カテゴリー

ひだまりが聴こえる-リミット-

【ひだまりが聴こえる-リミット2巻】-第10話(ネタバレ注意)感想/Canna Vol.62-文乃ゆき 『距離を置きたい』

10/28/2018

Canna Vol.62掲載、文乃ゆきさんの『ひだまりが聴こえるーリミット-』11話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話のネタバレ感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の11話は『ひだまりが聴こえる-リミット-2巻』に収録予定です。

こんばんは!『ひだまりが聴こえる-リミット-2巻』が12月28日発売予定だと書いてありました!楽しみですね。

Canna Vol.62 ひだまりが聴こえる-リミット-11話

オリジナルボーイズラブアンソロジーCanna Vol.62
掲載P数52P
満足度★★★★★
ひとことこうなる予感はしてた
ひだまりが聴こえる-リミット-2( 2018/12/27)
先行配信

ひだまりが聴こえる-リミット-11話 簡単な感想

  • いろいろな視点から人の心理や行動が読めて興味深い。
  • リュウくんは千葉さんの事本当は大好きなんだなぁ・・・って思えた、、、
  • 犀さんの話がここで出てきた!
  • リュウくんと千葉さんも、ちゃんと蟠りがなくなるといいな。
  • 航平が太一の会社にやってきて・・・ちょっとツライ展開に。
  • このもやっと展開から抜け出せるのはいつだろう!?

注意ポイント

感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

【ネタバレ注意】ひだまりが聴こえる-リミット-2巻 11話 感想レビュー

今回、52Pという大ボリューム。

どこも重要で・・・しかもすごい展開で・・・一度はこうなるのかななんて思っていたのですが、やっぱりモヤモヤっと。

航平は、、、どんな風にこの負の感情から抜け出すのかなと。。。ドキドキしながらこれから見守らなくては。

そしてリュウくんと千葉さんもまた仲良し兄弟に戻って欲しいですね。

幼少期のリュウくん。。。むちゃくちゃ可愛くてなんかキュン♥ってした。。。リュウくんの話になるとお兄ちゃんの顔になる千葉さんもすごく良かったです。

きっとここは何かがあるのでしょうね。千葉さんの彼女絡みかしら。

そして犀さん!犀さんの話はいつも重要というか・・・犀さんって何気にキーマン。

では早速本編です。ちょっと長いです。

立場がかわった途端に・・・

リュウくん、あの嫌な子を殴ってしまって…彼がSNSで会社の悪口まで発信したもんだから会社として謝りにいくのだと連絡を貰います。

>>>>リュウくんが殴った理由はこちら(10話)

電車の中でPCを広げながらTV電話で手話をしているリュウくんを見て、女子高生達が動画撮影し笑っています。

リュウ君は彼女たちの姿を見て、太一をバカにしていた子たちの事を思い出してしまいました。

あの時、彼らが太一にバレないように手話をしていた内容がここでわかります。

『金なくて大学辞めたって 勉強できない言い訳?』

『見るからにバカそうな面してるし』

太一には何いっているかわからないはずだからとバカにして笑っていたんですね。

きっとあの子たちと今目の前にいる女子高生達が重なったのだと思いす。

ここで、「あれ・・・リュウくん?」と航平が声をかけます。

航平もリュウくんの会社へ行こうと同じ電車に乗っていたようです。

手話で話す航平。それを見てまた女子高生達が大声でカッコイイだの騒ぎます。(これも聞こえるはずないと思っての行動)

