしょうか。

あの時一緒に居た人が味方になってくれたらいいのですけどね・・・・ほんと例の子ムカつくわぁ!!!!ってなりました。

前回だけでもムカっときてたのに、まだまだ登場してくるのね。。。と。

リュウくんはこんな時、だれが側にいてくれるんでしょうか。

それが航平だったらすごく嫌なのですけど・・ここで千葉さんの登場じゃないのかな?と思いました。

太一経由でも何でもいいから、りゅうくんピンチを知って千葉さんがリュウくんを支えていってほしい。

ということで・・・ちょっとダッシュで書いたので話がわかりにくい部分もあるかもしれません。

また明日以降、足したり修正したりしようと思います。

とりあえず!内容が気になっている人も多いと思うので。

ひだまりが聴こえる-リミット-は単話配信されているので、気になった人は単話で読んでもいいかな・・と思います。(ただしコミックスよりは割高。でも雑誌を買うより安いです)

電子書籍

ひだまりが聴こえる-リミット-

ひだまりが聴こえる-リミット-1

ひだまりが聴こえる-リミット-1

ひだまりが聴こえる-リミット-2

ひだまりが聴こえる-リミット-2


ひだまりが聴こえる-リミット-3 【単話】

ひだまりが聴こえる シリーズ


ひだまりが聴こえる2014/10/27

ひだまりが聴こえる幸福論 2016/5/28

残照 ひだまりが聴こえる番外編
(本作品は『オリジナルボーイズラブアンソロジーCannaVol.48』収録作品の単話配信)
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

BookLive!割引作品 >>>BookLive!BLキャンペーン一覧はこちら














 

Renta!今だけ割引作品 >>>Renta! 割引作品すべて見る














 

Comment

  1. きせつ より:

    こんにちは、スノウさん。
    先月までずっと忙しくてコメントしに来なかったです。途中で少し前回の感想も挟むと思いますのですみません。
    前回は大喧嘩して終わったんですけど。航平が前よりも暗くなりましたね…太一の言葉も耳に入っていなくて、ひたすら自分を責め続けていますね。太一の就職の理由を知った時はまだ自分が何とか太一を止められるかもしれないが、逆に怒らせてしまったと思っているかもしれませんね。ものすごく自己嫌悪していますね。このままでは別れ話でも持ち出しそうです。きっと太一が何とかしてくれると思いますけど。
    航平は優しい子ですけど、お母さんの言う通り自分が我慢しがちだから。優しすぎて自分に厳しすぎるのも良くないですよね。身内にはもっと甘えてもいいですよ

    お母さんも航平の難聴が自分のせいだと思っていますね。後悔するのも無理もないですね。
    きっと航平が気遣わないようにずっと明るく振舞っているでしょうね。自分が嘆いたら航平が自分を責めてしまうかもしれません。本当に航平くんのことをちゃんと思っているいいお母さんですね。

    太一の方はムカついてもやっぱり航平と一緒にいたいですよね。そこでケータイが壊れて後からこれのせいで何かのトラブルがあるかもしれませんね。太一はヨコとヤスとの相談することで、ただ航平の一番近くにいたいという気持ちを改めて確認したと思います。ヨコに重いと言われたですけど。それだけ太一は当たり前のようにやっているのが凄いです。多分例え就職前に重いと言われても結果は変わらないと思います。太一のモノローグ凄くかっこよかったですですよね
    リュウくんの方はまた大変ですね。リュウくんが殴ったのは聾者や難聴が聞こえないからって散々悪口を言い出す聴者が大嫌いと同じように、聴者が手話が分からないからって手話悪口をする聾者を大嫌いと思います。聴者みたいなことするじゃない!みたいな気持ちだったかもしれませんね。リュウくんは聾者として誇って生きたいですから。これからはリュウくんと千葉さんのエピソードが出るかもしれませんね。

    • 藤雪Fujiyuki より:

      きせつさん♥
      こんばんは~前号でコメント無くて何かあったのかと心配してました(T^T)コメントありがとうございます
      コメントくださって本当に嬉しいです。そういえば、先生台湾かどこかでサイン会されたそうですね!そちらの方はなかなかサイン会とかはないですか?
      台湾だと少し遠いですよね。

      台湾のサイン会ではすごくかわいいボックスがあって気になってたのですよね・・・。
      そういえば・・・本編とは関係ないですが・・「さらば、佳き日」の最新話がびっくり展開になってて(T^T)続きを読むのがちょっと怖いです。

      さて、本編ですが・・ケータイが壊れたのがすごく気になってます。これ後々何か連絡の行き違いですれ違うパターンになりそうですね。

      >太一はヨコとヤスとの相談することで、ただ航平の一番近くにいたいという気持ちを改めて確認したと思います。

      ですね!ここが今号の一番の萌えポイントだった気がします。

      >リュウくんの方はまた大変ですね。リュウくんが殴ったのは聾者や難聴が聞こえないからって散々悪口を言い出す聴者が大嫌いと同じように、聴者が手話が分からないからって手話悪口をする聾者を大嫌いと思います。
      これは、リュウくんの考えを変えるターニングポイントになるような気がしました。耳が聴こえなくてもこういう人がいるのだ、聞こえてても太一みたいな千葉さんみたいな人もいるのだ・・そう思うきっかけになるようなエピな気がしますよね。

      >リュウくんは聾者として誇って生きたいですから。これからはリュウくんと千葉さんのエピソードが出るかもしれませんね。

      そう思います!!!聾者、健聴者とわけて世界を2つにして考えてきたリュウくんにとっては、考えがかわるエピになってくるような気がします★

      この先が楽しみなような・・・航平が暴走しないか不安で怖いような・・・ですね。

      ほんと毎号ドキドキしながら読んでしまいます。マヤちゃんはどう思います?今号とても可愛くて、それがヤスくんの影響だったらいいなぁって思いました。
      航平の事は好きでしょうが、今は好きの種類も変わってきてると思うのですよね。

      ヤスくんにも頑張って欲しいなぁという気持ちでいっぱいです!

