BL雑誌で連載中の最新話のネタバレあり感想ブログ。ディアプラス、マガジンビーボーイ、イァハーツ、ダリア、アンソロジーCanna、シェリプラス等を主に読んでいます。

BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー―

ダリア・onBLUE・ルチルなどの雑誌が読み放題!

カテゴリー

【狼の花嫁5巻】23話(ネタバレ注意)感想-りゆま加奈/ダリア 2022年6月号

 
狼の花嫁
この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

ダリア 2022年6月号掲載、りゆま加奈さんの【狼の花嫁5巻】23話のネタバレあり感想になります。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ不要な方はご注意ください。

今回の23話は【狼の花嫁5巻】に収録予定です。

ゼスが負傷して戻ってきた所で終わっていました。かなり危ない状況なのかもしれません。次話では回復した姿が見られますようにと22話では書きましたが、今回はどのような展開になっているでしょうか。

では早速。

狼の花嫁23話 ダリア2022年4月号

ダリア2022年4月号
掲載P数 28P 
満足度
この雑誌をよむ

3分で読める 狼の花嫁23話のあらすじ

今回はアズラクの場面から始まる。マルジャとアズラクは共に無事。
山をかきわけ2人で逃れようとするが、アズラクはマルジャとここで別れることにした。
望んでいた自由ではあるが、いきなり自由になったマルジャはこれからどうすればいいのかと困惑するのだった。

ゼスはというとまだ目を覚まさない。
つきっきりで看病するルーイには疲れが見え、それを心配するユルール。
ユルールは、ルーイも倒れてしまっては意味がない、皆も心配していると伝える。ルーイに色々と手伝ってもらい皆は感謝していると言うが、ルーイは自分がこの国に来たことで戦になっていると自分を責めている。
自分の守りたい人のためなら酷い選択もしてしまうのだと言うルーイを、ユルールは優しく『そんなの自分を責めないで』と抱きしめた。
そしてユルールは、細くなったルーイを抱きしめながら早くゼスが目を覚ますようにと願うのだった。

不安で押しつぶされそうなルーイを元気づけたのはジグル。
ゼスとルーイに会いにユルールとやってきた。

彼は、ゼスの枕元ににイルベの花を置く。この花はルーイが引きこもっていたときにゼスが送っていた花。
どうしてゼスがルーイにこの花を送っていたのか、その理由をユルールから聞いたルーイ。
そしてイルベの花言葉も聞き、ゼスのために花でも摘んでこようとユルールに言われたルーイは外に行く事にした。

イルベの花言葉のように『約束』は違えないゼス。そんな彼を信じて摘んだ花をゼスの所へ持ち帰ると・・・

感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。

【ネタバレ注意】狼の花嫁5巻23話 感想

生きていた2人

まずは。。。アズラクとマルジャが生きてて良かった~(T^T)

アズラクも本当は優しいところがあるんだなぁ・・・って思いましたよ。もともと優しい男だったのかもしれません。

ルーイ母への恋心が自分の父親によって歪められ、その気持ちの行き場がなくなってしまっただけだったのだなぁと。。。

今となってはアズラクとルーイ母が結ばれたらよかったのにと思ったりします。

川に流され、なんとか陸に上がった2人。マルジャは当然のようにここから一緒に逃げようとしているけれど、アズラクはここからは1人で行くというの。

マルジャはもう目的を果たしたし、『別れた後に俺が捕まって死んでもそれはお前のせいではない』と。

だからマルジャに好きにすればいいと・・・。こういうのを読んでもやはり実は優しい男なのだろうなって思ったのですよね。

本当だったらケガをしているからマルジャがいた方がアズラクは安心。でも・・・マルジャを自分の逃走劇に付き合わせるワケにもいかないとアズラクは思ったんじゃないかしら?

ちゃんと気持ちを楽にする言葉までかけてて。。。アズラク父さえいなかったら、きっと・・・国民や臣下にも慕われる存在になったかもしれません。

マルジャもそんなアズラクに獣に襲われないようにと狼の毛などが入っている袋を渡します。

この事からも本来アズラクは嫌われるような男ではないのだろうなと思いましたヨ。

そして・・・急に『自由』になったマルジャ。無事に生き延びたら自由に生きるのだと言っていた彼ですが・・・

『・・・いきなり自由になったら案外困るものなんですね ルーイ様』と呟いています。

どうなのかな、これでマルジャとお別れは寂しいので・・・アズラクピンチの時にまた戻ってきて欲しいなという気持ちもあります。

そしてルーイの所にも戻って来て欲しい。(でもゼスの国にはもう戻れないかも)

とにかく今回は2人が無事でほっとしました。

目を覚まさないゼスにルーイは・・・

もう目を覚ましていい頃だというのに目を覚ます気配がないゼス。

そんな彼をずっと看病していたルーイにはさすがに疲れが見え始めました。ユルールはそれを見ていてルーイを心配するけれど、ルーイはずっと見ていないと不安なのだと言います。

ゼスもかっこいいけれど、ユルールも本当にイイ男ですよね(≧∇≦*)

