BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

座裏屋蘭丸【シャングリラの鳥】1話~3話(ネタバレ注意)感想/Canna vol.56、57、61 【ルールは絶対恋に堕ちないこと】

 
シャングリラの鳥
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

Canna vol.56~連載中の座裏屋蘭丸さんの【シャングリラの鳥】ネタバレあり感想です。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の作品は【シャングリラの鳥1巻】に収録予定です。

こんばんは!ずっと感想を書きたかった作品なのですが、なかなか書けずにいました。最近、毎日見に来てますと優しいコメントをいただいて・・・これはありがたい(T^T)と・・・

紹介したい作品は色々とあるので、もっと書こうとちょっとやる気になりました★

さて・・座裏屋先生のまたもエロティックな作品です。

離島にシャングリラという娼館があるのですが、そこでアポロがでフタッフとして働くというところから物語がスタート。

そこで出会った男娼のフィーとどうなっていくのか・・・気になるお話。3話まで進んでいるのですが、3話までを読むと恋愛要素はやや少なめ。

でも色っぽい。座裏屋先生らしい。。。これからどんどん恋愛に発展していくかと思うと楽しみで仕方が無いです。

Canna vol.61 シャングリラの鳥 3話

Canna 61
掲載P数 1話:32P
2話:28P
3話:16P
満足度 ★★★★☆
ひとこと いつ発展するかな~(≧∇≦*)
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。
リカー&シガレット

リカー&シガレット

ピュアラブいちおし!

【ネタバレ注意】シャングリラの鳥 第1話 感想レビュー

シャングリラの鳥①
シャングリラの鳥Ⅰ (cannaコミックス)
扉絵から絶対これ面白いでしょ・・・・エロイでしょ!って思うようなそんな妖艶さがありましたね。

小鳥たちの楽園へ、ようこそ・・・ですって。どんなお話なんだろう!?とわくわくした覚えが。

どんな話?1話の簡単なあらすじ
  1. 本土からアポロという男性が離島のシャングリラという娼館に働きに来る。
  2. シャングリラは完全会員制でオーナーの目に敵った人のみ入れるという。
  3. そこで男娼のフィーと出会う。
  4. シャングリラの中には男娼と試情夫がいる。
  5. アポロの仕事はその試情夫。そしてフィーの専属。
  6. 男娼と試情夫の間には3つのルールがある。

ストレート男と男娼

今回は、ノンケ×男娼になりそうですね。

これまた褐色肌の受で・・・つやっぽい。テオ(リカー&シガレット)よりもちょっと大人びた感じがします。

やっぱりなんていうんでしょうね・・・座裏屋蘭丸さんの絵柄はカタイ感じもするのに繊細さもあって・・・・絵柄からエロさが伝わってくるんですよね。

私、一番最初に読んだ作品はねむり男さんだったと思うのですが、一発でファンになってしまいましたヨ。エロさも文句なしなのですが、私の好みな体つきなんですよねぇ。

裸体が。。。もうもう芸術的!って感じで惚れ惚れ。「男」をしっかり感じるのにあの妖艶さはスゴイなぁって思います。

ストーリーは、本土からやってきたアポロはシャングリラという娼館で働く事になります。

このシャングリラは娼館なのに男娼たちはすごく楽しそうにイキイキしてるの。客より彼らを優先しているオーナー・・・

それでも客が耐えない秘訣は「男娼」には「試情夫」という人がいるから。

これ、最初読んだ時にはちょっと把握しずらくて・・・何回も読んでしまいました。

試情夫は、「男娼」が美しくあるために簡単に言ったら手厚いケアをしてくれる人物。気分を高め、そして男娼たちは仕事へ向かうの。

そうすることで、美しい彼らはまた客からも愛される。

オーナーが試情夫を「影の功労者」と言うのはこういう事だったのですね。

アポロはフィーの専属

そして、アポロの仕事はこの「試情夫」。しかもフィーの専属に決まります。

途中でね・・・フィーの仕事場面がはいるのですが。。。超エロい( ̄。 ̄;)

4Pなのですけど・・・・座裏屋さんが描くとエロって思うけど拒絶反応は起こらないんですよね。ワタクシ基本的に3P tとか4Pとか・・・苦手なのですけども。

エロさのほうに意識がいくからなのかなぁ・・これって絶対電子では白くなってるでしょ・・・って思いました。

お尻広げてるところとか。。。生々しい感じが( >_<)