      それでは★コメント本当に・・・本当に嬉しかったです。私の中では「ひだまり」といえばきせつさん!ですから(*^_^*)
      これからもお時間できたら是非コメントしに来て下さいね♥

      • きせつ より:

        ご返信ありがとうございます。そう言ってもらえて嬉しいです。「ひだまり」を語れる人があまりいないので一緒に語れる方がいて嬉しいです。
        台湾のサイン会なんですが。幸いなことに台湾の友達がいてサイン会のグッズだけを手に入れました。結構細かく作られていました。グッズがイラストを印刷されたりセリフを書いていたりしています。ボックスの蓋まで漫画の中のセリフをメモ形式で印刷されております。内容紹介に書いていないですが、毎回表紙のイラストのしおりも付きます。イラストカードや描き下ろし(日本と同じものです)が全部プロマイド仕様です。台湾サイン会のための描き下ろしのイラストがどっちも素敵で、情報公開の時にはもう興奮が止まらないんです。本編以外は甘々ですよね。いつか本編にもこの光景を見れる日がずっと期待しています。
        さらばの方ですが。新キャラガいきなり事故的な登場しましたが。少なくとも桂っちゃんの方は恋愛方面に行かないと思っていますのでそんなに心配していませんが、この子が桂っちゃんと晃ちゃんに何かをもたらすか楽しみですね。
        ヤスのことなんですけど。マヤとヤスの関係が何かの伏線で、マヤが何とかしてくれると思っていましたが。まさかヤスが伏線を回収してくれるとは思っていませんでした。こうしてヤスとマヤの関係もいい方向に進める事が出来ればいいですよね。

        • 藤雪Fujiyuki より:

          きせつさん(*^_^*)
          こんばんは~!!!すみません返信がおそくなりました。

          わぁ、台湾のサイン会。・ボックス詳しく教えていただいてありがとうございます!
          すっごく気になってたので嬉しいです。
          そして・・・GETされてたとは(≧∇≦*)
          すごく細かいところまで楽しみがあるようなボックスだったのですね!!!
          ほんと。。。本編で早くイラストのような感じになってほしいなぁと思います。難しい題材だからなかなか抜け出せないかもしれませんが少しずつでも前を向いて進んで欲しいですね!

          「さらば」は新キャラが二人に何かをもたらす人・・・それは思いつかなくて。そうあって欲しいですね!
          なかなかこちらも何かきっかけがないと進まないでしょうから★

          ヤスくんとマヤちゃん(*^_^*)
          そうですね!ヤスくんの方に何か動きがありそうですね!こちらも実はBLではないけれどすごく気になってて。
          イイ方向に進むといいなって思います。
          そちらでは、どの作品が人気ですか?やはりテンカウントとかでしょうか?
          よく台湾にサイン会行かれる先生っていらっしゃいますけど、BLに関しては台湾の方が活発なのでしょうか・・・ね!?

      • きせつ より:

        中国語系なら主に台湾で出版する場合が多いですからね。中国の方は審査が厳しくて、BLを公式で導入するのがほぼ無理です。
        大人の事情で運が良く合法の電子書籍ストアに載れたとしてもでもエロシーンあっちこっちカットされるのがオチですね。香港なら日本漫画を扱う出版社自体少ないですからBLを扱うのが今はもういないですかね。結局台湾版は中国も中国語系の南アジアも読まれていますが。こっちは海賊版が酷くて、ここまでしてようやく維持できるの感じですね。BLの台湾版も他のジャンルより高いですよね。
        出版社が推しているのがやっぱりテンカウントとかエスケープジャーニーとかですかね。私そんなに台湾の腐女子と繋がっていませんが。テンカウントの評価が結構両極で、すごく人気も見えますけど。私の周りでは苦手やがっかりしている方が多いです。私も苦手です。

        • 藤雪Fujiyuki より:

          きせつさん(*^_^*)
          こんにちは!!!コメントありがとうございます。
          やはりいろいろと大変なのですね。
          BLの台湾版はよく先生がUPされてたりしてたのですが、そういえば中国・香港はきかないな・・と思って気になってました。
          教えて下さり、ありがとうございます★

          やはり海外もテンカウント・エスジャですか★酷くしないでもけっこう翻訳されて出版されてますよね!
          テンカウントの評価が両極端とのこと!かなり興味深かったです(*^_^*)人気作になるとそうなるかもしれませんね~。

          私も最終巻はもう少し続くのかな?と思ってたところでの最終回だったので。。もう少し知りたかったな・・・と思う箇所はあります。
          スピンオフとかあればいいのですけど・・・・。

          それでは!またいろいろ教えてくださいね(*^_^*)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2018 All Rights Reserved.