当然、航平は聴こえるので「あの・・・俺になにか?」と女子高生たちに話しかけます。

「!」

「な・・なんでもないです~」

「すみません・・・」

恥ずかしそうにする彼女達を見てリュウくんもニヤニヤ。

リュウくんと航平

リュウ君と少し話しをする航平。

どうしてリュウくんの会社に行こうと思ってたかというと、前回のことを謝りたかったから。

急に帰ってしまって雰囲気を悪くしたのでは?と航平はリュウくんに言います。

「ごめんねせっかく呼んでくれたのに・・・・」

リュウくんは、これに対し「なんで航平が謝るの?」と。

悪いのは向こうだと言います。

自分達だって少なからず同じ目にあっってるはずなのに、立場が変わった途端に力を持った気でいるバカな連中。

彼らは数が多ければそれが正しくて、自分達がやってることは差別だなんて思わない最低だと。

「・・・そうだね」

航平は暗い顔で答えます。

リュウくんは彼らが太一に何を言ったのかとか聞かれなかったのか?何を言われたか気になるのに言ってないの?俺から教えてあげようか?と言うと、航平がいきなりリュウくんに怒りの感情をぶつけます。

「ダメ!こんな事で太一を傷つけたくない 言ったら許さない」

はっと我に返る航平。太一の事になると感情が抑えられないのですね。

リュウくんは航平に『前に言ってた正反対の奴ってアイツの事?』と尋ねます。

航平は太一みたいになりたいのか?なんでそんなこと思うのか、聞こえないから今のままが嫌なのか?とズバズバ聞いてきます。

航平は、太一はどんな人でもただひとりの人として見てくれる。聴こえるとか聴こえないとかそういうことで人を分けたりしない。

太一自身に偏見がないから誰の心にも寄り添えるのだと思うと言います。

そして、そんな太一を見ていると自分も周りに優しく出来るんじゃ無いかと思えてくると。

「そんなの幻想なのに」

航平は自分のコトを話しはじめます。

きこえないと言う度に自分が弱くなったみたいに感じてた・・・自分の居場所はないと思ってた。

それは、自分自身がきこえない人を心の底で差別してしていたからだと。

「最低でしょ」

↑この最低はさっきの太一をバカにしてた子たちをリュウくんが「最低だ」と表現してた事と同じ意味の「最低」です。

自分はリュウくんが最低って言うような彼らと同じような人間なのだと言っている箇所ですね。

航平は、もし耳が聴こえる立場だったら彼らと同じような事をした,太一を傷つけたのは自分かもしれなかったのだと言います。

「聴こえない事より 大事な人を傷つけることのほうがずっと 嫌だ」

ひだまりが聴こえる-リミット-2( 2018/12/27)
先行配信

リュウくん自身のことなんじゃないの?

すると、航平は、この感情はリュウくんも同じなんじゃないか?と聞きます。

千葉さんがあんなに流暢に手話で話せるのは、ずっと使い続けてきたから。

ずっとリュウくんのそばにいたからだと指摘します。

それを聞いて、幼少期の事を思い出すリュウくん。

千葉さんがリュウくんに手話で話しかけています。子供の頃はすごくお兄ちゃん大好き!!!!って言うのが伝わってくるようなシーンが描かれていますヨ。

「前に言ってたよね?」

「俺の・・・彼女がかわいそうだって」「世話をするために自分の人生を棒にふってるって」

でも、それはリュウくん自身のことなんじゃないのか?と尋ねる航平。

千葉さんにこれ以上我慢してほしくなくて離れたんじゃないか。きこえる世界から自分が居なくなればいいと考えたんじゃないかと。

犀さんと太一

太一の会社にて。犀さんから補聴器が入ったダンボールが渡されます。

広げてみるとたくさんの種類が入っていて、航平と同じものもあり太一はかけてみることに。

すると、すごい音が聞こえてびっくりしてしまいます。

「ははは 健聴の人が着けるとそうなるよね」

元は集音器だから、調整しても聞きたい音だけ拾ってくれるわけじゃないのだという犀さん。

(あいつ こんなんつけていっつも俺の話聞いてたのか)