このふんわりとした雰囲気・・・かなり好みです。もちろんゼスもですが☆

ユルールは皆も心配していると言うけれど、ルーイは誰かにありがとうと言われると苦しいのだと答えるの。

自分がこの国にくることで戦になり、その戦で負傷した人を看病して『ありがとう』なんて自分が言われていい言葉ではないと。。。

ルーイはその戦で大事な人が傷ついて目を覚まさないのが耐えられないのだろうな・・・って読んでてぎゅってなりました。

自分の守りたい人のた目になら酷い選択もできてしまうと自分を責めてるルーイに・・・ユルールが優しい言葉をかけるのですよね(T^T)

ルーイの行動を理解し、肯定してあげるの。こういうのが傷ついた心にはすごく救いになるのではないかしら。

そしてそういう選択をした自分も受け入れて背負って、それでも生きていくしかないと。

『だからそんなに自分を責めないで』

そういって優しく抱きしめるユルール・・・こんな弱ってる時にぎゅぎゅっとされたらオチちゃうわ~~~~~~。

ルーイはそんな事はないけど・・・展開次第では苦しい時に支えてくれたのはあの人!ってなって気持ちが傾いていくパターンもあったかも(笑)

ユルールは前よりも痩せてしまったルーイを心配し、結局自分ではルーイはダメなのだと悟ったみたいです。

ルーイにはゼスが必要だと改めて実感したのかな。

でも今回は本当にユルールの優しさが光った回だったように思います。

イルベの花言葉のように

つきっきりで看病するルーイの所にかわいいお見舞い人がやって来ます。

それはジグル。

イルベの花を差し出す時の顔が超可愛い(T^T)なにこのカワイイ生き物!!!!ってくらいカワイイ。

そしてちっちゃいのにルーイの頭をなでなでして『元気だして』だなんて。この子は・・・スパダリになりますワ。

いいこいいこ、ってお母さんとかにやってもらってるのでしょうね( ´艸`)

ジグルのこの行動にずっと沈んでたルーイの顔も明るくなってほっとしました。この狼の国の人達は優しい人が多いですよね。

良い国なのだろうなって思います。

ジグルはイルベの花を持ってきたのですが、これはルーイにあげるワケではなくゼスにあげる花だったようですね。

その花にはルーイも見覚えが。

これは1巻で登場しているので読んでみてくださいね。

ルーイが塞ぎ込んで引き籠っているときにゼスがいつも食事の祭に添えていた花。

この花に何の意味があるのだろうか?とルーイは知らずにいたようですが、ここでゼスの行動の意味を知る事になります。

ゼスにとって花というのは『仲直りしたい』という意味だということ。そしてこのイルベの花言葉は『約束』なんだそうです。

ユルールは『約束』を違えないゼスにはぴったりだと。

ケンカの度に色々な花を持っていってたようなので、このイルベの花だけが特別ではなさそうですが・・・。

ユルールはゼスの為に花でも摘んでこようかとルーイを外に連れだしました。こういうのもウマいなぁ・・・って思いました。

ルーイは自分のためなら動かないけど、ゼスに、って言われたら動いちゃいますよね。
 

ただいま

ユルールたちと花を摘んで戻ってきたルーイ。

必ず帰ってくるとゼスが約束したとユルールから聞いたようです。

ユルールと話し、花を摘んで帰ってきたルーイはちょっと気持ちが上向きになってましたね!!良かった。

そしてゼスのいる部屋へ入ると・・・

『ルーイ ただいま』

という声が。

目を覚まさなかったゼス。そのゼスの目が開いていました。

あんなに暗かったルーイ。。。こんな一瞬でもうすっごく嬉しそうな幸せそうな顔になって(T^T)

ゼスの存在がどれだけルーイにとって特別なものなのかがよくわかるラストのカットでした。

ゼス様が。。。。。笑っててかなり貴重なカットかもしれない。

彼もまたルーイの元に戻れて嬉しいのでしょうね。

やっと目を覚ましたゼス。回復してからのルーイとのイチャコラに期待です♥

感想まとめ

今回はおおきく2つの場面にわかれていました。

そのどちらもほっとする展開だったので本当に良かった。

アズラクにも頑張って生き延びて欲しいです。マルジャがここで退場なのも寂しいので、アズラクの支えになってくれたらいいなと思ったりしています。

この23話は大きな場面としてはアズラク・ゼスの事ではありますが、個人的にはユルールの回だったなぁ・・・って思いましたヨ。

ユルールが居なければマルジャ・アズラクも今居ないでしょうし、ルーイもかなり支えられてる。

彼もまた優しい男ですよね。

自分ではルーイは救えないと、それを解った上で何が一番いいのかを考えて行動しているように思います。

ゼスが目を覚ましたことできっと展開も大きく変わってくると思います。

今後の展開からも目が離せませんね☆今号も面白かったです!

電子書籍

奇数月22日頃配信

狼の花嫁

この記事を書いている人 - WRITER -
ボーイズラブ漫画が大好きで雑誌で最新話を追っています。その他、バラ売りメインのブログ、コミックスメインのブログを運営しています。一人で運営しているので放置もたまに。。。

何か面白そうなBL漫画はないかな?とお探しの人は、こちらの一覧をチェック!【特集記事】

BLメモリー・バラ単話・コミックス作品感想

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL雑誌のすすめ。―by BLメモリー― , 2022 All Rights Reserved.