BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【狼の花嫁4巻】16話(ネタバレ注意)感想/ダリア 2021年2月号-りゆま加奈 気になる3巻その後

 
狼の花嫁
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

ダリア 2021年2月号掲載、りゆま加奈さんの【狼の花嫁4巻】16話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の16話は【狼の花嫁4巻】に収録予定です。

この16話からが4巻収録ですね!展開的にはなかなか厳しいものになっていますが、扉絵みたいに早く平穏な日々が取り戻せますように。ゼスも無事に帰還して欲しい。

狼の花嫁16話 ダリア2月号

ダリア2月号
掲載P数 28P 
満足度
この雑誌をよむ

今号の簡単なあらすじ・ポイント

  • 戦地へ赴くゼス
  • ルーイは国王の命令で牢へ行くことに!?
  • 第一王子のハシが登場し・・・
感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

【ネタバレ注意】狼の花嫁4巻16話 感想

ゼスとルーイは今回も離れたまま。ゼスは戦地へ向かっているので、二人の再会はまだまだ先になりそうですね。

その前に!なんだかルーイがピンチに。

国王はルーイを追いやろうとしているのかしら・・・ゼスとの約束を破り、ルーイを牢へ・・・

ユルールがそんなルーイたちを庇おうと前へ出てくれるのですが、そこへ第一王子のハシが登場するという大まかな流れでした。

このハシという人物なのですが・・・ユルールの感じからいってちょっとクセのある人物なのかな?という印象を持ちました。

では早速!

ゼスは戦地へ

ゼス達の隊は山道を行く者、下道を行く者に別れて戦地へ向かっています。

新人のジルという男子が今回はゼスと下道を一緒しているのですが。。。なかなか可愛い子です。

今回が初めての実践ということで、わからない事も多いようですが。。。この子は剣の扱いは長けているようですね。もしかしたら活躍するかもしれないのでチェックしてます(*^_^*)

ルーイの置かれる状況が色々と変わっていく

一方ルーイの周辺は色々と変化が。

食事が未だ来ない事を気にかけるマルジャ(世話係)。

ルーイはただ時間が遅れているだけでは?と言うのですが・・・マルジャの嫌な予感が的中してしまいます。

急に部屋の扉が開き、ぞとぞろと男性達が入って来ます。

『な、なんですか?』

『お前たちにはこの部屋から移動してもらう』

『・・・どこへ?』

『牢だ』

戦地へ行くゼスと国王との間で、ルーイの扱いには約束があったはずなのですが・・・国王はそれを破りどうやらルーイを牢へ入れようとしています。

『早く来い!』

腕を引っ張られるようにつれて行かれるルーイ。

アズラクやルーイのことで戦が始まろうとしているので、ゼスの国の者達からは良く思われていません。

(わかっていたはずなのに 周囲の昏い感情が突き刺さる)

ゼス達が優しくしてくれていたので、このような視線は久々だと感じるルーイ。

すると、少し幼い女の子がルーイの前へ出てきてキツイ言葉を発します。

それを聞いたルーイは傷つきながらも『す・・・すみません』と言葉を出し、謝るのが精一杯でした。

ユルールが助けに入るけれど・・・

騒動を聞きつけたのか、ユルールが助けに入ってきました。

『これはどういうことだ?ユルールたちをどうするつもりだ!』

『牢へつれて行けと言われています』

ユルールは、ルーイ達の身柄はゼスと国王の取り決めで保障されていると言うのですが・・・国の者達はこれは国王からの命令だと伝えます。

納得できないユルール。

ですが彼らも『国王様がお決めになったことです』と言うほかありません。

『牢に入って当然だ・・・捕虜だっていうのに今までの扱いがおかしかったのよ』と周囲も冷たい言葉を浴びせます。

そんなルーイを庇うかのように狼たちが怒っているのがとても印象的なシーン。

ユルールはルーイがどうしてここへ来ることになったのか、それはルーイの意志ではなかったと必死に説明します。

『責められるべきはルーイじゃない』

国の者達は、必死にルーイを庇うユルールにショックを受けているようでした。

『白鹿様もこいつに騙されているんだわ』『ユルール様はお優しいから・・・』

『全部そいつのせいだ!そいつが災厄をもたらしたんだ』

さらにルーイへの敵意を露わにしていきます。

皆に落ち着くように言うユルールをルーイは制止します。

『・・いいんです』

自分さえいなければ、、自分さえ宿さなければ母親が苦しむ事もなかったかもしれない、アズラクが蛮行に及ぶこともなかったかもしれない。

半陰陽でなく、どちらかはっきりとした身体で生まれてきていれば。。。すべて状況は違っていたかもしれない。

(僕の存在はいつも誰かの邪魔になる でもー・・・)

ルーイはゼスから言われた言葉を思い出していました。

【ルーイ お前は自分の良さを知るべきだ お前は胸を張って生きろ】

救われた言葉。

ゼスがくれた言葉だけで生きていけると・・・そして今までは自分で選ぶことすらできなかった人生だったと振り返り、今回は自分自身で選ぶのだと決意を新たにします。

(何があっても ここにいると自分で決めた)

『・・僕が・・・僕が性別を偽ってこの国の人達を騙していたのは 覆しようのない事実です』

罰せられて当然だけれど、それを知ってもゼス様は自分の居場所を与えてくれた。こんな自分でもそばにいて欲しいと言ってくれたと話します。

『僕には何もできません 戦を止める力もありません』

第一王子のハス登場!?

ルーイは、今の自分の望みはゼス様が無事に戻ってくることだけだと話します。

『ゼス様が無事に帰還されるまででいいんです それまでここにいることを許してください』

『僕に出来る事ならなんでもします だから ここでゼス様のことを待たせてください』

ルーイのこの言葉に周囲の者達も黙ってしまいました。

すると・・・・

『なんでもする その言葉は本当か?』

とどこからか声が聞えてきました。

その声を聞いたユルールは・・『まずい・・・』と口にします。

現れたのは第一王子のハシ。またも雲行きが怪しくなってきたかな・・・というところで今回は終わりです。

16話 感想・まとめ

ハシがしっかり登場したのは今回が初めてだったのではないでしょうか?3巻でちょこっと出てきたかな。

国王の病状を知っているのはこのハシしかいないと思うので、何かはしそうですよね。

顔はゼスによく似ています。髪の毛が長くなったゼスみたいな感じですね。

ユルールは『まずい』と口にしていたのですが・・この人物がいい人なのかちょっとくせ者なのかはまだわかりません。

でも3巻描き下ろしのルーイが女の子の日のエピで登場したハシの奥さん・・・とっても穏やかでいい人だったので、ハシが悪い人だとも思えません。

ユルールがマズいといったのは、国王に一番近い人だからなのかな?と。

そう思うと、国王の命の期限がある中でハシがとる行動は・・・けっこう過激なものになっていくのかなと想像はします。

どうにかして最短でこちらが有利になるようにルーイをコマとして使うのだろうなと。

アズラクは拷問されていたけれど、まだ生きてますよね・・・

先がすごく気になります。

早くゼスとルーイが再会できますように。

それまでは。。。なんとしてでもユルールにルーイを守ってもらわなければ。。。

また1巻から読み返したくなりました(*^_^*)面白い~!!!

電子書籍

奇数月22日頃配信

狼の花嫁

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

何か面白そうなBL漫画はないかな?とお探しの人は、こちらの一覧をチェック!【特集記事】

BLメモリー・バラ単話・コミックス作品感想

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2020 All Rights Reserved.