犀さんは、だから補聴器をつけたからと言って健聴者のようにきこえるワケじゃないのだと言います。

「世間じゃそう思ってる人も多くて」

ここから犀さんの彼女の話になります。

昔彼女もよく補聴器をつけているのに何できこえないのって言われると言っていたと・・・。

「彼女って、前話してた聾の・・・」

「そうそう よく覚えてるね」

「犀さんは今でもその、 その人の事好き・・・なんですか?」

犀さんはもう二十年前の話だから・・・とてれながら言うのですが、嫌いで離れたわけじゃないからと別れるまでを話してくれます。

大学を卒業して別々の会社に就職した二人。

彼女が就職した会社はまだ障碍者雇用をはじめたばかりで社内の理解もあまりなかったのだと言います。

だからいろいろと大変だったんですね。嫌味を言われることもあったり会議の記事録を頼まれたり。

学生の時には助けてもらえてたことが社会人になったらそうもいかなくて、彼女はどんどん憔悴しきっていったようです。

犀さんは、そんな彼女をみてせめて一緒にいるときはと彼女のために立ち働いたのですが、かえってそれが逆効果になったのだという。

「今にして思えば 彼女は僕と対等でいたかったんだろうね」

「僕に何かをしてもれうことが申し訳ないと言い出した」

そして。。。その後犀さん自身も彼女にとって自分の存在がプレッシャーになっているのならそばに居ない方が彼女のためだと思うようになったようです。

彼女は結局会社を辞めて、どこかの施設で働いていると人伝に聞いたきりなのだと・・・。

「彼女は最後にこう言ったんだ」

「『障碍を持って生きるということは 寂しさに慣れる作業だ』って」

犀さんはそんなセリフを彼女に言わせて閉まったことを今でも悔やんでいるようです。

太一は、犀さんの話を聞き、航平もそんな風に思っているのかなと考えてしまいます。

(どうやったら 俺がいるって分からせられんだろ・・・)

逆ギレかましたあげく、グチによって航平の口を重くしてしまっていたと後悔する太一。

「戻りました」

ここで千葉さんが会社に戻ってきます。

お兄ちゃんの顔

千葉さんが太一に「リュウの会社のイベントだかに行ったんだって?」と聞いてきました。

「や、呼ばれたのは航平の方で俺は無理やりくっついてっただけなんすけど・・・」

そして太一は、リュウくんの事をべた褒めします。

タメなのにかっこいいと思ったという太一に、千葉さんが「・・・そうか」と嬉しそうに笑います。

これには太一もびっくり。幻か!?にちょっと笑ってしまいました。

太一は、いつから手話をやっているのか、やっぱりリュウくんに習ったのかと千葉さんに聞きます。

「・・・逆だ 最初は俺がおいつに手話を教えた」

千葉さんは、リュウくんが生まれつき耳が聞こえないとわかってから本を呼んだりして独学で勉強したのだそうです。

「・・・千葉さんて結構弟思いなんですね」

「あ?」

太一は、自分はひとりっこだから弟とかいるのちょっと憧れるのだと話すと、「そんな憧れるほどのもんじゃない」という千葉さん。

散々兄貴面しても、ウザがられて避けられたたら形無しだと言います。

太一は、リュウくんはいろいろを気遣ってくれたりしてくれたと。千葉さんの事が嫌なら後輩の俺にそんな気遣いすらしないはずでは?と。

「だから避けてるのは嫌いとかじゃなくて何か別の理由があんのかもって思ったんすけど・・・」

と言いながら最後はちょこっとおちゃらけてしまう太一。

千葉さんとじゃれ合っていることろに・・・・天童さんに案内された航平がやってきました。

千葉さんとじゃれてる航平に「太一」って声をかけたときの航平の顔・・・・ちょっと怖かったです(T^T)

航平は太一に話があって来たようですね。

距離をおきたい

太一は、航平が急にきたことで何かあったのでは?と心配します。

メールしても返事ないから来たのだと答える航平ですが・・・そういえば・・・携帯はお祭りの時に壊れてましたね( ̄。 ̄;)