基本セックス大好きで依存症っぽいフィーなのですが・・・ストレートの男性には少し苦手意識があるみたい。

(今までストレートの男と関係したことは一度もない)

子供の頃に絡んでいるところを見られてキモイと言われてから積極的に絡むことがなかったのだそう。

「あんたストレートなんだろ?よくこんな仕事受けたな」とアポロに聞いてみると。。。「手っ取り早く金が必要だった」と返事が返ってきました。

アポロは女の抱き方しか知らないが・・・と言いながらフィーの相手を。。。

電気を消し、フィーの方をみるアポロのかっこいいこと!!!(*´Д`*)あんな流し目で見られたんじゃ・・惚れますわ。

フィーの表情がそれを物語ってました、、、。

ラストで大事なことが出てきます。男娼と試情夫の間には3つのルールが存在します。

  1. 【男娼をイかせないこと】
  2. 【挿入行為はしないこと】
  3. 【絶対に恋に堕ちないこと】

ちょ・・・・・全部読み手は反対のこと期待してるんですけど・・・・・・・・

これは禁断愛的な感じになっていくのかしらね。

1話まとめ

1話だけを読むと、恋愛に発展するにはまだまだ先は長いかなぁ・・・という印象を持ちました。

フィーは手フェチなようで、この「手」を意識することによってどう変化していくのか・・・気になるところ。

手つきが変わっていくとかそんな風になっていくのかしら?

あと今回は短髪×短髪。

座裏屋さんの長髪もスキですけど・・・私は短髪けっこう好みです☆

アポロの冷めたような表情がいつかフィーによって変わっていくといいなぁと思いながら2話以降を楽しみにしています。

【ネタバレ注意】シャングリラの鳥 第2話 感想レビュー

シャングリラの鳥①
シャングリラの鳥Ⅰ (cannaコミックス)

2話目はがっつり二人のシーンがありました。

ノンケ試情夫の初仕事。

アポロは女性を抱くようにフィーに接します。フィーの横顔超キレイ・・・・(*´Д`*)

アポロは男性とそういうことをするのは初めてのようで、何度も「痛くないのか」「痛い?」と確認してきます。

フィーは、男はもっとガサツなもんだと言い、くるっと体制を変え・・・・「お近づきのしるし♥」とアポロにご奉仕しはじめます。

アポロは少し抵抗するのですが、フィーは「ストレートな男ってどんなのかなー」と興味が出てきたようです。

これまた・・・フィーの舌が(≧∇≦*)エロっ。

ほんと先生。。。表情がお上手ですよね。読みながらフィーはとてもキレイなのにどこかしらかわいく思えてくる。

それにアングルがやばくですか!?!?

アポロのが硬くなってきたことでフィーは興奮しはじめたのか・・・「ちょっとだけ挿れてみる?」と誘うもアポロは初日でクビにするつもりか?と断ります。

達するときのアポロの感じもなんかすごくイイんですよね。。。。

アポロの結婚指輪のあと

実はこれは1話で出てきてたのですが、アポロって結婚してたようなんですよね。

フィーは手フェチだからそれにすぐ気づいていました。

アポロがちょっとだけ表情に乏しいのも・・「指輪のあと」が関係しているのかもしれませんね。

仕事のあとにアポロに洗髪してもらってるフィーは、「あんた髪の毛洗うのうまいね 元美容師?」と尋ねます。

違うとアポロが言うと、じゃぁ彼女の紙洗ってやってんだろ?と。

口をつぐんでたアポロですが、フィーに「なぁなぁ」と催促され「・・・何度かな」と答えます。

ちょっとこのときの表情もひっかかります。本当に暗い。恋人の話とかはNGなのかなぁ・・・と。

きっとアポロは彼女(もしくは奥さん)との間に何かあったのかなぁと。亡くなったとか!?!?