ずぶ濡れの姿を見てタオルをとってこようとする太一ですが・・・・

航平は後ろから太一に抱きつきます。

「・・・行かないで ここにいて」

航平は、前回の事をあやまります。

「そ、それは俺もわりぃし ってかお前ほんと大丈夫か!?」

このままだと風邪を引くというと、航平は太一がぬれちゃってごめんねとまた違う意味でうけとっちゃって(T^T)

そして・・・航平は太一の頬に少しだけ触れたあとにちょっと悲しそうな顔をして・・・

「・・太一 俺しばらく太一と距離置こうと思って」

太一のことになると冷静でいられなくなるから少し頭を冷やしたいのだと言います。

こんな大事な場面でね・・・・なんと!天童さんが割り込んでくるんですよ(T^T)

雨が酷いから千葉さんが車だすと言ってるからどうする?と。タイミングわるいよ・・・ほんと( 。-_-。)

航平は・・・ひとりで帰ると言って話しも終ってないのに階段を降りて行きます。

「こ・・っ 航平!まっ・・・・」

太一の声を拾った航平は、振り向いて・・・「・・・ごめんね」そう言って帰って行ってしまいました。

太一はというと・・・今までにないくらいにショックを受けた顔をしていて・・・

この場面は読みながら胸がギュ~~~~~ってなってしまいました。

ここで次号。

感想まとめ

大雨の回でしたね(T^T)いろんな意味で。

航平はどうしちゃったのかしら。リュウくんの言ってる事も分かるし、太一と一緒にいたいし、でも一緒にいたら迷惑かけてしまうかもしれないし・・・

航平の中でいろいろな感情が出てきてぐちゃぐちゃになってしまっているのですね。

太一の事になると冷静でいられない→距離を置きたい・・・この流れがなんか切なくて。太一に何も話してないのに、勝手に離れちゃったら太一はどうしたらいいのかな。

太一が航平の力になりたいと思うのは航平のためじゃなくて自分自身のためなのに、全部迷惑かけてるって思ってしまうのが何かツライです。

これも劣等感というか卑屈さがあるからなのか。風邪ひくのくだりも、太一は航平の事を心配してのセリフなのに航平は太一に風邪を引かせてもしまうという考えになってしまってますし(T^T)

表情が切なすぎて、早く二人に笑ってほしいです。

あと、作中に出てきたマジョリティになった途端にマイノリティを排除するというか蔑むというのは心理的にはよくあることですよね。

それが健聴者とか難聴とか・・・そういうのはあまり関係ない心理だと思います。

集団になった時に大きくなったような気持ちになってしまう・・・ほんとあるあるですよね。

視点的には、あの難聴の男の子達だって実はそういう心理はあるんだよという事が描かれていてすごく私はこの部分を評価しています。

一方的な見方ではなく、多方面からの視点。そういうところは障碍があるない関わらず、誰でも人を蔑む立場になってしまう可能性を持っているのだという事ですね。

リュウくんにとっては、この件はいろいろと考えさせられる大きな出来事だったのではないかと思います。

同じコミュニティだった子が今リュウくんの敵?になっています。皆が同じ視点を持ってる仲間ではないという事ではないでしょうか。

だからきこえる・きこえないで敵味方は区別できないということにもなるのだと思います。健聴者を排除してきたリュウくんですが、少しずつそういう考えも変わってくるような気がします(#^.^#)

これからお兄ちゃんも活躍して欲しいし、実際千葉さんの表情を見てたらすごくリュウくんが好きで心配もしてますよね。

リュウくんも拗れたのは大好きなお兄ちゃんの負担になりたくなかったからなのかな、と思うと避けるという態度が精一杯の愛情表現だったのかもしれないと思ったり。

いろいろと視野が狭くなって一方通行しか見ていなかった人にとっては太一みたいな誰に対しても何に対してもフラットな視点を持ってる子って重要なのですよね。

ただ・・・航平は、太一がフラットだからこそ、自分の難聴に対する意識に気づいてしまったのだと思います。

自分自身が「難聴」に対して変な意識があったのでは・・・と。

う~ん、でも航平はきっと聞こえてても人をあの子たちみたいにバカにするような事はしないと思うけどなぁ・・・・・

ってちょっと思ったのですけどね。きっと、立場が変わってたら好きな人のために太一と同じ事をしてたようにも思えますが・・・その可能性は考えられなかったのかな。

太一と自分は違うとすごく思ってる節があるから、同じ視点では考えられないのかもしれませんがちょっと切ないです。

あと犀さんのお話は・・・切ないです・・・いつか犀さんの彼女だった人と再会してほしいな(T^T)

犀さんが今こういう仕事をしているって彼女さんにも知って欲しい。。。寂しさに慣れる作業って思うのではなく、こうやって遠くからでも寄り添っている人がいるって知って欲しいですね!

最後に、航平が距離を置きたいと言ったときの太一の表情(T^T)

急にそんなこと言われたら普通にショックですよ。でもここは太一の頑張りどころなのかもしれない。

犀さんは「そばにいない方が彼女のためだと思うようになった」と離れてしまったけど、太一は「俺のために航平に居て欲しい」って・・・言う気がする!

でも航平も頑固そうですからね。航平の気持ちは・・・どうしたら今ハマってる沼から抜け出せるのかな。。。

きこえる・きこえない関係なく、家族からも友達からも太一からも・・・必要とされているんだって思えるようになるといいなぁ・・・・・。太一が誰にでも同じ視点でと思っているなら、太一はそういうの関係なく航平が好きになったはずなのに(T^T)

急に距離置きたいなんて言われたらそれこそ、自分のせいだって太一悩みそうです。

航平が前をむくきっかけになるのは・・・ヤスくんマヤちゃんな気もするし・・・航平が犀さんと話す機会とかあったらいいなとか思ったりもしますし。。。。

お母さんの出番のような気もしたり・・・?とにかく今後、注目ですね。

最新刊が12月28日発売ということは、ここまでが2巻でしょうか(T^T)ここで2巻なのね・・・次号は2巻その後があるかな?と思いましたが、どうやら休載のようです。

コミックスの方に描下ろしがあるようで、そちらの方でちょっと萌えを期待!!!

また2巻発売記念でサイン会とか・・・・あったらいいなぁ(T^T)前回外れちゃったからもしあったら頑張りたいです。

ということで、11話の感想でした。相変わらず長くてすみません。

ここまで読んでくれた方!ありがとうございます☆感謝!

電子書籍

[kanren url="https://bl-magazine.com/blmagazine-release-date/bl-canna-anthology"]

ひだまりが聴こえる-リミット-

ひだまりが聴こえる-リミット-1

ひだまりが聴こえる-リミット-1

ひだまりが聴こえる-リミット-2

ひだまりが聴こえる-リミット-2


ひだまりが聴こえる-リミット-3 【単話】

ひだまりが聴こえる シリーズ

ひだまりが聴こえる2014/10/27


ひだまりが聴こえる幸福論 2016/5/28


残照 ひだまりが聴こえる番外編
(本作品は『オリジナルボーイズラブアンソロジーCannaVol.48』収録作品の単話配信)

電子書籍のお得情報

注目の新刊BL漫画

二重螺旋3

新刊のすすめ

2022/11/26

【新刊BLコミックス】11/10~11/25発売『さよならのモーメント』『体感予報』『ブルースカイコンプレックス番外編 インディゴブルーのグラデーション2』他

新刊情報です。注目作品が多いなと思いました。実はこの期間あまりチェックしてなかったので急いで注文した作品も(笑) 書影を見ながら思ったのですが・・・『二重螺旋』の色気が半端ない((ノェ`*)っ))タシタシ 雑誌の方では本当に1回ごとのP数が最近少ないので、コミックスで一気読みがいいかも。 では早速新刊です☆目次をチェックするとどの作品が一覧で出てくるので活用してみてくださいね(⌒∇⌒) 体感予報 (ビーボーイコミックスデラックス)/鯛野ニッケ 試し読み 「明日は晴れなので、この男は俺を抱くだろう」人気上昇 ...