フィーの刺青

2話ではフィーの刺青について描かれています。

大きな刺青があるのですが、それは子供の頃に負ったケガのカモフラージュのためにいれたっぽいですね。

バーで飲んでたら新米刺青彫師に声をかけられ無料でいれてもらったのだとか。

実は肩だけではなく薬指の付け根にも彫ってあって、それが鳥の羽の絵なのですよね。。。

フィーは自分はここにくるまでは本土のスラム街にいたので、色々な話のストックはあるのだと・・・

でもアポロはそんな話を聞いても表情一つ変えず。

「あんた、あそこと一緒でリアクション薄いなぁ」

「それとは別の話だ」

一応・・・ツッコミはするんですねアポロ(笑)

反応の薄いアポロに対し、フィーはとっておきの話だと言って一言。

「俺・・・人を殺したかもしれないんだ」

2話の感想まとめ

最後の話は、「かもしれない」だからまだ救いはありますよね。

実はこの「かもしれない」がアポロと繋がってたり・・・なんてことはないかしら?考えすぎかな・・・

アポロは「お金がいる」って言ってたし、どちらかと言えば離婚したからお金がいるとかの方が可能性はありそうですよね。

アポロの背景がすっごく気になります。

あとフィーは・・・依存症であれば・・これからもたくさん抱かれるシーンが出て来るんでしょうね。。。。

アポロの方が反応薄いのを読むと、もしかしたらフィー→アポロの方が早い気がします。

次話の楽しみ。

【ネタバレ注意】シャングリラの鳥 第3話 感想レビュー

3話はCanna vol.61まで飛びます。

そしてやや短めで16P。

フィーに「人を殺したかもしれない」と言われたアポロは。。。びっくりするのですが・・・

フィーはその後「なんてな」と悪戯っぽく笑います。(このカットが超好み!!!!フィーがむちゃくちゃカッコイイので必見です!)

回想おわり。

(なんだったんだ一体)そう思いながらフィーの方に目が行アポロ。

本当にからかっただけなのかどうなのか分からなくなっているようでした。

そのアポロに気づく男娼たち。

アポロを囲います。皆ノンケに興味津々!といったところでしょうか。

皆に質問責めにされて後ずさりしたら・・・後ろプールに落ちてしまったアポロを見てフィーはとにかく大笑い。

あがってきたアポロが髪の毛をかき上げると・・・皆から♥が飛ぶのがちょっと面白かったです。

あすがアメフトやってるだけあって筋肉が美しい~しかも190センチ以上の身長とキタ。

相手は一人いればいい

アポロのちょっとイケメンな部分を見たフィーは、部屋に戻ったアポロの髪の毛を再度がきあげ・・・髪の毛をもっとちゃんとしたらモテそうなのに。と言ってきます。

「別にモテなくていい」

「なんで????ヤリ放題じゃん」

「・・・相手は一人いればいい」

この言葉はフィーにとってはけっこう衝撃的だったのかもしれませんね!それを聞いてフィーは少しびっくりしながら「それって一人の相手に自分を独占させるってこと?」と聞きます。

アポロはそんな風に考えたことはなかったけれど、そういうことかもしれないと答えます。

「そんなのつまんないじゃん」

「相手が安心するならそれでいいんじゃない?」

フィーは続けて指輪のあとのことを聞きます。指輪の相手はどうしたんだ?と。

指輪の相手に独占させてたんだ、別れちゃったの?と聞くフィー。

するとアポロは「・・・そうだ」と答えます。ここでアポロに来客が。

弁護士が何をしに?

アポロの来客は弁護士でした。

この彼が・・・もしかしたら今後も関わってくるのかもしれませんね。

でも、この弁護士さんはアポロの相手も知ってるでしょうし。。。気になりますね。

3話はちょっと短かったのでそこまで進みませんでしたが、アポロは指輪の相手とは別れていること、実は地味~な感じだけれどカッコイイというのがわかりました!

フィーとの関係は進展なし。ちょっとここはどう進展していくのか・・・展開が読めないですね。

今月に4話が読めるのでそちらを楽しみに待ちたいと思います。

3話の単話配信は10/12~配信予定のようです。

電子書籍

Canna

Cannaの配信日は決まっていないようで早い時もあれば遅い時もあります。

ここでまとめているので気になったときにチェックしてみてください☆

シャングリラの鳥1 コミックス

シャングリラの鳥①
シャングリラの鳥Ⅰ (cannaコミックス)

シャングリラの鳥 単話配信

一部の電子書籍サイトでは単話配信が行われています。(ひかりTV、BookLiveとかでも配信されるようになりました)

座裏屋蘭丸 その他作品

コヨーテ
コヨーテ

リカー&シガレット

眠り男と恋男
電子でよむ

VOID

メス堕ちBL
電子でよむ

ペット契約
電子でよむ

 

Canna作品の分冊版を配信しているサイトが追加されました!

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

BookLive!割引作品 >>>BookLive!BLキャンペーン一覧はこちら














 

Renta!今だけ割引作品 >>>Renta! 割引作品すべて見る














 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2018 All Rights Reserved.