ReadMore

忘れる君との300日

新刊のすすめ

2022/11/26

【新刊BL】『忘れる君との300日 』『ノイズキャンセラー』Chara コミックス

新刊BLコミックスです。今回はCharaコミックスの紹介。 浅井西さんの作品と、三池ろむこさんの作品が11/25に発売されました。これらは紙電子同時発売。 電子では新刊配信に伴って各電子サイトでキャンペーンも開催されていますので、気になる人は是非チェックしてみてください。 新刊【忘れる君との300日】/浅井西 無料試し読み ※期間限定!試し読み増量 BookLive Renta! シーモア eBookJapan kindle こんなお話 毎日記憶を失う君に俺は何度も告白をする――海辺の街で繰り返す切ない初 ...

ReadMore

新刊のすすめ 睨めば恋

2022/11/13

ゆくえ萌葱『睨めば恋 4巻』電子配信情報/志摩と離れ離れに!?

GUSHで連載していたゆくえ萌葱さんの【睨めば恋 4巻】が発売されました。紙・電子同時発売。ということで、電子で読まれた方も多いのかな!?と予想しています。 むちゃくちゃ面白いしキュンってなるのでこのシリーズオススメです★ お兄ちゃん達の方がスキな人が多いかもしれないですが、ワタクシ・・・割烹着にやられた人でして。竜之介と志摩カプ大好きなのですよね。 今回も安定の面白さ~。良かった!!!ラストの竜之介の「俺も」はキュン萌えしまくりでした。 【睨めば恋 4巻】作品紹介 11/24まで無料試し読み増量中♪ 試 ...

ReadMore

蜜果3

新刊のすすめ

2022/11/7

新刊BLコミックス(11月1日~7日)【蜜果3】【保坂さんと三好くん 上下巻】【The Red Thread 2】【イエスかノーか半分か(1)】他

11月1日~7日までの新刊BLコミックスをまとめてみました。 個人的にチェックしている作品のみなので、他にも発売はされています。 コミカライズ作品などもあり、けっこう充実した新刊ではないでしょうか。 保坂さんと三好くん(上・下) (ディアプラス・コミックス) /スカーレット・ベリ子 2022/11/01発売 内容紹介 付き合う直前まで行ったのに、周囲の目が気になって受け入れることができなかった恋――。受験生の三好(みよし)は文化祭でナンパしてきた売れっ子デザイナー保坂(ほさか)とばったり再会する ...

ReadMore

保坂さんと三好くん

新刊のすすめ

2022/11/1

【保坂さんと三好くん 上下巻】スカーレット・ベリ子/紙電子同時発売!鈍感デザイナーと悩める受験生が恋をすると・・・!?

スカーレット・ベリ子さんの最新刊【保坂さんと三好くん 上下巻】(ディアプラスコミックス)が紙電子同時発売されました。今回は電子も一斉配信。 単話で電子配信➨雑誌掲載という異例の掲載方法に驚いた作品でもあるのですが、結局どちらも購入して読んでました。シェリプラスは元々愛読雑誌ですしね! ジェラシーのイメージが強い人は今回のような作品はビックリするかも?やはりワタクシ、スカベリさんはこういうテイストの作品の方が好きかなぁ。。。なんて思ってしまいました。 でもジェラシーもラストまで読むと本当にスカベリさんの世界 ...

ReadMore

アフター・ミッドナイト・スキン2

新刊のすすめ

2022/11/1

【BL新刊】にむまひろ【アフター・ミッドナイト・スキン 2 】

にむはひろさんの【アフター・ミッドナイト・スキン 2】が紙・電子書籍で発売。シーモアで先行配信されているのですが、今回他の電子サイトでも配信が始まりました。 表紙かわわかるように。。。エロ多めの作品です。本当にエロ多めなので、そういうのが苦手な人はご注意ください★ 【アフター・ミッドナイト・スキン 2 】 (花丸コミックス・プレミアム)  上司の犀川(さいかわ)に弱味を握られ、バラさない条件として恋人関係になった虎谷(とらや)。遊ばれているだけだと思っていたが、犀川は動画をばらまく気配 ...

ReadMore

CANIS-THE SPEAKER-(4)

新刊のすすめ

2022/10/27

【新刊BL】【CANIS-THE SPEAKER-(4)  完結巻】ZAKK/紙電子同時発売/

ZAKKさんの【CANIS-THE SPEAKER-(4) 】が発売されました!こちらは途中から麗人に掲載されるようになった作品です。 もともと【CANIS-Dear Mr.Rain-】【CANIS-Dear Hatter-】が好きだったので、その続きというかそこに登場した人物の過去から色々な背景が知れるこの【CANIS-THE SPEAKER-】が気になっていてバラで途中まで読んだりしてたのですよね。 それにこういう絵柄がむちゃくちゃ好きなんです!!! お話は。。。かなりダークだし、これって誰 ...

ReadMore

恋をするつもりはなかった-double-

作品スタートのお知らせ 新刊のすすめ

2022/10/26

【無料】【単話売】恋をするつもりはなかった-double- 1/鈴丸みんた/【恋をするつもりはなかった】の続編スタート!

続編がするとは聞いていたのですが、始まりましたね!!! メロキス-mellow kiss- 2022年11月号に【恋をするつもりはなかった-double- 1】は掲載されているようですが、単話で配信してくれてありがたや~。しかも同日なのが嬉しい! そしてびっくり。単話版の1話目が無料で読めるんです。 どの電子サイトでも1話は無料で読めるようなので、(Renta!だけは探せなかったです)気になる人は是非!!! ロウの黒髪最高~~~~~!って冒頭からキャッキャしちゃいました。 この二人が本当に大好きで何度読み ...

ReadMore

アンチロマンス2

新刊のすすめ

2022/10/25

【新刊】【アンチロマンス2】日高ショーコ/紙電子同時発売/発売記念で対象作品のセールあり!

日高ショーコさんの【アンチロマンス2】が発売されましたね!今回は紙・電子同時発売。 紙も購入したのですが、到着まで数日かかるので電子でもポチってしまいました。幼なじみBLでちょっと拗れぎみの二人が可愛らしい☆ 【アンチロマンス2】作品紹介 幼なじみで同級生。ルームシェアを始めて6年、柿谷と周防の関係は“友達以上”で燻ったまま。そんな関係から進もうと、キスを交わし、さらに踏み出そうとする柿谷を周防は止める。「結局お前は俺に任せるだけなんだよな」――そう周防に告げ柿谷は同居生活を解消し、一人出ていく。“特別な ...

ReadMore

新刊BLコミックス

新刊のすすめ

2022/11/7

【君の夜に触れる】【マーキングオメガ2】【My fair dog 】他、10月7日発売の新刊BLコミックス

10月7日発売の新刊BLコミックスで注目している作品が多数発売されたので紹介します☆ 今回は6冊紹介。 雑誌に掲載されていた作品は読んでいるのですが、しまちゃん家の番事情はそういえばb-boyオメガバースを何度か読んでいなかったのでこれから読むのが楽しみです。 君の夜に触れる【単行本版(特典付き)】 (from RED)もりもより アマゾン Renta! ひかりTV eBookJapan シーモア 楽天ブックス BookLive 楽天kobo kindle amebaマンガ 殺せない殺し屋×盲目の青年 【 ...

ReadMore

カテゴリー

調べたい作品を検索

-ひだまりが聴こえる-リミット-
-, , , ,